【七つの大罪】277話のネタバレでデリエリとモンスピートの恋が泣ける


スポンサーリンク

277話タイトル「愛から自由になる術はない」は、マエルとエリザベスのことかと思いきや、今や魔神族というより女神か天使かと見違えるほどのデリエリと今は亡きモンスピートのことだったようです。

そんなデリエリに続いて、なんとタルミエルまでマエルの攻撃で死亡か?

4つの戒禁を取り込むマエルの暴走に、ついにゴウセルが本気モードでマエルとの対決に臨みます。

それでは七つの大罪277話のネタバレと考察をまとめていきましょう。

スポンサーリンク

七つの大罪277話のネタバレのあらすじと見所

 

マエルが戒禁4つ目をゲット

あと一歩のところでタルミエルがマエルの拘束を解いたおかげで作戦は失敗、デリエリは救済の矢で心臓を貫かれてしまいますが、ゴウセルはマエルから戒禁を回収するための呪文を唱え続けます。

しかし、マエルはデリエリが持っていた“純潔の戒禁”をも取り込もうとするのです。

 

「四つ目の戒禁を取り込む気か そうはさせ・・・」とキングはなんとか阻止しようと思うのですが、救済の矢を打ち込まれ、深手を負っている体力は限界に達し、気を失ってしまいます。

「それ以上戒禁を取り込めば もうキミはキミでいられなくなる!!」とサリエルが止めようとしますが、すでに取り込んだ三つの戒禁でその心は闇に染まってしまっているのか、まったく耳を貸しません。

 

そして、ついに4つ目の戒禁デリエリの“純潔”を「スー」っと胸に取り込んでしまいます。

その瞬間「カッ」っとマエルから光が放たれ、サリエル、タルミエル、そして、デリエリを抱きかかえるエリザベスもマエルを取り囲んでいた全員が弾き飛ばされてしまいました。

 

デリエリ死す

「?・・・たしかマエルを止めんのに失敗して・・・」とデリエリが気がつきます。

「そっか私は・・・死んだんだ」と言いながらも、見覚えのある風景にとまどうデリエリの目の前に現れたのは、なんとモンスピート!

「メリオダスが女神族の虜囚を処刑しようとしたアラナクとゼノを殺し 虜囚たちと共に魔界を脱出したとの噂は本当らしいよ」「だが彼はあくまで<十戒>の統率者だ・・・どうしたものか」と話すモンスピートに対して、「統率者だろうが裏切りは許さねえ」「奴を追って捕まえんぞ!!」と厳しい表情のデリエリがいます。

 

二人を見るデリエリの頬からは戒禁の印が消えていますが、モンスピートと話すデリエリの頬にはしっかりと戒禁の証がありますね。

デリエリは三千年前の魔界に立ち戻って、当時の自分とモンスピートを見ていることに気がつきます。

そして、モンスピートの口から「なあデリエリ・・・私たちもメリオダスの真似事をしてみようか?」というセリフが飛び出します。

 

しかし、当時のデリエリは「意味のわかんねえことほざいてんな!!」と全く意に介していません。

モンスピートも「冗談冗談」と返すのですが、その後、「・・・ではないよ」とつぶやいているのです

そう、つまり「メリオダスがエリザベスとともに愛に走ったことを自分たちも真似してみようか」とモンスピートはほのめかしていたのですが、デリエリにはまったく通じなかったというわけです。

 

メリオダスの裏切りに熱くなっているデリエリは、「行くのか行かねーのか!?もう一人で行くぞ!!」と飛び出しますが、モンスピートも「行くよもちろん」「お前一人放ってはおけないさ」と後を追います。

三千年前の自分とモンスピートを見ていたデリエリは、「なんだ・・・お前はとっくに伝えてくれていたんだな」と気がつくのです。

 

飛び去って行く二人を見つめる今のデリエリ、むちゃくちゃ可憐な少女で、まさに女神・天使ということばがピッタリです。

そして「ありがとなモンスピート」と飛び去るモンスピートに告げるのですが、この時のモンスピートの表情もまさに愛するものを“いつくしむ”まなざしで当時のやんちゃなデリエリを見つめているんですよね。

