【ヒロアカ】死穢八斎會のメンバー一覧


スポンサーリンク

敵は、ひとつとは限らない!

組と極道の復権を狙って、ヴィラン連合との接触を図った「死穢八斎會」。

しかし、交渉が決裂すると、容赦なくヴィラン連合のメンバーを攻撃するなど、やはり一筋縄ではいかない悪の存在のようです。

新たな人物・敵も多数登場し、まさに急展開を迎えるヒロアカ。

ここでは「死穢八斎會」の主要メンバーと、その個性について紹介していきましょう。

スポンサーリンク

死穢八斎會とは

やたらと漢字が難しいですが、読み方は「しえはっさいかい」。

極道、いわゆるヤクザ組織です。

ヒーローによってなかば壊滅し、天然記念物」と呼ばれるまで規模が縮小した極道の中では、比較的活発に行動しています。

 

薬の密売を行い、他の裏組織とも密接に関わるなど、危険度は高いようです。

組長を筆頭に若頭、本部長といった役職者の下に多くの組員が存在。

組員の多くは組長への忠誠心が高い様子。

 

そして、オール・フォー・ワンの逮捕後に活動をさらに活発化させます。

組長の孫娘・壊理(えり)の個性を使って「個性を破壊する銃弾」「破壊された個性を修復する血清」を作り出し、ヒーローやヴィランと取引。

 

さらに、ヴィラン連合と接触し、傘下に加えようともくろみます。

ヴィラン連合メンバーの詳細は「【ヒロアカ】ヴィラン連合のメンバー一覧」にまとめています。

 

しかし、これらはすべて若頭であるオーバーホールの独断で、組長や多くの組員の賛同は得られていないようですね。

ヴィラン連合とは協力を得ながらもなかば決裂。

さらに壊理が逃亡してデクたちと出会ったことをきっかけに、ヒーローと「死穢八斎會」の戦いが始まります。

スポンサーリンク

死穢八斎會メンバー一覧

 

オーバーホール

「死穢八斎會」の若頭。

ヒーロー対「死穢八斎會」の戦いでは、黒幕となる人物です。

ヴィラン連合の死柄木弔(しがらきとむら)同様、ヒーローを嫌っていますが、その行動理念はあくまで「死穢八斎會」や極道を復興させること。

本名は「治崎廻(ちさきかい)」。

物体のみならず人間をも分解・修復する個性「オーバーホール」の使い手。

重度の潔癖症で、他人に触られるとじんましんができる他、汚れ仕事はすべて側近の鉄砲玉「八斎衆」に押し付けています。

組長の孫娘・壊理の個性を利用して「個性を破壊する銃弾」をヴィランに、「破壊された個性を修復する血清」をヒーローに売りつけようとしました。

しかし、壊理の逃亡と、ヴィラン連合を敵に回したことで作戦は崩壊。

緑谷出久(みどりやいずく)=デクに敗れたうえ、最後は報復に現れたヴィラン連合の面々によって二度と個性を使えなくされるという結末を迎えるのでした。

 

クロノスタシス

「死穢八斎會」の若頭補佐で、オーバーホールの腹心。

組のことよりもオーバーホールのことを大事に思っている数少ない存在。

本名は「玄野針(くろのはり)」。

頭髪と思われる2本の針を刺すことで、相手の動きを遅くする個性「クロノスタシス」の使い手。

ヒーローとの戦いの際は、オーバーホールの逃亡をサポートします。

しかし、オーバーホールの苦戦によって逃亡が遅れ、最後は逮捕されました。

 

ミミック

「死穢八斎會」の本部長。

実際はかなりマッチョな男性ですが、個性で鳥のような姿に擬態しています。

本名は「入中常衣(いりなかじょうい)」。

物体の中に入り込んで、その物体を自在に操る個性「擬態」の使い手。

ヒーローたちとの戦いでは壁に擬態し、彼らの捜索を妨害していました。

しかし、「死穢八斎會」を見限ったヴィラン連合のトガヒミコとトゥワイスの策略にはまって発狂。

居場所を割り出され、逮捕されることとなりました。

 

壊理(えり)

組長の孫娘である幼女で、苗字は不明。

オーバーホールによって囚われ、その個性を彼に利用されていました。

それは「巻き戻し」と呼ばれる物体や人間を過去の状態に戻すという個性。

これを使って「個性を破壊する銃弾」「破壊された個性を修復する血清」を作り出すための材料とされていたのです。

しかし、組から逃亡中にデクと出会い、それをきっかけに「死穢八斎會」とヒーローたちの戦いが勃発。

その個性はデクがオーバーホールを倒すための力となりました。

 

組長(くみちょう)

「死穢八斎會」のトップ。

壊理の祖父にあたり、オーバーホールを拾った恩人でもあります。

他の組員にも慕われる存在であり、オーバーホールの計画も彼のためでもありました。

それを知った組長は、オーバーホールを諌めます。

しかし、彼の個性で動けなくされ、そのまま警察に保護されることとなりました。

オーバーホールも彼を心の底から敬愛しており、計画が無事に運んだあかつきには、彼を元に戻すつもりだったようです。

 

