【ハンターハンター】クロロVSヒソカの共闘説を解説してみた結果・・

ハンターヒソカクロロ34巻

ハンターハンター少年ジャンプ357話で、ヒソカの敗北・爆死によって唐突に終わった天空闘技場でのクロロvsヒソカ!

実はクロロは天空闘技場にひそかに来ていた旅団員と共闘していたのでは?という説があります。

その結果としてヒソカをあそこまでフルボッコに出来たけど、それに気づいたヒソカが旅団員を狩り始めた!と言う説なのですが、本当にそのような共闘はあったのでしょうか?

そして、ハンターハンター単行本34巻に掲載されている、作者による解説でクロロvsヒソカ共闘説の真相は明らかになったのでしょうか?

スポンサーリンク

クロロVSヒソカで共闘説ってどういうこと?

強い者同士のマッチアップ、それは少年漫画の定番シーンでファンも待ち望んでいるシーンと言えますよね。

今回の戦いの舞台となった「天空闘技場」も、古くは「ドラゴンボール」の「天下一武道会」や同じ冨樫義博先生による「幽遊白書」でもおなじみの、格闘系少年漫画では定番の場所と言えます。

こうした場所やシチュエーションでは敵との戦いでもタイマンで小細工を労せず正々堂々と戦う!って思いますよね!?

ところが!そんな少年漫画の常識をぶっ飛ばして、クロロvsヒソカではクロロ側に秘密の共闘があったと言うから驚きです!

 

クロロvsヒソカは待ちに待ったマッチアップ

ヒソカが幻影旅団に入団したのは「クロロと戦いたかったから」というのが定説です。

旅団を退団した後もヒソカはクロロとの戦いを常に望んでいましたよね。

強い敵と合いまみえることが至上の喜びであるヒソカにとって、幻影旅団団長クロロとの一騎打ちは、まさに待ちに待っていたマッチアップだったに違いありません!

ヒソカVSクロロ共闘
引用:img.kai-you.net

 

クロロの方はというと、ヒソカとの戦いを避けながら100%の勝ちを狙って準備してたのでしょうか?

どうやら、ヒソカはそのように思っていたようですね。

ヒソカVSクロロ共闘
引用:anabre.net

 

クロロと幻影旅団員の共闘にヒソカブチ切れ!

クロロヒソカ闘技場
引用:mangantena.com

当然、ヒソカはクロロとタイマン勝負を望んでいたでしょうし、そうなると思っていたでしょう。

ところが、結果重視のクロロは手段を択ばず、幻影旅団を闘技場にしのばせ、クロロを援護させていたというのが、共闘説です。

クロロ的には、いつまでもストーカーのように付きまとうヒソカを完全に亡き者に出来る状況がくるまで待っていたという所なのかもしれません。

クロロとの真っ向勝負をしていたと思っていたヒソカは、団員たちが裏で共闘していたと知って復讐を決意、幻影旅団員全員の抹殺を決意!

ヒソカマチ共闘
引用:akitoshilaoshi.com

 

まずは、天空闘技場でクロロに裏で手を貸していたと思われるシャルナークとコルトピを瞬殺!

コルトピシャルナーク
引用:onepiece-naruto.com

 

ヒソカによる幻影旅団全員の殺戮のはじまり!

というのがクロロvsヒソカでの共闘説と言うわけです。

 

共闘説の元はここ♪

共闘説が一番最初に疑われだしたのがこちらではないかと思われます。

HUNTER×HUNTERネタバレスレッド2442」の552

「ファーw団長4体1でやってたのか 卑怯すぎるwww 」

という書き込みから始まり、徐々に盛り上がりを見せて行ったようです。

これまでも読者を惑わせる伏線が数多く張られているハンターハンターですが、この共闘説を裏付けるかのような描写、セリフが、どんどん紹介されていくこととなりました!

