【ワンピース】927話のネタバレで黒炭オロチの正体が判明か!?

花の都で大評判のサンジの十八番そばからまさかの展開で事件勃発の中で、モモの助の妹“日和”の可能性があるキャラがお玉に続いて登場してきました。

そして、ついに将軍オロチの正体に芸者おロビが迫ります。

続々と登場する新キャラとめまぐるしい展開に振り回されそうなワノ国編ですが、927話のネタバレあらすじと考察をしっかりと見ていきましょう。

ワンピース927話のネタバレの見所

 

十八番そば

926話で屋敷から忍法大凧で脱出した“新米くノ一おナミ”と“ベテランくの一しのぶ”の眼下に現れた長蛇の列は、麦わらの一味サンジのそば屋目当ての行列でした。

ワノ国花の都では大評判のそば屋となったサン五郎ことサンジの十八番(おはこ)そばに舌鼓を打っているのは、大工に扮するフランキー、ガマの油売りに扮するウソップ、そして芸者に扮するロビンの三人。

三人ともサンジがおでん城跡地から無事に帰って来たことで、またうまいメシが食えると大喜びの様子です。

 

「おめーらはどうでもいいけど おロビーちゃーん お味はど~お?」と野郎二人は無視してロビンにだけ尋ねます。

ニコっと微笑みながら「ええ お味最高よ」と答えるロビンに、「芸者おロビンちゃんの方が最高だぜー!!!」と目をハートマークにしていつものサンジ節が炸裂です。

 

しかし、大工のフラの助ことフランキーが「うめーけど女子人気高すぎだろ」と侍集めになっていないことに苦言をしますが、サンジは超不満そうな表情ですね。

そんなサンジに「何だその顔は 味方増やす気あんのかこの野郎!!!」とフランキーはさらに突っかかるのですが、「待 男の客だ」とウソップが割って入りました。

 

狂死郎一家

「ごめんくだせェ」と女性たちの列に割って入ってきた男は、どうみても堅気とは思えない怪しい風体。

「食いたきゃ後ろに並んでくれよ」と言うサンジに、「一体誰の許可取ってこのシマ流してんだ?」「ん?」と詰め寄るのは“狂死郎一家 カクさん&クニさん&スケさん”の三人組。

926話でサン五郎の屋台そばの繁盛ぶりを「あの若僧・・・ここが誰のシマかわかってんのか・・・!?」と睨みつけていた人影に違いなさそうです。

 

「ここは狂死郎一家のシマでね」「払うモン払ってくんなきゃ店出させるわけにゃいかねェのよ!!」と言うカクさんに、サンジが「何でだ?」と尋ねると、「何かあった時 守ってあげられないでしょ」と再びカクさんが答えます。

「いらねェよ おれァ 強ェから!」と当然のように答えるサンジ。

そのやりとりを聞いていたロビンは、以前狂死郎という人のお座敷に上がったことを思い出しました。

そう、おでん城が焼け落ちた時におトキ様が残した話をして「オロチ様も小心でござる」と言っていた、黒炭家御用達両替屋“居眠り狂死郎”の手下がサンジに因縁をつけているようなのです。

 

サンジの言葉にブチ切れた狂死郎一家の三人は、サンジの屋台や鍋を蹴飛ばし、そばを台無しにしてしまいました。

さらに小さな女の子が食べようとしていたどんぶりを「この店のそばは食うな!!」と叩き落とすのです。

そばを叩き落された少女は、「えーん」と涙を流して泣くと同時に「アハハハハ」と笑っている、ちょっと変わっった少女ですね。

 

その様子を見ていたサンジの怒りの表情に気づいたウソップは、「まずい離れろ!!サンジが一番起こるやつだっ!!」とロビンと二人で退避モード、一方フランキーは「ん~?ケンカか!?」と呑気な様子。

そばを蹴散らかしたオロチ一家の兄貴分クニさんに、「全部食って貰いますよお客さん」と自分の料理を足蹴にされて怒り心頭のサンジが迫ります。

 

「は?やんのか」「おい!!カク!!スケ!!やっち」とクニさんが最後まで言い終わる前にサンジの脚蹴りがクニさんの顔を“メキッ!!”と歪ませ、そのまま地面にめり込ませてしまいます。

その光景に「うおー!!兄貴ィ~!!?」と衝撃を受けている子分を、今度はフランキーが背後から投げ飛ばし“フラの助~アイアンスープレックス”で地面にめり込ませてしまいました。

狂死郎一家に絡まれたサンジの様子を遠巻きに見ていた町民たちは、そば屋と大工の強さに驚くと同時に「しかしコリャマズイぞ・・・!!」と心配顔。

 

地面に倒れている狂死郎一家の二人に「食えオイ全部!!お前が故意に落としたそば!!」と、クニさんの口に地面に落ちているそばをねじ込みます。

残ったカクさんは、「お・・・!!お・・・!!お・・・!! 覚えてやがれ!!」と一目散に逃げて行ってしまいましたが、おそらく一家の頭領である狂死郎の元に走っているのでしょう。

