【ハンターハンター】クラピカのエンペラータイムには寿命を削るというデメリットや誓約があることが判明



ハンターハンター第364話で明かされたクラピカのエンペラータイム衝撃の事実!

それは、エンペラータイムが発動している間は、クラピカの寿命が縮んで行くと言うとんでもない制約(ルール)でした!

 

今や、ブラックホエール号での王位継承戦で、重要な役割をしめているクラピカ!

その寿命が縮むとはどういうことなのでしょう?

 

そして!暗黒大陸にはクラピカにとっても重要なものがありそうなんです♪

エンペラータイムと制約に関して、暗黒大陸上陸前に、もういちど確認しておきましょう!

クラピカのエンペラータイムってどんな念能力?

クラピカ能力エンペラータイム
引用:livedoor.blogimg.jp

クラピカの能力「絶対時間:エンペラータイム」は「どの系統の欲望(ちから)も100%引き出せる」を改めてまとめておきます。

 

エンペラータイムによる効果は次の2つ

  1. オーラの絶対量がアップする!
  2. 能力系統が具現化系から特質系に変化し、どの系統の能力も100%の精度と威力で扱うことができる!

 

ここでのポイントは、「100%の精度と威力で扱える」ということで、「100%習得できる」わけではないということ!

さらっと読んじゃうと、どの系統の能力も=すべての能力も「奪う人差し指の鎖:スチール・チェーン」で奪い取って、エンペラータイムを使えば、その能力の100%の力が出せちゃうって思いますよね!

 

でもそうではないんです!

どういうことかというと、念能力は、「習得できる率、すでに習得した率」と「使用できる率」の二つがあるということなんです。

エンペラータイムは、このうちの「使用率を100%にする」ことしか出来ないというわけです。

 

具体的に見てみると、具現化系のクラピカは強化系能力は60%までしか習得する事が出来ないし、使用率も60%になるわけです。

そこで、エンペラータイムを使うとどうなるか?って言うと、使用率が100%になるだけであって、習得率は60%に留まるというわけです。

ですから、他の具現化系能力者が強化系能力を習得し使用するよりは高い精度と威力を得られますが、もともとの強化系能力者と比べると、エンペラーアイ発動時でも適わない、ということになります。

クラピカ人差し指
引用:matome.naver.jp

 

「絶対時間:エンペラータイム」は、当初はクラピカの怒りをきっかけに発動していたのですが、その後自分でコントロールできるようなった経緯があります。

また、「盗む人指し指の鎖:スチールチェーン」で他人の能力を盗んだ場合には、強制的に「絶対時間(エンペラータイム)」が発動!

能力を盗んで保持している間はずっと「絶対時間(エンペラータイム)」が発動しっぱなしということになるようです。

エンペラータイムと緋の眼の関係

クラピカ緋の眼
引用:ハンターハンター総合.net

ハンターハンターでのクラピカの活躍を見ていると出てくる疑問が「緋の目」と「エンペラータイム」の関係性ではないでしょうか?

緋の眼=エンペラータイム

と言ってよいのでしょうか?

 

当初のハンターハンターでは、「緋の目」になったクラピカは具現化から特質系になって、オーラ量もあがるってだけだったんですが、それが今にして思えばエンペラータイムだったと言うこととえそうですよね。

「どの系統の能力も100%引き出せる」

クラピカ:ハンターハンター第9巻

と言っていますから、基本的には同じと言えそうですが、当初の段階では「エンペラータイム」といえるほどの完成度ではなかったと言うことなのかもしれません。

誓約?制約?

念能力は、その能力に対して自ら制約と誓約を課することで、念能力の威力と制度をさらにアップさせることが可能なんですね!

そして、この制約と誓約はより厳しくなればなるほど能力がより高く向上すると言われています!

