【フェアリーテイル】最強キャラは誰だ!?キャラの強さランキングベスト10!



フェアリーエイル、週刊少年マガジンで11年続いてきた連載が、2017年7月26日に最終話を迎えましたが、アニメはまだまだ続くようです。

ゲームや劇場版もこれからも出るようですから、原作は終わってもまだまだフェアリーテイルの世界は続きますね!

そこで、フェアリーテイルの登場人物の中から、キャラの強さランキングベスト10をピックアップしてみました。

フェアリーテイルの最強キャラランキングまとめ!

 

10位 ジュラ・ネェキス

フェアリーテイルジュラネェキス
引用:matome.naver.jp

別名「岩鉄のジュラ」とよばれる蛇姫の鱗(ラミアスケイル)のエース!

聖十大魔道の一人で、当初の序列は最下位だったんですね!

現在では5位にまで上がり、オーバ曰く「人類最強の魔導士」とまで評されています。

大魔闘演武の3日目、魔力測定器による競技では2位の結果を残している実力者で、まだまだこれから伸びる可能性はありますね!

好きなものはギルド、嫌いなものはえんどう豆。

岩や大地を操る魔法を使い、圧倒的な力で六魔将軍ブレイン、セイバートゥールスオルガを圧倒していました。

 

9位 ラクサス・ドレアー

フェアリーテイルラクサスドレアー
引用:matome.naver.jp

妖精のしっぽ(フェアリーテイル)のS級魔導士です。

マカロフの実孫で、闇ギルド「大鴉の尻尾(レイヴンテイル)」マスター:マカロフの息子でもあります。

好きなものは最強、嫌いなものは弱者。

体内に滅竜魔法の魔水晶を埋め込まれた第二世代「雷の滅竜魔導士」で、グリモアハートの戦いではフェアリーテイルメンバたちが苦戦していたマステアーハデスに対して一矢報いる強さがあります。

また、大魔闘演武では聖十大魔道であるジュラを激戦の上に制すという実力派の魔導士です。

ゼレフ率いるスプリガン12に進攻した際には、魔導粒子中毒で窮地に立ちました。

ところが、ワールの能力を逆に利用して魔導粒子を消し去りワールを完全破壊しているんですね!

 

8位 ギルダーツ・クライヴ

フェアリーテイルギルダーツ
引用:matome.naver.jp

妖精の尻尾:フェアリーテイル5代目マスターかつ、フェアリーテイルのS級魔導士で、ラクサスやミストガンと共に「妖精の尻尾」最強の男の1人と言われています。

S級試験ではナツと対戦、圧倒的な魔力でナツの戦意を喪失させるほどでした。

グリモアハートのNo2であるブルーノートを圧倒した力の持ち主です。

「スプリガン12」の襲撃時にはゴッドセレナに勝利!

ところが、100年クエストにチャレンジしていた時に、なんと!アクノロギアと遭遇!

左手、左足を失う重傷を負ってしまっています。

 

7位 ハデス:プレヒト・ゲイボルグ

フェアリーテイルハデス
引用:matome.naver.jp

闇ギルド「悪魔の心臓」マスターですが、実は、ユーリ、ウォーロッドと共に「妖精の尻尾」創設期のメンバーの一人で、元二代目「妖精の尻尾」マスターでもあります。

魔法に関しては「天才」と称されるほどの類稀な知識と才能を持つと言われていて、圧倒的なまでの大魔力と長寿を持っているキャラクターです。

また、手から鎖を放ったり、指先から弾丸を撃つこともできる他、自分の右目にある「悪魔の眼」を通して周囲の状況を知る能力も併せ持っています。

 

6位 星霊王(せいれいおう)

フェアリーテイル霊精王

星霊界の最高権力者で、星霊界の司法を司っています。

見上げるほどの巨体で、大きく立派な髭を生やしていますが、エルザに「お前」と呼ばれても怒ることなく優しく豪快な王様ですが、星が刻まれた大剣を持ち一撃で冥王獣を破壊するほどの威力を持っています。

マルド・ギールと戦い、「ギャラクシアブレイド」で彼の「喜び」を解き「妖精の尻尾」のメンバーを解放したという、その実力が伺える経緯があります。

5位 マルド・ギール

フェアリーテイルマルドギール
引用:matome.naver.jp

「冥王 マルド・ギール」とも呼ばれる「冥府の門」の副官的存在です。

その性格は冷酷で、過去に星霊王と因縁があるようです。

また、ゼレフがエーテリアスを創造した真意を唯一知っていた存在でもあります。

九鬼門のリーダー的存在で、戦闘中でもENDの書を常に持ち歩いており、最終的には、ゼレフに見限られ、本に戻されると同時に焼失してしまいました。

 

4位 ナツ・ドラグニル END(エーテリアス・ナツ・ドラグニル)

フェアリーテイルナツ
引用:app.famitsu.com

フェアリーテイルの主人公で「火竜(サラマンダー)の別名を持っています。

炎竜王・イグニールに育てられた過去を持っているため、突然いなくなったイグニールとの再会を望んでいました。

火の滅竜魔導士(ドラゴンスレイヤー)である、ナツの正体は、伝説の黒魔導士・ゼレフの実の弟にしてバラム同盟の一角である闇ギルド「冥府の門」マスター、ゼレフ書最凶最悪の炎の悪魔・END(イーエヌディー / エーテリアス・ナツ・ドラグニル)なんですね!

