【ワンピース】916話のネタバレでルフィVS浦島が決着


スポンサーリンク

ワンピース916話のネタバレの見どころと考察まとめです。

まだまだ謎だらけのお菊の正体ですが、その剣さばきはゾロも認めるほどと判明です。

そして、ワノ国でカイドウや将軍オロチに対抗する盗賊団がいることも判明してきました。

お玉誘拐に端を発した博羅町騒動は、拡大の一途をたどっているようです。

それではワンピース916話のネタバレを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ワンピース916話のネタバレの見所

 

浦島鬼神

お菊の一太刀で「バサッ」っと落ちた浦島のマゲ。

マゲを落とすということは、力士なら引退ですし、士族として人前でマゲを落とされるというのは最大の屈辱ですね。

 

「お菊ゥ~!!!おれを裏切ったなァ~!!?」と鬼神の形相となった浦島ですが、お菊は裏切ってなどいませんから大勘違い野郎は浦島なんですけどね。

 

当のお菊は浦島の鬼神の形相を見て、「人前で拙者何て事を・・・!!」と、わざとらしく驚いています。

さらにわざとらしく「お許し下さい浦島様」と謝ろうとしますが、怒り心頭の浦島は聞く耳を全くもたず、「姿消し飛ぶ“彼岸張り手”」の構え。

 

それを見たお菊は、「―でもやっぱり女に手を上げる程度の男・・・!!」とまたまたわざとらしい一言で浦島の感情を逆なでしてしまいます。

「カチーン!」と来た浦島は、「死にさらせ!!!身分卑しき下人の女がァ~!!」と叫びつつ「ボッ!!」と張り手をお菊に放ちました。

 

お菊危うしの瞬間、ルフィの「ゴムゴムのつぱり~!!」が「ドン!!」と受け止めますが、空気が「ビリビリ」と音を立てるほどの衝撃にルフィと浦島はお互い土俵際まで弾かれてしまいます。

土俵際ギリギリで残った二人ですが、「お菊をバラバラにしねぇと面子が立たねえ」と相変わらず狭量なことを叫ぶ浦島にルフィが、「相撲で勝負だァー!!!」としこを踏み始めます。

 

「ルフィの海」登場

「おれ相撲は得意だからな~!!!」「わっはっはっは」と自信満々のルフィを見た観客たちは「何だ あいつ 殺されるぞ!!」と吹き出してしまいます。

そんなルフィに向かって浦島は、「そこをどけ!!」と“菩薩張り手”を繰り出しますが、ルフィは軽くいなしてしまうんですね。

 

それを見ていた観衆たちは「えっ!!」と驚きを隠せない様子ですが、見聞色の覇気をつかえるルフィにとっては朝飯前でしょう。

浦島はさらに“耳潰し”“目潰し”と反則を交えての連続攻撃でルフィに迫りますが、「おい反則じゃねえか!?それ!!」と軽くいなしながら「ま いいけど!」と「びよーん!」と構えるルフィ。

 

ここまで騒ぎが大きくなればホールデムへも報告が届いてしまいます。

しかし、ホールデムは「おれはこいつのホッペタちぎるんで忙しいんだよ!!」とお玉のほっぺたをペンチで引きちぎるのに躍起となっているようです。

さらにお玉に向かって「光月家は20年前・・・ワノ国を滅ぼそうとした悪霊一族だ・・・!!!」と睨みつけていますが、カイドウやオロチがそういうプロパガンダを流しているということなんでしょう。

 

「お・・・おれ死ぬのかなキャプテン」と言いながら横たわっているベポに「だから川の魚を食うなと言ったんだ こんな時に・・・!!!」と言うロー。

騒ぎしか起こさない麦わらたちを止めようとしていたローたちですが、まさかのベポがお玉と同じ状態になっていたとは。

このせいでローたちは出てこなかったんですね。

 

さらに騒ぎの報告で博羅町に向かっているホーキンス、「麦わら帽子を首にかけているだろう」とルフィたちであることはすっかりお見通しの様子。

そして部下たちに「そいつらには手を出すな!!お前達で敵う相手ではない!!!」と、さすがに直接対峙しただけあってわかっています。

 

