【ハイキュー】最強キャラ決め!作中に登場したキャラの強さランキングベスト10!


スポンサーリンク

バレーボール人気の火付け役ともなったハイキューには、全国トップクラスのストライカーから超絶技巧のセッターなど、様々なキャラが登場しています。

そこでここでは、そんなプレイヤーたちから最強キャラをピックアップ、ランキングにまとめてみました。

スポンサーリンク

ハイキュー 最強キャラランキングベスト10

バトル系の漫画と違ってスポーツ漫画、特にバレーのようなチームスポーツはポジショニングで役割も体型も異なるので強さ別のランキングを付けるのはなかなか難しいものがありますよね。

そこでスポーツマンとして単純にスゴイと思うのは誰?という個人的な観点でランキングにしてみました。

 

10位 強羅昌己

  • 生川高校3年生
  • 主将
  • 背番号1
  • エーススパイカー

脅威烈なジャンプサーブを武器とする生川高校のエーススパイカーです。

また、ブロック能力もピカイチで生川高校のキャプテンとして中心的選手となっています。

見た目の特徴から、森然主将の小鹿野から「タラコ(くちびる)」などと呼ばれていますが、小鹿野の事を「ブロッコリー(頭)」などとやり返してもいますね。

 

9位 中島猛

  • 和久谷南高校3年
  • 背番号1
  • ウイングスパイカーでエーススパイカー

身長は173.4cmとバレー選手にしては小柄な部類になりますが、ジャンプ最高到達点は324㎝を誇ります。

腕を振る角度を変えることでブロックアウトを狙う技巧的なスパイクを得意としています。

かつて身長の低さに悩んでいた時期に「小さな巨人」のプレイに勇気づけられ、また同じ背番号10番の日向を意識しているようです。

 

8位 天童覚

  • 白鳥沢学園高校3年
  • 背番号5
  • ミドルブロッカー

天才的なブロッカーでゲスモンスターとの異名を持っています。

そのプレイスタイルが認められる以前は「妖怪」などとあだ名をつけられていたようですが、いまは逆に日向や景山を「妖怪」と呼んで認めています。

名前のゲスは下衆ではなく、英語のGuess:読みと臭覚の鋭さの意味で、烏野高校のスパイカー達を苦しめています。

 

7位 西谷夕

  • 烏野高校2年
  • 背番号4
  • リベロ

ハイキュー作中最強のリベロといっても良いでしょう。

その実力は他校の選手達も認めるほどで中総体ではベストリベロ賞を獲得しています。

リベロとして抜群の反射神経と「勘:カン」の良さをもっており烏野高校キャプテン澤村からは「烏野の守護神」と呼ばれ信頼されています。

白鳥沢の主将:牛島のスパイクをスーパーレシーブで受け止め、スパイカーたちを鼓舞する姿には共感を覚えたファンも多いのではないでしょうか。

 

6位 大平獅音

  • 白鳥沢学園高校3年
  • 副主将
  • 背番号4
  • ウイングスパイカー

レシーブ力は極めて高く、牛島がスパイクに専念できるようにチームを支えている影の立役者でもあります。

実はスパイクにおいてもキャプテンの牛島には若干劣るとはいえ、ジャンプ最高到達点332㎝からブロックの上から打ち込むパワースパイカーとしての能力も高いんです。

レシーブ主体であまり攻撃に参加しないのですが、強いチームには必ず存在する「縁の下の力持ち」ですね。

スポンサーリンク

5位 黒尾鉄朗

  • 音駒高校3年
  • 主将
  • 背番号1
  • ミドルブロッカー

ブロッカー名手として名前が上がるほどの技術を持っている都内屈指のミドルブロッカーです。

さらには巧みなスパイクとレシーブ能力も鍛え上げられており、レベルが非常に高い万能プレイヤーでもあります。

リーダーシップも素晴らしい選手でチームメイトを律する責任感と、他校の選手にも助言をするなど面倒見が良く気さくなスポーツマンですね。

 

