【ワンピース】911話のネタバレでホーキンスがカイドウの傘下になっていたことが判明


スポンサーリンク

ワンピース910話のネタバレで、サンジたちとはぐれ一人ワノ国上陸を果たしたルフィはいきなり事件に巻き込まれていきます。

さらに、かねてから「ワノ国編は桃太郎伝説的な話となるのでは?」とも言われていましたが、911話のネタバレでかなり確定情報となってきました。

驚くべき能力を持つ新登場の「お玉」は、ワノ国編ではかなり重要な位置になってきそうですし、ついに最悪の世代の魔術師が動き始めます。

それではさっそく、ルフィ登場で急展開しそうなワンピース911話のネタバレのまとめと考察を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ワンピース911話のネタバレの見所

 

思い出したぞ!!

サニー号と共に一人浜辺に打ち上げられたルフィの前で、刀を持った巨大な狒々と巨大な狛犬が「キャオー」「ワンワン」と争っています。

普通ならこの光景を見たら「何事か?」と興味津々だと思うのですが、「ノラ何とノラ何かしらねェけど 船にぶつかるなよ!?」と、サニー号と仲間のことを気に掛けるルフィは全く意に介さない様子。

「あーそうだ 思い出したぞ!!」と、謎のタコと巨大なコイに導かれ、海上の激流に流された末、コイに引っ張られ滝登り、滝を登った先にあった渦潮に巻き込まれたことを思い出します。

 

渦潮にのまれるサニー号から脱出すべく、ナミとキャロットを連れて陸へ飛ぼうとするサンジにチョッパーとブルックが「俺たちもー」と頼みますが、「ムリだ重すぎる」とツレないサンジ。

そこでルフィが「おれの腹を使えサンジ」と、ゴムゴムの能力でパンパンに膨らんだ腹でサンジたちを弾き飛ばします。

「よし おれも脱出だ!!サニー号!!後で必ず見つけるからな!!!」とルフィも飛び出そうとするのですが、コイを引き寄せたと思われる謎のタコがルフィにしっかり絡みつき離しません。

結局、ルフィはサニー号と共に渦潮に巻き込まれ、こうしてサニー号と共に一人浜辺に打ち上げられたようです。

 

思い出しているルフィのすぐ横では、狒々と狛犬が相変わらず争っていますが、やはりルフィは全く気にすることも無く大事な麦わら帽子を確認します。

すると、ビブルカードをなくしている事に気がつきます。

「あああああ」と焦るルフィですが「しょうがねエ ま いいや」と気持ちを切り替えてしまいます。

いや、この気持ちの切り替えの速さは我々も見習いたいものですね。

しかし、これで離れ離れになったナミたちと繋がることができなくなってしまいましたね。

 

「お玉」登場

一方場面は少し内陸に移ります。

「堪忍してけろ!!離してけろ!!」っと、誰かがダチョウのような怪物に乗る、いかにもワルモノに拉致されている様子ですが、「お前は悪の一族光月家の侍者」と、その悪者の口から聞き捨てならない一言が飛び出しました。

その悪者達は狒々の後を追ってきた様子で、浜辺のサニー号とルフィに気がつきます。

 

どうやら狒々は、この悪者達の「自慢の用心棒」で狛犬はワルモノ達にとらえられている人物に関係しているようですね。

「“真打ち”!!やはりありました!! 不法入国の船です!!」と電伝虫で連絡している相手は“真打ち”といっても落語家でないことは明らか。

乗組員は1人、「麻酔で眠らせて連れ帰ります」とニヤつきながらルフィを狙撃しようと狙います。

「楽勝だぜ!」と思っていたんでしょうね。

 

ところが、いきなりルフィの長く伸びた腕からパンチが悪者を襲います。

「ヤロ」と慌ててもう一人の悪者がルフィを狙いますが、スコープにとらえた瞬間、こんどはなが~く伸びた足で「ボン!!」とキックされてしまいます。

ルフィの見聞色が、そうとう磨かれてきている事がわかる瞬間でした。

 

まさかの展開に慌てたワルモノ達は、狛犬と戦っている狒々を呼び、「狛犬は後だ そいつを捕えろ!!いや殺せ!!!」と命じます。

「キャオオオオ~!!!」と狒々はルフィに襲い掛かりますが、「何だよ」とルフィに睨みつけられただけで「へこっ」とおとなしくなっていまいます。

レイリーとの修行中に野獣たちを手なずけてしまったり、海王類とコミュニケーションをとってしまうルフィですが、その能力もかなり高まっているようです。

 

