【七つの大罪】292話のネタバレでチャンドラーとキューザックが合体し最強の魔神原初の魔神となる

最上位魔神相手にチート級の強さを見せるマーリンがこのまま勝利と思いきや、マエル復活でまさかの展開です。

最上位魔神族二人の正体は、あのマーリンが白旗を上げるほどの魔神と判明、時を同じくしてバンが帰還して来ました。

ゼルドリスも復活で急展開の七つの大罪292話のネタバレの見所と考察まとめです。

七つの大罪292話ネタバレの見所

 

化け物マーリン

最上位魔神キューザックの精神世界で、「メリメリ」「ベキン」「グチャグチャ」と不気味な響きがしています。

その正体は幼い少女に見えるマーリン、なんと最上位魔神キューザックに精神的な苦痛を与え続けているようなのです。

さしものキューザックも苦痛に顔が歪んでいるのですが、マーリンは涼しげな顔で、「流石は最上位魔神 並みの魔神であればこの苦痛に正気を失い死んでいる・・・」などと言っています。

しかし、あのキューザックをここまで追い詰めるなんてマーリンの魔力ヤバすぎですが、マーリンがキューザックを苦しめるのには理由があるようです。

 

「アーサーを失った心を満たすには苦痛と屈辱をお前に与え二度と復活できぬよう精神を完全破壊させるくらいしか方法はない」と、なるほど、そういうことだったのですね。

しかしマーリン、エグすぎます。

キューザックをして、「早急に身体に戻らなければ我らだけでなくゼルドリス様も この化け物に」といわしめるほど。

「この化け物に」の後に続く言葉は容易に想像できますが、さすがベルアルインの娘といったところでしょうか。

 

ズキッ

これはもう必勝と思っているところに、突然「ズキ」と襲った頭痛にマーリンは、顔をしかめうずくまってしまいます。

キューザックも「ズキッ」と同じく頭痛に襲われるのですが、「脱出するチャンスは今しかー」と行動を起こしそうです。

 

痛みに顔を歪ませ頭を押さえるマーリンに、「大丈夫ですかマーリンさん!!?」と声をかけるエスカノール、「今のうちに神器を・・・!!」と言うマーリン。

神器に向かうエスカノールのすぐ脇では、「ぐ・・・ああああ~っ!!!」と、ありえないのけ反り方で苦しむリュドシエルの姿があるのです。

しかし、リュドシエルはマーガレットの身体をつかっているのですから、見た目にはマーガレットがあられもない格好でのけ反っているようにしか見えません。

あまりの光景にさすがのエスカノールも「い・・・一体何が起こっているんだろう・・・?」と不思議そうな表情です。

 

「うそだ」と、頭が割れんばかりの頭痛に苦しむリュドシエルの意識の中に浮かんできたのは、弟の仇と恨み憎しみ殺そうとしていた十戒エスタロッサがマエルだったという事実。

おなじく頭痛の苦しみから横たわるマーリンを「マーリン しっかり!」と抱きかかえるエスカノールに、「体は元に戻ったようだな」とマーリンが言っていますが、神器に蓄積(チャージ)した太陽のおかげで強いエスカノールに戻っています。

しかし、復活したエスカノールとマーリンの視線の先には、「どうやら運は我らに味方したようだな」と、ゼルドリス、キューザック、チャンドラーが復活しているのでした。

 

原因は我が師ゴウセル

「もう復活したか!!」と驚くマーリンに、「上位魔神族の回復力をみくびるな!!」とチャンドラーが叫びますが、まだ頭痛がおさまらないキューザックとチャンドラーは、「ぬが!!」と痛みに頭を抑え込むのです。

「しかし我らに増して重傷の奴がいるようだ・・・」と、苦しみもがくリュドシエルを見ながら、「クク・・・当然か」と言うチャンドラー。

 

「リュドシエル様に何をしたんだ!?」と言うヘンドリクセンにマーリンは、「奴らの仕業ではない 原因はおそらく 我が師ゴウセル」と答えつつ、ゴウセルが記憶改ざんの禁呪をつかったのだと明かします。

