【七つの大罪】279話のネタバレでオスローが死亡か!?


スポンサーリンク

279話予告の言葉「勝利の鐘の音」、そして、三位一体合技発動でマエルを倒すきっかけが作れるかと思いきやマエルのチート級戒禁が炸裂。

マエルに手も足も出ない七つの大罪メンバーを救ったのは、なんとオスロー。

まさかの展開となった七つの大罪279話ネタバレと考察まとめです。

スポンサーリンク

七つの大罪279話のネタバレの見所

 

”三位一体合技”炸裂

あまりにも強いマエルに対抗するために起死回生の一手「三位一体合技(トリニティアタック)」発動です。

まずはキングの真・霊槍シャスティフォル第六形態“神樹の衣(ユグドラ・クロス)”が「キンッ」と登場!

 

ちょっとビミョーな神樹の衣ですが、なんと脚がロケットで「ドヒュッ」とマエルに向かって突進。

マエルに突撃するキングディアンヌ“ドロールの舞”、そして、ゴウセルの神器双弓ハーリット特性“範囲拡大”幻影庭園(カレイドスコープ)が呼応してキングの“怒涛の乱撃(ハイテンションラッシュ)”がマエルを取り囲み、攻撃し始めました。

 

それを見たホークも「ブッゴオ~!?なんじゃこりゃ!?」と驚きを隠せない様子。

なにせマエルを大量のキングが取り囲み、しかもディアンヌのドロールの舞に合わせてキングの闘級がぐんぐん上がっていくのです。

 

これにはさすがのマエルもたまらず、キングの連続攻撃が「ガガン」とマエルに命中。

「いけるよ!!マエルは本物と幻の動きを追いきれていない!!」とキングの奮闘に喜ぶディアンヌですが、マエルの顔面の戒禁がフッと消えたかと思うとその手に現れた“真実の鐘”が「カアン」と響き渡ります。

 

勝利の鐘の音?

その鐘の音にホークは、「勝利の鐘の音?」かと思ったのですが、キングの「この不吉な鐘の音は?」という悪い予感が的中。

なんと真実の鐘の音によってゴウセルの幻術は破られ、キングの怒涛の乱撃も効かなくなってしまいました。

ゴウセルによれば、「彼は戒禁を物として具現化させているんだよ 生半可な魔力じゃ太刀打ちできない」と、戒禁を物質化するなんてチート過ぎるマエルの強さですね。

 

三位一体合技を打ち破ったマエルの顔から再び戒禁が切り替わるのに気がついたエリザベスが、「次の攻撃が来るわ!!」と言うや否やディアンヌの背後から突如現れた“沈黙の大鎌”がディアンヌの脚に深手を負わせ、キングの背中にも傷を負わせます。

「大丈夫デュアンヌ!?」と心配するキングですが、「油断しちゃった」とデュアンヌは余裕をかましながら、“重金属(ヘビメタ)”で“沈黙の大鎌”に対抗しようとします。

 

ところが、ディアンヌの魔力が発動しません。

さらに、キングの神樹の衣もバカッと剥がれ落ち、霊槍もキングの呼びかけに応じてくれなくなってしまったではありませんか。

 

沈黙の呪印

「どうなっている」といぶかしむキングに「これは沈黙の呪印」とゴウセル。

そう、沈黙の大鎌に傷つけられたキングとデュアンヌは、魔力を封じられてしまったようなのです。

 

そんなキングたちを尻目に、マエルはさらに戒禁を具現化し、手の上に戒禁の高球を発現させ始めるのですが、魔力をもたないディアンヌとキングがマエルの攻撃を食らったらどうなるか?

「まずい!今の状況で喰らえば・・・」と危機を察したゴウセルは、なんとマエルに「がしっ」っと抱きついてしまったのです。

これにはオスローにホーク、もちろんディアンヌとキングも驚きの表情で「何をする気なの!?」と叫びます。

 

ゴウセルの最終手段

マエルに抱きついたゴウセルは、「本当にキミを救いたかったが、仲間を護るためにキミを討つ!!」とマエルに謝罪しながら、マーリンに修復してもらった時に託した最終手段として、自爆装置があることをみんなに話し始めました。

その爆破機能は、エスカノールの「太陽」の魔力に破壊の四大要素を加え、さらにマーリンの「無限」で極限にまで高められており、10マイル以内にあるあらゆる物質を消滅させるというとんでもない自爆装置であることが判明。

 

そして、ゴウセルはオスローに「キミの力でみんなを非難させ・・・」と頼み始めるのですが、ゴウセルの身体は一気に重くなり、地上へと落下してしまいました。

そのゴウセルの目の前に現れたのは、なんとナージャ!

