【ダイヤのA】最強の投手決定戦!作中に登場したキャラの強さランキングベスト10!


スポンサーリンク

スポーツ漫画の定番といえば、やっぱり野球ですよね。

現代の野球漫画の代表といえるダイヤのAはTVアニメにもなった大人気作品です。

そこでダイヤのAに登場する投手の強さを最強キャラランキングにまとめてみました。

スポンサーリンク

ダイヤのAってどんな漫画?

野球に対して秘めた才能を持ちながらも、中学時代は弱小野球部に所属していた 主人公・沢村栄純でしたが、中学最後の試合で放った大暴投がきっかけで、野球の名門校である青道高校からスカウトされてしまいました。

その青道高校見学で出会った、天才捕手・御幸一也は沢村の野球への考え方を大きく変えることとなります。

そんな沢村栄純が青道のエースとなるべく奮闘していく姿を描いているのがダイヤのAなんですね。

スポンサーリンク

ダイヤのA 最強投手ランキングベスト10

 

10位 小川常松

座右の銘は「アンパンマンたいそう」で試合中にも良く口ずさんでいるほどです。

めずらしい左投げ右打ちの投手で成孔学園エースですが、メンタル面にはまだまだ未熟なところが多いんですよね。

野球選手としての潜在能力は高いのでメンタルタフネスが身に付けば、大化けする可能性があるのではないでしょうか。

 

9位 楊舜臣

クールで無愛想な台湾留学生選手です。

仲間や監督からの厚い信頼に包まれていますが、その本人は周りに対して常に感謝の気持ちで接している感じですね。

そんな彼の練習熱心な姿や、嫌な顔せず打撃投手を引き受ける姿は、チームが大きくレベルアップすることに繋がりました。

球速は130km/h台前半ですが、その制球力の正確さから「精密機械」と呼ばれています。

カーブとフォークが持ち球の投手ですが、変化球はあまり投げないんですよね。

1人コツコツと練習に打ち込める努力家で、ひたすら実践する練習をポリシーとしているため、エースでありながら打撃投手を務めています。

そのため投げ込みは毎日200球以上というすごさです。

 

8位 向井太陽

向井太陽の名セリフ「咬みつけるもんなら 咬みついてみろよ」

1年生にして甲子園に出場する実力者です。

この夏には東東京代表として甲子園に出場をはたしベスト16という成績を残しています。

向井太陽の武器はサイドスローから放たれ命中率は9分割以上「奥スミ」ともいわれる制球力とスクリューなんですが、「奥すみ」とは、箱にみたてたストライクゾーンの奥の角まで使いこなしてしまう制球のことで、わずかのラインでストライクに入れる事を可能にしています。

 

7位 梅宮聖一

梅宮聖一名セリフ「挑戦者が守りに入ってちゃベルトは奪いとれねぇからな!」。

試合になると性格は熱くなるタイプの選手で、よく「怒羅亜!(どらぁ!)」と叫んでいます。

球速100km/hにも及ばない一見キレの無さそうな超スローカーブからのストレートによる球速の差や、打者からは縦スライダーの球筋に見えてしまうほどの強烈なカーブが持ち味です。

投手でありながら、打者としても四番を任されるほどのスキルを持っています。

プレッシャーがかかる勝負所でヒットや長打を打つなど、アスリートとして必須のメンタルであるプレッシャーをプラスに変えることができる精神的にも強い、敵に回すと厄介な強打者でもあります。

また、投手でありながら積極的に走塁もするんですよね。

そんな梅宮選手ですが、夏の東東京大会の前夜に首を寝違えるという失態を犯しています。

 

6位 降谷暁

降谷暁名セリフ「もう‥誰にもマウンドを譲らない」。

なんと、自分の球を取れる捕手がいないことから壁に向かって投げていたという中学時代を過ごしています。

野球雑誌で御幸の存在を知って、彼なら自分の球を捕球してくれると一般入試で青道に進学してきました。

寝ても覚めても野球に集中するためその成績は最悪で、1年夏の期末試験は赤点のため追試となっています。

中学時代は誰も球を取れなかったという剛速球は150km/hにも届く勢いの怪物ピッチャーです。

投手でありながらバックスクリーンへの本塁打ができる長打の持ち主でもありまた、その強肩からマウンドを降りた後もレフトに入るというマルチプレイヤーです。

 

