【七つの大罪】エスカノールの強さまとめ!過去の闘級をまとめてみた!


スポンサーリンク

七つの大罪最後のメンバー、エスカノールは、やはり最強の強さを誇っていました!

エスカノールは十戒メンバーをその圧倒的な力をもって一撃のもとに葬り去るという鮮烈なデビューを果たしました。

しかし、夜になると、ダメダメになってしまうのもエスカノールの特徴です。

 

ここではエスカノールの強さや能力、闘級をまとめてみました。

そして、その強力すぎる魔力「太陽」のルーツも、明らかにしています。

スポンサーリンク

七つの大罪メンバー一覧

 

メリオダス

  • 通称:憤怒の罪のメリオダス
  • 種族:魔神族
  • 闘級:60000(アサルトモード時は142000)
  • 魔力:「全反撃」「獄炎」
  • 神器:魔剣ロストヴェイン

「豚の帽子亭」の店主で主人公です。

正体は魔神王の息子で、魔神王の呪いによって3000年の時を生きています。

受けた魔力を跳ね返す「全反撃」の魔力を持っています。

さらに魔人化した際は闘級が跳ね上がり、「獄炎」の魔力で敵を焼き尽くします。

 

バン

  • 通称:強欲の罪のバン
  • 種族:元人間
  • 闘級:3220
  • 魔力:「強奪」
  • 神器:聖棍クレシューズ

「豚の帽子亭」のコックです。

元盗賊で「生命の水」の力によって不老不死になっています。

敵の武器や身体能力を奪う「強奪」という元盗賊らしい魔力を持っています。

通常の闘級は低いですが、周囲の人間の力を強奪して闘級26000の十戒、ガランを圧倒したこともあります。

神器を取り戻した時、闘級がどこまで上がるか気になるところですね。

 

キング

  • 通称:怠惰の罪のキング
  • 種族:妖精族
  • 闘級:41600
  • 魔力:「災厄」
  • 神器:霊槍シャスティフォル

「豚の帽子亭」の仕入れ係です。

小柄な少年の姿をしていることが多いですが、実は妖精族の王でした。

対象の状態を促進させる「災厄」の魔力と、様々な形態に変化できる神器で戦います。

神器の解放やグロキシニアの試練を経て、闘級が爆発的に上昇しています。

 

ディアンヌ

  • 通称:嫉妬の罪のディアンヌ
  • 種族:巨人族
  • 闘級:48000
  • 魔力:「創造」
  • 神器:戦槌ギデオン

「豚の帽子亭」の看板娘です。

身長が9メートルもある巨人族の少女ですが、現在は自在に小さくなれます。

巨人族ならではの怪力に加え、大地に関わる奇跡を起こす「創造」の魔力を持っています。

ドロールから巨人族の舞である「ドロールの舞」を受け継ぎ、闘級を高めることができるようになりました。

 

ゴウセル

  • 通称:色欲の罪のゴウセル
  • 種族:人形
  • 闘級:35400
  • 魔力:「侵入」
  • 神器:双弓ハーリット

「豚の帽子亭」の看板息子です。

女の子のようにも見えるゴウセルですが、正体はかつての十戒ゴウセルによって作られた人形でした。

神器で相手を射ることで相手の記憶を操作したり、動きを止めたりする「侵入」の魔力を持っています。

心と魔力を取り戻した後は、闘級が爆発的に跳ね上がりました。

 

マーリン

  • 通称:暴食の罪のマーリン
  • 種族:不明
  • 闘級:4710
  • 魔力:「無限」
  • 神器:明星アルダン

ブリタニア一の魔術師と呼ばれる女性です。

見た目はお姉さんに見えますが、魔力で自分の身体の時を止めているため年齢不詳です。

多種多様な魔法を操る上、「無限」の魔力でその効果を半永久的に持続させることもできます。

「ベリアルインの娘」とも呼ばれ、十戒でさえその名におびえるほどでした。

現時点での闘級こそ低いものの、間違いなく桁違いの闘級を隠しているものと思われます。

 

