【七つの大罪】278話のネタバレでマエルが覚醒して闘級20万超えに


スポンサーリンク

七つの大罪278話ネタバレでは、仲間を救いマエルを倒すためについにゴウセルが本気モード突入です。

しかし、戒禁4つの闇を取り込んで覚醒し、不気味な姿となったマエルの強さはハンパない。

ディアンヌ合流でついに3種族連合となった七つの大罪はマエルを倒せるのでしょうか?

それでは七つの大罪278話のネタバレと考察を見ていきましょう。

スポンサーリンク

七つの大罪278話のネタバレの見所

 

光と闇の災い

4つ目の戒禁を取り込みながら、巨大な光球となったマエルから放射される「光と闇の災い」は地上にも降り注ぎ建物を破壊、人々を恐怖に陥れています。

ドレファス、グリアモールたち聖騎士も天から降り注ぐ光と闇の災いにはどうすることもできず屋内退避せざるえません。

 

一方、豚の帽子亭やディオンヌたちと郊外からその様子を見ていたハウザーとギーラは、エリザベスがさらわれていった方角の空から光と闇の災いが降り注いていることに「一体天空じゃ何が起こっているんだよ?」と不安気味です。

ハウザーは、ディオンヌがキングを心配しているだろうと「キングのことは心配だろうがあいつなら・・・」と声をかけますが、振り向いたところには「はい?」と怪訝そうなギーラ、ディオンヌの姿は消えていたのでした。

 

約束したじゃない

天空では傷ついたキングたちを守り、マエルの攻撃をかろうじて防いでいるゴウセルですが、明らかに強力な光の矢がゴウセルめがけて放たれます。

エリザベスやキングをまもるべくゴウセルが「バッ」と立ちはだかりますが、ゴウセルの直前で「トプンッ」と消えてしまったのです。

「え?」と驚くエリザベスですが、「この獣臭!!」とホーク、「まさか・・・」とキング、二人はどうやら何が起こったのか気がついた様子です。

 

なんと光の矢が消えた空間からオスローが現れたではありませんか。

さらにオスローの口から、「なんだか思ったより すごいことになってる・・・みたいだね!!!」とディアンヌも登場です。

ここでオスローの異空間転送能力が発揮されてくるとは思いませんでしたが、オスロー久々の登場です。

 

「どうして・・・来たんだ!!」と言うキングに、「約束したじゃない・・・ボクとキミはずっと一緒だって」「・・・だから来ちゃった」と答えるディアンヌ。

二人の出会い、そして記憶を失くしたディアンヌを思い続けたキング、そんな過去を思い出すとディアンヌのこの言葉に胸が熱くなりますね。

 

「・・・それで今はどんな状況なの?」と尋ねるディアンヌに「こんな状況」とゴウセルが“光矢伝達(ブロードキャスト)”すると、一瞬でエスタロッサとマエルのことから今までのことがディアンヌに伝わってしまうのです。

ちょうどディアンヌが状況を把握したころ、光球マエルからの放射が止まり、巨大な光の球が「シュウウウ」と縮んでいき始めました。

 

マエル覚醒

光球が消え現れたのは、あまりにもおぞましい姿となったマエル。

6枚の羽根の半分はまっ黒、そしてその顔はマスクで覆われていてまさにキョンシー状態です。

頭から顔を覆うマスクには4つの紋様が浮かんでいますが、どうやらこれまでに取り込んだ4つの戒禁を現しているようです。

そのあまりにも異様な姿にキングやゴウセル、ディアンヌも目がテン状態ですが、彼らが愕然としているのは見た目の異様さだけではなさそうです。

 

「うわわ・・・嘘だろ」「闘級・・・に・・・にに20万以上・・・!?」、オスローの言葉にさすがのホークもちょっとビビっていますね。

エリザベスも身体を震わせながら「みんな・・・逃げて・・・」と告げるのですが、その時マエルの顔を覆うマスクの戒禁マークが「ズ・・・」と消え「スウウ」とマエルの手に「慈愛の光玉」として現れます。

 

その瞬間「カッ」と光と共に「ドッ」と起きた強大な爆発でディアンヌも吹き飛ばされ全身傷だらけです。

ところが傷だらけのディアンヌは、「全然痛くないんだ」「それどころか すっごく気持ちよくて・・・ムニャ」と眠りについてしまうのです。

「オイラも眠たく・・・」とキングもくらっとしてしまい、エリザベスも横たわってしまいました。

それを見ているマエルのマスクに戒禁マークが「フッ」と戻っていったのですが、どうやらマエルは4つの戒禁を自由に操れるようになってしまったようですね。

 

俺には通用しない

見下ろすマエルの前にエリザベスが正気を取り戻し立っていますが、眠ってしまったキングやディアンヌはどうなったのでしょう?

