【ワンピース】910話のネタバレでルフィたちがワノ国に到着


スポンサーリンク

ワンピースのネタバレ910話では、ワノ国への先発隊であるゾロやロビン、フランキーにウソップに合流すべく、ついにルフィを乗せたサニー号もワノ国の海域に到達しました。

ところが、ワノ国周辺は悪天候と謎の海流が渦巻き、行く手を阻んでいたのです。

ナミですら前進をためらう状況の中、突然登場した意外な助っ人のおかげで、ついにルフィ達もワノ国に上陸です。

 

しかし、上陸したとたんにルフィの目の前には新たな冒険の予感登場!

それではワンピース、910話のネタバレあらすじと考察まとめです。

スポンサーリンク

ワンピース910話のネタバレの見所

 

ルフィ「どん!!」と登場

「どん!!」と登場した懸賞金15億ベリーとなった麦わらのルフィ、そんなルフィがサニー号船上でのんびりくつろいで食事をしているシーンは久しぶりですね。

サニー号に届いた新聞は世界会議(レヴェリー)の話題で持ちきりのようです。

新聞を見ていたナミが、今回の目玉はリュウグウ王国で「しらほし」も出席することを伝えると、「あいつ 地上に出たのか! 強くなったな よわほし!!」と言うルフィ。

「強くなった」と認めても呼び名は「よわほし」のままなんですね。

 

世界会議とサンジ

新聞面にビビの写真を発見したサンジは、ナミから新聞を奪い取って、「んビビ ちょわいーん」と謎の絶叫。

「ビビー!!懐かしいな」と、ルフィやチャッピーも新聞を床に広げて読み始めてしまうのですが、「社交の広場」の写真に写る女王たちに1人盛り上がるサンジは、「おれの話題で盛り上がったりしてんのかなア」と相変わらずですね。

世界会議参加者の中にドクトリーヌの姿を見たチョッパーは、感涙、新聞を切り抜き始めてしまいます。

「おい!!切り抜くなよチョッパー!!」と言いながら、サンジも女王たちの写真を切り抜いてしまったのでナミは肝心の記事が読めず終い。

カイドウとビッグマムに関する記事だったので、ナミならずとも気になるところですが、サンジとチョッパーは気にも留めていない様子です。

 

嵐の気配

「みんな元気そうで嬉しいなー!!世界一周したらまた会いに行こうな!!!」とのんきなルフィに、ブルックは先にワノ国に戻っている錦えもんからの連絡がまだか確認しています。

「反応ないから先に進もう、早くいこう」と急かすルフィに、「あからさまに船員を危険に巻き込むんですか!!」と反論するブルック、いつもの二人のやり取りって感じですね。

見たことのない波やワノ国方向の悪天候にナミも慎重ですが、「常に国全体を悪天候が囲い波は荒れ潮の流れも速く」と錦えもんが話していたことを思い出します。

 

と言っているナミの後ろに、ねじりハチマキしている大タコがニョッキリといるんですが、すぐ隣にいるブルックも気がついていない様子。

その大タコが突如として「イヨーポン」と頭をたたき始めて、「キャー何この生き物!!」と、やっと気がつくナミたちですが、さらに驚くべきことは大タコがポンポンと頭を打つたびに淡水魚であるはずの鯉、それもサニー号よりも大きい巨鯉の群れが出現したのです。

 

そこでルフィの一言、「おいサンジ!!鯉ってうまいか?」。

「今気にすべきはそっちじゃないだろ!」と思いますが、聞かれたサンジも鯉料理をいろいろ説明し始めます。

それを聞いたルフィは、「ゾロ達との再会の宴はコイツでやるぞ!!」と鯉に飛び乗り捕獲モードに入ってしまいました。

そんなルフィ達を気にする様子もなく、大タコは相変わらず「イヨーポポンポン」とタコ踊り状態ですが、いよいよワノ国の荒海が牙をむき始めます。

 

ワノ国突入

海というよりも川の流れにサニー号は流されるまま、その行き手に現れたのは大滝!