その言葉にキューザックは、エスタロッサに感じていた違和感の正体がわかって喉の異物が取れたようだと言いながら、「マエルをエスタロッサに作り変えることで女神族に「常闇の棺」を発動させたとはなぁ」とスッキリした表情に戻ってしまいました。

 

さらにキューザックは、「改変された認識が解け 我々の精神に衝撃を与えた」「マエルと深く関わる者ほど顕著に現れるようだな」と続けるのですが、弟であるはずのゼルドリスはまったく影響を受けていない様子です。

怪訝そうな表情のマーリンにゼルドリスは、「一度としてエスタロッサを兄と慕ったことは無い」と冷たく言い放ち、さらに「実の兄でなかったことがわかって清々しい気分だ」とまで言うのです。

ゼルドリス、ムチャクチャ冷たいですね。

 

二回戦といこうか

状況は一気に有利に変わったうえに復活し、「さて・・・二回戦といこうか」と言うゼルドリスをキューザックが止めにかかります。

というのも、リュドシエルは頭痛に苦しみ戦力にはならないが、エスカノールも復活し、マーリンの実力は底知れないと警戒しています。

 

「なら尚更」と言うゼルドリスに、「<七つの大罪>が攻めてきたときの為に力を温存願います」と言いながら、チャンドラーとキューザックは「やむを得まい!!」「これが使命だ」と互いの杖を重ね合わせるのです。

その瞬間、「グオッ」と光が放たれ、二人を「ズズズ」と包み始めました。

そして、かつて魔神王が生み出した一人の魔神の話をゼルドリスにし始めます。

 

かつて魔界を統治するために生み出された<原初の魔神>は、魔神王の腹心として力を与えられたのですが、己の力に自惚れ魔神王に反逆しました。

返り討ちにされた<原初の魔神>は重い罰として肉体と精神を二つに分断され、魔神王の二人の王子を次代の魔神王候補に育てるべく、それぞれの指南役として使えることとなったというのです。

 

罪人<原初の魔神>

さすがのゼルドリスも焦りの表情で「お前たちは一体何者だ・・・!?」と尋ねるのですが、二人が魔神王になることを願うと言いながら「ズッ」と一つの光に融合してしまいます。

その瞬間、なんとキャメロットを覆っていた暗黒領域が「バアアアアン」と消し飛んでしまったではありませんか。

これにはマーリンも「メリオダスと戒禁が作った暗黒領域をはねとばしただと!?」と驚きの表情ですが、さらにその視線の前に現れた<原初の魔神>の前に「勝機は今 完全に・・・失われた」と冷や汗を流し初めてしまうのでした。

まさに悪夢の顕現といったところです。

 

戻ってきたぜ

<原初の魔神>登場の衝撃波は、キャメロットに向かうエリザベス、キング、ディアンヌ、ホークのところまで届きます。

キャメロットの方角を見ながら不安気な表情のディアンヌに、「マーリンとエスカノールの魔力も感じられる」と覚醒してジャニーズ系妖精となったキング。

「急ぎましょう きっと大変なことが起こっている」と言うエリザベスに、「とりあえずおっ母たちと合流しようぜ」と返すホーク。

 

そのホークの鼻が「シュワワッ」と光り始めたことにエリザベスが気がつきます。

「あばばば」と焦るホークですが、「ブギャーッ!!!」と放たれた光の中から現れた姿にエリザベスは、「・・・っ」となんともいえない喜びの表情、「うそ」と涙を浮かべて手を握り締めるディアンヌに、涙も鼻水も流しながらボロボロ顔で「本当に戻ってきたんだな」と嬉し泣きのホーク。

「キミを選んだ妹の眼に狂いはなかったようだ・・・」「バン!!」と覚醒キングの目の前に立ち上がったのは、ついに煉獄から帰還したバン。

まさに希望の帰還です。

七つの大罪292話のネタバレを考察

 

<原初の魔神>の闘級は?

