【ヒロアカ】脳無の正体がツバサくんと判明!?ドクターの正体も考察!


スポンサーリンク

ヒロアカ単行本第7巻のおまけページにおいて「翼の脳無」の正体が示唆されました。

そして、「職場体験編」で登場した「翼の脳無」の正体が、第1話で登場したツバサくんと判明しました。

さらにもう一人、オールフォーワンに付き従う「ドクター」の正体にも急接近しています。

 

そもそも「脳無」とは何なのか?

ツバサくんって誰だっけ?

懐かしい第1話からすでに登場していた伏線を、ここで回収していきましょう。

スポンサーリンク

脳無とは

ヴィラン連合によって繰り出されるいわゆる「怪人」です。

上半身裸で裸足、そして頭部は脳がむきだしになっているという恐ろしい姿ですね。

そして、オールマイトをはじめとするプロヒーローたちさえも圧倒する戦闘能力を持っています。

しかし、荼毘やMr.コンプレスといった幹部たちと違って、自分の意志で行動することができず、あくまで死柄木弔たちの命令によってのみ動く存在です。

 

その正体は、DNA操作や薬物などによって「ドクター」に改造された人間

そして、オールフォーワンの「他人に個性を与える」能力で、強制的に個性を与えられています。

物言わぬ人形と化しているのは、改造の影響であったり、無理に個性を与えられたことによる負荷に耐えられなかったことによるもの。

彼らもまた、ヴィランたちの被害者といえますね。

スポンサーリンク

これまで登場した脳無一覧

 

黒い脳無

  • 登場エピソード:USJ襲撃事件(単行本2~3巻)
  • 個性:ショック吸収、超再生

USJ(ウソの災害や事故ルーム)襲撃事件で登場した最初の脳無です。

そして、脳無の存在感を徹底的に見せつけた敵でもあります。

イレイザーヘッドこと相澤消太を倒し、オールマイトとも互角の戦いを繰り広げました。

個性を抹消する個性をもつイレイザーヘッドとの戦いでもなお驚異的なパワーを発揮していたことから、怪力自体は個性ではないと思われます。

最後はオールマイトとの打ち合いの末、敗北しています。

 

目と上顎のない黒い脳無

  • 登場エピソード:保須市襲撃事件(単行本6~7巻)
  • 個性:超再生

ステインに対抗心を燃やした死柄木が送り込んだ3体の脳無の1体ですね。

USJ襲撃事件で登場した脳無と似ていますが、目と上顎がないのが特徴です。

やはり怪力が特徴で、片腕でヒーローを押さえ込み、もう一方の腕で別のヒーローを投げ飛ばすほど。

アニメでは「超再生」の個性も持っていました。

原作では倒された描写はありませんが、アニメではエンデヴァー(轟炎司・轟焦凍の父親)によって倒されています。

 

目が4つある白い脳無

  • 登場エピソード:保須市襲撃事件(単行本6~7巻)
  • 個性:吸収と放出、筋力増強、舌を使った攻撃や捕縛

ステインに対抗心を燃やした死柄木が送り込んだ、3体の脳無の1体。

個性が確認できるだけで3つも存在する上、非常に長い手足と素早い動きで相手を翻弄するタイプでした。

エンデヴァーやグラントリノと交戦し、敗北しています。

 

翼の脳無

  • 登場エピソード:保須市襲撃事件(単行本6~7巻)
  • 個性:翼を使って飛ぶ

ステインに対抗心を燃やした死柄木が送り込んだ3体の脳無の1体です。

戦闘能力についての描写はあまりみられず、鳥のような足でヒーローたちを掴んで攪乱していました。

エンデヴァーに攻撃された後、デクをさらって逃げようとするもステインによって倒されています。

単行本第7巻のおまけページで、その衝撃的な正体が明らかにされました。

 

