【ワンピース】現在の七武海の強さなどのメンバー情報一覧


スポンサーリンク

ワンピース三大勢力の一角である王下七武海は、初期のメンバーからはけっこう入れ替わっているのをご存知ですか?

そこでここでは初期の王下七武海メンバーと、現在の王下七武海メンバーやその強さなどを一覧にまとめてみました。

スポンサーリンク

ワンピースの王下七武海とは

七武海は、ワンピースのグランドラインにおいて海軍、四皇とともに三大勢力の一つで海賊でありながら世界政府によって公認されている特別な存在です。

世界政府への上納や戦闘に協力するなどの制約はありますが、海賊行為が認められていたり、政府からの指名手配と懸賞金が取り下げられるなどの恩赦が与えられています。

海賊でありながらも世界政府に協力するため「政府の狗」などと呼ばれることもありますが、そこは元が海賊なので実際には政府の監視下を逃れ自由に行動しているようですね。

スポンサーリンク

過去の七武海一覧

 

初期の王下七武海メンバー一覧

  • ジュラキュール・ミホーク
  • バーソロミュー・くま
  • ボア・ハンコック
  • サー・クロコダイル
  • ゲッコー・モリア
  • ドンキホーテ・ドフラミンゴ
  • ジンベエ

ここからサー・クロコダイルがアラバスタ編にて七武海を剥奪、頂上戦争編ではジンベエが自ら脱退し、ゲッコー・モリアが除名されています。

 

新世界編当初の王下七武海メンバー一覧

  • ジュラキュール・ミホーク
  • バーソロミュー・くま
  • ボア・ハンコック
  • ドンキホーテ・ドフラミンゴ
  • バギー
  • エドワード・ウィーブル
  • トラファルガー・ロー

現在の七武海になる前、新世界編での七武海で、トラファルガー・ローやバギー、ウィーブルが加わっています。

スポンサーリンク

現在の七武海の一覧と強さ

新世界編の王下七武海からド・フラミンゴ、トラファルガー・ローの七武海は剥奪されているため、現在の七武海は2名欠員で5名となっています。

それでは現在の七武海メンバー一覧とその強さを見ていきましょう。

 

ジュラキュール・ミホーク

  • 異名:鷹の目ホーク
  • 元懸賞金:不明

海賊団は持たず、「棺船」と呼ばれる小型のボートだけで各地をさすらう一匹狼の海賊です。

一匹狼とはいえ、世界最強の剣士とよばれており十字架の形をした「夜」とよばれる刀を一振りすれば、巨大なガレオン船など一刀両断してしまいます。

また、首領クリーク率いる50隻もの海賊艦隊をたった一人で壊滅させる強さを誇っています。

ルフィのために敵である自分に頭を下げて来たゾロに稽古を付けたり、武装色の覇気を会得させたりと、七武海でありながら麦わらの一味を助けている点が興味深いですね。

 

バーソロミュー・くま

  • 異名:暴君
  • 元懸賞金:2億9600万ベリー
  • 悪魔の実:ニキュニキュの実

超人系悪魔の実ニキュニキュの実の能力者で、掌の肉球はあらゆる攻撃を弾き飛ばしていまします。

さらに、自分の身体を弾き飛ばすことで瞬間的な移動も可能だったり、相手の身体にダメージを与えることなく遥か彼方へ飛ばすこともできるようです。

世界政府に最も従順な七武海でありながら、実は革命軍幹部でもありルフィや麦わらの一味を助けるような場面もありますね。

ただ、現在はベガパンクにより人格のない完全な人間兵器である「PX-0」とさせられ、鉄でも歯が立たない超硬度なボディをもち、さらには海軍大将黄猿の能力を応用したレーザー光を口から照射し、あらゆるものを溶かす攻撃が可能と人間では太刀打ちできない強さとなっています。

 

ボア・ハンコック

  • 異名:海賊女帝
  • 元懸賞金:8000万ベリー
  • 悪魔の実:メロメロの実

アマゾン・リリーの皇帝で九蛇海賊団船長でもあります。

常に尊大な態度で相手を見下し身勝手にふるまっていますが、世界一美しいといわれるその美貌から、誰も彼女を咎めることができません。

また、メロメロの実で自分に見惚れた相手を石と化してしまう能力の持ち主でもあります。

18歳でアマゾンリリー皇帝を継承、初遠征でいきなり8000万ベリーの懸賞金となり、その後世界政府側から七武海の要請を受け加盟しているんですね。

覇王色の覇気の使い手でもあり、足技を中心とした身体的な戦闘能力も非常に高く、海軍元帥センゴクからもその実力は高く評価されています。

現在はルフィにメロメロとなってしまっているようです。

 

バギー

  • 異名:千両役者のバギー→伝説を生きる男
  • 元懸賞金:1500万ベリー
  • 悪魔の実:バラバラの実

超人系悪魔の実「バラバラの実」の能力者で身体をバラバラに分離できるため、斬撃など剣や刀による攻撃は効果が発揮できない上に、バラバラになった身体を操ることも可能と厄介な相手です。

実力はさほど高くはなく、強敵相手には臆病な上に卑怯で利己的なキャラなのですが、頭はキレることと場を盛り上げる才能に長けていることからルフィと共にインペルダウンの主犯とされ、自分よりも懸賞金が高いインベルタウン脱獄囚たちからカリスマ扱いされてしまっています。

戦闘能力などは高くない反面、なんやかんやとうまく立ち回る能力に長けているので、最後まで生き残るタイプかもしれません。

 

エドワード・ウィーブル

  • 自称:白ひげ
  • 元懸賞金:4億8000万ベリー

頂上戦争でエースと共に倒れた四皇、白ひげの息子だと本人は信じているようですが、口ひげ以外は全く似ておらず、白ひげの息子と信じている元白ひげ海賊団は少ないようです。

そのことで民間人をも巻き込む騒動に発展することがあり、海軍でもウィーブルを問題視しているようですね。

しかし、元白ひげ海賊団のメンバーや傘下の海賊団を次々と倒す戦闘力は本物と言わざるを得ません。

なにせ、海軍大将「黄猿」からも「強さだけ」なら若い頃の白ひげ並と評価されています。

本当に白ひげの息子なのか?父である白ひげの仇としている黒ひげとの対決はあるのか?が気になるところです。

スポンサーリンク

まとめ

入れ替わりがけっこう激しい王下七武海の現在のメンバーと強さを一覧にしてみました。

政府側の海賊である七武海ですが、ミホークやハンコックなどルフィを応援している七武海メンバーもいるんですよね。

欠員が補充されるのか?もふくめて今後の七武海メンバーの動向に要注意ですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です