4位 影山飛雄

  • 烏野高校1年
  • 背番号9
  • セッター

日向の相棒で本作のもう一人の主人公です。

はじめは互いを敵対的なライバルとして見ていましたが次第に相手を認め相棒として烏野高校バレー部を盛り上げる存在になってきました。

中学時代からセッターとして「天才」の異名をとるほどですが本人は自分を天才とは思わず「才能に胡坐(あぐら)をかかず、容赦なくストイック」といわれるほど志がたかいプレイヤーです。

日向ともどもテストでは赤点を取り補習授業のために合宿に遅刻するなど勉強は大の苦手ですが、バレーのゲームメイク能力はずば抜けていて、冷静な観察、的確な判断でツーアタックを決めるなどバレーボールに関しては天才的ですね。

ただ、その余りある才能のために独善的なプレイとなってしまい中学時代には孤立してしまった経験があります。

天才プレイヤーにはありがちなパターンですよね。

そのトラウマからから「おりこうさんなプレー」になっていると悩みますが、スパイカーの要求にこたえるだけのセッターから、あえてスパイカーに合わせないことでスパイカーの能力を引き上げるセッターへと成長していきます。

セッターがこうして成長する描写は作者のバレーボール経験からも来ているのかもしれませんね。

 

3位 木兎光太郎

  • 梟谷学園高校3年
  • 主将
  • 背番号4
  • ウイングスパイカー

全国でもTOP5に入るエーススパイカーで、コースの打ち分けにすぐれる技巧派のスパイカーです。

スキルアップに対する意識は貪欲で尋常でないレベルのため、その練習量に付き合えるのは2年副主将の赤葦くらいなものです。

そうした練習量から生み出される必殺技ともいえる「超インナースパイク」は烏野高校メンバーを唖然とさせていましたね。

それおほどのストイックさを持ちながらメンタル面がプレイに影響してしまうことがあり、チームを引っ張るというよりチームに引っ張られる面が出てしまう時があります。

反面、その性格やバレーに取り組む姿は烏野の曰武田監督にして「敵ながら称賛を送りたくなる」と賞され、「敵味方関係なく士気を上げてしまう選手」と烏野Cの烏養とも評されています。

感情の起伏がコントロールできるようになったら、とてつもない主将になりそうです。

 

2位 及川徹

  • 青葉城西高校3年
  • 主将
  • 背番号1
  • セッター

攻撃型セッターとして県内トップと称されています。

しかし本人は「凡人」が努力した結果と自覚しているようで、「天才」と呼ばれる牛島や景山を嫌っていました。

華麗なトスとジャンプサーブを得意として、セッターとしてプレーレベルの高さを誇っていますが、そのコミュニケーション能力も卓越していて、敵味方選手の性格・クセをいち早く見抜いて味方選手を活かし、敵の弱点を突く司令塔となっています。

実は景山の中学時代の先輩に当たり、景山いわく「ブロックとサーブを及川さんを見て覚えた」とそのプレーには大きな影響を与えているようです。

また白鳥沢主将である牛島からも「チームの力を100%引き出せるセッター」と一目置かれている存在です。

梟谷学園高校3年の木兎光太郎と比べられることも多い選手ですが、精神面での安定度から及川の方が上ではないでしょうか。

 

1位 牛島若利

  • 白鳥沢学園高校3年
  • 主将
  • 背番号1
  • ウイングスパイカー

全国TOP3のエーススパイカーで、なんと東北から唯一の日本代表U-19にも選ばれています。

当然県内ではトッププレイヤーとして君臨し、チーム得点の40%は牛島によって稼がれているという凄さです。

無駄のない動きで他のプレイ技術も相当に高く彼のレシーブの動作を日向は研究していました。

持っている才能を開花させてトップに君臨する牛島は、凡人の努力の結果強くなったという及川徹とは対極の存在といえるかもしれませんね。

そのためか及川からは認められつつも嫌われているようです。

裏表のない性格からのストレートな発言は時に嫌味にとらえられてしまうことが多いようですが、本人は全く気が付いていないという、スポーツバカにはありがちなパターンが描かれています。

スポンサーリンク

まとめ

ハイキューの出場選手ランキング、トップ3は順位こそ違うことはあっても選ばれる3人はほぼ確定ではないでしょうか?

そして日向と景山が2年、3年となった時に、勢力図がどう変化するのでしょうか?

今後の最強キャラランキングがどうかわるのかに注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です