【ワンピース】924話のネタバレでルフィとキッドに共闘フラグが!?



ワンピース924話のネタバレはまさかのルフィ捕縛で幕を開けました。

助けようとしたローもまさかの間一髪、ルフィを助け出すことは叶わず四皇カイドウの圧倒的強さが見せつけられます。

一方、おでん城跡のみんなとお玉の消息も判明し、ついにあの二人も再会でこの後の展開が超盛り上がることは必至です。

それではワンピース924話のネタバレ考察まとめ開始です。

ワンピース924話のネタバレの見所

 

カイドウの金棒

町の背後におでん城跡を仰ぎ見る博羅町は、カイドウとルフィの戦いで倒壊した建物だらけです。

その奥にはカイドウの巨大な影が浮かび、部下たちの影も見えています。

「ハデにやったなあの野郎」と一人が言うと「だが一撃」「そりゃカイドウ様の金棒だぞ!!」と話す部下たちの視線の先には白目をむいて倒れるルフィの姿。

そんなルフィの容態をうかがった部下は、カイドウの金棒一撃を食らってもルフィに息があることに驚いているのですが、当のカイドウは「だろうな」と意味不明の返答です。

「え??」っとカイドウの部下も怪訝そうですね。

 

海楼石の釘

その様子を物陰からうかがっていたローは、「連れて逃げるしかねェ・・・!!」とシャンブルズの構え。

やはりそうきましたね。

前回の考察の通りになるかと思いきや「タアン!!」とローに何かが打ちつけられ、シャンブルズどころか「ドサッ」と倒れてしまいます。

 

「やめておけトラファルガー!!」と現れたのはホーキンス。

その姿に「またかあの野郎」とローは怒りもあらわな表情ですが、ここでホーキンスの口から意外な事実が判明します。

それは、

  • 能力者の天敵ともいえる「海楼石」はワノ国で生まれた事。
  • ワノ国の技術者は海楼石を針のように小さく加工できる。

という事実です。

 

ホーキンスの言葉にローが自分に放たれ突き刺さったモノを見ると、それは海楼石で作った釘でした。

その釘のおかげで能力を発揮できない上に傷ついているローにホーキンスの“藁備手刀”が迫ってきます。

まさかのローまで捕縛となってしまうのでしょうか。

 

おでん様の術

場面は再び気絶しているルフィを見下ろすカイドウ。

ところがその口から出てきた「さっきからずっと おれを睨みつけてきやがる」という言葉に部下たちは「え??」「こいつが!?」と白目をむいているルフィを見て驚きの表情をしています。

部下たちには「ただ気絶してる様にしか見えねェっすけど」のようですが、ルフィを見るカイドウの眼には違うルフィが映っているようです。

 

カイドウは部下たちにルフィを「ブチ込んどけ!!」と命令、「心をへし折りや良い戦力になるぜ」と言っていますが、酒天丸に部下になれといっているのと同じ感覚のようですね。

また、瓦版には海外に興味をもたせぬよう「海賊」とは書くなとも命令していますから、こう見えて意外と勘所を押えているようなんですね。

まあ、ただの暴れん坊では四皇にはなれないでしょうから。

 

カイドウの命を受け部下たちがルフィを連れて行こうとした瞬間、ルフィを取り巻いていた部下たちが「ドクン」と泡を吹いて「どさ」っと倒れ込んでしまいました。

その光景に「わあァ~どうしたお前ら!!」と慌てる部下たちですが、その光景を冷静に見ているのはなんと酒天丸。

 

「今のは おでん様の術 気絶したあいつがやったのか!?」と驚きの言葉を口にします。

そしてカイドウも「お前もか!!」と言いながら「キッドのガキも“覇王色”」と衝撃の言葉を続けるのですが、どうやら心は大好きな酒に向かっている様子。

「トラファルガーは今度だ・・・飲み直そう」と龍の姿になって「酔いが醒めちまった」と戻って行ってしまいます。

 