エスカノール

  • 通称:傲慢の罪のエスカノール
  • 種族:人間
  • 闘級:114000以上
  • 魔力:「太陽」
  • 神器:神斧リッタ

第2部「十戒編」から登場した七つの大罪最後のメンバーです。

バンたちが十戒に敗れた後、逃げ込んだ酒場「麗しの暴食亭」の店主がエスカノールでした。

夜間はひ弱ですが、昼になると力が増し、筋骨隆々のマッチョになります。

それに比例して夜間は謙虚で低姿勢、昼間は傲慢で言う事を聞かないという性格のギャップも特徴です。

神斧リッタを振り回し、「太陽」の魔力で敵を焼き尽くす、大罪「最強の団員」と呼ばれています。

スポンサーリンク

エスカノールの正体

エスカノールはカステリオ王国で生まれ、強大な力ゆえに国を追われた過去を持っています。

その一端が「太陽」の魔力なのですが、第253話でエスカノールの持つ「太陽」のルーツが明らかにされました。

リュドシエルがエスカノールの前に現われ、「「太陽」はリュドシエルの弟マエルが最高神によって与えられた恩寵だ」と告げます。

 

第252話でマエルは十戒エスタロッサに殺されたことが明らかになっています。

三千年前にエスタロッサに殺されたマエルの恩寵をなぜエスカノールが持っているのか。

 

エスカノールは「「太陽」は生まれ持った力であり、「太陽」自身が自分を選んだ」と言い放ちます。

どういう経緯かはわかりませんが、女神族の力がエスカノールに宿っているというわけですね。

第232話で魔神化したメリオダスをあっさり倒せたのも納得というところでしょう。

 

エスカノールの強さまとめ

エスカノールの能力

微塵切り

メリオダスや十戒ガランでさえ持ち上げられなかった神斧リッタを、エスカノールは軽々と振り回します。

「微塵切り」は力に任せて神斧リッタを振り下ろすだけの攻撃ですが、当然ながら凄まじい威力です。

 

無慈悲な太陽

「太陽」の魔力で作った熱球を相手にぶつけます。

闘級の上昇にあわせて熱球のサイズが大きくなっていくのが、魔法らしいところですね。

 

炸裂する傲慢

「無慈悲な太陽」で相手にぶつけた熱球を破裂させ、大爆発を起こします。

当然ながらサイズが大きくなれば、その威力は凶悪といえるまでに大きくなるでしょう。

 

天上天下唯我独尊

エスカノールの力が最大となる正午から1分間だけ、あらゆる能力が最強の状態となります。

この状態になったエスカノールは、まさに無双状態といえます。

 

聖剣エスカノール

「天上天下唯我独尊」状態になったエスカノールが放ったただの手刀です。

しかし、その一撃はアサルトモードになったメリオダスでさえも一刀のもとに倒してしまいました。

 

エスカノールの強さと闘級

 

七つの大罪最強の男

夜間の午前0時でのエスカノールの闘級は「15」と、使い物にならないほどの弱さです。

しかし、日の出とともに力が増し、正午になると闘級は最大になって外見まで変わってしまいます。

初登場時の時点で、すでに闘級26000のガランを瞬殺するほどでした。

さらに魔人化し暴走したメリオダスに対し、「天上天下唯我独尊」状態になった時は、闘級「114000」を記録して周囲を驚愕させています。

 

日中は無敵?

日中は無敵ともいえる強さですが、性格が傲慢になり、歯止めがきかないという弱点もあります。

その時はゴウセルの魔力でエスカノールの動きを止めていましたね。

さらに今後の戦いでは、時間を操るなどの魔力で弱体化させられる可能性も考えられます。

 

夜間は役立たず?

反面、夜間は戦闘力こそありませんが、彼の優しい人格がもっとも現れる時間帯といえます。

メリオダスを欠いた大罪メンバーの精神的な支柱になるかもしれません。

大好きなマーリンを「心の太陽」として、一時的ではありますが夜間に「太陽」を使ったこともあります。

夜間でもある程度、能力を発揮できるようになれば心強いですね。

強すぎるがゆえに制御も難しいですが、女神族の恩寵を得たエスカノールの力は今後の魔神族との戦いに重要なものになるのは間違いないでしょう。

 

まとめ

七つの大罪で最強ともいわれる、エスカノールの強さを検証してみました。

日中は最強ですが、性格にかなり難あり。

夜間は心優しいですが、役立たず。

なかなか使いどころが難しく、弱点も多いというのが最大の特徴ではないでしょうか。

 

女神族の恩寵を得たエスカノールは、魔神族との戦いでは間違いなく切り札となる人物といえます。

夜間の戦力低下という弱点を今後いかにして克服していくのかが気になるところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です