【ブラッククローバー】作中最強キャラを決める登場したキャラの強さランキングベスト10!

2015年12月号での連載開始から2年、いまや少年ジャンプの大人気漫画に成長したブラッククローバー。

これぞ少年漫画!といえる王道の冒険物語として、数多くのキャラクターが登場していますよね。

そこで今回は、これまでブラック・クローバー作中に登場して来たキャラの強さをランキングにまとめてみました。

スポンサーリンク

ブラッククローバー 最強キャラを決める強さランキングベスト10

 

10位 ジャック・ザ・リッパー

  • 翠緑の蟷螂の団長
  • 魔法属性:烈断

かつてイギリスに実在した殺人鬼と同名ですが、まだまだナゾの多い人物ですね。

白夜の魔眼の幹部、三魔眼(サードアイ)の一人で数少ない平民出身の団長でもあります。

万物を裂くと豪語するドSの破壊愛好家で、物語の中で戦闘においてはリヒトを上回ると言っていました。

また、かつてヤミ団長と軽く喧嘩をしたときに山一個を削りとったという逸話が残っているほどですから、なかなかの強者なのは間違いない所です。

喧嘩するほど仲がいいと言いますが、実はヤミ団長と互いに信頼しあっている仲のようです。

 

9位 フエゴレオン・ヴァーミリオン

  • 紅蓮の獅子王の団長
  • 魔法属性:炎

実は王族の血を引いている人物で、ミモザ・ヴァーミリオンの従妹にあたります。

誰もが笑いバカにしている、アスタの「魔法帝になる」という夢に対しても「ならば君も私のライバルだな」真面目に答える真っすぐで真面目な性格です。

また相手を選ばずに対等の立場と認めて対話する非常に人間的レベルの高いキャラクターです。

白夜の魔眼王都襲撃の時に何者かに瀕死状態にされてしまいましたが、その復活が待たれるキャラクターですね。

 

8位 ノゼル・シルヴァ

  • 銀翼の大鷲の団長
  • 魔法属性:水銀

アスタと同期で「黒の暴牛」に所属しているノエル・シルヴァの兄で、魔力のコントロールができないノエルを見下しているためにノエルの魔力操作のトラウマともなった人物です。

王族としてのプライドが異常に高く王族や貴族以外の人間が団長に就くことを快く思っていないようです。

「紅蓮の獅子王」団長フエゴレオンとは幼い頃からのライバルですが、王族としての考え方の違いから民への接し方で衝突することがあったようですね。

アスタによると「冷たい威圧感」を常に放っているとのことです。

とは言うものの、フエゴレオンが倒れた時に何もできなかった自分を恥じたり、彼を傷つけた相手に対して敵を討つべく密かに闘志をみなぎらせていたところから、信頼する友人に対しては情が厚い人物という面がありそうです。

 

7位 絶望のヴェット

  • 白夜の三魔眼の一人
  • 魔法属性:獣

「絶望」という名の通り圧倒的な力で相手をいたぶり絶望させることにこだわる、性格的にはイマイチなキャラクターです。

氣を読む能力が高い上に、その攻撃は氣を読んでもよけきれないほどのスピードのため接近戦での強さは圧倒的になりがちです。

さらにはヴェットの持つ魔力の総量は桁違いに多く、そのへんの魔導士の攻撃レベルでしたら防御不要でダメージを受けることが無いほどです。

そんなヴェットの持つ総パワーは「白夜の魔眼」のトップリヒト以上とも称されていました。

しかし、海底神殿で「黒の暴牛」ヤミに一刀両断にされ絶命してしまいました。

 

6位 ヤミ・スケヒロ

  • 黒の暴牛団長
  • 魔法属性:闇

荒くれ者がそろっている「黒の暴牛」をまとめあげ統率しているリーダーというだけでも強そうですが、男らしく武士のような精神を持っています。

海の向こう東の島国出身の漁師でしたが、あるとき船が遭難して漂着したのがクローバーだったようです。

そのため当初は人種差別や迫害を受けていたようですが、王国の騎士達を力でねじ伏せ騎士団長に就任した経緯があります。

そんなヤミ・スケヒロだから荒くれ者たちも慕っているのかもしれませんね。

速度が遅い闇魔法の欠点を補うために「氣」を読むことで相手の動きを予測しつつ、魔法によって身体能力を引き上げることで光魔法の速度にすら対応、白夜の魔眼の幹部たちとも互角以上に渡り合う実力を持っています。

スポンサーリンク

5位 不実のライア

  • 白夜の魔眼の一人
  • 魔法属性:模倣

ライアの魔法属性である模倣はどんな技でも真似することが可能で、リヒトの光魔法やヤミの闇魔法などの珍しい魔法ですら模倣することが可能となっています。

模倣できるのは魔法だけではありません。

相手の姿も模倣することが可能で、56話ではその変身魔法を使ってクローバー王国に入り込んでいたことが判明しました。

クローバー王国の裏切り者として紫苑の鯱団長のゲルドル・ポイゾットが挙げられた時、集まった団長たちの中で、皆が知っている団長に変身していても気づかれなかったほどレベルの高い変身魔法を駆使して、こんごどんな企みがあるのか?気になる存在です。

