【ワンピース】シャンクスに黒幕説が浮上!五老星との関係性は!?



赤髪のシャンクスはルフィの恩人であり、また、ルフィが海賊となるきっかけでもありました。

ルフィが海に出てからもその活躍を喜んでいましたよね。

 

そんなシャンクスが、「ワンピースの黒幕であった」という説が浮上しています。

五老星から絶大な信頼を寄せられ、シャンクスも世界政府に協力しているというのです。

シャンクスのこれまでの行動から五老星との関係を探ってみましょう。

そして、本当にシャンクスがルフィを裏切って世界政府側に回ったのかを確かめてみたいと思います。

シャンクスとは

四皇の一人で、ルフィの恩人でもあります。

  • 所属:赤髪海賊団大頭
  • 懸賞金:不明
  • 能力:なし

 

ルフィが子供の頃、シャンクスは自分の麦わら帽子をルフィに託して「いつか返しに来い」と告げました。

そして、ルフィはシャンクスと再会することを航海の目的の一つとしています。

頂上戦争編では終盤に登場し、泥沼化した戦争を終結させることや白ひげとエースを自分が埋葬することを提案しました。

センゴクはその提案を受け入れており、シャンクスを信頼している様子を見せています。

また、その時にコビーに対して「良くも悪くも世界の運命を変えた」と言っており、今後世界に何が起こるのかすでに予測していたようですね。

五老星とは

世界政府の最高権力と呼ばれる5人の老人たちです。

第907話で天竜人の最高位に位置する者たちであったことが判明しました。

しかし、他の天竜人とは服装も口調も異なり、身体に傷があったり、戦闘能力が高そうな様子も見受けられますね。

世界の均衡を守ることを第一に考えており、それを破ろうとする者は容赦なく抹殺します。

ロビンの故郷オハラも世界政府によって滅亡してしまいました。

世界政府の頂点に立つ者たちと思われてきましたが、第908話でイム様と呼ばれる存在に従っていたことが判明しています。

シャンクス黒幕説と五老星との関係性を探る

 

シャンクスと五老星の密接な関係

問題となったのは第907話のラストシーンです。

シャンクスが五老星に対して、ある海賊の情報を提供するために現れました。

このシーンが疑惑を呼び、「シャンクスが実は黒幕であった」という声が出始めたのです。

  • 海賊であるシャンクスがパンゲア城に入ることができたこと。
  • 五老星が「君だから時間を取った」と言うほどまでにシャンクスを信頼している。
  • 「立場上、君は政治に関わるべきではない」という五老星の発言。

 

シャンクスがパンゲア城へ自由に出入りできるよう裏で便宜を図っていたということですね。

「君だから時間を取った」というあたり、五老星から絶大な信頼を得ているのでしょう。

シャンクスが世界政府に協力しているというのは間違いないようです。

 

また、「政治に関わるべきでない」ということは、裏を返せば「政治に関わることができる」ということを示唆しています。

このことからシャンクスは世界会議に参加資格のある王族ではないか、「もしかしたら天竜人の末裔かもしれない」なんて噂もありました。

これらが事実であれば、シャンクスは世界政府側の人間という可能性も高まります。

いずれルフィの前に敵として立ちはだかることになるかもしれませんね。

 

シャンクスの行動の裏には

シャンクスの出自はともかく、本当にシャンクスは世界政府側の人間なのでしょうか?

これまで作中でシャンクスがとってきた行動をまとめてみました。

  • 片腕を犠牲にしてルフィを助ける。
  • ルフィが賞金首になったという報告を受けて喜び、宴を開く。
  • 黒ひげを追ったエースを止めるべく、白ひげに直談判する。
  • 頂上戦争の前日、白ひげを攻撃しようとしたカイドウを止めに入る。
  • 泥沼化した頂上戦争を終結させる。
  • 白ひげとエースを埋葬する。

 

シャンクスは五老星から「暴れさせれば手におえないが、世界をどうこうする人物ではない」という評価をされています。

そして、頂上戦争前にシャンクスがとった行動は、大きな戦いを回避させるための行動でした。

  • 白ひげに対しては頂上戦争そのものを回避させるため。
  • カイドウに対しては頂上戦争に横槍を入れさせないため。
  • 海軍に対しては泥沼化した戦争を終わらせるため。

 

おそらく、第907話での行動もロックスの復活による大きな戦いを回避させるための行動だったのではないでしょうか。

そういう意味では、世界の均衡を保つという世界政府の思惑と一致します。

 

シャンクスはルフィの敵? 味方?

しかし、シャンクスと世界政府では明らかに異なる部分があります。

シャンクスが友情を大切にする人物であるということですよね。

片腕を犠牲にしてまで助けたルフィの活躍を喜び、また敵とは言え、戦友でもあった白ひげとエースの埋葬を引き受けました。

シャンクスが完全な世界政府側だとしたら、そんなことをするでしょうか?

  • ルフィに対する思いは本物であり、今もルフィを待ち続けている。
  • 無用な争いは好まず、それを止めるために動いている。
  • そのためには海軍や世界政府ともパイプをつないておく必要があったのではないか。
  • そして長い年月をかけて海軍上層部や五老星とも信頼関係を築いてきた。

 

シャンクスは、「ロジャーの意志を継ぐ者がルフィである」と確信していると思われます。

そして、年が離れていてもルフィは大事な友達です。

だからこそ片腕を失ってまでルフィを助けたのでしょう。

 

しかし、世界は大きく揺れ動き、ルフィに対して数多くの脅威が襲い掛かることになります。

その脅威を少しでも軽減するために、無用な争いを排除するという行動を取るようになったのではないでしょうか。

 

「シャンクスは変わってしまった」、「あのシャンクスは別人だ」という説もありますね。

しかし、ルフィや若い世代のためにシャンクスはあえて世界政府に協力しているという説を推してみたいと思います。

まとめ

シャンクス黒幕説について考察してみました。

やはりシャンクスがルフィを裏切るようなことをするとは考えられません。

自分が泥をかぶることすら意に介さないほどの人物です。

 

ルフィを初めとした友達のためなら世界政府と手を結ぶことさえいとわない。

シャンクスの謎めいた行動は、そんな想いからなのではないでしょうか?

今後のシャンクスの行動に注目していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です