【ワンピース】最凶海賊団黒ひげ海賊団メンバーの強さ一覧


スポンサーリンク

ワンピースの主人公ルフィにとって、エース捕縛に関与した黒ひげは因縁のある海賊ですね。

四皇の1人であるシャンクスにとっても、顔の3本傷は黒ひげにつけられた因縁があります。

麦わらの一味チョッパーにとっても、黒ひげは憎むべき存在だったりします。

そんな黒ひげはルフィが海賊王になる最大の壁、ボスキャラになるのではないか?というのが大方の予想ですよね。

そこでここでは、ルフィにとって最大の敵になりそうな黒ひげとその海賊団メンバーと強さを一覧にまとめてみました。

スポンサーリンク

黒ひげ海賊団の成り立ち

現在の黒ひげ海賊団は、黒ひげを始めとする10人の巨艦船長が存在する凶悪集団となっていますが、黒ひげ海賊団が出来た当初は黒ひげを筆頭にたった5人の海賊団でした。

黒ひげこと、マーシャル・D・ティーチは元々は白ひげ海賊団に所属し、ルフィの義兄であるエースが率いる2番隊の隊員をしていました。

白ひげ時代は経歴こそ長いものの特に名を挙げることもなく目立った活躍もない存在だったのですが、実はそれらはすべて「悪魔の実」を手に入れるための黒ひげの計画だったんですね。

白ひげ海賊団4番隊隊長のサッチがヤミヤミの実を手に入れるやいなやサッチを殺害しヤミヤミの実を入手、白ひげ海賊団から逃亡しました。

それが黒ひげ海賊団の始まりです。

 

その後、たった5人でチョッパーの故郷であるドラム王国を滅ぼし、バナロ島では激闘の末にエースを捕縛、その功績を手土産に七武海へとなり上がりますが、これも実は後々のための布石でした。

七武海となった黒ひげ海賊団は、インペルタウンへ堂々と入り込みレベル6に凶悪犯たちを一味に加えることに成功したのですが、七武海になったのはインペルダウンの凶悪犯を解放し仲間に引き入れるための布石だったんですね。

 

インペルダウンのレベル6凶悪犯たちを加えた黒ひげ海賊団は、マリンフォード頂上戦争でもうまく立ち回り、白ひげを倒すのに一役買っています。

その結果、白ひげ亡き後の新世界で四皇の立場を手に入れたという経緯があります。

こうして振り返ると、黒ひげ海賊団は、黒ひげの大口などではなく本当に海賊としての強さを持っているといえそうです。

スポンサーリンク

黒ひげ海賊団メンバーの強さ一覧

黒ひげ海賊団の成り立ちとこれまでの経緯を振り返ったところで、メンバーと強さの一覧をみてみましょう。

 

マーシャル・D-ティーチ

  • 通称:黒ひげ
  • 元白ひげ海賊団2番隊隊員
  • 現・四皇の1人で元・王下七武海
  • 能力:ヤミヤミの実、グラグラの実

黒ひげの強さの一つは、やはりヤミヤミの実のもつ能力ですね。

悪魔の実の中で最凶と呼ばれる自然系悪魔の実「ヤミヤミの実」の能力である「闇の中に全てを引きずり込む」「能力を無効化にする」を持ちながら、マリンフォードでは白ひげの遺体からグラグラの実の能力を自身に取り込むことに成功しています。

通常は一人に一つしか持てないハズの悪魔の実の能力を二つ持てる黒ひげ、その強さは折り紙つきです。

また、黒ひげ海賊団を作り上げた経緯から、長期にわたる策略を我慢強く進めることが出来る知力と忍耐力があるようです。

その反面、白ひげからは「過信、軽率…お前の弱点だ…」と言われていますから、成功が見えてくると自信過剰となり足元をすくわれた経験があるのかもしれませんね。

ルフィ達がつけ入るとすれば、黒ひげのそうした性格なのかもしれません。

 

ラフィット

  • 黒ひげ海賊団:航海士・現在は五番船船長
  • 通称:鬼保安官・元は「西の海」の保安官でしたがあまりの残虐性に国を追われました。
  • 能力:両腕が翼になり飛んでいる描写があるのでゾオン系(動物系)の可能性があります。

催眠術も得意のようで、海軍本部に侵入したり、マリンフォード頂上決戦の時は催眠術によって正義の門を開かせています。

航海士ラフィットの持つステッキは、麦わらの一味で同じ航海士のナミが持つ天候棒と対になっているのでしょうか?