悪者達に捕まっていたのは「お玉」という少女。

「きーびーだんご」と言いながら自分のほっぺたを「むにゅっ」つまんだかと思うと、「ぽんっ!」と引きちぎって団子にしてしまいます・

さすがのルフィも「ほっぺた取れた!!」と驚いていますが、お玉はほっぺたから作った団子を狒々に食べさせてしまいます。

するとどうでしょう!あれほど凶暴だった狒々がお玉になついてしまったではありませんか。

 

お玉の恩返し

「わ~い」「やったでやんす~!!あの凶暴な山の暴れ狒々をついに仲間にしたでやんす!!」と喜ぶお玉は、「ここはワノ国の九里でやんす アニキ」とルフィの質問に答え、悪者達に捕まったいきさつを話しだします。

お玉の話からすると、どうやら今のワノ国では「光月家」という言葉は法に触れるようですね。

「何か恩返しをさせて欲しいでやんすアニキ!!」と言うお玉は、ルフィの腹が“ぎゅるるるる”となっているのを聞いて「了解 食べ物でやんすね」と言う。

 

「船はあそこなら大丈夫!敵にはバレませんアニキ」とお玉のアドバイスがあったようで、サニー号は浜辺から荒波が打ち寄せる岸壁のほら穴に隠し、お玉は狛犬の「狛ちよ」に、ルフィは新しく仲間となった「ひひ丸」に乗って一路お玉の家に。

「汚くて 狭くて くせエ!!あはは」とルフィはかなり失礼なことを言いながら、「まだか“たま”~」と飯を催促しています。

 

サンジじゃないんだから遠慮しても良さそうですが、大食いのルフィは空腹だけには耐えられませんからね。

「お前はくわねェのか?」と尋ねるルフィに、「“くの一”は身軽じゃなきゃなれませんから」と答えるお玉。

「お腹いっぱいになった!!ありがとう」と「ぐ~」とお腹を鳴らしながら言うルフィに、「ウソがへた!!!」とお玉は言いながらお手洗いへ行ってしまいます。

 

「たりねェけどわざわざ作ってくれて いい奴だなーたま!」と横になったルフィ目の前に、「何奴だ貴様ア!!!」と天狗があらわれます。

天狗はルフィが食べた茶碗に目をやると、「よもや…米を食うたのか!?」と尋ねます。

 

「食った」と答えたルフィを「たわけ者がア!!!!」と蹴り出す天狗は、ルフィにお玉の現状を語ります。

  • お玉はもう何日も飯を食っていないこと。
  • お玉がルフィに出したご飯はお玉の8つの祝いの為に街に買いに行かせたものだったこと。
  • 1日やっと生きて行けるかどうかの生活をしていること。

 

それを聞いたルフィもさすがに「しまった」と青ざめた表情です。

そこへ戻って来たお玉は、「お師匠様やめてけろー!!!」と、ルフィが命の恩人であり、その恩返しをさせてけろと師匠に懇願するのですが、突然戻し始め「どさっ!!」っと倒れてしまいます。

その様子を見た天狗は、「おぬし はらの虫を抑える為に川の水を飲んだな!?」「この国の川の水はカイドウの向上により汚染されており幼い少女には毒同然」と、お玉を抱きかかえながらワノ国の現状をルフィに語り始めるのです。

 

真打ち登場

そして、さらに言葉を続ける天狗の口から衝撃の言葉が飛び出してくるのです。

「もう少しマシな土地はあるが・・・この子はここで待っているのだ!!」「また来ると約束した“エース”という名の海賊を・・・!!」

「え・・・」、これにはルフィも目がテン、口はあんぐり。

お玉の容態にエースの言葉と、ルフィにとっては衝撃的なワノ国上陸となったようです。

 

一方場面はルフィが倒したワルモノ達が電伝虫で連絡を取っていた“真打ち”と呼ばれていた男。

なんとその正体は、カイドウの百獣海賊団“真打ち”バジル・ホーキンスであることが明らかになりました。

「カイドウさんには まだ伝えるな」「俺が行く」と、浜辺に上陸した不法侵入者を真打ち直々に探しに行くようです。

スポンサーリンク

ワンピース911話のネタバレの考察

ワノ国住民として先行侵入していたゾロが暴れ出している一方で、上陸早々事件に巻き込まれたルフィと、いよいよワノ国編も騒がしくなってきました。

911話のネタバレでは四つの考察をしてみましょう。

 