そのトラファルガーローはなんとか山の中に逃げ込んでいる様子ですが「ハァ ウ・・・」とかなりお疲れの様子です。

自分に撃たれた海楼石の釘を見て「聞いた事ねェ!!」と言いながら、自分の部下であるベポたちも気がかかりだし、カイドウに囚われてしまった「あのバカも放っとけねェ」と気苦労が絶えません。

 

博羅町ではローを探すホーキンスの元に「もう町にはいねェかと」と報告が入ります。

「1人捕えただけで十分だ!!」と言いながら「必ず追いつめる 逃がしはしない・・・」と決意も新たにしている様子です。

ホーキンスがカイドウ傘下に大人しく収まり続けはしないだろうという読みから、ルフィ側になる可能性もあるかもと思っていましたが、この様子ではそうはならなさそうですね。

 

錦えもんとお鶴

一方おこぼれ町では「せっかくルフィ太郎がくれた食糧をダメにしちまった」と嘆くごろ兵衛さんと看病するお鶴の姿を物陰からじっと見つめる怪しい姿。

なんとそれはお鶴の様子を見つめる錦えもんでした。

 

「お鶴・・・20年後も美しい・・・変わっておらぬな」というのは、今のお鶴は未来に飛ばされた錦えもんより20歳年上だけど美しいという意味なのでしょうか。

そのことがわかるのは錦えもんがお鶴と再会した時になりそうですが、「おぬしとの再会は おでん様の意志を成し遂げた時のみ!!!」ということですから暫くはお預けですね。

もし20歳年上となっているとしたら、再会したのちはやはり夫婦として生活するのでしょうか。

ちょっとどういう状況になるのか興味が湧いてきますね。

 

お鶴を陰から見守る錦えもんの背後を酒天丸が通って行くのですが、その姿を見た錦えもんの口から出た言葉は「ん!?アシュラ童子!!!」。

すでにほぼ確定していましたが、錦えもんによって100%完全に「酒天丸=アシュラ童子」で決まりです。

 

全員生きていた

舞台は変わって、カイドウ龍の“熱息:ボロブレス”で跡形もなく消滅したおでん城跡。

狛ちよやブルック、チョッパーなど麦わらの一味、そしてベポなどハートの海賊団がズズズズと沈んでいく地面のおかげでカイドウ龍の“熱息:ボロブレス”から助かったということですが、サンジやナミの姿が見えません。

するとお菊の背後から「何とかレディは運び終わった」と一息ついているサンジの姿と共に、ナミやキャロット、しのぶの姿が見えています。

沈下して行く地面の底から女性陣だけ助けたサンジに「おれ達も助けんかいーっ!!!」と怒りの言葉が響いています。

 

お菊によればどうやら“しのちゃんの術”で助かったようです。

「わたすの“熟々妖艶の術”はあらゆるものを熟れさせるのよ」というしのぶに対し、「そう!しのちゃんの触れた物は何でも腐るんです」と言うお菊。

どういうことかというと、しのぶが地面を熟れさせた、つまり腐らせた結果地盤沈下が起こり、皆は“熱息:ボロブレス”から逃れられたという事のようです。

 

しかし、熟れすぎた結果、地面はどんどん沈んで行ってしまいこのままでは海底になってしまうということのようですが、地面でさも”熟れさせる”って一体どんな能力なのでしょうね。

なんとか沈下していく地面から地表に助け出された麦わらの一味とハートの海賊団、そしてモモの助に向かって「心して聞いてください」とちょっと心配そうな表情でお菊は現在の状況を話し始めます。

 

一方、九里のはずれの森、スピードがカイドウに見つかってしまったあの場所で「息はありますね」「すぐに手当てを・・・」という声とともに砕けたリンゴ。

「こんな幼子を・・・」「カイドウ・・・!!」と怒りの表情でお玉を抱きしめるイヌアラシが登場。

ちょうどワノ国に上陸したイヌアラシたちがお玉を発見、なんとか命はとりとめそうな様子ですからまずは一安心ですね。

 

カイドウはマントの下にスピードは捕らえていましたが、お玉は放置。

ということは、お玉のきびだんごの能力はまだ知らないということになりそうです。

知っていたらお玉を放置して行くようなことはしないでしょうからね。

 

