【ハンターハンター】この作品のラスボス予想!ラスボス候補をまとめてみた!



ハンターハンターの最後を飾るラスボスは、はたして誰になるのでしょうか?

序盤から登場し、強大な敵として活躍するキャラもいます。

今のところその能力を見せないものの、真意も見えず敵となりそうなキャラもいます。

圧倒的な存在感を見せつけたまま、いまだ再登場しないキャラもいましたね。

 

ここではハンターハンターのラスボスを予想し、その候補をまとめてみました。

みなさんも一緒に、誰がラスボスとなりそうか予想してみましょう。

ハンターハンターのラスボス候補のキャラ一覧

 

ジン=フリークス

  • 所属:なし(元ハンター十二支ん)
  • 階級:二つ星ハンター
  • 念能力:不明

「父親越えこそ、少年漫画の王道」という理由で選出しました。

ゴンの実の父親であり、世界でも屈指のハンターです。

凄腕のハンターとしてジンを敬愛する者が多い反面、そのいい加減な性格から快く思っていない者も多いようです。

「会長選挙編」でレオリオの放出系能力をすぐさまコピーできるほどでした。

伝説級の強さを誇ることは間違いないでしょう。

しかし、気まぐれすぎる性格のようですから、今後どのような動きを見せるかわかりませんね。

 

キルア=ゾルディック

  • 所属:ゾルディック家三男
  • 階級:プロハンター
  • 念能力:変化系

「親友とのバトルも少年漫画の王道」というわけで選出しました。

物語のほぼ全編を通してゴンと苦楽を共にしてきた、まさに親友というべき間柄です。

仲が良いのはもちろんですが、ゴンの成長に焦りを感じたりとライバル心も見せていますね。

兄であるイルミの呪縛から逃れ、ゴンに勝るとも劣らない成長を遂げました。

ラスボスとは言わないまでも、一度はゴンとの真剣勝負が見たいと思いませんか?

 

イルミ=ゾルディック

  • 所属:ゾルディック家長男・幻影旅団メンバー
  • 階級:プロハンター
  • 念能力:操作系

キルアの兄であり、暗殺者の一族であるゾルティック家の長男です。

偽名を使って、ハンターライセンスも取得しています。

針を使って相手を操るという操作系の念能力で、相手を意のままに操ることができます。

キルアに対してかなり偏った愛情を持ち、なかばキルアを支配しようとしていました。

しかし、キルアの強力な意志によって、キルアはイルミの手から離れました。

クロロやヒソカと手を組むこともあり、イルミもまた腹の内がわからないキャラといえます。

 

ヒソカ=モロウ

  • 所属:なし(一時的に幻影旅団メンバー)
  • 階級:プロハンター
  • 念能力:変化系

ゴンたちがハンター試験で出会った奇術師のような男です。

ゴンやキルアの成長を待ってから、戦闘の末に殺害しようとしている危ない人ですね。

ゴンたちが成長するためであれば助力も惜しまず、またクロロと戦うために幻影旅団に所属するなど、その行動はつかみどころがありません。

ゴンたちを殺すつもりでいるのは変わらないでしょうから、いずれは本気で戦う時もくるでしょう。

 

クロロ=ルシルフル

  • 所属:幻影旅団団長
  • 階級:不明(ハンターライセンスを所持していますが、クロロのものかは不明です)
  • 念能力:特質系

盗賊集団幻影旅団の団長です。

クラピカにとっては故郷の仲間たちを惨殺した仇敵ともいえる相手ですね。

相手の念能力を奪うという特殊な念能力を持っており、作中でも多くの念能力を我が物としています。

クロロ自身の戦闘能力も非常に高く、ヒソカがクロロと戦うためだけに幻影旅団に入団するほどでした。

暗黒大陸編でヒソカは幻影旅団の皆殺しを宣言しましたが、クロロはヒソカに殺されてしまうのでしょうか?

パリストン=ヒル

  • 所属:なし(元ハンター協会副会長・元ハンター十二支ん)
  • 階級:三つ星ハンター
  • 念能力:不明

ハンター協会副会長を務めていたイケメンです。

策略家としての一面が強く、「会長選挙編」ではその手腕を大いに発揮していました。

投票でいったんは会長の座を射止めたものの、すぐに辞任します。

その後はビヨンドの暗黒大陸調査隊に加わっています。

戦闘能力についてパリストンは「大したことない」と言っていますが、そうは言っても三ツ星ハンターです。

いずれ強大な力を見せつけてくれるのかもしれません。

 

ビヨンド=ネテロ

  • 所属:不明
  • 階級:不明
  • 念能力:不明

ハンター協会前会長ネテロの息子を名乗る男です。

ネテロの死後、暗黒大陸調査隊の総責任者として登場しました。

その風貌とカリスマ性で、あっという間に十二支んメンバーの支持を獲得しています。

そして、ハンター協会の護衛・監視のもと、暗黒大陸へ向かうというシナリオを作り上げてしまいました。

策略家という一面もさることながら、ハンターとしての実力も超一流のようです。

やはり底の知れない男ですから、敵となる可能性はあるかもしれません。

 

ジャイロ

  • 所属:なし(元NGL)
  • 階級:不明
  • 念能力:不明

キメラアント編で登場した元人間のキメラアントです。

キメラアント女王に捕食されキメラアントになってからも、その強靭な意志で女王に服従することはありませんでした。

キメラアント女王の死後、「もう一度、やり直しだ」と言って立ち去っています。

NGLを利用して「悪意をばらまきたい」という描写もあり、狂気的な部分も見られました。

今のところ再登場はありませんが、いずれは巨大な敵になりそうな感じですね。

 

まとめ

ハンターハンターは暗黒大陸編に突入し、新たな展開を迎えてから4年がたちました。

富樫先生の体調も気になりますが、読者としてはやはり今後の展開が気になるところです。

ラスボス候補予想としては、現役の敵キャラから、これから化けそうな気がするキャラ、存在感はあるものの姿を見せていないキャラなどいろいろです。

ハンターハンターの最後を飾るラスボス、あなたは誰だと思いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です