【七つの大罪】282話のネタバレでマエルが完全に復活



戒禁の闇に蝕まれていくマエルの体力・魔力も限界に近づき、ついに最終局面を迎えたマエルVS七つの大罪。

マエルを救うべく、最後の手段で彼の精神に「侵入:インベンジョン」したゴウセルが見せた衝撃の事実にマエルが覚醒、ついに復活です。

鳥肌モノのマエル復活を描く、七つの大罪282話のネタバレと考察まとめをみていきましょう。

七つの大罪282話のネタバレの見所

 

ゴウセルに託す

マエルに取りついているゴウセルを見て、「ゴウセルは何をする気!?」と怪訝そうなディアンヌに「マエルを救う気だ!!」と言うキングことハーレクイン。

「あいつ本気か!!」と見守るホークと「お願い・・・ゴウセル様」と祈るエリザベスですが、落下していく二人の身体はもうすぐ地上へ激突してしまいます。

しかし、ここで下手に二人の落下を止めたりすれば、侵入に成功したゴウセルの術を解きかねないとキングはゴウセルに託すことを決意します。

 

四つの戒禁

マエルの精神に侵入したゴウセルは、「キレイな場所だね」とマエルに話しかけます。

精神の中には闇に侵されていない純粋なマエルが残っていたのですね。

周囲の光景も闇に侵されているとは思えないさわやかな草原が広がっていますが、ここはかつてマエルが独りになりたいときに良く訪れていた丘のようです。

ここでエリザベスが優しく慰めたくれたと言いながらマエルは、「最後はこの風景を心に焼き付けて静かに消えたい」とゴウセルに告げています。

 

魔神族エスタロッサとして多くの女神族を、四つの戒禁を取り込み、四大天使の仲間であるサリエルやタルミエルまでも手にかけてしまった、そして、愛するエリザベスをも殺そうとした自分に生きる資格はないとマエルはすでに生きる希望を失ってしまっているようです。

「この私の帰りを待つものなどどこにもいないのですから・・・」と悲しげにつぶやくマエル。

 

すると「マエルのいうとーりだ 出てけ・・・人形ぉ」「異物は出ていけ」と闇から声が響いてきたではありませんか。

そして、ドロドロとした物体がゴウセルとマエルを取り込もうとします。

なんと、それこそが四つの戒禁だったのです。

「出て行かねばお前を喰う~」という戒禁ですが、ゴウセルは戒禁たちは器を通さなければ力を行使できないことを知っているので、戒禁には目もくれず「戒禁を追い出せるのはお前自身の意志」「俺はお前に生きてほしい」とマエルの精神に語り掛けます。

 

本当の理由

「記憶改変によって残酷な運命を与えたあげく生き恥をさらせと?」と言うマエルに「ちゃんと謝りたいんだ」と言うゴウセル。

それに対して、「ならば答えてください!!!」「私が選ばれた本当の理由を!!!」と叫ぶマエルの言葉にゴウセルがちょっと驚きの表情を見せています。

 

マエルはさらに「あなたは言いましたね メリオダスに匹敵する存在を魔神族側に引き入れる為に このマエルを選んだと!!!」「だがあの男に匹敵する戦士なら他にもいた・・・エリザベス・・・そして我が兄リュドシエルだ!!!」と続けます。

マエルの問いかけにゴウセルはちょっと寂しそうな表情を見せながら、「ここがお前の記憶ならば俺の顔に見覚えがあるはずだ」と不思議な一言で答えます。

 

「何?」と言いながらマエルは魔神族を殺しまくっていた過去を思い出します。

マエルにしてみれば、不浄な魔神族を善き魂に生まれ変わらせてやっているのだという考えだったようですね。

 

そんな中でマエルの前に現れた一人の可憐な魔神族の少女が殺される瞬間に放った言葉、「ゴウセル・・・もう一度だけ会いたかった」を思い出し、衝撃を受けます。

「今のは・・・?ゴウセル あなたと瓜二つの顔の」と頭を抱えるマエルに「それは俺じゃない」「お前が殺した女性の名はグラリーザ 俺の原型となった魔神族」と答えるゴウセル。

そしてトドメの一言「ゴウセルの恋人だよ」と聞いたマエルの手は震え始めてしまいます。

 

そしてその瞬間、マエルは悟るのです。

「なんで自分だけがこんな仕打ちを受けるのか?」と憎しみ、「私の気持ちなどわかるはずがない」と呪い続けてきた自分の愚かさに。

 

出ていけ!!

ゴゴゴと四つの戒禁がゴウセルとマエルをさらに取り囲み始め、マエルの肉体の限界が近いことを知らせています。

「マエル!!戒禁を追い出すんだ!!でなければキミは」と言いかけたゴウセルですが、「シュオッ」と消えてしまいます。

それを見た四つの戒禁は、マエルがゴウセルを追い出したと思った様子で「マエル死ぬまで一緒~」「死んだら体ちょーだい」「体くれたらもっと力やる」「好きに使わせろ」と薄気味悪いことを言い始めるのでした。

しかし、マエルの本心は全く逆、「愚かしいにも限度がある」「・・・この私だった」と自分自身の愚かさを自覚し、「出ていけ!!!」と四つの戒禁に叫びます。

 

外ではキングたちがもう時間がないと焦っていますが、「カッ!!!」とマエルの身体から閃光がほとばしります。

あまりの強烈さに「ブギャーッ目がー!!!」と言うホーク、妖精王となったキングですらその光は直視できない程。

 

「くそ・・・失敗か!!」と悔しがるキングが見ると、ゴウセルがもう地上ギリギリまで落下しているではありませんか。

「ゴウセール!!!」と全速力でキングは追いかけますがもう間に合わない!

