【ドラゴンボールZ】戦闘力の高さランキング



12月には劇場版「ドラゴンボール超」が公開予定と、まだまだドラゴンボール人気は衰える気配がありません。

そこで今回はドラゴンボールZに登場するキャラの戦闘力ランキングを作ってみました。

「Z」ですから、対象は魔人ブウ編までに登場したキャラ限定としています。

それではドラゴンボールZ戦闘力ランキングを見ていきましょう。

ドラゴンボールZとは

長らく週刊少年ジャンプで連載されてきた漫画「ドラゴンボール」。

アニメではサイヤ人編から「ドラゴンボールZ」というタイトルになりました。

当初は7つ集めると願いが叶うドラゴンボールを探す冒険が主体でしたが、「Z」の頃になると次々と現れる強敵とのバトルがメインとなります。

敵と味方の両方がパワーアップを繰り返していくのが特徴でしたよね。

連載が終了してからもアニメ「ドラゴンボール超」が放送され、12月には劇場版アニメも公開されるなど人気は衰えることを知りません。

ドラゴンボールZ戦闘力ランキングベスト10

 

10位 界王神

  • 戦闘力推測値:100億
  • 東の界王神・界王、大界王の上位神

もともとは東西南北4人の界王神と大界王神がいたのですが、魔神ブウに他の4人は吸収されてしまいました。

作中ではスーパーサイヤ人の能力に驚いていたり、ダーブラに恐れをなしていたりと強くは見えませんが、フリーザ程度の相手なら一撃で倒せる戦闘力をもつと言われています。

その証拠に神と融合したピッコロでさえ、「次元が違うと」戦闘放棄したり、復活した魔神ブウが悟飯に傷を負わせた気弾を眼力で破壊したりと、決してただ弱いわけではないんですね。

 

9位 キビト界王神

  • 戦闘力推測値:200億
  • 界王神とキビト融合体

界王神とその付き人であるキビトがボタラによって合体した形態。

一度ボタラ合体してしまうと再び元には戻れないのが欠点です。

界王神の戦闘力とキビトの多彩な能力を併せもち、それぞれが単体で戦うよりかなり戦闘力は高くなっているようです。

 

8位 ダーブラ

  • 戦闘力推測値:250億
  • 暗黒魔界の王

界王神いわく「魔の世界で完全にトップ」がバビディ支配下にある暗黒魔界の王・ダーブラです。

なんと、相手に唾を吐きかけて石化させてしまうという能力をもち、ピッコロやキビトが石像となってしまいました。

のちにダーブラが倒された際には元に戻っています。

スーパーサイヤ人2となった悟飯に勝るとも劣らない強さをもち、悟空ですら「思ったよりもずっと強い」と言うほど。

しかし、魔神ブウにはクッキーにされ食べられてしまいます。

 

7位 パーフェクト・セル

  • 戦闘力推測値:300億
  • 完全体自爆復活後

17号、18号を吸収し完全体となったセルは、悟空をも圧倒する戦闘力を誇っていましたが超サイヤ人2となった悟飯に倒されてしまいます。

そこでセルは悟空を巻き添えに自爆、残された核からパーフェクトセルとして復活した際に戦闘力が急上昇。

自爆の直前には悟空の瞬間移動も体得しトランクス、ベジータを一蹴、悟飯ですら片腕をやられてしまうほどまで戦闘力がアップしていました。

最後には悟飯と魂となった悟空がともに放つかめはめ波で核ごと消滅させられています。

 

6位 魔人ベジータ

  • 戦闘力推測値:3000億
  • 魂をバビティに売り渡した魔神化形態

魔神化したベジータは額に「M」のマークがあることが特徴です。

ベジータ自身が限界を超えて全てのパワーを引きだすことを望み、魔人ブウを作った魔導士ビビティの子供であるバビディに洗脳された状態。

魔神化の結果、戦闘力は通常時の30億から超サイヤ人2に変身することで3000億にまで達したと推測されています。

しかし、魔神化したベジータですら魔神ブウには敵わないと悟り、息子であるトランクスたち家族を護るためにブウと共に自爆、そのシーンはドラゴンボールの中でも屈指の名シーンとして有名ですね。

 