 

禿のおトコ

一段落ついた様子に「まーこうなるわけだが・・・いいのか?やっちまって」とそばを“ずるずる”頬張りながら言うウソップ、「マズイ人達に手を出しちゃったかもね」と言いながらもロビンは「ウフフ・・・」と笑っています。

まあ、あの状況ではサンジがブチ切れるのを止められる者はいませんからね。

しかし、都の大路を埋め尽くしていた行列が跡形もなく姿を消している様子にさすがのウソップも「絶対ヤベー奴 呼んで来るだろコレ!!!」。

 

がらん・・・!!と人影が消えた街中で、一人の少女が物陰からサンジとフランキーを見つめています。

どうやら食べかけのそばを叩き落され、泣きながら笑っていた少女のようです。

「まだ一杯分無事だった」とサンジが差し出したそばに「本当はお仕事もう遅刻なんだけど」と言いながら、「おいしィ~」と涙を流して喜ぶ少女は“都の子トコ”。

トコの表情に「こっちまでニヤケちまうな」と「ぷっ」と吹き出すサンジですが、食べ物に涙を流して喜ぶ様子はルフィが助けたタマを思い出させますね。

 

少女は自分から名前の“トコ”に“お”をつけてみて!と言いながら「男じゃないよ!!?アハハハ」「おトコだけど!!!」と、自分で言いながら涙を流して笑い出します。

その様子に「どっ!!」とずっこけるサンジ、ウソップ、フランキー。

そばを食べ終わった少女は、「ホントに遅刻!!大遅刻!!」と笑いながら、「あ!そうだ あたいまた この道を通るよ!!今日は花魁道中だから」と言い出します。

その言葉からロビンはトコが禿(かむろ)と呼ばれる花魁の付き人であることに気がつきます。

花魁道中という言葉に鼻息荒く反応しているサンジですが、フランキーは「おいらん?かむろ?」とちんぷんかんぷんの様子。

 

おロビに朗報

そこに突然、「花魁とはァ!!!」とフランキーの疑問に答えるように登場した芸者ロビンのお師匠さん。

「おロビ あんたに朗報があってね」とロビンに朗報を知らせるために花の都を駆け回っていたようですが、三味線抱えて「ベベン」と弾きながらかけ回っていたのでしょうね。

 

お師匠によれば「花魁」はワノ国のトップアイドルでスーパースターで、現在は唯一人「小紫」が選ばれたということのようです。

さらに「神にも落とせぬ気高さは!!もはや女の完全体 それが花魁 小紫だよ」と三味線と共に弾き語るお師匠に「そんな女いるわけがない!!!」と言うフランキー。

「なら自分の目で確かめな!!!」とお師匠が言うには、この道は今日オロチ城で開かれる将軍の宴に花魁が向かう道中にあたり、さきほどの禿のコトは花魁に仕える少女のことのようです。

そして、お師匠は芸者おロビことロビンにも同じ座敷にお呼びがかかったと伝えます。

「念願だったね 将軍オロチ様との対面が」と言うお師匠に「とっても楽しみ」と答えるロビンですが、これでオロチの正体が明らかになってきそうです。

 

一方、花魁道中では老若男女問わず「花魁 小紫」を一目見ようと黒山の人だかり。

「うおー眩しくて見えやしねェ」と目を手で覆う町民たちの前を小紫太夫がシャンシャンと練り歩きます。

そこへ「おそくなりました!!アハハ」と到着したトコを見て「クスッ」と笑いながら、「こら トコ 心配したわ」とおでこをコツンとする小紫に「エヘヘ姉さんごめんなさい!」と言うトコ。

どうやら小紫太夫はお高く留まった美女というわけでもなさそうですね。

それにトコは花魁に気に入られている様子ですが、この先トコの存在が、将軍オロチの座敷でなにかしらの役割を果たしてきそうです。

 

眠狂四郎

「そば屋にやられた?」、サンジとフランキーのぶちのめされた狂死郎一家で、一人逃げ帰ったカクさんが花の都「左京」の狂死郎の屋敷で、事の顛末を狂死郎に報告しています。

今からオロチ将軍の宴に行くから忙しいという狂死郎は、「クィーンに連絡を!」「奴から刺客を送らせろ」と命じます。

「だいぶ騒ぎになりやすが・・・」と言うカクさんに、「構わぬ!!」となにやら企みがありそうな表情の狂死郎ですね。

一方、オロチ城では「花魁がただ今こちらに向かっております」との報告に「小紫・・・!!今日こそ落としてみせるぞ・・・!!」とオロチ将軍が「ぐふふふ」と不気味に含み笑いをしているようです。

ワンピース926話ネタバレの考察

 

おトコの正体は日和?

