【ワンピース】作中の鍵となるDの意味とは?Dの名がつくキャラ一覧!


スポンサーリンク

ワンピースに登場するDの一族、その隠された意味について考察してみましょう。

そしてこれまで登場したDの一族を一覧にしてまとめました。

Dの一族はその存在を抹殺されるほどに、世界政府にとっては脅威となる存在のようです。

実際にルフィやエース、ローなど強力なDの一族が多く出現していますね。

 

しかし、Dの一族の正体とは何なのでしょうか?

これまでの伏線からDの一族の由来をたどっていこうと思います。

スポンサーリンク

Dの意味とは

原作者の尾田栄一郎先生が「今はディーと読んでください」と言及し、作中でもディーと読まれているDとは、何を意味しているのでしょうか?

これまでの作中でもいくつか伏線が張られているようです。

 

Dとは半月を表していた?

  • 作中で多用される月が印象的に描かれたシーン。
  • エネルが月に向かったシーン。

単行本第63巻のSBSで黒ひげことマーシャル・D・ティーチの幼少期の姿が掲載されています。

ティーチが膝を抱えて泣いている姿と夜空に浮かぶ三日月が印象的でしたね。

その他にも作中では月をバックにしたシーンが多数見受けられるのです。

空島編の最後では、ルフィに敗れたエネルが方舟マキシムで一人月に向かうシーンがありましたが、表紙集中連載によるとエネルはその後月に到達しています。

そこには月の民が地球へ降り立ったことを示す壁画が描かれていました。

また、エネルが滅ぼしたという故郷ビルカと同じ名の都市が月にもあったことも示唆されています

月がワンピースでは重要なものであると考察され、その形から「Dは半月を表している」という説が生まれたのです。

 

月といえばミンク族

  • ミンク族は満月を見ることで「月の獅子(スーロン)」化する。
  • ペドロやネコマムシは、自分たちを「夜明けを待つ者」と言っている

第888話でキャロットが満月を見てスーロン化しましたが、ここでも「月」がキーワードとなっていますね。

またペドロやネコマムシは「自分たちは夜明けを待つ者」と言っています。

第1話のタイトル「ROMANCE DAWN(冒険の夜明け)」から、Dとは「DAWN(夜明け)」からきたのではないかという説もありました。

すなわちミンク族は「夜明け=Dの一族を待つ者」と解釈することもできます。

 

ポーネグリフを作った光月家

  • 光月家に「月」の字が含まれている。
  • 光月家は決して砕けない材質を使って、ポーネグリフを作った。
  • ワの国は鎖国しており、世界政府に加盟していなかった。

ミンク族はワの国の光月家と友好関係にあります。

その光月家は、代々ポーネグリフを作ってきた石職人の一族でした。

ポーネグリフは決して砕けない材質でできていますが、地球上に決して砕けない材質があるとは考えにくいですね。

もしかしたらポーネグリフは、月の鉱物で作られたのかもしれません。

また、ワの国は長らく鎖国状態であり、世界政府にも非加盟ですから、世界政府や天竜人と敵対しているという可能性もありますよね。

もしそうだとしたら光月家とミンク族は、Dの一族にゆかりのある者たちであるといえるのではないでしょうか。

 

これらが意味するモノとは?

  • Dの一族は、「月」と何らかの関係があるのではないか。
  • 光月家とミンク族が、Dの一族にゆかりのある者たちだったのではないか。
  • 光月家が作ったポーネグリフには、世界政府が滅ぼしたという古代王国のことを含めた歴史について書かれている。

以上のことから考えると、

  • 世界貴族たちが滅ぼした古代王国の有力者が、Dの一族だったのではないか。
  • 古代王国もしくはDの一族は、月から来た者たちと何らかの関係がある。
  • 光月家やミンク族は、Dの一族が世界政府や天竜人を倒すことを願う者たちである。

という仮説が導き出されます。

もしこの仮説が正しいとすれば、今後のワの国編で多くの新事実が明らかになるでしょうね。

スポンサーリンク

Dの一族を知る者たち

作中ではこれまでにもDのことを知っていると思われる人物が登場してきました。

まずはDを知る人物たちを一覧にしてみてみましょう。

 

Dr.くれは

ドラム王国編終了後のワンシーンです。

ルフィの手配書を見てDr.くれはは、「生きていたのか、Dの意志は」とつぶやきました。

 

ニコ・ロビン

もともとオハラの考古学者であり、ポーネグリフを研究していました。

麦わらの一味に加入する前のアラバスタ編でも、ルフィに対してDの名について言及していますね。

 

エドワード・ニューゲート

回想シーンにて、酒をくみかわしたロジャーからDの意味を知らされていました。

頂上戦争で死ぬ間際、Dの意志やワンピースが実在することを公に明らかにしています。

 