タコの真意は

渦潮に巻き込まれたサニー号からサンジたちを脱出させたあと、ルフィもゴムゴムの能力でサニー号から離れようとしましたが、謎のタコが絡みついて離してくれませんでした。

その時のタコの表情からすると必死でルフィを止めています。

ワノ国に近づいたサニー号に知らぬ間に乗り込んで、巨大なコイたちを引き寄せたのは謎のタコでした。

 

巨大なコイたちがいなければ滝を登れずワノ国上陸も果たせなかったことを考えると、タコがサニー号からルフィを離すまいとしたのには何かしら理由があるはずです。

もしかして、魚人達から頼まれたとかあるのでしょうか。

ちょっとしたことが大きな伏線になっていることも多いワンピースですから気になるんですよね。

 

ワノ国編は桃太郎で決まり

「きびだんご」で動物をお供にしちゃうって、まさに桃太郎ですね。

カイドウが鬼、ワノ国は鬼ヶ島、そこへ鬼退治に行くのがルフィ達という考察がありましたが、どうやらその流れになってきました。

昔話の桃太郎では、桃太郎がきびだんごを与えることで「犬、キジ、猿」が仲間になっていきます。

また、犬猿の仲と言われる犬と猿を従えているところも桃太郎の凄さを表しているとも言われますが、ワンピース・ワノ国編ではどう対応するのでしょう。

 

きびだんごで仲間にしていくという点からいくと、911話のネタバレから、もともとお玉の仲間である狛ちよが犬、お玉のきびだんごで仲間となった狒々が猿ということになりそうです。

  • 犬=狛ちよ
  • 猿=ひひ丸

 

でも、これだとお玉が桃太郎的立場になってしまいますし、カイドウが鬼なら圧倒的に弱い。

やはり

  • 光月モモの助=桃太郎
  • ルフィ=猿

の方がカイドウ相手にするならふさわしいですね。

 

お玉は光月家にゆかりがありそうですし、ルフィに食べさせたご飯はお玉の8つのお祝いのものであったことなど、きびだんご以上の価値があります。

とすると犬とキジは誰になるのか?

カイドウ相手となると、相当強力なメンツである必要がありますね。

 

エースに鳥肌

ここでこの名前を聞くとは!!

ルフィもビックリしたと思いますが、読んでいる方もビックリです。

天狗の言葉に鳥肌が立ってしまったのは、私一人ではないのではないでしょうか!

 

ロジャーの実子であったエースは、いつワノ国に来たのでしょう?

ロジャーと光月おでんはともにラフテルに到達していますが、その時にエースもいたのか、それともエースが白ひげ海賊団の一員になってから来たのか。

しかし、勝手に白ひげ海賊団が上陸すればカイドウとの一悶着は避けられないでしょうから、極秘裏にきていたということになりそうです。

あ、白ひげ海賊団のマルコがカイドウという鬼退治の仲間になれば、キジに該当しますね。

 

それにしてもお玉は8つということですからエースと会った時はかなり幼いはず。

いったいどんなやり取りがあったのか?

お玉にエースが約束していた何らかの意志をルフィが引き継ぐ、そんな展開になっていったら目頭ジーンの瞬間が訪れそうです。

 

真打ちは魔術師

最悪の世代バジルホーキンスと言えば、カード占いで他人の未来をも指示してしまう厄介な相手です。

そのバジルホーキンスが百獣海賊団“真打ち”だったんですね。

真打ちと呼ばれるくらいですから、かなりの地位にいることがわかります。

カイドウ傘下の最悪の世代というと、恐竜に変身できる動物系古代種の能力者であるX・ドレークが思い浮かびますが、誰かの傘下に収まるのを良しとしない最悪の世代が傘下に二人もいるとすると、やはりカイドウの強さは尋常では無さそうです。

スポンサーリンク

まとめ

いよいよワノ国編も急展開となってきました。

911話のネタバレで最大の衝撃は、やはりエースの名が出てきたことではないでしょうか。

過去にネコマムシにマルコがルフィへの言伝も頼んでいたシーンもありましたが、もしかしたらエースのことも関係しているのかもしれません。

そんなすべての場面が一つに集約して来そうなワノ国編、どんな展開になるのかワクワクしてきますね。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • エースがワノ国にいつ来たのか?

    それは頂上決戦の時のリトルオーズjrの回想シーンを見ればわかりますよ

    リトルオーズjrにエースが編笠をプレゼントする際に、ワノ国で作り方を習ったんだ。と、説明しています

    参考までに投稿しましたm(_ _)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です