だとすると、何かしら武器になる匂いがしますね。

 

ジーザス・バージェス

  • 黒ひげ海賊団:操舵手・現在は一番船船長
  • 能力:不明
  • 武装色の覇気

初期のころから黒ひげとともに行動しているメンバーで、黒ひげ海賊団の母船をオール1本でこいで荒波を越えさせるほどの怪力の持ち主です。

メラメラの実が賞品となったコリーダコロシアムでは覆面をかぶって出場、サボとメラメラの実を取り合い争っています。

その後、革命軍の本拠地バルディゴを突き止めたりと黒ひげ海賊団の中でも活躍が目立つメンバーですね。

 

ヴァン・オーガー

  • 黒ひげ海賊団:狙撃手
  • 通称:音越
  • 能力:不明
  • 所持する銃の名称:千陸

右眼のレンズがスコープになっている独特のメガネと、横長の帽子が特徴的なメンバーです。

水平線の彼方を飛ぶ鳥を撃ち落とせるほどの狙撃の名手であり、赤髪海賊団の狙撃手ヤソップとの対決は避けられないでしょう。

そして麦わらの一味の狙撃手ウソップが、ヴァン・オーガーと対抗できるレベルになるのかどうか?も気になるところです。

 

ドクQ

  • 黒ひげ海賊団:船医
  • 通称:死神
  • 能力:不明

見た目は老人のようで、船医なのに病弱という変わったメンバーです。

いつもリンゴが入ったカゴを持ち歩いていて、ジャヤ編ではルフィにリンゴを勧めていますが、そのリンゴは食べると爆発するものもあったようです。

毒やリンゴのトラップのような戦いが得意で直接戦闘は苦手なのかもしれませんが、大鎌を持っているのでなんらかの武器として使い手なのかもしれません。

まだまだナゾの方が多いメンバーです。

 

シリュウ

  • 元インペルタウン看守長・現在は二番船船長
  • 通称:雨のシリュウ
  • 能力:不明

囚人虐殺が原因で監獄所長マゼランによってレベル6に収監されていましたが、他の囚人たちと共に黒ひげによって解放されました。

インペルダウン監獄所長のマゼランと二枚看板といわれていた実力を持つ剣士ですから、麦わらの一味の剣士であるゾロとの対決は必至ですね。

 

アバロ・ピサロ

  • 元インペルタウンLEVEL6囚人
  • 通称:悪政王
  • 能力:不明

白ひげ海賊団との戦いの中で両腕に大型の銃を装着しているのが見えましたが、いまだにその戦闘能力はナゾのままです。

悪政王というからには、どこかの国で悪政を行っていた王と思われますが、どの国の王だったのか?などその経歴も出自もナゾだらけのメンバーです。

 

サンファン・ウルフ

  • 元インペルタウンLEVEL6囚人
  • 通称:巨大戦艦
  • 能力:不明

世界一巨大な生物といわれています。

海に入っているシーンがあるので非能力者かと思われましたが、「力が抜ける」という発言もあるので能力者の可能性もあります。

巨大戦艦という名前の通り、巨大すぎて通常の船では乗る事ができないほどで、マリンフォード要塞と同レベルの大きさを誇っています。

 

バスコ・ショット

  • 元インペルタウンLEVEL6囚人
  • 通称:大酒のバスコ・ショット
  • 能力:不明、笑い声がトプトプなのでトプトプの実という可能性もあり?

常に酒の入った大ひょうたんを持ち歩き、酒を飲み酔っぱらっています。

バスコ・ショットも直接の戦闘シーンが無く、その強さはベールに包まれたままのメンバーです。

つねに酒を飲んで酔っ払っているのに黒ひげ海賊団のメンバーであることから、実力はかなりのものと予想できますが、もしかしたらジャッキーチェンでおなじみの「酔拳」使いの可能背もありそうです。

 

カタリーナ・デボン

  • 元インペルタウンLEVEL6囚人
  • 通称:若月狩り
  • 能力:不明

黒ひげ海賊団の紅一点ですが、史上最悪の女囚と呼ばれているのが判る外観をしています。

史上最悪とよばれるには相当なことをやったと思われますが、カタリーナ・デボンの過去や、通称の「若月狩り」の意味など、まだまだ不明なことだらけのメンバーです。

 

まとめ

黒ひげ海賊団のメンバーは白ひげ海賊団から逃げている時からのメンバーと、インペルタウン解放後に加わったメンバーに二分されますが、黒ひげ海賊団のメンバー一人一人が戦闘しているシーンがないので、その強さは未知数です。

黒ひげ海賊団で未知数といえば、航海士だったラフィットは現在5番船船長、操舵士のジーザス・バージェスは1番船船長となっているのですが、それぞれの空いた部署には誰が入っているんでしょう?

航海士に操舵士といえば、四皇の船を預かる大事な職務ですから、相当強力な新規メンバーが加わっているとみて良さそうです。

いったいどんな新メンバーが入っているのか?本編登場が楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です