「は!!?」

ルフィ太郎の九里での大立ち回りは、瓦版の号外でワノ国中に轟きます。

その号外を見たワノ国潜入先発隊のフランキー「おー!!ルフィ ワノ国に着い・・・」と一瞬喜び次の瞬間「は!!?」と号外の内容に驚きのあまり異様な表情を隠せません。

「まあ!ルフィ ワノ国に・・・」というロビンも次の瞬間、「は??」としのぶも敵わないレベルのおばはん顔で驚きます。

ガマの油売りウソップもルフィの上陸にウキウキの笑顔で「ル・・・」と喜びかけますが、こちらも「は!!」。

 

さらに、またもや迷子になってしまい、たまたま辿り着いた舟着き場から小舟にのっていたゾロは隣の人が読んでいた号外に「ぶーー!!!」っとほおばっていたわさび寿司を吹いてしまいます。

924話のタイトル「は」は、号外を見た麦わら一味の反応のことだったのですね。

しかし、号外にはルフィのことがなんて書かれていたのでしょう?

 

再会

ルフィVSカイドウの翌日、ワノ国兎丼(うどん)ではオロチの部下たちにこきつかわれる人々。

どうやら強い武器を作るために必要な鉄を打っているようですが、「お前らの命はオロチ様のもの!!」「生きたくば鉄を打て!!」「休みたくば殺してやる!!」とムチャクチャなことを言っています。

カイドウが「心をへし折りゃいい戦力になる」と言っていたのは、この過酷な環境下で心をへし折るということだったようです。

 

さらに心をへし折るための独房なのでしょうか、大きな檻にオロチの部下が“毒魚”を持ってきて、“檻”の中の生き物に与えようとしています。

毒魚を持ってきた男が「何がいるんだ?この檻・・・」と尋ねると看守が「決まっているのは1日1匹毒魚を与えることと骨は抜いてやる」「元々は処刑のつもりの毒魚で生きている」のだと答えます。

 

そこへ門の扉が開いて「噂の新入り」九里でカイドウ相手に町を破壊し大暴れした男“ルフィ太郎”が入ってきたのですが、その姿に「あんなチビ助が!?」「せめて“大看板”くらいの巨漢かと」と驚くというより嘲笑している様子です。

カイドウの一撃で負った傷も生々しいルフィは海楼石の手錠をはめられ、まさに手が出せない状態。

「イジメ倒して光を失わせてやる」と言う看守をルフィが「ギロッ」とにらむと「何だコイツ看守のおれを睨んだぞ」といきなり刀を振りかざします。

 

するとその瞬間、檻の中から「プッ!!!」と飛んできた魚の骨が「ドスッ」と看守の首に突き刺さり「ブシューッ」と血が噴き出します。

毒魚の骨を抜いて与えるというのは、こういう事態が起こるからということだったようです。

しかし、檻の中で光る眼はいったい何者なのでしょう?

 

奥へと連れて行かれたルフィは、看守たちの「明日から死ぬ程こき使ってやる・・・!!しごき殺してやる!!」という声と共に地下牢にドサッと投げ込まれてしまいます。

「がシャン!!!」と閉められた中にいたのは、なんとキッド!

二人は同時に「覚えてろ・・・カイドウ・・・!!!」と口に出し、「ん?」「あ・・・お前・・・」とお互い誰だか気がついた様子です。

ワンピース924話のネタバレの考察

 

海楼石はワノ国原産だった

前回のネタバレで考察したシャンブルズでローが助ける展開、当たったと思った瞬間、ホーキンスに邪魔されておしくもとといったところです。

しかし、ここで海楼石がワノ国原産だったことが判明しましたね。

 

ワノ国はポーネグリフ、古代兵器と非常に関連が深いことはかねてから言われてきたことですが、まさにそのことを裏づける事実となりそうです。

古代兵器が悪魔の実の能力を発揮させない程度のものではないでしょう。

しかし、少なくともポーネグリフを解読した結果として海楼石が生み出されたという展開はありそうです。

もしそうだとしたらポーネグリフを解読すれば海楼石で悪魔の実の能力を打ち消されない方法もあるかもしれません。

 