荼毘仕様の脳無

  • 登場エピソード:林間合宿襲撃事件・爆豪拉致事件(単行本9~10巻)
  • 個性:背中から無数の工具を出す

ヴィラン連合が爆豪を拉致するため、林間合宿を襲撃した時に登場した脳無です。

最大の特徴は死柄木ではなく、荼毘の命令に従っていることです(死柄木が荼毘に貸し与えたという体になっていますが)。

ひょっとしたら、今後はそれぞれの幹部専用の脳無が登場するかもしれないですね。

背中からチェーンソーやドリルを持った手を多数出すという個性を持っていました。

林間合宿では八百万によって発信機を埋め込まれ、それを追ってきたヒーローたちにアジトを急襲され捕縛されてしまいます。

 

その他の脳無

  • 登場エピソード:爆豪拉致事件(単行本10巻)
  • 個性:不明

ヴィラン連合によって拉致された爆豪勝己救出作戦の時、アジトの倉庫にいた複数体の脳無たち。

荼毘仕様の脳無と同様、アジトを急襲したヒーローたちによって倒されています。

 

これまで、上記のような脳無が登場してきましたが単行本第7巻のおまけページで、「翼の脳無」の正体を示唆する内容が掲載されました。

これは単に1体の脳無のことだけでなく、物語の根幹にまで関わる重大な秘密さえも匂わせていたのです。

スポンサーリンク

ツバサくんって誰?

単行本第7巻のおまけページでは、「翼の脳無」の正体がツバサくんであると示唆されました。

そのツバサくんって、いったい誰でしたっけ?

 

その登場は1回のみなので覚えていない方が多いのではないでしょうか。

第1話で爆豪とともにデクをいじめていた彼の幼なじみです。

 

丸顔で小太りですが、背中に赤く大きな悪魔のような羽を広げていました。

ツバサ医院の息子で、小学校までは一緒に遊んでいましたが、同じ中学校には行かなかったとのこと。

それ以来、まったく登場することはありませんでした。

スポンサーリンク

脳無がツバサくんと判明!?キーマンはドクター?

そのツバサくんが、「翼の脳無」の正体であったという衝撃の事実が判明しました。

とはいうものの、ただのモブキャラが脳無だったところで何が衝撃なのかという話なんですが、キーワードは「ツバサ医院の息子」であるということ。

 

第1話ではツバサくんとあんらんで祖父に当たるツバサ医院の院長が登場しています。

デクの個性を診断し、無個性であることを見抜いたおじいちゃんがツバサくんの祖父なのですが、彼らしき人物がその後1回だけ登場しています。

 

第59話でオールフォーワンの傍にいる「ドクター」のシルエットです。

薄毛に丸っぽいメガネ、そしてヒゲの形。

はたして同一人物なのでしょうか?

 

「ドクター」といえば、オールフォーワンとともに脳無を作り出していた人物。

もしツバサくんの祖父と「ドクター」が同一人物だとすれば、ツバサくんは実の祖父によって脳無に改造されてしまったということになります。

 

昔からのオールフォーワンの仲間で、もともと冷酷非情な人物であったのか?

それとも別の事情で、オールフォーワンに協力せざるを得なかったのか?

「ドクター」の真意が気になりますね。

 

ところで、翼の脳無はエンデヴァーにやられた後、デクをさらおうとしました。

しかし、死柄木はデクが保須市にいたことを知らなかった様子でしたから、死柄木の命令ではなかったということ。

もしかしたら瀕死になった状態でツバサくんとしての自我を取り戻し、彼をさらったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

単行本のちょっとしたおまけページから明らかにされた翼の脳無の正体がツバサくんであったという事実。

そして、そこから導き出された彼の祖父が「ドクター」ではないかという疑惑。

実の孫さえも脳無に改造してしまったのだとしたら、その真意が非常に気になるところです。

オールフォーワンが逮捕された現在、これから「ドクター」と脳無がどう物語に関わってくるのか。

ますますヒロアカから目が離せませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です