窃野トウヤ(せつのとうや)

オーバーホールの側近・鉄砲玉「八斎衆」の一人。

相手が身に着けている物体を自分の手にする個性「窃盗」の使い手。

かつて恋人にだまされ多額の借金を背負わされた挙句、死ぬことも許されずにいたところをオーバーホールに拾われ、彼に恩義を感じています。

多部空満・宝生結とは強い仲間意識でつながっており、3人による協力攻撃で天喰環(あまじまたまき)=サンイーターを翻弄するも敗北しました。

 

多部空満(たべそらみつ)

オーバーホールの側近・鉄砲玉「八斎衆」の一人。

食べられるものすべてを食いつぶし、一瞬で消化する個性「食」の使い手。

彼もまた個性のために社会に適応できなかったところをオーバーホールに拾われています。

「友達」である窃野トウヤ・宝生結を食べることは断固拒否。

しかし、そこを突かれてサンイーターに敗北しました。

 

宝生結(ほうじょうゆう)

オーバーホールの側近・鉄砲玉「八斎衆」の一人。

身体から非常に硬い宝石のような結晶を生じさせる個性「結晶」の使い手。

生じさせた結晶に金銭価値はなく、過去に個性を利用して金儲けをたくらんだ者たちから受けた仕打ちに打ちのめされていたところをオーバーホールに拾われました。

窃野トウヤ・多部空満とは「友達」であり、強い仲間意識で結ばれています。

この3人のチームワークに翻弄されたサンイーターでしたが、最後は彼に敗北しています。

 

乱波肩動(らっぱけんどう)

オーバーホールの側近・鉄砲玉「八斎衆」の一人。

凄まじいほどの肩の回転で強力な一撃を繰り出す個性「強肩」の使い手。

かつて自分を倒したオーバーホールに勧誘され、彼を倒すべく「死穢八斎會」に入ります。

しかし、何度戦いを挑んでも、まったく勝てなかったとのこと。

天蓋壁慈を無理矢理パートナーに付けられ、切島鋭児郎とファットガムの2対2の戦いの末、一矢を報われます。

オーバーホールの計画にはまったく興味がなく、戦闘後は彼の計画についてあっさりと喋ってしまいました。

 

天蓋壁慈(てんがいへきじ)

オーバーホールの側近・鉄砲玉「八斎衆」の一人。

自分の周囲に防壁を張る個性「バリア」の使い手。

幾度となく乱波に戦いを挑まれ、疎ましく思ったオーバーホールが、乱波のストッパー役として「死穢八斎會」に勧誘。

このことを天蓋は恩義に感じ、オーバーホールに忠誠を誓っている様子。

切島とファットガムに吹き飛ばされた後、乱波によって気絶させられてしまいました。

 

音本真(ねもとしん)

オーバーホールの側近・鉄砲玉「八斎衆」の一人。

相手の内にある本音や真実を吐かせる個性「真実吐き(まことつき)」の使い手。

オーバーホールへの忠誠心は非常に強く、もはや狂信的。

その個性も戦闘向きではないですが、それゆえにオーバーホールの傍に身を置けると信じ切ってしまうほど。

しかし、オーバーホールにその忠誠心を利用され、彼と融合させられてしまいます。

 

酒木泥泥(さかきでいどろ)

オーバーホールの側近・鉄砲玉「八斎衆」の一人。

周囲の敵の平衡感覚を奪う個性「泥酔」の使い手。

アルコール依存症らしく、地面はふらついて歩けないからと配管を伝って移動するほど重症。

壊理を救出しようとする通形ミリオ(とおがたみりお)を根本とともに襲撃。

しかし、ミリオの必殺技の前に敗北します。

 

活瓶力也(かつかめりきや)

オーバーホールの側近・鉄砲玉「八斎衆」の一人。

名称は不明ですが、相手から活力を奪って自身を巨大化させる個性の使い手。

「八斎衆」では最初に登場し、組事務所の玄関を守っていました。

個性強化薬でパワーアップ、次々とヒーローたちを個性で翻弄してします。

しかし、波動ねじれ(はどう ねじれ)たちに利用され、オーバーホールに苦戦を強いられるデクへの援護を許してしまうことになりました。

 

まとめ

以上、「死穢八斎會」の主要メンバーと、それぞれの個性を紹介してきました。

それぞれが独特な個性で、ヒーローたちを苦しめましたね。

 

しかし、最後はデクがオーバーホールを倒し、「死穢八斎會」との戦いも決着を迎えました。

そして、第159話では警察によって「組員11名がヴィラン病院へ移送されている」シーンとなっています。

 

「八斎衆」の8名とオーバーホール・クロノスタシス・ミミックの11名でしょうか?

もしそうであれば、「死穢八斎會」は全滅したことになりますが。

 

そして、第160話では、ヴィラン連合による強烈な「お礼参り」が執行されます。

しばらく「死穢八斎會」の陰に潜む形であったヴィラン連合ですが、これを機にさらにその存在感と恐怖を増すことになったといえそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です