反逆者達

さて、浦島に相撲勝負を挑んだルフィは、「ギリッ」「ギリギリッ」とゴムゴムの腕を町の上にまで長く伸ばし始めていますが、いったい何をやろうとしているのでしょう。

そんなルフィに相変わらず“菩薩張手”を繰り出しながら「士族のおれの嫁になって従える名誉をけり・・・侮辱した!!脳を割って見せしめにしてやる!!」と相変わらずの浦島に、「うるせェな!!だからすきにしろってつってんだろ!!!」と余裕で避けるルフィがさらに、「お前じゃおれに勝てねェけど!」と一言。

 

「何をォ~!!?」と反駁する浦島ですが、そこでなが~く伸ばされていたルフィのゴムゴムの腕が一気に縮まり、ギア3形態「ゴムゴムの巨人(ギガント)のつっぱり~!!!」が「バチィン!!」と浦島に炸裂。

吹き飛ばされた浦島は激突した先の建物の瓦礫と共に轟沈してしまいます。

 

あまりの光景に目がテン、口はあんぐりで超驚き状態の観衆たちですが、観衆たちの中にいたオロチの配下の者と思われる男が「うわァ!!!え!?」「あいつ!!“お奉行斬り”の男だ!!」とゾロに気がつきます。

他の男たちも「あ・・・“ゾロ十郎”~!!!」と自分のすぐ隣にいたゾロにビックリ。

「まさかコイツも仲間か!?」「あの強ェ女剣士も 相撲のチビも!?」とルフィたちの存在に驚く博羅町の住人たちに「おい!!この町のボスを呼べェ!!!」「玉を取り戻しに来た!!!」と言うルフィ。

 

ローが心配していた通り、騒ぎが起きるだけでなくその規模がどんどん加速していっています。

「反逆者達だァ~!!!」と逃げ出す住民たち、そこへ「出あえー!!!」とギフターズが大挙して登場してきました。

 

「拙者どうしましょう」とかまととぶるお菊ですが、「とぼけるな援護はしねェぞ!!」とゾロに言われ、「うっ!」と“ばれてしまった~”といったていですね。

「き・・・斬るんでしょうか」というお菊に、ゾロが「斬れ!!ガキを助けてェんならな!!」と言うがいなや「助けたいです!!」とオロチの配下を一刀両断。

「出て来い ボールでブー!!!」、倒した配下の者からボスの名を聞いたルフィが叫びます。

 

おれの名は「ホールデム」

「おれの名はホールデム」とルフィにデタラメな名前を呼ばれて登場したのかと思いきや、「出て来るしかねェだろうが!!!」「人ん家を相撲取りでブッ壊しやがって!!!」と、ルフィに弾き飛ばされて浦島が激突、崩壊させたのはホールデムのアジトだったんですね。

「おれ達に刃向かうって事は 盗賊“酒天丸”の部下か!?」と、ホールデムはルフィたち“麦わらの一味”の存在を知らないようです。

と言うことは、ホーキンスからは何も聞いていない、つまり、カイドウ配下の真打ちたちは一枚岩ではない可能性が大きくなってきました。

「このガキを返して欲しいようだが」「ひとまず動くな!!こっちはいつでも噛み砕ける状況」と肝心のお玉はホールデムの腹のライオンに加えられている状態で、さすがにルフィたちもこれでは手が出せません。

 

部下から連絡を受け、駆けつけているホーキンスも博羅町前に到着。

その様子を聞いたローの顔に焦りの色が浮かびますが、ベポは川の毒にやられて重体です。

「今助けるぞ玉!!!」とルフィ、しかし、「返す気はなェんだよバカ野郎!!!」と返すホールデム。

 

駆けつけたホーキンスは「・・・!!」、何を考えているのか。

役者がそろってきた博羅町でいったい何が起こるのか?

