【七つの大罪】287話のネタバレでエスカノールとリュドシエルが共闘してゼルドリスと戦う展開に


スポンサーリンク

かつてメリオダスがゼルドリスに耳打ちした謎がついに解明されました。

まさかの内容にゼルドリスの悲しき過去と優しが見え隠れしてきます。

しかし、メリオダスとゼルドリスの真意を知らない七つの大罪は、四大天使長と共同戦線でゼルドリスに対峙します。

はたしてゼルドリスの想いは成し遂げられるのでしょうか?

七つの大罪287話のネタバレ考察まとめです。

スポンサーリンク

七つの大罪287話ネタバレの見どころ

 

約束

「このゼルドリス本来の魔力だ!!」と構えるゼルドリスの脳裏に浮かぶのは、「約束は必ず守る・・・」という言葉。

ゼルドリス本人の言葉なのでしょうか?

「オレが十の戒禁を取り込んで魔神王になったその時にな」と言っているところからすると、メリオダスのようです。

 

構えるゼルドリスに対して、エスカノールとリュドシエルは余裕の表情を浮かべています。

遠ざかったキューザックとチャンドラーは、なぜか岩の中に両手を埋め込み「残念!!」「我らの出番はない!」とこちらも余裕の表情です。

魔神族頂点の二人がこれほどまでに言うゼルドリス本来の魔力、いったいどんな力なのでしょう。

 

しかし、そこで「ゲルダは生きている」という衝撃の事実が判明しました。

以前戦った時にメリオダスがゼルドリスになにやら耳打ちしていたシーンがありましたが、ゼルドリスは魔力解放に際してそのときに語った言葉を思い返しているようです。

メリオダスによれば、12年前に封印から目覚めたゲルダはゼルドリスとの運命を悲観して自ら死を選ぼうとしたのですが、メリオダスがそれを押し止め、再び時が来るまでゲルダを封印したのだと。

その言葉を思い返しながら構えるゼルドリスの表情は、固い決意を感じさせますが冷徹非常な殺意は感じられないように見えますね。

 

「自分を責めないでキミは何も悪くないよ」「私は封印の深い眠りの中で ゼルドリス・・・キミとの日々を夢見続ける」そんなゲルダの言葉を思い出しているゼルドリスに「聖戦に勝利するのは我ら女神族だ!!!」とリュドシエルが言い放ちます。

しかし、ゼルドリスは「聖戦?そんなものに興味はない!!」とついに本来の魔力「凶星雲(オミネス・ネビュラ)」が炸裂します。

 

凶星雲(オミノス・ネビュラ)

その瞬間、リュドシエルはじめ全員は宙に舞い「ギュイン」っと弾き飛ばされてしまったではありませんか。

不意を突かれたマーリンも宙に舞ってしまい、あろうことかエスカノールの目の前で思い切りパンチラ状態になってしまってしまいました。

これはマーリン大好きエスカノールにとっては不幸中の幸いと言えそうですね。

 

しかし、事態はそんな悠長なことを言っていられません。

全員が「ズドォッ」と岩山に叩きつけられ、甲冑はバキバキとひびが入り、リュドシエルですら「何が・・・起きた!?」と血を吐くほどの威力です。

 

弾き飛ばされ叩きつけられたと思いきや、今度は一気にゼルドリスの方に引き寄せられます。

リュドシエルは剣を地面に突き刺しなんとかこらえ、エスカノールは自慢のパワーで足を地面にめり込ませ踏ん張ります。

 

しかし、生身の人間であるヘンドリクセンとギルサンダーは岩に叩きつけられた衝撃で気を失ってしまい、このままではゼルドリスの餌食になってしまいそうです。

「マーリンさん無事ですか!?」と声をかけるエスカノールとヘンドリクセンを気に掛けるリュドシエルの目の前で、「フッ」と姿が消えたかと思うと「安心しろまだ二人は生きている」とマーリンの無事な姿が現れます。

 

再びゼルドリスに吸い寄せられるマーリン、気絶中のヘンドリクセンとギルサンダーですが、「パチッ」とマーリンが指を鳴らした瞬間エスカノールの背後に現れます。

その様子を見ていたチャンドらとキューザックは、マーリンが連続瞬間移動でゼルドリスから距離を保ち続けていると気がつき、「無限の魔力なしにはできん芸当だ」と感心しながらも「ただ逃げ続けるだけ何の解決にすらならない」とゼルドリスの勝利を確信しているようです。

ゼルドリスが「凶星雲(オミネス・ネビュラ)」発動の時、二人は岩盤に両腕をめり込ませていましたが、ゼルドリスに引き寄せられるのをわかっていたからなんですね。

 

マーリンの分析

リュドシエルはマーリンの魔力に護られながらも傷だらで気を失っているヘンドリクセンをチラッと見て、「世話のかかる奴め・・・!!」と言うや否や「そんなに引き寄せたくば こちらから行ってやる!!」と自分からゼルドリスに向かって剣を振りかざします。

暗黒領域に侵入直後に立ち会った時の斬り合いでは、リュドシエルの太刀筋の方が少し上のように見えましたから一気にカタをつけようというのでしょう。

 

リュドシエルは余裕の笑顔ですが、迎え撃つゼルドリスもまた余裕の笑顔で迎え討ちます。

ゼルドリスの手元が「カッ」と光った一瞬後、なんとリュドシエルは再び「グシャッ」と岩肌に叩きつけられ、その剣も根元から「パキッ」と折れてしまっています。

そして、またゼルドリスに引き寄せられていくのですが、なんとちょうどエスカノールの背中が受け止める形になって助かります。

 

