【七つの大罪】288話のネタバレで本気のエスカノールVSゼルドリスという展開に


スポンサーリンク

ゼルドリスの圧倒的な強さの前に、まさかのエスカノールとリュドシエルの共闘開始です。

しかし、ゼルドリスの本気モードにあわやマーリンまで凶星雲の餌食になってしまいそうな七つの大罪288のネタバレと考察まとめです。

スポンサーリンク

七つの大罪288話ネタバレの見どころ

 

共闘敗れる

ゼルドリスのチート急な魔力、凶星雲に魔神王相手に手も足も出ないエスカノールとリュドシエルでしたが、マーリンの一声で二人は共闘開始です。

「いくら厄介な技でも確実に盲点は在る!!」と言うリュドシエルによると、ゼルドリスの魔力に関して今わかっている事実は以下のようになります。

  • 「魔神王」によって魔力攻撃を完璧に無力化。
  • 「凶星雲」は強力な吸引力で引き寄せ、こちらの攻撃が届く前にナゾの攻撃を仕掛けてくる。
  • 攻撃の正体は不明だが剣技によるものではない。

 

こう分析したリュドシエルに「いいな手はず通りにやれ」と言われたエスカノールは、仏頂面で「仕方ありません・・・」と答えています。

どんなに仏頂面になっても愛するマーリンに言われてしまったら、エスカノールもリュドシエルのいうことを聞くしかありませんが、エスカノールってほんとわかりやすいおじさんですね。

 

まずはリュドシエルが“輝閃(ルビーシャイン)”を放ち、ゼルドリスの眼をくらませます。

同時にエスカノールの“無慈悲な太陽(クルーエル・サン)”でゼルドリスの周囲の岩盤を爆発させ、2人の気配を消して攻撃するというもの。

ゼルドリスの魔力が自分たちの攻撃を見切り反撃する「全反撃」と同じ理屈なら、反撃のタイミングさえ計らせなければ勝てると踏んでいます。

 

しかし、2人が攻撃を放った瞬間、逆に攻撃をくらってしまいエスカノールとリュドシエルは岩盤にめり込むほどに叩きつけられてしまいました。

「なぜ・・・攻撃が見切られた!?」とリュドシエルは合点がいかない様子です。

 

本気で行くぞ

エスカノールとリュドシエルという化け物2人の共闘にもびくともしないゼルドリスが「時間が惜しい 本気でいくぞ」と構え直すとなんと吸引能力が倍増したではありませんか。

その威力は瞬間移動が間に合わないほどにまで高まり、マーリンは一気にゼルドリスの方へ吸引されていきます。

 

「まずはお前を始末し戒禁を奪うとしよう」と、ゼルドリスはマーリンに狙いを定めて一太刀!

マーリン危うしと思いきや「ブシュウウ」と背中から血を流しながらエスカノールが間一髪で助け出します。

「すまない・・・!!」と言うマーリンに「我は・・・己の心に従ったまで」と答えるエスカノールですが、自分の両手にマーリンを強く抱きかかえられたのだから緊急事態の中にも喜びがあふれていそうです。

 

そんなエスカノールに抱きかかえられながらマーリンは「ドクッ」と気を失ってしまします。

それを見たエスカノールは怒り心頭、“爆発する矜持(クレイジー・プロミネンス)”がまさに爆発。

両腕を岩盤にめり込ませ体を支えているキューザックとチャンドラーはもちろん、味方であるリュドシエルすらも「私まで巻き込む気か!!」とムチャクチャな攻撃ですね。

 

凶星雲の正体判明

エスカノールの攻撃でゼルドリスの頭上に岩盤が巨大な崩落、もちろんゼルドリスはダメージ一つ受けません。

しかし、その様子を見ていたマーリンが「これほど単純で凶悪極まりないものだとは・・・」とゼルドリスの凶星雲の正体を解明です。

  • ゼルドリスは自身の闇を高速で回転させ渦を生み出すことで周囲の生物を猛烈に引き寄せる。
  • そしてその間合いに入るあらゆるものを回避不可能の神速の斬撃で斬り散らす。
  • 言うなれば「全反応(フルリアクト)」だと。

 

ゼルドリスの斬撃は「神速」だと聞いたリュドシエルは、「閃光(このわたし)すら凌駕する神の領域だと?」と自尊心をいたく傷つけられた様子。

なにせゼルドリスの太刀筋は見切ったと言いきっていましたからね。

 

「それがなんだ・・・!!」と吸引されるスピードを活かしてゼルドリスに一気に襲いかかります。

リュドシエルは「<四大天使長>として<光の聖痕>指導者として聖戦に勝利する責任と義務がある、そのために愛情も友情もすべて犠牲にしてきたのだ」「下劣な魔神族には理解できまい!!!」と言い放ち斬りかかりますが、ゼルドリスは余裕の笑みを浮かべています。