にしてもゾロはなにをそんなに焦っているのでしょうね。

スポンサーリンク

ワンピース916話のネタバレの考察

 

お菊の正体の謎は深まるばかり

浦島のマゲを一太刀にした腕前と身のこなし、さらには博羅町の悪者たち相手にバッサリ。

やはりタダものではありません。

 

本当は男説はまだ否定できませんが、浦島に対して「女に手を上げる程度の男」という言葉からは、やはり本物の女性なのか?とも思ってしまいます。

浦島の“彼岸張手”に対して「きゃー」といっていますが、マゲを斬った時の身のこなしから察するに、ルフィが助けなくてもヒラリと躱していたのではないでしょうか?

また、横綱の配下の者がお菊を連れ去った時も、ゾロはすでにお菊の強さを見抜いていたのではないでしょうか。

ギフターズが現れた時も「どうしましょう」と言うお菊にゾロは、「とぼけるな援護はしねェぞ」と言っていますし、その表情も「お前の強さはお見通しなんだよ」と言っているように見えます。

 

ただ、もしかするとお菊は剣術に優れていても実戦経験は余りないのかもしれません。

それがゾロとの会話「き・・・斬るんでしょうか」「斬れ!!ガキを助けてェんなら」に現れているように思うんです。

もしかしたら、本当に敵を斬る実戦は今回が初めてだったのかもしれません。

身分を隠し剣術修行をしていた光月家ゆかりの臣下、そんな存在ではないでしょうか。

 

それに戦国時代には巴御前などに代表されるように女性といえども、相当な手練れが数多くいたようですから、お菊が女性で剣の達人であってもおかしくはないんです。

女性であってほしいという希望的観測もありますけどね。

 

光月家は悪霊一族

ホールデムはお玉に「光月家は悪霊一族だ!!!」と告げていますが、モモの助やおでんを知る側からするとカイドウやオロチがこうしたデマ情報を住民たちに信じ込ませている可能性が高いと思われます。

とくに、博羅町のように豊かな生活をしている住人たちは洗脳されてしまっている可能性が高いですね。

また、元々は光月家の家臣だった侍の中にも、SMILEによって自身の能力が高まる誘惑や巧妙な洗脳で光月家は悪と信じ込まされているものもいそうです。

 

ただ、ちょっと気になるのが「悪霊一族」という言い方です。

ワノ国城主だった光月家が悪霊といわれる何かがあったということになりそうですが、果たしてそれは何だったのか?

単にカイドウが力で攻め入ったのではなく、住民が光月家から離れるようにする陰謀と策略があったように思えます。

となると、ルフィたちが光月家再興を掲げてカイドウたちと戦っても、ワノ国住人の全面協力は得られないかもしれませんね。

 

あらたに盗賊「酒天丸」登場

今回、ワノ国でカイドウやオロチに対抗している勢力として酒天丸という盗賊がいることが判明しました。

浦島を倒し、ギフターズをものともしないルフィたちを見てホールデムは「おれ達に刃向かうって事は盗賊“酒天丸”の部下か!?」と聞いています。

また、盗賊ということは正面切って対抗しているということですから、かなりのやり手が揃っているということになりそうです。

 

果たしてその正体はなんなのか?

すでに登場しているキャラという可能性もありそうですが、そうなると一番濃厚なのはお鶴でしょうか。

ただ、酒天丸という名前から連想される有名な昔話「酒呑童子」とお鶴はイメージがいまいち合わないので、お鶴が酒天丸その者ではないように思います。

お鶴は酒天丸の部下の一人で、住民たちから町の情報を得て報告したりしている、そのためにひと月前に博羅町の入り口で茶屋を開いたのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

916話のネタバレでは、お菊が剣術使いであることは判明しましたが、男か女かはまだまだ議論のわかれるところです。

新たに登場してきた盗賊酒天丸の正体とお鶴は関係があるのか?

そして、ルフィたちにとって一番やっかいなのはお玉をどうやって助けるのか?今のままでは全く手が出せませんからね。

ホーキンス、ローも登場してきそうな博羅町の大騒動ですが、次回917話はいよいよ「くいな」登場の真偽が明らかになりそうです。

まだまだ博羅町騒動は続きそうな916話のネタバレでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です