ハンターハンターに出てくる能力者のほとんどは「制約」だけを自らの念能力に取り入れているケースが多いようです。

念能力者の中でも、クラピカは制約と誓約の両方を取り入れていることが一番判りやすいハンターと言えそうです。

 

★クラピカの制約と誓約:中指が一番分かりやすい例★’

  • エンペラータイム:制約「緋の目」になることで全ての系統を引き出す「精度UP」
  • ホーリーチェーン:制約「エンペラータイム」により、自己治癒力の強化が可能「威力UP」
  • チェーンジェイル:制約「旅団にしか使用せず」、旅団以外に使用すると命を落とす「誓約」、そのことで対象を強制的に絶とする「精度・威力UP」
  • ジャッジメントチェーン:制約「エンペラータイム」により、放出系要素である離れた位置でも順守させることが可能「精度UP)」


エンペラータイムは寿命を削るって?

クラピカエンペラータイム寿命

引用:jumpmatome2ch.net

王位継承戦では、中心的役割を果たしていきそうなクラピカの「エンペラータイム」ですが、364話で衝撃の事実が判明しましたね!

それは、1秒発動し続けるごとに1時間寿命が縮むというもの!

クラピカエンペラータイム

 

1秒で1時間、たいしたことなさそう?

  • 24秒で1日
  • 1分で60時間
  • 1時間で150日
  • 146分で1年
  • 1日24時間で10年
  • 1週間で69年

これだけの寿命が縮むんですから、やはりクラピカの能力、制約がきつすぎますよね!

それだけ本気ってことなんでしょうけど、ブラックホエール号乗船早々に、王位継承戦の血みどろの争いは始めり、クラピカずっと「緋色の眼」状態ですよね!

 

つまり、エンペラータイム状態と言えるのでしょうか?

364話時点で、「乗船から二時間」とのことですから、すでに300日程度は縮んでいる可能性がありますね!

クラピカ死んじゃうの!?

クラピカエンペラータイム

2013年1月に劇場公開された「HUNTER×HUNTER 緋色の幻影」

この時に配られた冊子「0巻」での巻末インタビューで衝撃の回答があったのをご存知ですか?

富樫先生が今後の旅団とクラピカについて質問された際の回答が「全員死にます」というものでした。

 

それから4年、クラピカは今、暗黒大陸へと向かうブラックホエール船内で繰り広げられる王位継承戦で、ワブル王子の警護に当たっていますが、その中で判明した「クラピカのエンペラータイムは寿命を削る」!

すでに、数多くのシーンで寿命を削ってきているクラピカの死が近いのではないか?

クラピカファンの間では、クラピカの残り寿命が最大の関心ごととなっていきそうです。

 

暗黒大陸にクラピカの希望がある?

五大厄災希望
引用:matome.naver.jp

作者によるアンケート回答「クラピカ死にます!」

364話で判明したエンペラータイムの誓約「1秒で1時間寿命が縮む!」

これは、王位継承戦で精根尽き果てたクラピカの死を意味すのでしょうか?

じつは、そこに一つの希望があるのではないか?といわれています。

 

というのも、クラピカがブラックホエール号に乗船した本来の理由は暗黒大陸ですよね?

そこには、超強力長寿食「ニトロ米」があることが判っています!

クラピカがエンペラータイムを発動し過ぎて寿命が尽きそうになった時に、ニトロ米を手に入れたら?

ネテロ会長の遺言である「厄災」を克服し「希望」を持ち帰ることになるのではないでしょうか?

暗黒大陸にある五大厄災とリターンについては「【ハンターハンター】五大災厄とは!?詳細の内容をまとめてみた!」にまとめています。

もしかすると、暗黒大陸にはまだ判明していない「何か」がある可能性もあります。

まとめ

ハンターハンター作者冨樫先生による衝撃のアンケート結果から4年目に、クラピカの寿命が削れているという新事実が明らかになりました!!

エンペラータイム発動状態で王位継承戦にのぞんでいるクラピカは、暗黒大陸までたどり着けるのか?

暗黒大陸でクラピカを待ち受けるのは、厄災か?希望か?

ハンターハンター人気のキャラクターであるクラピカの今後から目が離せませんね!

1 個のコメント

  • ドルフィン発現時に強制エンペラータイムになり、奪った能力を発動し、効果終了までのその間の秒数が寿命を縮めるのでは?

    作中の説明ではそう受け取れましたが。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です