ワノ国編では新キャラが続々登場中ですが、十八番そばでまた新キャラが登場してきましたね。

花魁の禿であるおトコ、927話のタイトルにもなっているほどですからかなり重要なキャラであることは間違いないでしょう。

花魁道中が通った後には失神、出血、視覚障害で20ばかりタンカで運ばれているようですが、そんな小紫から遅刻しても頭をコツンとされるだけで許され、おトコも「エヘヘ姉さんごめんなさい」と親し気な接し方です。

 

サンジのそばを涙を流しておいしいと喜ぶ姿はお玉を彷彿とさせますよね。

そこで思い出されるのが、おでん城が焼け落ちた時に城内にいたおトキ様とモモの助、そして妹の日和です。

これまではお玉が日和で確定の流れでしたが、今回おトコ登場で怪しくなってきたのではないでしょうか。

ちょっと変わったキャラではありますが、花魁という絶世の美女に仕えてもおかしくない素養をもっているということは、美女として名高かったおトキ様の姫である日和であっても不思議ではありません。

お玉におトコ、年も近いと思われるこの二人の少女が、ワノ国編ではキーポイントとなるキャラになっていきそうです。

 

眠狂四郎の立ち位置

919話で登場時には黒炭家御用達両替屋という立場ではあるものの、それほど重要なポスト、あるいは一目置かれるような強さをもっているとは思えなかった居眠り狂死郎ですが、927話で逃げ帰ってきたカクさんへの命令からかなりの立ち位置であることが見えてきましたね。

925話で登場し、あの旱害のジャックを“ズッコケジャック”と揶揄する百獣海賊団大看板“厄災のクィーン”を「奴から刺客を送らせろ」と言える立場なのですから。

つまり、狂死郎のセリフだけからはクィーンよりも立場が上ということがうかがえます。

 

これがたまたまオロチ将軍に近い存在だから偉そうな口ばかりは達者なキャラなのか、それとも実力がクィーンと同等なのか、興味津々となってきました。

個人的な感覚としては、酒に酔って「オロチ将軍は小心者」と言ったりしているところから、実際にはクィーンほどの実力はないが、オロチ将軍に近い、あるいはオロチ将軍のお気に入りということで偉そうにいえているのではないかと思うのです。

 

どちらかというと武闘派ヤクザというより経済ヤクザといった感じで、ワノ国の海楼石や武器輸出に手腕を発揮している、そんな立ち位置じゃないかと思うのです。

しかし、持っている立派な刀から侍として確かな力を持っている可能性も十分あります。

ワノ国編ではキャラが次々と登場していますが、その活躍はまだまだ描かれていないので、読む側にとっては想像するしかありませんが、これもまたワンピース・ワノ国編の楽しみ方ともいえそうです。

 

クイーンの刺客VSサンジ

狂死郎がクィーンに送らせろというサンジへの刺客はどんなキャラが来るのでしょう?

カイドウの元にはホーキンス、ドレーク、アプーといった最悪の世代が配下となっていますが、やはり麦わらの一味相手にはこの中の一人が登場してくるのではないでしょうか。

ホーキンスはすでに登場していますし、ジャックとつるんでいた感じですよね。

となるとドレーク、アプーのどちらかがサンジへの刺客として登場してきそうな予感です。

と思わせておいて、また新キャラ登場の可能性もあるのがワノ国編の展開ですね。

 

オロチ将軍の正体確定か

カイドウがその正体をはっきりと見せたのに比べて、オロチ将軍の登場は引っ張りましたね。

しかし、927話でついにそのシルエットが登場、やはりヤマタノオロチ確定となりそうです。

カイドウも竜、オロチも竜と“竜づくし”のワノ国編ですが、こうなってくると錦えもんが竜を親の仇と同様と忌み嫌っている理由も見えてきそうです。

 

そこで気になってくるのが、モモの助の竜化です。

この件に関しては、いまだにヒントとなるようなシーンは出てきていませんよね。

また、カイドウ、オロチの両方とも動物(ゾオン)系悪魔の実であることは確実と思われますが、違う悪魔の実でありながら、どちらもが幻獣種“竜”となることがあるのでしょうか。

厳密に言うと、カイドウは竜ですが、オロチはヤマタノオロチなので、大蛇の妖怪化となり、種類としては違うという見方もできます。

 

ワノ国編では寺子屋の美人先生がろくろ首でしたから、敵キャラに妖怪が登場してきてもおかしくなないでしょう。

カイドウ側だけではなく、赤鞘九人男の中にも河童のような妖怪が含まれているかもしれません。

それにしてもワノ国編はさまざまな場面に分かれている上に展開が早く、新キャラ登場も多いので忙しいですね。

まとめ

926話で登場した“厄災のクィーン”“火災のキング”が登場してくるかと思いきや、またまた新キャラ登場となった927話のネタバレです。

しかも、927話の新キャラはお玉に続いて光月家ゆかりの可能性も見えてきてしまいました。

もしかするとワノ国編で最重要キャラは幼い子供たち、モモの助、お玉、おトコになっていくのかもしれませんね。

次回ワンピースでは、オロチ将軍の宴か、ルフィとキッドの脱獄になるのか、それともゾロが登場してくるのか、それともサンジへの刺客が登場か。

いずれにせよ、次回928話が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です