ゴウセルは地面に叩きつけられてしまった!と誰もが思ったのでしょう、ディオンヌは顔を覆いホークは涙目になっています。

 

しかし、キングが手を伸ばしたその先で、ゴウセルの手をしっかりと握っているのは、なんとマエルではありませんか。

自分を引き上げているマエルに「やあ」と言うゴウセル、それを見たエリザベスも「良かった」と涙ぐんでいる様子です。

そこには真っ白で大きな翼をもつ、あの最強の天使マエルが復活しているのでした。

七つの大罪282話のネタバレを考察

 

鳥肌モノのマエル復活

281話のラストで、最後の手段とゴウセルがマエルに侵入した時はハラハラでしたね。

侵入したところでゴウセルを恨み憎んでいるマエルが話を聞いてくれるのか?と思っていましたが、マエルの本心はすでに自分がやってしまったことを悔いていたのですね。

だから、最後はエリザベスとの思い出がある丘を思い出しながら最後を迎えたいと。

 

ということは、心の底までは戒禁の闇に侵されていなかったわけですから、さすが四大天使の中でも最強と言われていただけのことはあります。

しかも、「出ていけ!」と自分の意志だけで四つの戒禁を打ち消してしまう精神力はハンパないですね。

 

あわや地面に激突!のゴウセルをしっかりと助けている復活マエルのシーンには鳥肌モノでした。

もしかすると、今回のことでマエルの「素」のパワーはとてつもなくアップしているのかもしれません。

 

恩寵「太陽」の謎

マエル復活となると、太陽の恩寵の事が気になりますね。

気になる点は二つ。

  • 太陽の恩寵はなぜエスカノールにいったのか?
  • マエル復活で対応の恩寵はどうなるのか?

マエルがエスタロッサとして魔神族に取り込まれたからには女神族の恩寵をもつことができなくなったのは理解できますが、なぜそれがエスカノールに渡ったのか?が知りたいところです。

 

そして、深刻な問題が発生します。

元々「太陽の恩寵」はマエルのもの。

復活した今、太陽の恩寵はだれがもつことになるのか?

 

戒禁はどこへ?

恩寵ととも出てくる疑問は、四つの戒禁はどこにいったのかということ。

エリザベスを救う手段として、メリオダスが魔神王化するためには戒禁を集めなければなりません。

今回はマエルの中に四つの戒禁が揃っていたわけですから、戒禁を集める点だけ見れば最高の状況だったわけです。

 

しかし、マエル復活により戒禁は消えてしまっています。

もともと戒禁は魔神王の力をわけたものですから、もしかして魔神王に戻ってしまうのでしょうか。

太陽の恩寵と四つの戒禁、いずれも今後の行方がムチャクチャ気になるところです。

 

メリオダス実体VSマエルとなるのか?

282話ラストの煽りでは「戒禁の障壁は去り、残るはメリオダスを取り戻すのみ!!」となっているのですが、戒禁の障壁が何を指しているのでしょう。

マエルが戒禁の呪縛から解放されたことが「戒禁の障壁が去った」ということなら、メリオダスの魔神化に戒禁が必要なことには変わらなさそうです。

 

煽りの言葉から単純に考えると、聖戦終結に向かって一発目として、やはりマエルVSメリオダスのタイマンが必要となるのではないでしょうか?

どちからが本当に倒れるまでというよりは、前哨戦のような形になりそうな気がします。

煉獄のメリオダス精神が現世に戻って、メリオダス実体と合体できれば聖戦終結には一番ですが、煉獄の最後の様子からは魔神王は絶対にメリオダス精神を現世には戻さないでしょう。

 

仮にメリオダスVSマエルとなったときに勝機はどちらにあるのでしょう?

これはもうメリオダスと言わざるえません。

元々のメリオダスの闘級は14万ありましたが、そこに五つの戒禁を取り込んでいるのです。

戒禁一つで5万闘級といわれていますから、単純計算で闘級39万にも達します。

 

マエルが四つの戒禁を取り込んだ状態で闘級20万超だったのですが、現在は戒禁も恩寵も持っていないのです。

これではマエルに勝ち目はありません

そこで太陽の恩寵がマエルに戻ったら、かなり良い勝負になるのではないでしょうか。

でも、エスカノールに太陽の恩寵がなくなるというのは悲しい物語になってしまいますね。

まとめ

七つの大罪282話のネタバレでは、ついにゴウセルがマエルを復活させました。

そして、ゴウセル本体が記憶改変の対象にマエルを選んだ本当の理由が判明、しかし、そのことがきっかけでマエル復活となったのですから面白いものです。

解禁を取り込んでいた時はマエルはゴウセルを心底憎み呪っていましたが、マエルとゴウセルが今後どんな関係になっていくのか楽しみが増えました。

マエルは七つの大罪メンバーとはならないまでも共闘はしていきそうですから、このままいったん聖戦現場にみんなが駆けつける展開、そしてマエルVSメリオダスとなるのではないでしょうか。

次号七つの大罪283話のネタバレが楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です