【七つの大罪】275話のネタバレでVSマエルが激化


スポンサーリンク

七つの大罪275話のネタバレで、ゴウセルにより聖戦終結の真相、そして、なぜマエルがエスタロッサに記憶改変されたのかが明らかになりました。

それを聞いたマエルは怒り心頭、無抵抗なゴウセルを叩きのめします。

止めにかかるキングですが、最強四大天使マエルの敵ではありませんが、そこへ思わぬ援軍が登場してきました。

 

最強天使であり、死の天使であるマエルからゴウセルを救うことはできるのでしょうか?

そして、再び闇に蝕まれつつあるマエルはどうなっていくのでしょう?

七つの大罪275話のネタバレまとめと考察を見ていきましょう。

スポンサーリンク

七つの大罪275話のネタバレとあらすじ

 

マエルブチぎれ

274話でゴウセルによって改変されていた“十戒エスタロッサ”の記憶から、“最強四大天使であり死の天使”へと戻ったマエル。

「全ての責任は俺にある・・・だから俺を壊せ」というゴウセルを見つめるマエルは、「そうか・・・お前が」と全てを察した様子です。

 

そんなゴウセルに対しキングは、「自分が何を言っているかわかっているのか!?」と、止めにかかります。

「・・・これでいいんだ」とゴウセルが答えるや否や、マエルはゴウセルに膝蹴りを喰らわせます。

ゴウセルの記憶改変により、尊敬する兄を敵とし不浄の魔神を兄と慕わせ、恩寵も正義も奪われてしまったマエルにしてみれば、それは「許されざる罪」とゴウセルに対し怒り心頭、情け容赦なく痛めつけます。

蹴り飛ばされた上からマエルに「ドゴッ」と踏みつけられたゴウセルの顔からは、片目がポロッと外れてしまっています。

 

なぜこんな真似を?

そしてゴウセルに「死をもって償う前に なぜこんな真似を?なぜ私でなくてはならなかったのか?」と問いただします。

そこでゴウセル本体が、マエルをエスタロッサに記憶改変した真相が明らかになりました。

 

聖戦の発端は、メリオダスが魔神族を裏切り女神側についたことによる魔神族と女神族のパワーバランスが崩れたため。

そこでメリオダスに匹敵する力を持つ戦士である「マエル」を魔神族に取り込むことでパワーバランスを正そうとしたこと。

しかし、聖戦は止まらず、長引く戦いで被害が致命的なものになる前に女神族は、「常闇の棺」発動に踏み切らざる得なくなり、聖戦が終結を迎えたとゴウセルは聖戦の発端から終結までの経緯を語ったのです。

 

ということは、聖戦が始まったからメリオダスとエリザベスは出会い結ばれたのではなく、二人が出会い恋に落ちたことが聖戦のきっかけだったという事になります。

このことが広く知れ渡れば、二人は全ての種族から恨みを買うことになりそうですが、大丈夫なんでしょうか。

 

「聖戦の集結?その大義名分の為に私にこれほどの苦痛と屈辱を与えたと・・・?」と、話を聞いたマエルの怒りはさらに大きくなっていきます。

「ならばお前にもせめて私の受けた千分の一の苦痛と屈辱を与えー」とマエルがゴウセルを見ると、なんとマエルが踏みつけているゴウセルの上の中身は空洞ではありませんか。

驚くマエルに「私は魔術師ゴウセルに作られた人形だよ」と答えるゴウセル。

「痛みも苦しみも知らぬ人形にどう復讐しろと?この私をどれほど侮辱するつもりですか・・・!?」とマエルの怒りはさらに爆発、天使とは思えない表情でゴウセルに迫ります。

 

でも、マエルが踏みつけた時に目玉がポロッと落ちているのですから、その時に気が付いても良さそうなんですけどね。

 

七つの掟その四

そこで「ガァン」とマエルを叩き飛ばしたのが、キングの霊槍シャスティフォル第二形態の守護獣ガーディアンです。

「ダメだキング・・・お前を巻き込みたくない」と言うゴウセルに、「七つの掟その四 仲間の危機は団員一丸全力で助ける・・・だろ」と答えるキング。

 

「罪人の仲間か丁度いい 体に痛みを感じぬなら心に痛みを与えてやるまでです」とキングの背後を取ったマエルの攻撃が「ゴッ」とキングに炸裂!

と思いきやガーディアンがしっかりとキングを保護。

その隙にキングは“飛び回る蜂”を発動、マエルに攻撃をしかけるのですが、やはり最強四大天使マエルは強い!