「戒禁が見せている幻だ・・・」と言いながらも「それとも本物の・・・」とゴウセルは涙を流し始めてしまうのです。

もちろん、これもマエルの戒禁“純潔の香”のなせる業なのです。

 

王様は僕が護る

ディアンヌはエリザベスに「足の傷の治療を急いで」と頼みますが、オスローが「バフォッ」っと見上げたマエルの手には「ゴゴゴゴ」と戒禁の光球がすでに具現化し始めていました。

「ダメ・・・」とディオンヌ、沈黙の呪印で神樹の衣がはぎとられ上半身半裸のキングも「間に合わない」と歯ぎしりの表情ですが、「バフバフォ!!!(王様はボクが護る!!!)」とオスロー。

その声に驚くキングの目の前で、巨大化したオスローがその大きな口を目いっぱい開けてマエル飛びかかっていくのです。

どうやらその異次元へ物体移動させる力でマエルの光玉を飲み込もうとしているようです。

 

その瞬間、妖精の森のゲラードは「ピクッ」と何かを感じた様子。

それは「どんな姿になろうと・・・必ずお前の大切なものを俺が代わりに護る」というロウの言葉なのでした。

そして「ロウ・・・?」とその目は何かを感じ取ったように見えます。

 

巨大化したオスローを「ゴアッ」と包み込むマエルの攻撃をオスローは異次元へ飛ばせたのでしょうか?

それともこれでオスロー退場となってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

七つの大罪279話のネタバレを考察

 

三位一体合技あっさりと

三一体合技は果たしてどんなものなのか?

ゴウセルとディアンヌはまあ良いとして、キングの“神樹の衣”って、意表を突かれた方も多いのではないでしょうか?

しかも脚からロケットでマエルに突進ですからね。

 

まあ強ければ問題なしとかなり期待していたのですが、こうもあっさり三位一体合技が破られるとは思いませんでした。

しかも、鐘の音一つですからね。

さらに魔力は封じられ、ゴウセルは幻覚に溺れとまさに全滅の危機が訪れてしまいました。

逆に、それほどまでにマエルは取り込んだ戒禁の力を発揮しているということなのでしょう。

 

マエルの戒禁強すぎ

いくらマエルが戒禁を4つ取り込んだとしても過去の十戒との戦いから、戒禁一つ一つが相手なら十分勝機はある顔面から消えた戒禁が入れ替わって現れるという流れなら十分戦えると踏んでいました。

ところが、マエルは取り込んだ戒禁一つ一つをさらにパワーアップ「物として具現化」させてしまったのです。

しかも単なる物理的攻撃ではなく、ゴウセルをも惑わせる“純潔の香”のような精神攻撃もできるとあってはまさにチート。

仮にメリオダスが来たとしても勝てるかどうか?と思ってしまうほどの強さですね。

三位一体合技も不発、全員戦闘不能状態で勝機はあるのでしょうか?

 

オスロー退場でキング覚醒

巻末の言葉「護れなかった。また護られてしまった。重なる犠牲は、王に異変をもたらす・・。」とは、完全にキング覚醒をほのめかしているようです。

「王様はボクが護る」というオスローの言葉に、キングの脳裏にはこれまでの経緯が一気に駆け巡ったのではないでしょうか。

キングの大きく見開かれた目と驚きの表情は、単に「やめろオスロー」と言っているだけとは思えないんですよね。

妖精の森をエレインを護れなかったキング、妖精王なのにまだ羽根が小さいままのキングが盟友オスローの犠牲で覚醒しそうな280話になりそうです。

スポンサーリンク

まとめ

キング覚醒の予感がするエンディングではありましたが、ちょっと気になるのが「王に異変をもたらす」という言葉、さらに280話のタイトル“崩壊”の意味するところ。

異変=覚醒ではなく絶望、そして三位一体から崩壊なんて流れではないことを祈るばかりです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です