【ハンターハンター】シャルナークの強さや念能力まとめ

シャルナークはハンターハンターで登場する幻影旅団のメンバーです。

読者からも人気が高いキャラクターで、作中で死亡した後もファンは絶えません。

幻影旅団・クロロに能力を貸していた1人でもあるのですが、その念能力はどういったものだったのでしょうか。

今回はシャルナークの強さを考察してまとめていきます。

シャルナークとは

シャルナークは幻影旅団のメンバーで参謀的存在のキャラクターです。

幻影旅団の中では設立当時からいる古参メンバーのため信頼も厚く、念能力を団長クロロに貸す場面もあります。

実はハンターハンターの第1作目のアニメでは、服の色が原作と違う色になっていました。

もちろん新しく作られた第2作では原作の通りになっています。

 

どちらかといえば温厚で気さく、稀にリーダーシップを発揮する性格をもっているハンターハンターには珍しいタイプですね。

ただそれとは裏腹に、情報収集を効率良くするため、ハンターライセンスを所持しておくというちょっとあくどい面も見られます。

幻影旅団メンバーの中ではシャルナークは真っ先に死亡するキャラクターですが、イケメンのため女性ファンが多く、今でも二次創作されることもありますね。

シャルナークの強さは頭脳にあり?

シャルナークはあまり戦う場面がなく、情報収集能力に長けており、知識力もあるため頭脳系ですね。

グリードアイランドの隠された島の秘密に気づいた人物の一人でもあります。

さらにシャルナークは作中、「自分の能力はいくらでもかわりがきくが他の仲間の能力はレアである」と旅団での自分の立ち位置を冷静に見ることができています。

念能力が他人を操る操作系なので、念能力をつかうにも相当知略を巡らせているのでしょう。

 

頭脳系のシャルナークがどうして殺されてしまったのかですが、それはクロロに携帯電話を貸していたからというのが大きいです。

つまり、殺される時に能力が一切つかえなかったんです。

 

ちなみに作中にクロロの「天使の自動筆記(ラブリーゴーストライター)」による100%当たる占いで、一度死の宣告がありました。

それは「電話を掛けてはいけない 一番大事な時につながらないから 電話に出るのもすすめない 3回に一度は死神につながるから」というものです。

占いは1週間分が1段4行、それをだいたい1ヶ月分(4~5段)占い、1ヶ月分ない場合はそこで死ぬようになっています。

そのため、それがシャルナークの死の予言ではないかという話が多いのですが、作品内の時間軸ではそれが1年以上前の話です。

 

占いの有効期限は1ヶ月と考えられますし、すでにその占いは旅団メンバーで回避しています。

そのため、占いが当たったというよりはシャルナークはなるべくしてそうなったと言えそうです。

もし事前にクロロの占いでシャルナークの死がわかっていれば、シャルナークは知略を使って死を回避することができたかもしれません。

ちなみにシャルナークが死亡した経緯は「【ハンターハンター】シャルナークとコルトピが死亡した流れを改めてまとめてみた」にまとめています。

シャルナークの念能力

念能力は操作系、人間を操作する能力「携帯する他人の運命(ブラックボイス)」です。

シャルナークが持つ携帯電話のアンテナを対象の人間に刺すことで操作できます。

アンテナは2本、操作人数はアンテナの本数に左右されるため最大2人までです。

操作中の人間が死ぬ、もしくはアンテナが抜けると効果は解除されますが、それまでは遠隔操作か自動操作ができる強力な能力ですよ。

 

自分にもつかえる「自動操作モード」

さらに自分にアンテナを刺すことで自身を操作させる覚醒状態「自動操作モード」になります。

自動操作モードだと無敵状態なのですが、数日動けなくなる・自動操作モードの記憶がない反動があるので、シャルナークはあまりつかいたくないようです。

この自動操作モードさえあれば、もしかしたらシャルナークは死なずに済んだかもしれませんね。

 

念能力で生きてる説

ヒソカが念能力で生きていた(復活した)ように、シャルナークも念能力でうまく生き延びているのではないかという説があります。

シャルナークの念能力は、自分を操作することが含まれるのでどこかで生きているかもしれません。

とは言え、一応作中では死亡なのでファンにとっては淡い希望ですね。

幻影旅団を仇敵とするクラピカもちゃんといるので、今後の登場はちょっとだけ期待しています。

まとめ

今回はハンターハンターの幻影旅団・シャルナークの強さと念能力についてまとめました。

シャルナークの強さはやはり情報収集能力や知識ですね。

性格も良い分欠点が少ないので、まさに完璧人間です。

念能力「携帯する他人の運命」は携帯電話さえあれば他人だけでなく自分でさえも操ってしまいます。

無敵状態がつかえるとなれば、クロロがつかうのもうなずけますね。

シャルナークが生きていれば、今もきっとゴンたちの強力な敵として存在していたかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です