この一連のシーンはヤバイですね。

 

そしてデリエリは最後「・・・ありがとな エリザベス」とつぶやいているのですが、なるほどそういうことだったんですね。

エリザベスは女神族の持つ「時還りの術」でデリエリにモンスピートの想いを伝えてくれたというわけです。

そして、デリエリはエリザベスに看取られながら永遠の眠りへとついたのですね。

 

エリザベスはそんなデリエリに涙を浮かべながら、「あなたの思いは決して無駄にはしない」「聖戦も マエルも 止めてみせるから」「そしてメリオダス きっとあなたを救う」と決意を新たにするのです。

276話から続くデリエリのストーリー、ヤバすぎます。

エリザベスでなくても目に涙があふれてきてしまいますよね。

 

任務は失敗

「エリザベスちゃん・・・なんだよ あの歪な光の玉は!?」とホークが上空に浮かぶ巨大な光の玉に気がつきます。

エリザベスによると、拒絶反応を起こしながらも四つの戒禁と融合しようとしているマエルのようです。

 

一方タルミエルは、マエルに弾き飛ばされ、瓦礫に埋もれたサリエルを助け出しています。

「任務は失敗だ」「とんだヘマをしたなタルミエル」、完全に力を使い果たしたサリエルは、タルミエルに抱きかかえながらそう告げます。

涙を流しながら謝るタルミエルですが、タルミエルの弱い優しさをマエルにうまく使われてしまったということですね。

 

サリエルは、「今のマエルには もう光も闇も通用しない 立ち向かえるとすれば妖精か巨人・・・人間」と言うのですが、キングはすでにフルボッコ状態ですし、復活してもマエルに勝てる力量はないと。

サリエルはさらに、「ゴウセルの精神攻撃なら万が一の可能性があるかもしれない」「しかし期待はできない あのゴウセルはどうも かつての冷血無情の<十戒>とは別人のようだ」と言うのです。

どうやらサリエルの知る三千年前の<十戒>ゴウセルはとんでもなく強かったみたいですね。

 

タルミエル死す?

タルミエルに抱きかかえられながらサリエルはさらに、「マエルを救う事もエリザベス様をお護りすることもできず 四大天使が聞いて呆れる お許しください最高神様」と無念さを口にします。

自分のせいでこの結果を招いてしまったタルミエルは、自責の念があふれているようですね。

そして、上空の光の玉に向かって、「マエル~思い出して!!優しかったあのころのあなたを・・・!!」と叫ぶのでした。

 

ところが、そのタルミエルに「ビュン」と光の玉から黒い光が放たれ、タルミエルを貫いてしまったではありませんか。

エリザベスも驚いた様子で、「タルミエル・・・サリエル!!」と声をかけますが、タルミエルの顔の半分は砕けているように見えます。

タルミエルとサリエルは無事なんでしょうか?

魔神族・七つの大罪と共闘までした二人の四大天使には、なんとか生き残ってもらってエリザベスと共に聖戦終結に一役買って欲しいところなのですが。

 

ゴウセル本気モードに

タルミエルへの攻撃を皮切りに、光の玉から「ビビビュン」と地上に向かって一斉攻撃が開始です。

「二人とも俺の後ろに」と、逃げ惑うホークとエリザベスにキングを抱きかかえたゴウセルが声をかけます。

 

「残飯長!!キングを頼んでもいいかな」とゴウセル、そして、「合点!!」とホーク。

「本当にごめん・・・全部俺のせいなんだ」と言うゴウセルに残飯長の最高の一言が飛び出します。

「よくわからんけど まあ気にすんな!俺達にとっちゃ日常残飯事だろ!!」。

 

ホークに言われたゴウセルは、ホークに笑みを返し、ホークはさも当然と言わんばかりに「フッ」と鼻息。

ホークって、本当七つの大罪にとって欠かせない最強メンバーじゃないでしょうか。

こうなると煉獄のワイルドとホークの再会が早く見てみたいものです。

 