喧嘩早く劇場的なところがあり、頭脳明晰とは言えませんが、戦いに際してのカンの鋭さや敵を見分ける嗅覚は優れています。

兎兎丸、ザンクロウ、ジャッカルなどが操る特殊な魔法に苦戦もしましたが、戦いの中で独自の対処法を編み出し勝利しています!

エルザ曰く「自分と同等かそれ以上」と評される戦闘力があり、エルザからもその潜在能力と成長性を深く信頼・期待されていました。

 

3位 イグニール「炎竜王」

フェアリーテイルイグニール
引用:matome.naver.jp

ナツに滅竜魔法や言葉、文化を教えた火竜です。

メタリカーナからは「彼ほど勇敢で人間を愛した竜はいない」と言われている、強くて優しい竜と言えますね。

かつては「炎竜王」とも呼ばれていて、放つ炎のひと吹きは山をも飛ばす威力を持っていると言われています。

かつてアクノロギアの滅竜魔法で他の四頭の竜と共に魂を奪われて弱体化してしまいました。

その後「冥府の門」との戦いでアクノロギアの出現に伴いナツの体から姿を現し、ナツに全てを話す代わりにENDが封印された本をマルド・ギールから奪うよう依頼しています。

アクノロギアとの戦いでは、アクノロギアの左腕を食い破る成果を出していますが、反面、自分自身も左半身を失う重傷を負った挙句、ブレスで止めを刺されてしまいました。

敗北後、この世にいる限界が来て昇天していきますが、その時悲しむナツに対し「未来を語れ、それが生きる力だ」と言い残して、死の直前にはナツに自らの魔力を託しています。

 

2位 アクノロギア

フェアリーテイルアクノロギア

全身に紫の模様がある漆黒のドラゴンで、最も凶悪だったと言われる魔導士ゼレフが「時代の終わりを告げる黒き竜」と言うほどの強さを誇ります。

ほかの竜と同様に高い知性を有していて、人間を虫けらほども考えていないので言葉を話しませんが、かつてイグニールとの戦いで初めて口を開いてます。

「魂」を抜き取る滅竜魔法を使うと言われていますが、その正体は400年前に、竜を殺しまくって自分自身が最強の竜の王になった滅竜魔導士の人間なんですね!

イシュガルの四天王序列一位のゴッドセレナですら、瞬殺されてしまうほどの実力はフェアリーテイルでもNo1と言っても良いでしょう。

霊峰ゾニアでギルダーツを奇襲、さらにはS級魔導士昇格試験編で天狼島に突如出現、ナツ達を攻撃してきましたが、その時は一切力を出しておらず「遊んで」いただけと言いますから、その強さは折り紙付きです。

 

1位 ゼレフ・ドラグニル

フェアリーテイルゼレフ
引用:matome.naver.jp

魔法界の歴史上、最も凶悪だったと言われる伝説の黒魔導士でアルバレス帝国皇帝でもあります。

そして、その正体はナツの実兄なんですね!

ハデスやギールを抹消し、スプリガン12と共にマグノリアの滅亡を目論んでます。

「アンクセラムの黒魔術」という古い「矛盾の呪い」に掛かっているため、不死の体の持ち主で400年間生きながらえてきているんですね。

また矛盾の呪いのおかげで周囲の生命を枯渇させる力を持っています。

自身は不死で、生命を枯渇させる魔法を持っているだけでも最強の魔導士と言えるのではないでしょうか>

さらに、アルカディオスによると、ゼレフがアクノロギアを竜に変えたとのことですから、やはり最強キャラランキング1位にふさわしいと思います。

まとめ

「ナツとEND」のように自身の中の別の自身が現れると全く違う性質を持つ魔導士や、ある局面ではむっちゃ強いけど、通常はイマイチだったりと、フェアリーテイルのキャラクターはそれぞれ個性的なので、一概に強さの比較といっても難しい面がありますよね。

でも上位3つのキャラクターは、概ね共通であまり変わらないのではないかと思います。

原作は完結したフェアリーテイルですが、アニメに劇場版はまだまだ続きそうです!

まだまだフェアリーテイルの世界にどっぷりです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です