5位 沢村栄純

沢村栄純の名セリフ「エースには俺がなる!エースの中のエース!!キングオブエースに!!」。

本作の主人公です。

打者のタイミングが外れてしまう変則的なフォームから繰り出されるキレのあるクセ球が持ち味の投手です。

「ストレートだけの一本勝負」と豪語していますが、球速は130km/hに及びません。

その実、肩と手首の柔らかさをフルに活かした投球によって、上下左右に変化するムービングファストボールを武器としている数少ない左投げ投手でもあります。

今どきの投手がマルチプレイヤーが多い中で、投手以外の技術はからっきしで、フライもまともに捕れなかったり、トスバッティングを空振りしてしまうというレベルです。

なぜかバントだけは天才的でピッチングマシンの150kmのボールスピードをうまく殺してライン上に転がすようなことをやってのけています。

試合の流れを引き寄せる闘志と、ピンチに心が動じることなくぶつかっていくメンタルは「エース」の資質十分です。

 

4位 真田俊平

薬師高校が誇るエースピッチャーで、クールな外見とは逆に熱い気持ちで仲間たちを引っ張っているため監督やチームメイトからも非常に信頼されています。

インコース狙いがメインのピッチングのためデッドボールも多いのですが、それでも内角ギリギリを狙うピッチングで勝負するなど、プレッシャーをものともしない精神力からの精密なコントロールを持っています。

「ムービング使い」という同タイプではありますが、能力的にも精神的にも主人公の沢村より「ずっと完成された男」です。

実は沢村がカットボールを覚えたがるきっかけを作った人物でもあるんですね。

 

3位 天久光聖

もともとは、才能に満ち溢れた選手だったのですが真中からエースナンバーを引き継いだ男です。

「練習きつい・休みが無い・彼女とあえない」と部活から離れてしまいました。

ところが夏が終わってから戻ってきた時には、大方の予想を裏切って成長著しく、田原監督は「光聖にとって必要なブレイクタイムだった」と考えているようです。

今では部を離れていたことを非常に後悔している様子で、薬師高校に対して夏の屈辱を返すべく燃えています。

 

2位 成宮鳴

成宮鳴の名セリフ「もっと胸張っていいよ!!この夏日本一になるチームにやぶれたんだからさ!」。

関東No.1サウスポーと呼ばれる稲城実業高校エースです。

148㎞/hをほこる速球をはじめとして、スライダー、フォーク、チェンジアップなど多彩な球種を左右に振ったり・緩急自在なマルチな投球スタイルで相手を翻弄してしまいます。

なかでも決め球はスクリュー気味に緩急つけて落ちるチェンジアップなんですが、弱点として球数が増えてくると甘めに浮いてしまうので、ここぞというとき以外には投げることはないようです。

 

1位 本郷正宗

夏の甲子園、神宮大会、春のセンバツ、を制し三冠を達成した巨摩大でもっとも重要な役割を果たした投手といえるでしょう。南北海道・巨摩大藤巻高校のエースです。

その球速は151km/hをほこるストレート、スライダー、決め球のスプリットの組み合わせから奪われる三振数は驚異的な数字を誇ります。

コントロールを維持する集中力も抜群で9回を投げ切るスタミナも持ち合わせています。

作中に本格的に登場しはじめた春のセンバツでは、豪速球・変化球を自由自在に投げ分けて奪三振を量産していました。

その姿は「ダイヤのA」の高校野球界最強投手という位置づけになっているようです。

スポンサーリンク

まとめ

ダイヤのA現時点での最強投手ランキングをまとめてみました。

主人公たちも進級したことで後輩も入ってきますから、その中からランキング入りする投手が現れるかもしれません。

もちろん、上級生になった沢村の活躍も見逃せませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です