キングの攻撃をものともせず、逆にマエルの放った“救済の矢”がキングの右腕を貫きます。

 

「ぐあああああ~っ!!!」と痛みにもがき苦しむキング。

「救済の矢は魔神族には苦しみを一切与えず死へ導く救いの力 しかし それ以外の者が受ければ耐え難い苦痛をもたらします」と告げるマエルに、「俺を壊せ キングには何の罪もない!」と言うゴウセル。

「うん・・・その反応ですよ・・・」「そうでなくては復讐のしがいがありません・・・」と言うマエルの言葉は女神族とは思えませんね。

キングも苦痛の中“シャスティフォル第一形態「霊槍」裁きの槍”を放ち反撃しますが、「お前が抵抗すればするほどゴウセルは長く苦しめる その調子です妖精」とマエルにはまったく効いていないようです。

 

サリエルが七つの大罪に加勢!?

マエルVSキングを見ていたサリエルが、「タルミエル 僕らも行こう」と声をかけます。

当然、マエルの加勢かと思いきや、サリエルの口から出た「そうじゃない<七つの大罪>の加勢だ!!」という言葉に驚いたのはタルミエルだけではないでしょうね。

もちろんタルミエルも「しょ~正気~?」とビックリ仰天です。

 

サリエルが言うには、最強の四大天使として記憶を戻し目覚めたマエルは、自分を暴走させていた戒禁の力を使いこなしているが、それは女神族と相反する闇の力であると。

そして、サリエルは、「感じないか?その力を使う度にマエルの心が闇に蝕まれていくのが」とタルミエルに問うのです。

その間にもマエルの女神族の証である翼はどんどん黒ずんでいってしまっています。

「何よりマエルは私たちの大事な同胞なのに・・・」と納得がいかないタルミエルに、「ああそうさ 救うんだ・・・同胞として」と答えるサリエル。

 

一方、マエルに対峙するキングとゴウセルは苦戦中です。

「このままでは二人ともやられてしまう」と感じたゴウセルは、「俺一人が死ねばそれで済むはずだ!!だからキング・・頼む」「俺はもう二度と・・・大切なものを失いたくないんだ!!」とキングに頼むのです。

しかし、ゴウセルの言葉を聞いたキングは、「大切な誰かを失う悲しみを知ってるなら 簡単に死ぬなんて言うなよ・・・!!・・・いいねゴウセル」とあまりにもカッコよすぎる一言を放つ。

これにはゴウセルも涙がポロリの様子。

 

守護獣ガーディアンの働きもあって、なかなかへばらないキングとゴウセルに「なかなか楽しめる 次は二人で来なさい・・・!!」とマエルが声をかけたその時、「いいや四人だ!!」とやってきたのはサリエルとタルミエル。

さすがにちょっと意外そうな表情をしているマエルですが、その瞳は相変わらず右眼は女神族、左目は魔神族のままです。

さらに記憶を取り戻した時は純白だったマエルの4つの翼でしたが、なんと左の翼2枚が真っ黒に変化しているではありませんか。

サリエルが言う通り、戒禁の力を使う度に魔神族の闇へと引き込まれているのでしょうか。

スポンサーリンク

七つの大罪275話のネタバレを考察

四大天使登場の頃から、女神族のほうが冷酷とか魔神族より残酷じゃないかという話はありましたが、死の天使と呼ばれたマエルは、リュドシエル以上の感じがしますね。

そんな275話のネタバレから、気になる点を四点ほど考察してみましょう。

 

聖戦の犠牲者マエル

274話と今回で、マエルがエスタロッサと記憶改変された理由が判明しましたが、なぜそんなややこしいことをしたのか疑問に思いませんか?

メリオダスとエリザベスをどうにかするほうが話が早そうですよね。

もっと言っちゃうと、メリオダスの記憶改変しちゃえばいいじゃん?と思います。

 

なんせ魔神王の記憶ですら改変できるのですから、メリオダスの記憶改変くらいサクッとできそうなものです。

でも、それでは「七つの大罪」のお話が成立しなくなってしまいますね。

「七つの大罪」が読めないなんて寂しすぎるので、やはりここはマエルに犠牲になってもらうしかなさそうです。

 

マエルがエスタロッサになったおかげで女神族は常闇の棺を発動したわけですが、274話でのゴウセル本体の言い方にしても275話でのゴウセルの言い方にしても、女神族は本来は常闇の棺は使いたくなかった感がありますよね。

単純に考えると女神族にとって邪魔な魔神族を封印できるのだから、始めから使っちゃえば良さそうなものですが、なぜ女神族は躊躇していたのか?

