【七つの大罪】光の聖痕(スティグマ)のメンバーを紹介


スポンサーリンク

七つの大罪過去編では3000年前の魔神族と、魔神族に対抗するために様々な種族たちが手を取り合い結成された連合軍光の聖痕(スティグマ)の聖戦があったことが描かれていますね。

今回は、その聖戦のために結成された連合軍である光の聖痕(スティグマ)とは何か、またそのメンバーについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

光の聖痕(スティグマ)とは

光の聖痕(スティグマ)とは、魔神族と戦うために女神族・巨人族・妖精族の3種族によって結集された連合軍のことです。

そして、その中には魔神族であるメリオダスも入っています。

さらにその後、ロウを含んだ人間族もメンバーに入ることとなり、実質的には5種族の連合になります。

光の聖痕(スティグマ)は、平和を目的とする連合軍だとしていますが、魔神族に恨みを抱いているメンバーも多く、魔神族を根絶やしにすることが本当の目的のようですね。

スポンサーリンク

光の聖痕(スティグマ)のメンバー

様々な種族が手を取り合った連合軍ですが、一体どんなメンバーで構成されていたのでしょうか。

光の聖痕(スティグマ)のメンバーについてみていきましょう。

 

魔神族

 

メリオダス

七つの大罪の主人公であり、七つの大罪の団長。

実は魔神王の息子なんですね。

3000年前は十戒の統率者でもありましたが、突然仲間を2人殺害し、裏切って姿を消してしまいます。

その後、光の聖痕(スティグマ)に所属して、魔神族と戦っていくことになります。

3000年前の聖戦のきっかけを作った人物でもあります。

 

女神族

 

エリザベス

女神族のトップである最高神の娘であり、四大天使からも敬意を払われている存在です。

現在のエリザベスは、女神族であるエリザベスの生まれ変わり。

最高神の呪い「永劫の輪廻」によって、記憶をなくしたまま何度も人間として輪廻転生を繰り返しています。

エリザベスの呪いについては「【七つの大罪】エリザベスの正体が明らかに!メリオダスとエリザベスにかけられた呪いの内容とは!?」に詳しくまとめています。

聖戦の際には、魔神族の根絶よりも全種族の平和を目的として行動していくこととなります。

 

リュドシエル

四大天使の一人です。

女神族以外の種族の存在価値を否定しており、特に魔神族に対しては強い憎悪を抱いていて、魔神族の根絶を目的としています。

魔神族であるメリオダスのことは目の敵にし、とても仲が悪いようですね。

リュドシエルは魔神族の根絶のためには卑怯な手も平気で使います。

同じ女神族でありながらも、全種族の平和を目的とするエリザベスとは意見が合わないようですね。

 

タルミエル

四大天使の一人であり、3つの頭を持つ異形の姿をしているのが特徴です。

十戒との交戦の際、激しい攻撃を受けてもすさまじい再生能力で無傷の状態を保っていました。

戦闘能力も高く、十戒を相手に圧勝します。

過去の聖戦ではリュドシエルの命よりもエリザベスを尊重していましたし、彼女の意見には従う姿勢があるようです。

 

サリエル

四大天使の一人。

サリエルは十戒との交戦の際、攻撃を受けても無傷。

しかも、攻撃を仕掛けてきたモンスピードとフラウドリンのほうを負傷させていました。

強い戦闘能力を持ち備えていることがわかります。

タルミエル同様、エリザベスの意見を受け入れるところがあります。

 

マエル

リュドシエルの弟であり、四大天使の一人です。

リュドシエルよりも強い力を持っていたとされますが、聖戦の時にはすでにエスタロッサによって殺されています。

まだ登場していないのでその実力は定かではありません。

 

ネロバスタ

リュドシエルの従者です。

デンゼルが自分の命と引き換えにして復活させた女神族であり、「神兵長」でもありました。

しかし、デリエルと戦った際に、女神族が魔神族の女、子供を人質にし、殺害したことを明かし、怒ったデリエルにより殺されてしまいます。

 

巨人族

 

ドロール

石のような肌を持ち、4本の腕を持っています。

巨人族から「大地の神」として崇められた存在ですが、本当は巨人の中でも異形であるその姿に恐れを感じた巨人たちに祀り上げられていたに過ぎないというのが真実。

巨人の王として魔神族と戦いますが、ゼルドリスとの交戦の際、魔力を封じられて倒されてしまいます。

その後は、自分と同じ異端のものたちが集まる魔神族に誘われてその傘下に入ることとなります。

 

妖精族

 

グロキシニア

初代妖精王であり、その姿は蝶のような巨大な羽を出現させ、「霊槍バスキアス」を自在に操ります。

聖戦時代、妹のゲラードを人間に殺されたことをきっかけに、人間に対して強い憎しみを抱いており、十戒に加わってしまいます。

 

ゲラード

妖精族の長老的存在であり、地位も高く見識も深く、他の妖精たちからも慕われています。

4200歳という年齢もあり代々妖精王の補佐をしているゲラードですが、実は初代妖精王グロキシニアの妹です。

 

人間族

 

ロウ

メリオダスが人間族を救い出したことをきっかけに光の聖痕(スティグマ)に参入することとなります。

しかし本当は、魔神族に通じる者で、光の聖痕に潜入し、内部崩壊を狙っていました。

光の聖痕(スティグマ)の拠点でかつて光の聖痕に滅ぼされた村と仲間たちの復讐のために反乱を起こします。

しかし、かつての恋人に似ているというゲラードだけは殺すことができず、ゲラードを守るためにグロキシニアによって殺されてしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

光の聖痕(スティグマ)のメンバーをまとめてみました。

魔神族を滅ぼすことを目的にして色々な種族が結集していますが、それぞれの意見の違いがあったり、同じメンバーでありながらも敵対することもあったようですね。

そして人間族のロウの裏切りもあり、問題を抱えた連合軍であったことは間違いなさそうです。

 

3000年後の世界では、また聖戦が起きようとしています。

覚醒してしまったメリオダスを抑えるために、光の聖痕(スティグマ)のメンバーと七つの大罪は協定を結ぶことになりましたが、メリオダスを「殺す」のが目的であるリュドシエルと、「止める」ことが目的であるエリザベス。

どちらも実力は確かなものですが、目的の違いから今後の展開が気になるところです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です