5位 魔人ブウ

  • 戦闘力推測値:6000億
  • 孫悟飯吸収形態

体内に吸収したゴテンクスのフュージョン合体が解けたためにパワーダウンした魔神ブウが、さらに悟飯を吸収した最強形態。

ブウ自身が「未来においても二度と現れない最強の魔神」と豪語するほどの戦闘力の高さを誇っています。

しかも、魔神ブウはもともと最強の自己再生能力と吸収した相手の能力を自分のものにできるというチート級の能力をもっているため、その強さは超サイヤ人2となった悟空とベジータを圧倒するほどでした。

しかし、ベジットには終始圧倒され最後には超元気玉で倒されてしまいます。

 

4位 孫悟空 超サイヤ人3

https://twitter.com/freeze530000/status/1011946519908323328

  • 戦闘力推測値:1兆2000億
  • 超サイヤ人最終形態

悟空の超サイヤ人3とは、「サイヤ人→超サイヤ人→超サイヤ人2→超サイヤ人3」と変身していくサイヤ人の最終変身形態です。

その強さは超サイヤ人2の4倍となり、サイヤ人としては最強ですが、このレベルまで到達できたのは孫悟空の他にはゴテンクスのみ。

ムチャクチャ強い反面エネルギー消費が激しく、悟空いわく「時間のあるこの世では使うエネルギーが多すぎるのであの世でしか使ってはいけない技」とのこと。

実際、あの世から一時的に戻って来た悟空が魔人ブウとの戦いで超サイヤ人3となった時は、エネルギーを大幅に消費したため本来戻って来られる24時間よりも大幅に短い時間であの世に戻らざる得なくなっています。

 

3位 ゴテンクス 超サイヤ人3

  • 戦闘力推測値:44兆
  • 孫悟天とトランクスのフュージョン合体形態

悟空に変わって魔人ブウを倒すために悟空とピッコロの二人による指導の結果、悟天とトランクスのフュージョンによって誕生した合体形から、さらにサイヤ人3まで変身した姿です。

二人の生意気で自信過剰なところも合体、増長しているため「気の嵐」と呼ばれるほど高い戦闘力を誇っています。

そのように戦闘力は非常に高いのですが、この合体形態を維持できる時間は30分のみと長くはありません。

また、フュージョン合体時のポーズを少しでも間違えると肥満やガリガリの「失敗体」になってしまうところが弱点といえそうです。

 

2位 アルティメット孫悟飯

  • 戦闘力推測値:60兆
  • 孫悟飯の潜在能力開放形態

界王神によって潜在能力を限界以上まで引き出すことを可能にした孫悟飯の最強形態です。

パッと見は超サイヤ人化した時のような金色のオーラもなく普通に見えてしまうが、この外観で戦闘力は超サイヤ人3を超えています。

しかも超サイヤ人の弱点とも言える時間的な制約もないため、合体融合形態ではない単独形態では最強戦士と言えそうです。

弱点と言えるのは、アルティメット孫悟飯となるには界王神の儀式に5時間、潜在能力開放に20時間かかってしまうことでしょう。

 

1位 ベジット 超サイヤ人

  • 戦闘力推測値:5000兆
  • 孫悟空とベジータの融合形態

アルティメット悟飯を吸収し手がつけられない強さとなった魔神ブウに対抗するために最強サイヤ人である悟空とベジータが界王神に伝わる秘宝「ポタラ」によって融合した姿です。

その魔神ブウを「足だけで充分」と言いながら、まさに足蹴にする強さを誇り、さすがの魔人ブウも戦意喪失となってしまいました。

悟空の猪突猛進の強さにベジータの知的戦略センスを併せもつため、作中最強の存在と言えるでしょう。

まとめ

ドラゴンボールではスカウターの登場以降、キャラの強さインフレ率が激しいですが、ドラゴンボールZの最強キャラランキング1位はとんでもない戦闘力と考察されています。

後から登場した敵ほど強くなっていくのは、もはやバトル漫画の宿命と言えるでしょう。

作中後半では強敵と戦うのはスーパーサイヤ人だけでした。

今後公開されるアニメではどこまで戦闘力がアップしていくのかも見逃せないポイントとなりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です