また気になるのがおでん城跡の丘の中腹の巨大な扉です。

もしかしてポーネグリフはまた古代兵器へつながるなにかが出てくるのでしょうか。

しのぶの術で沈下して行く地面が何かを引き起こしてくれるのかもしれません。

海楼石とワノ国、そしてポーネグリフ・古代兵器とワノ国の関係から目が離せませんね。

 

おでん様も覇王色つかい

酒天丸は気絶したルフィが覇王色の覇気でカイドウの部下たちを気絶させたのを見て、「おでん様の術」と驚いていましたから、おでん様も覇王色の使い手であったことは確実ですね。

ただ、ルフィにキッド、そしておでん様もカイドウには歯が立たなかったということは今の覇王色レベルの強さでは四皇にはまったく歯が立たないというこちになりそうです。

ビッグマムやカイドウの強さを見るに「ギヤ5+悪魔の実覚醒」レベルでは四皇は倒せないのは明白です。

かつてレイリーは、本来の力は戦いの中で強くするもので修業を積んだだけでは四皇は倒せないと言っていましたから、ビッグマムやカイドウとの戦いの中でレイリーとの修行の成果が出てくるということなのでしょう。

カイドウにはワンパンでやられてしまいましたが、ルフィはいつどんな形で次の段階に覚醒していくのか楽しみが増えましたね。

 

くの一“しのぶ”恐るべし

カイドウの“熱息:ボロブレス”でおでん城跡が消滅した時は、残っていた皆はどうなったのか?と心配でしたが、しのぶの“熟々妖艶の術”が助けていたとは意外な展開でした。

てっきり龍化したモモの助が全員を連れて空高く飛び出すような助け方を創造していたのですが、まさか「地面を熟れさせる」とは。

しかし、どうやって綺麗な円形に地面を腐らせることができたのでしょう。

この術をかける瞬間を見てみたいものですね。

そういえば、“熟々妖艶の術”で腐った地面はどんな匂いがするのかも気になるところです。

 

檻の正体は

檻の中から毒魚の骨を「プッ!!!」と一吹き、看守の首に突きしたのはキッドかと思ってしまいますが、ルフィはその後さらに奥に連れて行かれてぶち込まれた先でキッドと再会していますから、檻の中にいる人物はキッドではありません。

ではいったい誰なのでしょう?

錦えもんが最優先で探して欲しいといっていた3人

  • 河松
  • 傳ジロー
  • アシュラ童子

のうちアシュラ童子=酒天丸は確定。

編笠の男は双子岬でクロッカスと酒を飲んでいた人物。

そこで残る傳ジローこそが、檻の中の人物でキマリでしょう。

 

理由は3つ。

1つ目は傳ジローという名前です。

傳ジローと紋次郎(紋ジロー)ってどうみても似てますよね。

 

2つ目は毒魚の骨を口からプッと飛ばして看守の首に突き立てるシーン。

これっていつも長いつまようじを口に咥えていた「木枯し紋次郎」とそっくりなんですよね。

木枯し紋次郎は爪楊枝で直接人を攻撃したシーンはありませんが、女にちょっかいを出すような男がいるとどこからともなく爪楊枝が飛んできて男の手に突き刺さり、その男が痛みにうずくまる姿を尻目に紋次郎が通り過ぎるというようなシーンが描かれているのです。

 

3つ目は921話で錦えもんが特に探してほしいと言っていた3人の中の一番右の人物の頭部の形と檻の中から「プッ!!!」と飛ばすシーンの頭部の影が瓜二つなのです。

というわけで、檻の中の正体は傳ジローといきたいところです。

まとめ

カイドウとの圧倒的な力の差を見せつけられたルフィとキッドが再会で、ますます熱い展開になりそうなワンピース・ワノ国編ですが第一幕は完となりました。

“因縁を残しワノ国編次幕へ”とはルフィたちとは別の場面、おそらく号外でルフィの状態を知った上で錦えもんから頼まれた仲間探しとともに火祭りへの準備を整えていくのではないでしょうか。

キッドとルフィの共闘は火祭りの機が熟すまでのお預けとなりそうなワンピース924話のネタバレまとめと考察でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です