【ワンピース】923話のネタバレでルフィVSカイドウが一瞬で決着!?


スポンサーリンク

ワンピース923話のネタバレでは、お玉が再び魔の手に落ちた可能性が出てきてしまいました。

しかし、そのおかげでキビダンゴ効果が予想を上回る力をもっていることが判明です。

ついに始まったルフィVSカイドウでは、ルフィをワンパンで粉砕した四皇カイドウのチート級の強さも見えてきました。

それではワンピース923話ネタバレ考察まとめです。

スポンサーリンク

ワンピース923話のネタバレの見所

 

ゴムゴムの象銃炸裂でカイドウ落下

おでん城跡を“熱息:ボロブレス”で一緒にして吹き飛ばしてしまったカイドウを怒りに任せた“ゴムゴムの象銃(エレファントガン)”を「ボコォン」と一撃見舞ったルフィ。

酔っているためか不意を突かれたためか、カイドウ龍は地面まで叩きつけられてしまいます。

 

その胴体がバキバキと建物を壊しながら落下してくる有り様に「危ねェ」「町を出ろ~!!!」と慌てふためく住民やカイドウ配下の悪党たちですが、「何が起きた!?」とカイドウ様がブチのめされるというまさかの事態に驚き気味です。

そして、「誰だ!?あいつは!!」と上空にルフィを見つけたカイドウ臣下たちは、横綱浦島やホールデムをぶっ飛ばした奴だと気がつき、どよめいている様子。

 

そこへ「ダン!!」とルフィが着地すると、「カイドウ様に手ェ出しやがった~!!」と慌てふためいて逃げ出します。

ルフィはそんな連中に目もくれず「無事だよな!! 何とかしたよな!! お前ら・・・!!」と心配そうな表情で吹き飛んでしまったおでん城跡に向かって走り出すのでした。

一方、ルフィのおかげでカイドウから逃げ出した酒天丸は、“天”と描かれた大瓢箪から酒を飲みつつ、部下たちに先に山へ帰れと命じるのですが、自分は「何やら胸騒ぎがするど!!」と町に戻るような気配です。

 

ご主人様は守れなかった

「スピード様ァ~!!」と叫ぶ声がおでん城跡に向かって走るルフィの耳に入ります。

目をやるとボロボロになったスピードが地面に倒れているではありませんか。

スピードの部下たちの言葉からすると、たった今カイドウのマントの裏から落ちてきたようです。

 

「おい!!ウマ美じゃねぇか!!!」と焦るルフィですが、スピードにお玉を預けて「天狗山飛徹」の元に送り届けたはずですから焦るのも当然ですね。

「何でここにいるんだ!!?玉は!?」とスピードを抱き起すルフィに息も絶え絶えにスピードが、「途中・・・カイドウ様に見つかり・・・戦ったが・・・ご主人様は・・・守れなかった」と衝撃の一言。

スピードがカイドウに遭遇した時、「妙な報告を聞いているぞ・・・」とどうやらカイドウはスピードが自分の意図とは違う行動をしていると知っていた様子です。

 

それを聞いたルフィの脳裏には「アニキ おら今日のおしることリンゴの味 一生忘れねェでやんす」と涙して喜んでいたお玉の姿と横たわるお玉の手の横につぶれて転がるリンゴの光景が浮かびます。

「おれがちゃんと 付いていくんだった!!!」と地面をつかみ悔しがり、怒りが頂点を通り越している表情のルフィをカイドウ一味が取り囲んでいます。

 

今ブチのめせば終わりだろ

そこへルフィを見つけたローが「逃げるぞ!!」と声をかけます。

カイドウはその巨体のため自分に何が起きたかわかっていないはず、「作戦をダメにする気か!!」とルフィに告げるのですが、ルフィは「今ぶちのめせば終わりだろ!!!」「錦えもん達も おれとお前の仲間たちも 無事かどうかもわからねェ!!」と怒りの表情で答えます。

ルフィは仲間がなんとか無事でいてくれることを願いながらもお玉や仲間たちを守れなかったことが許せないのでしょう。

 