「馴れ馴れしい」と言う倣慢のエスカノールに対して、「好きでお前の背中に落ちたわけでは」と傲慢なリュドシエル。

そんな二人を「まったく仲の良いことだ」とあきれ顔のマーリンにリュドシエルが、「奴の魔力の正体はなんだ!?」と訪ねます。

 

マーリンの分析によるとゼルドリスの凶星雲の特性は3つあるとのこと。

  • ゼルドリスを中心に強烈な吸引力を持つ力場が発生している。
  • その対象は生物のみ。
  • 物理攻撃が効かないばかりか正体不明の攻撃が襲ってくる。

さらにもう一つの魔力「魔神王」により、マーリンとリュドシエルの魔力攻撃も無効であったと。

 

つまり、

  • 防御不能の攻撃が襲ってくる。
  • 物理攻撃も魔力攻撃通用しない。

となり、「想像以上に骨の折れる戦いになりそうだぞ」とマーリンが分析します。

 

エスカノールとリュドシエル

その言葉を聞いたリュドシエルが、「手を貸せ!!」とエスカノールに言うと瞬殺で「嫌です」。

これにはさすがのリュドシエルも「はあっ!?」と驚いていますが、まさに倣慢のエスカノールといったところですね。

 

さらにエスカノールは、「私に命令しようなど おこがマックス!!!」と意味不明のおやじギャグをかますとなぜかキューザックとチャンドラーも「・・・おこがマックス」と反応しています。

「お前何様のつもりだ!?」とブチ切れるリュドシエルに「<倣慢の罪>エスカノール様ですが?」と答えるエスカノール。

 

リュドシエルはそんなエスカノールに「身の程知らずが!!私は女神族四大天使長だぞ!! 我が言葉は最高神の言葉と思い強力しろ!!」と言うのですが、「しったことではありませんね」とエスカノールがぶちかまします。

その瞬間、バランスを失ったリュドシエルがエスカノールの背中から離れてしまいゼルドリスに吸い寄せられてしまいました。

 

それを「あーあ」と呑気に見ているエスカノールに「協力してやれ」とマーリンが言った途端、「喜んで」と態度豹変、リュドシエルを「パシ」と助けるのです。

「他人の命令は聞かぬと・・・」と問いただすリュドシエルに「マーリンさんは別格です」と言いながら「良い作戦があるんでしょうね?なければ殴りますよ」と言うエスカノール。

 

「私の指示に従うのが条件だ・・・!!!」と、ここに閃光のリュドシエルと太陽の恩寵エスカノールのタッグが組まれました。

チート過ぎるゼルドリスの「凶星雲+魔神王」に二人はどのように対抗しようというのでしょう。

スポンサーリンク

七つの大罪286話のネタバレを考察

 

ゼルドリスの真意

まさかの伏線回収となった287話のネタバレでした。

以前、メリオダスがゼルドリスの耳元でなにを告げたのかがかなり話題になりましたが、ゲルダ復活の約束だったのですね。

ゼルドリスがメリオダスの戒禁集めに協力し、魔神王継承させようとしていたのは魔神族が聖戦に勝利するためではなく、ただゲルダ復活のため。

それが「聖戦?そんなものに興味はない!!」という一言に集約されているように思います。

 

その言葉にキューザックは「ピク」っとしていますが、「若様は何を言ってるんだ?」と感じているのではないでしょうか?

しかし、ゼルドリスにゲルダ復活の約束をしたのは感情メリオダスのはずです。

感情がないメリオダス本体は今の魔神王同様、自分に刃向かった吸血鬼族ゲルダ復活など認めないのではないでしょうか。

となってくると、ゼルドリスは感情メリオダスが本体と合体するのに協力する可能性がかなり高くなってきそうです。

 

メリオダス決意の理由

聖戦などに興味がないゼルドリスの真意が判明してくると、メリオダスが魔神王位継承を決意した理由も見えてきそうです。

それは、魔神族が女神族に勝利するためなどではなく、自分が魔神王となることで不毛な争いを終わらせることが最大の目的なのではないでしょうか。

魔神族一強を望む現在の魔神王にとっては、そんなことは絶対に阻止しなければならないのは当然です。

感情メリオダスは煉獄から脱出し、メリオダス本体に向かって現世に戻りつつありますが、魔神族そのものであるメリオダス本体は感情メリオダスを拒絶してくるでしょう。

もしかすると、そこでゼルドリスと感情メリオダスの共闘なんてことが起こってくるのかもしれません。

 

最高神はどう出る?

メリオダスの真意が見えてきたところで気になるのが最高神の出方です。

魔神王同様に最高神が女神族一強を目的としていれば、メリオダスは魔神王だけでなく、最高神にとっても邪魔者になってきそうです。

もしかすると魔神王と最高神は、現在の二強対立世界を維持したい可能性もあります。

二大陣営があることで中小種族はどちらかの陣営につかざる得なくなり、結果として均衡が保たれ、全種族の上に魔神族と女神族が君臨できますからね。

最高神の今後の出方がそろそろ気になってくるところです。

スポンサーリンク

まとめ

なんだかんだと言いながら、エスカノールとリュドシエルは良いコンビになっていますよね。

リュドシエルが気絶しているヘンドリクセンを見ながら、「世話のかかる奴め」と言っている表情は、ヘンドリクセンを単に器としか見ていないような傲慢さはあまり感じられません。

かつてのリュドシエルに比べてちょっと変わってきているように感じるのは、マーガレットの体だからでしょうか。

なににせよリュドシエルとエスカノールという傲慢と倣慢が共闘して繰り出すオペレーションゴッド」が楽しみです。

次の288話のネタバレは「【七つの大罪】288話のネタバレで本気のエスカノールVSゼルドリスという展開に」にまとめているので、ぜひそちらもご覧ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です