強力な力をもちつつ聖戦でも表に出て来なかったキューザックとチャンドラーの最上位魔神は、博識マーリンをもってしても謎の多い存在といわしめていました。

その正体が、まさか魔界統治のために魔神王が直々に生み出し、力を与えられた魔神だったとは驚きでした。

さすがのゼルドリスも「キューザック!・・・チャンドラー お前たちは一体何者だ・・・?」と焦っているほどです。

 

その登場シーン「我は罪人 <原初の魔神>」というシーンは、これまで登場して来たどの女神族や魔神、妖精たちより神々しいと思いませんか。

これだけでも相当に強いことが伝わってきますよね。

 

では、その闘級はどのくらいになるのでしょう?

合体する前のキューザックとチャンドラーの闘級は

  • 最上位魔神キューザック闘級16万8000
  • 最上位魔神チャンドラー闘級17万3000

となっていますから、これより圧倒的に強いのは確実です。

合計すると闘級34万1000!!

 

少なくともこのクラスの闘級はありそうですね。

286話でこの二人が登場したときに「数値ではない」と言っていたマーリンですら、原初の魔神を見た瞬間に「勝機は完全に失われた」と冷や汗を流すほどですから、単純に闘級だけでは測れない強さももっていそうです。

 

原初の魔神VSバン

このタイミングで帰還したバンと原初の魔神がぶつかることは確実ですね。

巻末の言葉、「煉獄で得た力を振るい希望を与えるときが来た」ということですから、これはもう原初の魔神VSバン以外のなにものでもないでしょう。

 

しかし、人間族であるバンは果たして原初の魔神と渡り合うことが出来るのでしょうか?

「デキる」と思うのです。

一人だけで勝つのは無理かもしれませんが、キングとの共闘なら互角には渡り合えるのではないかと。

 

というのも270話で、「十戒と互角やりあえると助かる」と言うバンに、メリオダスは吹き出しているんですよね。

これは煉獄生活でとっくにそれ以上の力をつけているのに全く気がついていないバンに吹き出しているんですよね。

 

リュドシエル、キングの闘級は20万ですから、バンもそのくらいにはなっているのではないでしょうか。

なにせあの魔神王とタイマン張ってきた中で、魔神王の魔力を逆手にとって煉獄からの脱出のきっかけを作ったくらいですからね。

煉獄で魔神相手に力を磨いてきたバンの活躍に期待が高まります。

 

最上位魔神の融合はメリオダスに繋がる?

七つの大罪292話で一番気になるのは、キューザックとチャンドラーの合体ではないでしょうか?

実はこのことがメリオダスの復活につながってきそうな気がするのです。

チャンドラーとキューザックは、魔神王が生み出し戒禁とは別に、直々に力を与え、魔神王に刃向かおうと思うほどの力をもっていたわけです。

 

しかし、その自惚れから「肉体と精神を二つに分断され」てしまったというのですが、これって今のメリオダスと同じではないでしょうか。

分断されていたのにマーリンにやられるまではチート級の強さを誇っていました。

そして、その二人が合体した今、マーリンをして「勝機は完全に失われた」と言う強さです。

 

ということは、メリオダス精神が肉体と合体したらこれはもう魔神王もビックリの強さになることは確実ですね。

すでに煉獄からの脱出でメリオダスは、あの魔神王の手を破壊しています。

とは言うものの、その前に精神メリオダスVS肉体メリオダスという熾烈な戦いが待っていそうですが。

まとめ

なんと最上位魔神族の正体は魔神王直下の最強魔神<原初の魔神>だっとは驚きの展開でしたね。

マーリンが白旗を上げるほどの魔神相手に煉獄から帰還したバンがどんな戦いを見せるのかが楽しみです。

そして、バンが戻ったということはメリオダスもそろそろ戻ってくるはず。

次回293話の「いつか」とは、バンとエレインのことなのか、それともバンとメリオダスが煉獄で話していた「現世に戻ったら」のことなのか、次回が待ち遠しい七つの大罪292話のネタバレでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です