 

このままではマーガレットがやられる!と思ったのでしょう、なんとギルサンダーが身を盾にしてリュドシエルを庇い、ゼルドリスの斬撃をもろに受けてしまいます。

そう、リュドシエルはマーガレットの身体を器にしていますから、ギルサンダーはなんとしてでも守りたいのでしょう。

しかし、2人とも岩盤に叩きつけられリュドシエルも戦闘不能状態になってしまった様子。

 

時は満ちた

「残るはお前たちだ」とエスカノールとマーリンに目を向けるゼルドリス。

「一分だけ耐えてくれ」と告げるエスカノールに「!!・・・よし・・・私も二度とヘマはすまい」とマーリンは“超連続瞬間移動”で凶星雲の吸引を無効化します。

エスカノールはなんと凶星雲の超強力な吸引力をものともせず、「ズンズン」と普通に歩いてゼルドリスに向かって行くではありませんか。

 

その姿にさすがのキューザックも「化け物か!?」と驚きを隠せません。

ゼルドリスに対峙したエスカノールの口からは「長男(メリオダス)といい次男(エスタロッサ)といい 貴様ら兄弟はよほど我に打ちのめされたいらしいな」と、まさに倣慢のエスカノール真骨頂です。

そう、ちょうど太陽が真上に来る正午の1分間、エスカノールは文字通り“天上天下唯我独尊”状態となるのです。

<倣慢>の本気が解放されて<倣慢>VS<敬神>のスタートです。

スポンサーリンク

七つの大罪288話のネタバレを考察

 

やっぱりマーリン

リュドシエルの“凶星雲”対策はまったく効果がありませんでしたね。

しかし、エスカノールの“爆発する矜持”のおかげでマーリンは“凶星雲”の正体を見破りました。

リュドシエルはゼルドリスとの立ち合いで剣筋を見切ったと思っていましたが、ゼルドリスにればまさに神速だったというわけです。

うぬぼれから策を見誤ったリュドシエルですが、あの状況下では少しでも可能性があれば賭けるしかありませんからリュドシエルも頑張ったというべきでしょう。

マーリンも正体を解明しましたが、打つ手はなさそうですからね。

 

タイムリミットは1分間

ゼルドリスの凶星雲からマーリンを守っていたエスカノールの「一分だけ耐えてくれ」ってそういうことだったんですね。

マーリンも「!!・・・」とすぐに悟っていましたが、このシーンの二人ムチャクチャいい感じじゃないですか。

太陽が天頂にかかる正午の1分間はまさに無敵になるエスカノールですが、「長男といい 次男といい~」って<倣慢>も絶好調ですね。

 

しかし、逆にいえば1分だけなんですよね。

エスカノールは出発時に吐血したりとかちょっとヤバそうなフラグが立っています。

エンディングのシーンからはエスカノールの“天上天下唯我独尊”がゼルドリスを圧倒しているように見えますが、はたしてどんな1分間になるのでしょう?

 

エスカノール退場でマエル登場か?

万が一、ゼルドリスがエスカノールの“天上天下唯我独尊”から1分間逃げおおせてしまったら?

かつてメリオダスとの戦いでは“天上天下唯我独尊”の後は倒れ込むほどの負担でした。

そして、出発時にエスカノールは吐血していましたから体調は絶好調でもなさそうです。

ゼルドリスの神速をもってすればエスカノールにパワーでは敵わずともスピードでは負けていないでしょう。

 

気になるのは時系列です。

キャメロットでゼルドリスたちとエスカノールたちが対峙したのはマエルが覚醒する少し前ということでした。

マエルやキング、ゴウセルはキャメロットに向かっているわけですが、いつごろ到着するのでしょう?

エスカノールの<太陽の恩寵>はもともとマエルのものでした。

 

エスカノールが倒されたところにマエルたちが到着、マエルが太陽の恩寵を取り戻しリュドシエルと共闘、キングも妖精王に覚醒していますから、この3人でかかればメリオダスが来るくらいの時間は稼げそうです。

でも、エスカノールにはずっと七つの大罪メンバーでいてほしいから、この予想は大外れといきましょう。

この1分間は七つの大罪で一番長い1分間になりそうです。

スポンサーリンク

まとめ

ゼルドリスの本当の魔力解放VSエスカノールの<倣慢>も本気解放で、目が離せない1分間の始まりです。

エスカノールにはいつまでも七つの大罪メンバーとしてマーリンの尻に敷かれていてほしいと思うのですが、果たしてゼルドリスはどう出てくるのでしょうか。

マエルはメリオダスはキャメロットにいつ到着するのでしょうか?

七つの大罪で一番長い1分間、待ち遠しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です