ルフィの言葉に焦りの表情を浮かべるローの目の前で、「カイドウ!!!こっちだァ~!!!」と叫びます。

「ギロッ」っとルフィの呼ぶ声に気がついたカイドウに配下の悪党どもは「コッチ向いた~」と慌てて逃げだしながらも「酔ってねェか!?」とカイドウが酩酊状態なことに気がついている様子ですね。

ルフィの呼びかけに気がつき、「お前は・・・」と怒りの眼差しで睨みつけるカイドウに「海賊王に!!なる男だ!!!」とルフィが答えた瞬間、カイドウ龍の口から“熱息:ボロブレス”が炸裂、「ボッ!!」っと敵味方見境なく焼き尽くしてしまいます。

ルフィは上空に飛び逃げなんとか躱しますが、「来たなワノ国へ」と酔ってはいますがカイドウもルフィを見逃しません。

 

ルフィは抱きかかえていたスピードの配下にスピードの身体を託し、「ば~ん!」と攻撃態勢を整えます。

お玉を届けようとカイドウと戦ったスピードを“熱息:ボロブレス”からしっかりと助けていたのですね。

酔っ払って敵味方関係なく“熱息:ボロブレス”放つカイドウと元は敵だったスピードを助けるルフィ。

お玉のキビ団子を食べた真打ちスピードではありますが、これで元気になったらルフィ側につくことが確定ではないでしょうか。

 

そして、ルフィの“ゴムゴムの象銃乱打(エレファントガトリング)”が炸裂。

その光景を見ていたカイドウの配下たちは、「ええええ」っと驚きを隠せず「何だあいつ!!!」「カイドウ様がめちゃくちゃ殴られている」とビックリ仰天です。

ルフィの放つ“ゴムゴムの象銃乱打(エレファントガトリング)”は効果があったのか、地上に叩きのめされたカイドウは「シュルルル」と人型に戻ってしまいます。

 

ルフィ、カイドウのワンパンでのされる

人の姿に戻ったカイドウは、まさか自分が叩きのめされることになるとは思ってもいなかったのでしょう。

「ウ~・・・」と怒りの表情のカイドウにルフィはさらにギア4“弾む男(バウンドマン)”を発動“、ゴムゴムの猿王群鴉砲(コングオルガン)”を「ウオオオオ」っと打ち込みます。

 

「ハアハア」と息を切らすルフィの前に倒れているカイドウに配下たちは「まさか」とざわざわ。

ローは「やりやがった」という表情、ホーキンスは至って冷静な表情をしています。

その光景を見ていた酒天丸は、「何だあいつは」と驚きを隠せないようですが、今までカイドウに刃向かって多少なりともダメージを与えるような人間などいなかったでしょうからね。

 

しかし、四皇カイドウがこの程度でやられるわけがありません。

ルフィのギア4“猿王群鴉砲”をまともに喰らったカイドウですが「あァ~」と言いながら、“むくっ”と起き上がりざまに“雷鳴八卦(らいめいはっけ)”が炸裂!

まさに鬼に金棒でルフィを「ガン」と打ち飛ばしてしまいます。

ギア4“弾む男”はその衝撃で“プシュルルル”と空気が抜けた風船のように元に戻ってしまうのですが、ルフィはなんと白目をむき気絶状態、まさにワンパンで打ちのめされてしまいました。

息も絶え絶えで横たわるルフィを「何の王になるだと? 小僧ォ・・・!!!」とカイドウが怒りの表情で睨みつけています。

スポンサーリンク

ワンピース923話ネタバレの考察

 

キビ団子パワーはチート級

ルフィがスピードにお玉を託した時、気がかりだったのはキビダンゴ効果は時間的にどのくらいもつものなのか?ということでした。

もし、刀鍛冶「天狗山飛徹」の元にたどり着く前にお玉のキビダンゴ効果が切れてしまったら、ホールデムから助け出した甲斐も無くお玉を奪われてしまいます。

しかし、お玉のキビダンゴ効果の持続性はかなり長時間続くことが見えてきました。

 