この辺が魔神王と最高神の思惑、あるいは関係に秘密がありそうな気がします。

 

パワーバランスがあることで、他の種族の反抗を抑えられるということかもしれません。

実際、吸血族は魔神王に対して反乱を起こしていますから、魔神族と女神族の二大巨頭による支配を盤石なものにしておくにはお互い様ということでしょうか。

 

まさかの共闘だが勝てるのか?

「七つの大罪の加勢だ!!」とサリエルが言った時、驚いたのはタルミエルだけではないでしょう。

おそらく読者の多くも「え!?」となったのではないでしょうか?

確かに、サリエルの言葉通り、マエルの翼は黒く変化しています。

サリエルとタルミエルは、四大天使の中でもエリザベスの考え方に協調していましたから、このような女神族一辺倒だけではない視野がもてるのかもしれません。

 

しかし、キング、ゴウセル、サリエル、タルミエルの四人が共闘してマエルを倒せるのでしょうか?

「メリオダスに匹敵する力を持つ戦士」としてマエルが選ばれているということは、この四人が束になってもマエルは倒せないのではないでしょうか?

しかも、エスタロッサ時代にガランとモンスピートの戒禁も回収しているのですから、その闘級は当初のエスタロッサよりはるかに高くなっているわけですからね。

 

鍵はエリザベス

恐らく、四人が共闘しても倒せないマエルを倒す、あるいは救うための鍵はやっぱりエリザベスになりそうです。

サリエルがタルミエルに「七つの大罪に加勢」を告げている時、デリエリが倒れているエリザベスに近づいているんですよね。

瓦礫の中からはい出てきたホークも「エリザベスちゃん」とその光景に気がついています。

 

デリエリにとってマエルはモンスピートの仇ですから、マエルをなんとかしたいと思うのではないでしょうか。

エリザベスを介抱、気がつかせてマエル対策で共闘するのでしょうか?

 

デリエリの性格からすると、それよりもエリザベスを盾に使って、マエルを攻撃するという可能性が高そうな気がします。

マエルはエリザベスへの恋心を持っていましたが、メリオダスに奪われた恨みがあります。

 

エリザベスに対しても恋心と共に、自分ではなく、メリオダスを選んだ恨みをもっている可能性があります。

マエルにとって複雑な想いの対象であるエリザベスが、自分の前に立ちはだかった時にどんな行動に出るのか?

やはりエリザベスがマエルへの鍵になりそうですね。

 

悲しき一撃に倒れるのは誰だ?

次回276話のタイトル「悲しき一撃」が気になって仕方がありません。

展開的には「マエルに対する一撃」が「悲しき一撃」と考えるのが順当ですが、誰がその一撃を加えるのか?

 

現在共闘している四人の一撃では、「悲しき一撃」にはなりませんよね。

考えられるのは「エリザベスがマエルに放つ一撃」ではないでしょうか。

自分の愛が受け入れられなかった愛するエリザベスの一撃に倒れる、まさに悲しき一撃といえます。

 

しかし、エリザベスは魔神族との争いを止めるためなら自分の命を投げ出すほどの人物ですから、マエルを倒すための一撃を放つとはとても思えないのです。

そこで、もう一つの悲しき一撃が浮かんできてしまいます。

それは、マエルによるエリザベスへの一撃。

この一撃は、マエルはもちろん、全員にとって悲しき一撃となるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

もし悲しき一撃がマエルがエリザベスに放つ一撃であったとしても、エリザベスに掛けられた永遠の輪廻の呪いは、記憶が戻ってから3日後にメリオダスの前で命を落とすという呪いですから、今の状態ではエリザベスが死んでしまうというシチュエーションはなさそうです。

ちょっと安心ですね。

 

もう一つ忘れてはならないのが、エスタロッサの戒禁「慈愛」です。

この戒禁は、憎悪をもつ相手に発動され、相手を傷つけることができなくなってしまいます。

現在のところ憎きゴウセルに対する攻撃を続けているマエルですが、もし慈愛の戒禁が発動すればゴウセルに対する攻撃は不可能になってしまいます。

このまま翼が全てまっ黒になり魔神族の闇に蝕まれたとしたら、戒禁が発動してくるのかもしれません。

考えれば考えるほど、次回276話の「悲しき一撃」が気になってしまいますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です