五老星

頂上戦争後のワンシーンです。

白ひげ亡き後の海賊の勢力争いの話題とともに、「Dの名が世に広まりすぎている」ことを危惧していました。

 

ドンキホーテ・ドフラミンゴ

ルフィに敗北後、海軍の護送船で「歴史でくすぶり続けるDの一族は、どこで姿を現わす?」と言っていました。

 

センゴク

ドフラミンゴ戦終結後にローがDの一族であったことを知った後、「Dはいつも数奇な運命に満ちている」とつぶやいています。

 

コラソン

もっとも多くDの一族について語ったのは、ドフラミンゴの弟でありローの恩人であったコラソンことドンキホーテ・ロシナンテでした。

  • マリージョアでは「行儀の悪い子はディーに食われてしまう」としつけられる。
  • 老人たちは世間で名を上げるDの一族に対し、眉をひそめて「Dはまた必ず嵐を呼ぶ」とつぶやく。
  • 世界の歴史の裏で脈々と受け継がれている名である。
  • 「神の天敵」と呼ばれる。

ここでいう神とは、おそらく天竜人を指すと思われます。

つまり、Dの一族は天竜人や世界政府を倒し、世界をまるごとひっくり返してしまう存在として恐れられているということでしょう。

実際に世界政府は、Dの名が世間に広まるのを恐れて隠蔽し、ポーネグリフの研究を厳しく禁止していましたね。

スポンサーリンク

名前にDがつくキャラ一覧

そして作中では、Dの名を持つ者が次々に登場しています。

 

モンキー・D・ルフィ

麦わらの一味の船長で主人公です。

ルフィ自身は自由であることを重視していますが、いつの間にか大きな戦いに巻き込まれていました。

エニエスロビー編で世界政府の旗を燃やしたシーンは、まさに象徴的と言えますね。

ワンピースを手に入れた後、世界をひっくり返すために動くのでしょうか?

 

モンキー・D・ドラゴン

革命軍の総司令官でルフィの父親です。

明確に世界政府を敵に回しているという点では、もっともわかりやすいDの一族と言えるのではないでしょうか。

いつかルフィと共闘する時がくるかもしれませんね。

 

モンキー・D・ガープ

元海軍中将でルフィの祖父にあたります。

Dの一族であることは公言されているようですが、海軍の要職についていますね。

このあたりの謎も今後語られることはあるのでしょうか?

 

ゴール・D・ロジャー

ロジャー海賊団船長で、かつてただ一人ラフテルに到達した海賊王です。

Dの意志やワンピースなどすべてを知る人物でありながら、それを後の世に託して処刑されました。

 

ポートガス・D・ルージュ

ロジャーの奥さんです。

世界政府から子供の存在を隠すため、20か月も腹の中にとどめていた凄い人でした。

 

ポートガス・D・エース

白ひげ海賊団2番隊隊長であり、ロジャーとルージュの実の子供です。

Dの一族の父親とDの一族の母親から生まれた子供ということになりますね。

 

マーシャル・D・ティーチ

黒ひげ海賊団船長であり、現在は四皇の一人です。

悪逆非道ではありますが、ワンピースの存在を確信するなどロマンを求める一面もありました。

白ひげからは「ロジャーが待っているのはお前ではない」と言われています。

ワンピースの前で立ちはだかるのはやはりティーチではないでしょうか。

 

トラファルガー・D・ワーテル・ロー

ハートの海賊団船長で元王下七武海、ルフィと海賊同盟を結んだ人です。

両親や妹もDの名を持っていましたが、世間に知られないようにしていました。

ちなみにワーテルも「忌み名」としてDの名とともに隠しています。

海賊同盟としてカイドウを倒すために手を組んでいる状態ですが、その後ローはどうするのでしょうね。

 

ハグワール・D・サウロ

元海軍中将の巨人族です。

ロビンの回想シーンに登場し、ロビンを逃がすために奮闘しました。

巨人族でありながらDの名を持っているのが気になりますね。

 

Dは先祖代々引き継がれる名であり、実際にルフィやエース、ローは両親からDの名を受け継いでいます。

しかし、白ひげは「血縁を絶っても関係ない」とも言っていました。

サウロのように巨人族でもDの名を持つ者もいますね。

Dの名が多くの種族に拡散したのでしょうか?

それとも血縁に関係なくDの名を持つに至る由来が存在するのでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

ワンピースのDの一族について考察してみました。

これまでの描写で「月」と何らかの関わりがあることは間違いないようですね。

そして世界政府によって存在自体を抹殺された古代王国に深い関わりがあると思われます。

天竜人や世界政府と敵対するポジションであるDの一族ですが、ティーチのような者もおり、決して一枚岩とは言えません。

まだまだ謎だらけのDの一族、今後の謎の解明に期待しましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です