しかし、さらに驚いたのはスピードがお玉を守ろうとしてカイドウと戦ったという点でしょう。

スピードはカイドウ配下の真打ちですから、カイドウの強さや恐ろしさはよく知っているはずなのにキビダンゴ効果が発揮されるとカイドウよりお玉の命令が上になってしまうようです。

 

となると、もしSMILEで動物系能力をもつ百獣海賊団にキビダンゴを食べさせることができたら?全員カイドウに刃向かってくれるわけです。

仮にカイドウが龍化したときに食べさせることができたらどうなるのでしょう?カイドウがお玉の命令を聞くようになるのでしょうか。

これはカイドウと戦う上ではムチャクチャ重要なポイントになるのではないでしょうか。

 

まさかのお玉退場?

お玉のキビダンゴ効果は、使い方によってはチート級の武器になりそうですが、そのお玉は今どうなっているかがムチャクチャ気になりますよね。

ルフィの脳裏に浮かんだ情景は、地面に横たわる手先とつぶれたリンゴだけ。

これだけ見ると「まさかのお玉退場!?」となってしまいますが、これはスピードの「守れなかった」という言葉からルフィが勝手に思い描いただけの情景ですから本当かどうかは別の話。

ここでお玉退場はさすがにないでしょうし、さらにはスピードのキビダンゴ効果が続いていることからもお玉は生きていてカイドウの元に囚われていると考えられるのです。

お玉がもし退場確定ならキビダンゴ効果も切れるでしょうからね。

 

ホーキンスの策略がありそう?

しかし、お玉がスピードに乗って町を出たことやキビダンゴのことをカイドウに報告したのは誰なんでしょう?

ジャックはそこまで知らないはずですから、ホールデムかホーキンスのどちらかと考えられます。

 

ホールデムはお玉のキビダンゴのことを知っていましたが、ジャックを通さず直接カイドウに報告するかどうかは疑問が残るところ。

カイドウにおでん城の攻撃を示唆したことといい、ホーキンスが何やら策略を巡らしているのではないでしょうか。

お得意の占いで自分の立場を有利にしながら勝ち馬に乗り、最後には自分が漁夫の利を得る。

ところどころに出てくるホーキンスの表情から、そんな算段をしているように感じるのです。

 

ルフィを助けるのは誰だ?

龍化したカイドウが通常の姿に戻ったり、地面に倒れたことからルフィの攻撃は多少なりとも効いているのかと思いきや逆にワンパンでルフィはのされてしまいましたね。

それも白目をむいてドクドクと出血状態、このままでは命の危険性を感じさせるほどのダメージになりますから、鬼の形相のカイドウの元から一刻も早く助け出し手当てをする必要がありそうです。

 

では誰がルフィを助けられるのか?

酒天丸はカイドウと戦うルフィにかなり興味がありそうですが、この状態から助け出すという感じではなさそうです。

ここはやはりローの出番ではないでしょうか。

 

ルフィをシャンブルズでカイドウの元から一気に引き離し、逃げ去るしか助かる手立てはなさそうです。

カイドウから逃げ去った後、ローがルフィを治療するのがベストな選択なのですが、おでん城跡を失った二人は行く当てがありません。

そこで酒天丸が自分たちのねぐらである「頭山」に連れて行く、そんな流れが考えられないでしょうか。

 

酒天丸がアシュラ童子であることはほぼ確定ですから、そこから錦えもんの話などに繋がっていく可能性もありそうです。

ルフィとゾロだったら酒天丸に錦えもんの作戦など伝えられないでしょうが、ローなら何とかなりそうです。

そういえばゾロはどうしたのでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

衝撃の連続だったワンピース923話のネタバレです。

まさか真打ちがカイドウに戦いを挑むほどキビダンゴ効果が強かったとは意外でした。

914話のお菊によれば役人街にはSMILEの能力者、つまりはギフターズが30人いるとのことですが、キビダンゴを食べさせたらムチャクチャ面白いことになりそうです。

その前にルフィ、どうにかしてあげないとヤバイですが、ビッグマムといいカイドウといい四皇の強さはハンパないですね。

ルフィがカイドウに勝てるようになるまでにまだまだ時間がかかりそうだと判明したワンピース923話のネタバレ考察まとめでした。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です