 

共闘肯定派の意見

ヒソカクロロ闘技場
引用:jumpmatome2ch.biz

クロロと幻影旅団員の共闘があったとする説の裏付けとして、次のような証拠があるとされています。

 

状況証拠

  • 幻影旅団員たちから二人が一望できて共闘がやりやすい「天空闘技場」を戦いの場に選んだ。
  • 実際に旅団員が闘技場にいたこと。
  • 天使の自動筆記(ラブリーゴーストライター)ではヒソカは死ぬと予言がされていたのでクロロはトドメを刺さなかった。
  • 戦闘力的にあり得ないほどヒソカが一方的にボコられたこと。

 

念能力的証拠

  • 知られたら終わりとされている自身の念能力を自信満々に解説していたこと。これはクロロは1人で戦っているという姿勢を強調するため。
  • いつの間にか消えていたシャルナークのアンテナ→マチが念糸により回収した。
  • ヒソカの予想よりはるかに多いコピー人形→クロロがコルトピに能力を返却後、コルトピがスタンドで念人形を量産していた。
  • 電話によるコピー人形操作→シャルナークがクロロの指示を受けてブラックボイスで操作していた(手入力で携帯操作しているのはシャルナーク)

 

とどめの証拠とされているシーン

ヒソカマチ復活
引用:kai-you.net

クロロとの戦いを振り返り

「相手十分の条件で勝つのは難しいな」と言ったヒソカに対して

「今度からは戦う相手と場所はちゃんと選ぶことだね」というマチの言葉から、ヒソカは共闘を確信したとされています。

 

クロロの言葉が何よりの証拠だ!

クロロ共闘証拠
引用:kai-you.net

このシーンでクロロはこう述べています。

戦う場所や相手を慎重に選んだりチームで戦ったりが凡例だ

そして確実に勝てる条件が揃うまで

待つ!

タイマンではなく旅団員との共闘があったとする説は、クロロのセリフの内容、とくに「チームで戦ったり」と言う点と、確実に勝ちを取りに行く姿勢から、共闘することがクロロの必勝戦術であると分析しています。

スポンサーリンク

共闘否定派の意見

共闘があったとしている意見に対して、いやいや、それはないでしょ~という意見も多く、ほぼ二分しているといっても良さそうです。

 

アンテナが針に?

共闘説の一つの描写にあるのが、クロロに利用された審判員のアンテナが、後のシーンでイルミが使うものとそっくりな針になっていたことから、過去にクロロとも関係のあったイルミも共闘しているのではないか?

すくなくとも、このシーンからは念糸を使えるマチは共闘と無関係ではないだろう!という説が有力視されていました!

しかし、単行本では通常のアンテナに変更されており、共闘説の証拠とはならないことが判明しています。

アンテナ
引用:anabre.net

 

シャルナークの携帯電話

アンテナに関係して共闘否定説の根拠となっているのがこちらのシーン。

人形を操作しているのはシャルナーク!と言うのが共闘肯定派の意見でしたが、元の絵ではシャルナークのオリジナル携帯を操作している手には袖口のようなものが描かれています。

シャルナークはノースリーブを着ていることから、この電話を持つ手、つまり操作しているのはクロロであろうと言うものです。

 

さらに、試合後のクロロとシャルナークの電話での会話が否定派の根拠となっています。

「ケータイどうする?アンテナないけど」

クロロ

 

クロロからのこの問いかけからは、クロロが返そうとしていたのは元はアンテナ付きの携帯電話、つまり「ブラックボイス」の携帯であることが容易に想像できます。

「大丈夫。特に使う予定ないし」

シャルナーク

 

また、シャルナークの答えからも「携帯+アンテナ」が手元にない状況が見て取れると言います。

と言うのも、もしシャルナークが共闘しブラックボイスで人形を操っていたのならクロロの問いに対する答えは「アンテナは回収できるから」などの答えになるというのが共闘否定派の意見ですね。

 

コルトピへの返却はいつ?