ここでゴウセルの本領発揮、“感覚の目覚め(センスオープナー)”でマエルの“慈愛の光玉”の眠りから、みんなを起していたのですね。

ゴウセルによるとマエルの放った攻撃は、“肉体の致命傷の苦痛を快楽に変換し眠るように殺す”という超恐ろしい技だったようです。

 

「・・・恐ろしい技だけど 俺には通用しない!!」、なるほど、その身体が人形であるゴウセルには“慈愛の光玉”の快楽は通用しないのですね。

「ゴウセルに起こされなかったら危なかった~!!」と言うディアンヌに「おかげで体中が痛みで悲鳴をあげてるけどね」と答えるキングですが、救済の矢をくらっているキングの痛みはそんなもんじゃないと思いますが、さすが妖精王ですね。

 

ちょっと気になるのが起き上がったエリザベスの後ろで寝ているホークとオスロー。

眠ったままのようなんですが大丈夫なんでしょうか。

 

三位一体

「ディアンヌ!!キング様!!」と呼びかけるエリザベスに笑顔で答える二人にゴウセルが「あの技で決めよう!!」と声をかけます。

その技とは“双弓ハーリット特性「範囲拡大」幻影庭園(カレイドスコープ)”。

「行くよ!!」とキング、「うん!!」と言うディアンヌ、そして、ゴウセルがマエルを狙って双弓を構え、ついに三位一体合技発動(トリニティアタック)!!!!

迎え撃つマエルには余裕が感じられますが、キングとディアンヌがくぐり抜けてきた試練の成果がここで発揮されるのでしょうか。

スポンサーリンク

七つの大罪278話のネタバレを考察

 

まさかのサリエル、タルミエル退場確定

277話でマエルの攻撃をモロに受けてしまったタルミエルとサリエル、やはり退場確定してしまったのですね。

なにせ278話の欄外「前回までの冒険譚」で「退場」と書かれていますし、ディアンヌへの光矢伝達の際にも「サリエル、タルミエル、デリエリが殺されるなんて」とディアンヌも驚いていました。

過去の聖戦時も四大天使の中でエリザベスに理解を示し、今回も不本意ながらも七つの大罪と共闘してきたタルミエルとサリエルには残っていてほしかったところです。

しかし、こうなるとマエルは女神族側でもなく魔神族側でもなく、ただ自分の怒りと憎しみの解放のためだけに全てを攻撃する存在となってしまっていますね

 

闘級20万以上のキョンシー

オスローによるとマエルの闘級は20万以上ととんでもない数値となっています。

まるでキョンシンーのように顔に布をかぶっていて表情もなにも読み取れませんが、4つの紋様は取り込んだ戒禁のものですね。

魔神王の力を分けて授けられた戒禁一つが5万闘級といわれていましたから、計算上はピッタリです。

 

マエルと戦っている三人の闘級は、

  • キング(グロキシニアの試練後):41600闘級
  • ディアンヌ(ドロールの試練後):48000闘級
  • ゴウセル魔力解放時:35400闘級

合計しても125000闘級と20万には及びません。

 

勝機があるとすれば、マエルは戒禁の力を4つ同時に使えないかも?というところでしょうか。

今回の慈愛の光玉の使い方からすると、一つ一つを取り出して使うようなイメージですよね。

 

3種族連合でゴウセル本領発揮か

単純に闘級を比較しただけではキング、ディアンヌ、ゴウセル3人を合計してもマエルには全然歯が立たないように思えます。

しかし、277話でサリエリは、「今のマエルには もう光も闇も通用しない 立ち向かえるとすれば妖精か巨人・・・人間」と話していましたよね。

今その中の2種族である妖精と巨人がそろっています。

 

そして、ディアンヌ登場の時、マエルの光と闇の災いがモロに当たっているのにディアンヌの身体はそれをはじき返していて全然効いていませんでした。

さらに、キングもディアンヌの登場で元気を取り戻しているようですし、ゴウセル自らが自信たっぷりに「あの技で決めよう!!」と言っているくらいですから、これは期待できそうです。

スポンサーリンク

まとめ

巻末の言葉「起死回生の一手、始動」、そして、次回279話の予告は“勝利の鐘の音”となっていますから、三位一体合技でマエルを倒せる可能性が出てきましたが、ここまで強いマエルがあっさりと倒されるとも思えないんですよね。

倒したと思ったら実は・・・なんて展開も十分にありそうです。

マエルを完全に倒す際には、ゴウセルに記憶改変されたと気がついた魔神王も一役買ってきそうな気がします。

 

はたして三一体合技がどこまでマエルに通用するのか?

次号が楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です