「癒しの超魔力」でキングの手当てをしているエリザベスの頭上に、光の玉から「ビュンッ」と攻撃が迫りますが、ゴウセルが身を挺して防ぎます。

ほとんど右手を失ったゴウセルを見たエリザベスは、「ゴウセル様・・・!」と心配げですが、女神族としての記憶が戻ってからのエリザベスって、キングのことも「キング様」と呼んでいるし、やっぱり女神族の王女様って感じですね。

 

そのゴウセル、「自分さえ犠牲になれば解決すると考えていた」ようですが、今のゴウセルが人形と知ってマエルはさらに怒ってしまいましたよね。

そこに取り込んだ十戒の影響で心の闇が増幅されているようですから、もう本人すら止められない感情の爆発があるのではないでしょうか。

そしてついに、「許してほしいマエル・・・!仲間を護るためにキミと戦うことを!!」と、サリエルが「かつての冷血無情の十戒」と言っていたゴウセルが復活しそうです。

スポンサーリンク

七つの大罪277話のネタバレを考察

 

愛から自由になる術はない

モンスピートが殺されてからどんどん変わっていったデリエリですが、ラストはヤバイくらいに可憐な少女といった感じで散っていきましたね。

277話のタイトル「愛から自由になる術はない」は、てっきりマエルとエリザベスかと思っていたのですが三千年前から繋がるデリエリとモンスピートのことだったんですね。

エリザベスの「時還り」で最後の最後にその事に気がつけたデリエリの安らかな表情は良かったと思う反面、だからこそ悲しすぎるだろとも思ってしまいます。

天使族と共闘した魔神族としても生き残っていて欲しかった。

 

立ち向かえるとすれば誰?

四つ目の戒禁を取り込み巨大な光の玉となったマエルのことを「今のマエルにはもう闇も光も通用しない」とサリエルが話していましたね。

ということは、魔神族の闇としてのメリオダスも光としての女神族・エリザベスも通用しないということになります。

この二人が通用しないマエルをどうやって止めるのでしょうか?

 

「立ち向かえるとすれば妖精か巨人・・・人間」と言うサリエルの言葉に誰もが思い浮かべるのは、やっぱりバンですよね。

煉獄でやたら強くなった上に不死身のバンなら何とかなるのかもしれませんが、単独では難しいでしょう。

それにいまだ魔神王の前では、メリオダスもバンも全く歯が立たず現世へ戻るのはかなり難しそうです。

 

となると、もう一人思い浮かぶ人間がいますよね。

そう、太陽の恩寵を持っているエスカノールです。

エスカノールの持つ太陽の恩寵はもともとはマエルが持っていた恩寵ですが、どのような経緯でエスカノールに渡ったのかはまだ不明のままです。

マエルをエスタロッサとした記憶改変に関連しているのは確実ですから、カギとなるのはやはりゴウセル。

太陽の恩寵をマエルに返したエスカノールが、ただの”おっさん”になる日がくるのでしょうか?

 

マエルVSゴウセル十戒モード

サリエルをして、今のマエルに対抗できる万が一の可能性は「ゴウセルの精神攻撃」であり、かつての「冷血無情の十戒」といわしめるほど、かつての十戒ゴウセルは強かったのですね。

「あのゴウセルはかつての冷血無情の十戒とは別人のようだ」とサリエルは言っていましたが、どうやら仲間を護るためにゴウセルの本気モードが復活しそうです。

 

もとより武闘派ではないのでゴウセルが戦うとしたら「精神攻撃」になるのでしょうが、ゴウセルって人間の感情を知るために七つの大罪の仲間に対しても過去にかなりえげつないことやってますからね。

それが仲間を護るためにマエルの犠牲をいとわないとしたら、その精神攻撃は相当えげつないものとなりそうです。

しかしながら、4つもの戒禁を取り込んで精神も闇に支配されている今のマエルに精神攻撃は効くのでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

277話のネタバレの主役はやはりデリエリではないでしょうか。

276話から続いて、まさにデリエリの章となっています。

最後にモンスピートの想いを知って、むちゃくちゃ可憐な乙女になったデリエリの死を無駄にしないためにも残されたメンバーには頑張ってもらいたいですね。

さらにゴウセルの本気モードが登場してきそうですが、これも今まで見せたことのないシーンが出てきそうです。

次回七つの大罪278話のネタバレが楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です