 

4位 メレオレオナ・ヴァーミリオン

  • 紅蓮の獅子王団長代理
  • 魔法属性:炎

紅蓮の獅子王の団長フエゴレオン・ヴァーミリオンの実姉にあたります。

そのフエゴレオンが「白夜の魔眼」との戦闘によって昏睡状態になってしまったため紅蓮の獅子王の団長代理を務めています。

「戦闘にも政にも興味がない」と、これまで表に出てこなかったようですが、ヤミ団長ですら逆らえない強さを持つとされ、第108話で弟のフエゴレオンを超える「力」を持つとされています。

炎の魔法の使い手であるその実力は、接近戦を得意とし、マナスキンを極めたマナゾーンで一帯の魔を支配し空中で方向を変えるほどの機動を可能にしています。

三魔眼の一人ライアと戦闘の後に圧倒していますから、相当な強さであることは確実ですね。

 

3位 リヒト

  • 白夜の魔眼の頭首
  • 魔法属性:光

ユノと同様に「四つ葉の魔導書」の持ち主で、クローバー王国の歴史上に数人しかいないといわれる「光魔法」の使い手でもあります。

リヒトの魔法の最大の特徴はとにかく速いことで、相手はダメージを感じたことで攻撃を受けたということに気づくほどの速さを誇ります。

しかも、光を矢として飛ばす攻撃魔法や鞭状の光の攻撃魔法の外に、瞬間移動や回復魔法まで使えるというから、ハンパじゃない強さです。

その速さは魔法帝以上ともいわれているんですね。

リヒトはクローバー王国に対して強い憎しみを持っていることから6年前に「白夜の魔眼」を結成し独立国家の建国を目的として行動しているようです。

リヒトとウィリアム・ヴァンジャンスは顔がそっくりなところから、なんらかの関係があるのではないか?とネット上でも様々な予想や憶測が流れています。

 

2位 ウィリアム・ヴァンジャンス

  • 金色の夜明けの団長
  • 魔法属性:世界樹

魔法騎士団最強といわれ、貴族出身のエリートで固められている「金色の夜明け」の団長であり、その点からも次期魔法帝最有力候補で魔法帝に最も近い男といわれています。

使用魔法はミスティルティンの大樹という世界樹魔法で、他人の魔力を使用して大規模な魔法を使用します。

79話ではこの魔法によりクローバー王国を守っています。

ウィリアム・ヴァンジャンスの仮面の下は?

その正体は誰なのか?

素顔が気になるところですが、さらに最大のナゾはリヒトと顔がそっくりな点ではないでしょうか?

リヒトと戦ったヤミが「あれ・・・?オマエ・・・どっかで会ったことあるけっか?」と言っていることから、「ウィリアム・ヴァンジャンスとリヒトは同一人物ではないか?」という憶測が出ています。

しかし、クローバー王国を憎み魔法帝であるユリウスを恨むリヒトと、クローバー王国魔法帝を敬いクローバー王国を守るウィリアム・ヴァンジャンスは好対照のキャラですよね。

素顔が明かされる時はくるのでしょうか?

 

1位 ユリウス・ノヴァクロノ

  • クローバー王国魔導士:魔法帝
  • 魔法属性:時間

ブラッククローバー最強キャラトップは、やはりブラッククローバー主人公のアスタとユノの憧れの存在である「魔法帝」ユリウス・ノヴァクロノでキマリです。

魔法騎士団団長たちの信頼も厚く王国の民にも慕われています。

その立場と権威にそぐわない気さくな性格から、変身魔法で姿を変えて町をぶらついています。

主人公のアスタとの初対面の時は、なんと賭博好きの老婆に変身していた時でした。

無類の魔法マニアで、魔法に対する好奇心から魔法についての知識は誰よりも豊富で、ユノに宿った精霊に関しても知識がありました。

身体能力は並で、アスタのもつ反魔法の剣を持つことができなかったほどですから、はっきりいって肉低的攻撃だけならアスタの方が勝ちそうですね。

反面、ユリウスが持つ「時間魔法」は強力で、時間を急加速することで相手を一瞬で消滅させます。

作中では白夜の魔眼を複数人相手にして圧勝、さらにはリヒトとの戦闘でもつねに「力」で圧倒していました。

そのキャラクターも強さも、現時点で底が全く見えない人物です。

今後のアスタ達との絡みも楽しみですね。

 

まとめ

ブラッククローバー最強キャラランキングの1位は不動のユリウス・ノヴァクロノ、2位3位もほぼキマリといって良いでしょう。

4位以降は意見の分かれるところかもしれませんね。

アスタやユノなど、これから最強キャラに育つであろう登場人物のこれからが楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です