どうやらワノ国は滝を昇ったところにあるらしく巨鯉達はまさに鯉の滝登りで滝をものともしませんが、帆船ではこのまま行けば沈没は免れません。

そこへ巨鯉たちとの戯れから戻って来たルフィが一言、「おう!!任せとけ!!」「頼むぞ鯉イ」ゴムゴムの能力で伸ばした腕で巨鯉たちをわしづかみ、サニー号と共に引き上げてもらいます。

 

レイリーとの修行中、ルフィの見聞色は動物の感情を読み取る力に長けているようだとレイリーが話していましたし、海王類をも味方に引き入れてしまうルフィですが、巨鯉たちとも気持ちが通じ合ってしまったようです。

でも、そうなると鯉のこと食べられませんね。

 

滝を昇りきったものの、逆流と渦潮に巻き込まれもみくちゃにされたサニー号は、「べべんっ!!」と砂浜に打ち上げられた状態です。

その傍らで意識を失って横たわるルフィに近づくカニさん。

強力なハサミで鼻を挟まれたルフィもさすがに目を覚ましたようですね。

しかし、ナミやサンジたちの姿がありません。

「ワノ国か・・・?ここ・・・」「あいつら どこ行った?」と心配するルフィの目の前で、何者かがサニー号に突っ込んで来たではありませんか。

 

犬と狒々

「おいお前!!おれ達の船を壊すな!!!」と叫ぶルフィの目の前に現れたのは「でけー犬・・・?」

その犬が「ワン!!ワン!!」と吠える先から「バキバキ」と木々をなぎ倒して巨大な「狒々(ひひ)」が姿を現します。

しかも、その巨大な狒々が手に持っているのは巨大な日本刀ではありませんか。

「動物が刀持ってる!! やっぱワノ国かここが!!!」、狒々を見たルフィがつぶやきます。

スポンサーリンク

ワンピース910話のネタバレの考察

ワンピース909話のラストで、お奉行様を一刀両断にしたゾロのその後が気になりますが、今回のワンピース910 話のネタバレでは、ルフィ達一行のワノ国入りがテーマとなりました。

その中で大きく気になるところ三つを見てみましょう。

 

しらほしの安否が気になる

今回の世界会議の目玉はリュウグウ王国の参加ですが、中でも世間の話題はハンコックと並ぶ美女と噂されていた「しらほし」の登場でしょう。

すでに天竜人に目をつけられ、危ういところを助けられている「しらほし」ですが、その最大の秘密は古代兵器ポセイドンそのものであることです。

天竜人の最高位と思われていた五老星をも従えるイム様が、その事を知らないハズがないと思うのです。

だとすると、しらほしをこのまま自由にさせておかないのではないでしょうか。

 

すでにルフィがイム様の標的の一人であることは明確ですが、リュウグウ王国でのルフィの活躍もイム様の耳には届いているでしょう。

とすると、ルフィとしらほしの信頼関係も把握しているハズです。

世界会議期間中は手を出すことはないにせよ、しらほしがマリージョアにいる間に五老星を通して天竜人を操り、何やら企ててきそうに思えます。

 

ナミやサンジはどこへ?

砂浜に打ち上げられていたのはルフィ一人でしたが、サンジやナミ、ブルックにチョッパーはどこに行ったのでしょう?

「ぐー・・・」とルフィは寝ていたようですが、他のみんなが先に気がついていたとしてもルフィを放置して行くとは思えませんからね。

他の四人が船から投げ出されてしまった後も、ゴムゴムの腕をからめてサニー号に必死でしがみついていたとも考えられます。

ワノ国の何者かに四人が連れ去られたとしたら、すぐ脇にいるルフィにも気がつくでしょうから、いずれにせよルフィと他の四人は漂着した場所が離れているようです。

すでに敵の手中に落ちたのか、ルフィを捜しているのか、それとも味方側に保護されているのか気になりますね。

 

狒々は武士?

状況的にみてサニー号にぶつかった「犬」は、どうやら巨大な狒々から全速力で逃れようとしていたところで、サニー号に衝突してしまったようですね。

刀を持つ巨大な狒々に対して「ワン!!ワン!!」と吠えたてているものの、そこには明らかに劣勢の表情が浮かんでいます。

 

対する狒々は余裕ですね。

カイドウ率いる百獣海賊団は、かつてドフラミンゴが製造していた人口悪魔の実である「SMILE」の大量納品先ですから、SMILEを食べた人間かもしれません。

さらには刀を持っている所から元々はワノ国の侍の可能性もありますね。

 

ルフィは独特の見聞色で動物たちと意志の疎通が可能です。

劣勢の「犬」をルフィが助けることで、ワノ国の秘密の一つが明かされていくのでしょうか。

でも、刀を持つ狒々は、明らかにワノ国の、ひいてはカイドウ側のキャラですよね。

ルフィが暴れればすぐにカイドウの知るところになりそうです。

 

いや、もしかしたらこの狒々も不本意ながら現状に甘んじているのかもしれません。

ワノ国がカイドウに牛耳られている現状を本心では憂いている中でルフィと出会ったなんて可能性もあります。

 

まとめ

909話で暴れ出してしまったゾロのその後も気になりますが、今回910話のネタバレのラストで登場した狒々とルフィがどうなるのかも気になります。

911話ではどのような展開が待っているか、「両方見たい!知りたい!」という贅沢な思いで次号を待つことにしましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です