共闘のケースでは、戦闘中にコルトピがスタンドでガンガンに人形を作っていたと言うことになります。

が、クロロからコルトピにギャラリーフェイクが返されたというシーンが見受けられないし、そもそもクロロが1人で出来るのに返す必要があるのか?

また、いずれにせよスタンプや刻印を押さないと戦闘の役に立たないと言う点も挙げられています。

 

さらに、なんらかの理由でコルトピが退場、あるいは人形作りに専念できなくなったら強力コンボが使えなくなるわけです。

クロロなら一人で出来るものを、あえてリスクを背負ってまで共闘とするのは、逆に確実に勝ちに撤するクロロらしくないと言うことです。

 

マチのセリフとヒソカの対応

ヒソカマチ
引用:chomanga.com

共闘説では復活したヒソカの言葉「相手十分の条件で勝つのは難しいな」に対して、マチが言った言葉「これに懲りたら戦う相手と場所はちゃんと選ぶことだね」から共闘に気が付いた!とのことですが、ヒソカは今回のクロロとの一騎打ちの場所も条件も、クロロ有利と認めている上で受けている。

その結果に対して、マチは普通に応対しただけ、またヒソカの表情はその事に気づいているだけと言うものです。

 

たしかに、ヒソカはクロロの能力を熟知している訳で、団員の念能力を借りてきて観客を巻き込むことは予想できたはず。

にしては、戦闘中のヒソカはクロロの戦略に裏をかかれてばかりの印象がありますが・・・

そこで、ヒソカはクロロの戦力を削る、つまり団員を排除するという所業に出ていると言うものです。

 

作者の解説でさらに混乱!?

ハンターヒソカクロロ34巻
引用:twitter.com

ハンターハンター最新巻である34巻に、作者:冨樫義博さんによるクロロvsヒソカに関する解説が出ています!

この解説によって共闘説はあったのか?なかったのか?が明確に案るのでは!?と思われました!

その中ではこんなことを作者は言っています。

ヒソカはあおの場でマチを殺したがっていたのですが、僕が却下してしまいました。

船の流れに続けるにあたって他の旅団員へのメッセンジャーが必要だった・・・

 

つまり、マチはヒソカの復活、旅団の全員抹殺を他の旅団員へ伝えるメッセンジャーの役割のみということになるのでしょうか?

とすると、暗黒大陸でのクロロとヒソカの再対決もあるのかも?

そしてこんなことも作者:冨樫義博が言っています。

クロロの能力を削っておくという、冷徹で合理的な判断にヒソカの本気をにじませたかった

 

やはり、団員の抹殺はクロロの能力削減、そして復活したヒソカが次はクロロに勝つ!という本気さの表れと見ることが出来そうです。

ちなみに、この解説中で「シグルイ」の岩本虎眼氏の心構えを参考にしたとの記述から、共闘説肯定派はこれを持って共闘説の裏付けとしているようですね。

と言うのも、岩本虎眼氏は一対一と見せかけて念入りに準備して万全の状態で伊良子に対して仕置きをしたが、伊良子はそれに気づいて一人ずつぶっ殺していくというストーリーがあるからです。

 

また、こんな意見もあるようです。

クロロはあくまでも盗賊で別にバトルマニアでもヒソカと戦いたかった訳でもない

ただ邪魔者を排除したかったってんならウソついてハメてもおかしくはないと思うけど

 

まとめ

ハンターハンターの最大の山場の一つ、クロロVSヒソカの共闘説を、肯定・否定の両方から、一番特徴的な点を解説してみました。

結局のところ、同じ描写、同じセリフでも違う解釈が出来ていしまうんですよね。

さらに、34巻の作者による解説はより混迷を深めるために敢えて掲載したのでは?とも思わせる内容だと思いませんか?

 

クロロvsヒソカの共闘はあったのでしょうか?

それとも、なかったのでしょうか?

漫画の議論でここまで盛り上がれるのがハンターハンターの凄い所だと思います。

まだまだこの議論では楽しめそうですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です