【テニスの王子様】最強技決定戦!作中に登場した技の強さランキングベスト10!



テニスの王子様に登場する最強技の数々は、テニスではなくテニヌと呼ばれるほど現実離れしているものが多いのですが、そこをあえて技の強さをランキングにしてみたらどうなるのでしょう?

「天衣無縫の極み」のようなゾーンに意図的に入るような能力や幸村の「五感剥奪」「鳳凰幻魔拳」に代表される相手のメンタルをコントロールするような技は除いて、テニスのボールコントロールに直接関連するプレイそのものの技の強さで最強ランキングをまとめてみました。

テニスの王子様 最強の技強さランキングベスト10

 

10位 黒龍二重の斬

  • 立海大付属3年・真田弦一郎
  • ダブルクラッチショット
  • 対戦相手:幸村清市

黒色のオーラをまとう中でリターン後に再度ラケットを振ることでボールの軌道を変えてしまうというとんでもないショットで、1回だけラケットを振るシングルクラッチ「黒龍一重の斬」が破られた後に、目覚めた闘争心からがむしゃらに戦う中で軌道を2回変えることができるダブルクラッチ「黒龍二重の斬」で勝負を決めています。

 

9位 漢球(おとこだま)

  • 青春学園3年・河村隆
  • フレームショット
  • 対戦相手:石田銀

石田銀の波動球によりボロボロになった河村が最後の力を振り絞るなかで、バランスを崩しながら打ったことで偶然放ったフレームショットです。

偶然フレームに当たったために無数のブレが発生し、石田銀の波動球を超える威力で石田銀の腕を骨折させ、0-5の0-40からの大逆転勝利をもたらした技です。

超強力なショットで打てれば勝ちとなりそうですが再現性が無いのが欠点ですね。

 

8位 COOLドライブ

  • 青春学園1年・越前リョーマ
  • スマッシュ
  • 対戦相手:真田弦一郎

関東大会決勝、立海大付属・真田弦一郎との対戦においてウイニングショットとなったスマッシュです。

リョーマは審判台を駆け上がり、ジャンプしながらCOOLドライブを放つことでボールに超回転を与えます。

そのボールは着地後もバウンドすることは無いため撃ち返せないのですね。

ノーバウンドで撃ち返そうとしても、その高回転ゆえにラケット面から腕の上にまで転がってくるというとんでもない技です。

幸村清市には破られてしまいました。

 

7位 星花火

  • 清真学園3年・不二周助
  • 第6の返し玉
  • 対戦相手:仁王雅治

コート上の詐欺師と呼ばれる仁王が動くことすらできなかったリターンショットです。

空高くに強烈に打ち上げられたボールが風を受け不規則に、かつ高速に落下してくるという捉えようのない技です。

風を利用するので、室内コートでは使えないことやコードボールに対してのみ使えるなど、シーンが限られる技でもあります。

 

6位 風林火陰山雷

  • 立海大付属3年・真田弦一郎
  • スマッシュ
  • 対戦相手:手塚国光

相手に合わせた4つのプレイスタイルである風林火山をさらに進化、全国大会決勝の対戦相手で「百錬自得の極み」「才気煥発の極み」を使う手塚対策として編み出された技です。

「雷」と化したボールは光速で現れ、落雷のように直角に曲がりながら相手のガットを突き抜けラケットを吹き飛ばすほどの威力をもっています。

全国大会決勝ではS3で手塚と対戦、風林火陰山雷も功を奏し逆転勝利しています。

5位 サムライドライブ

  • 青春学園1年・越前リョーマ
  • リターン
  • 対戦相手:幸村清市

全国大会で幸村清市あいてにリョーマが放った最後の大技です。

超回転を掛けたボールでネットのワイヤー部分を狙うことで、ボールがワイヤーによって切断され真っ二つになってしまいます。

当然、撃ち返すことができないためリョーマの勝利となります。

まさにテニヌ的な技といえそうですが、実際のルール的にはどうなのかが疑問ですね。

 

4位 手塚ゾーン

  • 青春学園3年・手塚国光
  • 仁王雅治やリョーマも使用

ボールに特殊な回転をかけることで、相手がどんな球を撃ち返しても自分が打ちやすいところへ戻ってくるため必ずリターンが出来てしまうというとんでもない技で、「無我の境地」で唯一使えないワザとは真田の言葉です。

腕や肘にかかる負担は相当なものなので、乱用はできなさそうです。

 

3位 超ウルトラグレートデリシャス大車輪山嵐

  • 四天宝寺中1年・遠山金太郎
  • スマッシュ
  • 対戦相手:越前リョーマ

1年ながら四天宝寺中で一番強いと言われる遠山金太郎が放つ得意技です。

小柄な身体で超ハイジャンプした後にその全パワーを回転しながらボールに込めるウルトラハイパワーなショットで、石田銀ですら「百八式波動球より危険」といわしめる威力を持っています。

 

2位 手塚ファントム

  • 青春学園3年・手塚国光
  • 手塚ゾーン応用技
  • 立海大付属3年・仁王雅治も使用。

ボールに特殊な回転をかけて、相手がどんな返球をしてきても自分の打ちやすい所へ誘導してしまう手塚ゾーンの逆で、相手の球を弾き飛ばしことごとくアウトにしてしまうという技です。

手塚ゾーンよりもさらに特殊な高回転をかけるため、腕や肘への負担が大きく、使い続けると腕が腫れ上がってしまうので乱用はできませんが、相手がキメにきた時ほど有効な技となりそうです。

 

1位 零式サーブ

  • 青春学園3年・手塚国光
  • サーブ
  • 全国大会準決勝で登場

手塚の代表的必殺技・零式ドロップのサーブバージョンで、全くバウンドしないサーブとなっています。

バウンドしないだけでなく着地後にはバックスピンでネットまで戻ってくるというとんでもないショットで、テニスの王子様が「テニヌ」と呼ばれるのも納得の技といえそうです。

ドロップショットでしたら弾まないのであればダイレクトに撃ち返すことができますが、サーブはノーバウンドで撃ち返すのはルール違反となってしまうため、対抗手段がありません。

まさに最強のサーブといえるでしょう。

まとめ

テニスの王子様は、開始当初は現実にもありそうなショットが描かれていたのですが、回が進むにつれて作中に登場してくる技があまりにも現実離れしているため「テニス」ではなく「テニヌ」などとも呼ばれるようになりました。

今回は直接プレイに関係する技をランキングしてみましたが、テニスの技というよりも相手に催眠術をかけるような技や意図的にゾーンに入るような技も数々登場しているテニスの王子様です。

そんな技も含めたランキングもありかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です