【七つの大罪】七つの大罪メンバーの強さや闘級や神器などの詳細情報一覧


スポンサーリンク

ふたたび魔神族との間で大戦が起こりそうな雲行きの七つの大罪です。

そこで今回は、対戦を控えた七つの大罪メンバーの強さを闘級と神器から一覧にまとめてみました。

スポンサーリンク

七つの大罪のストーリー

ブリタニア一・リオネス王国は本来は国と民を守るはずの聖騎士たちが増長し、彼らの横暴さによって人心は荒み、国は荒れに荒れてしまいました。

愛する母国の変貌に心を痛めたリオネス王国の第三王女「エリザベス」は、伝説の騎士団「七つの大罪」を探し出し母国の再生への協力を要請するために1人旅立つのでした。

あてなき旅に疲れ果てたエリザベスに追手が迫る中、たどり着いた酒場で店の主人であるメリオダスに救われました。

実は、彼こそが七つの大罪リーダーだったんです。

スポンサーリンク

七つの大罪とは

メンバー七人全員が大罪人で、何らかの獣の印を体に刻んでいる騎士団です。

七つの大罪メンバーは王国から神器を賜っており、彼らの持つ魔力神器によってさらに強力になっています。

10年前、七つの大罪メンバーは王国転覆を謀り聖騎士団長を暗殺したとされ、王国聖騎士たちのよる総攻撃で行方不明になり、全員死んだといわれていました。

スポンサーリンク

七つの大罪メンバーの強さや闘級・神器一覧

それでは、七つの大罪メンバーの闘級と神器、そして強さを見ていきましょう。

闘級の弱い順から並んでいます。

 

バン

  • 闘級:3220
  • 神器:聖棍クレシューズ
  • 獣:狐
  • 種族:元人間
  • 大罪:強欲の罪

不死身の肉体を持つ元・人間族の青年で、その血を飲ませることで他人を回復させることができます。

元々は盗賊で、今でもその手癖の悪さは変わっていないようです。

盗賊時代に投獄されていたところをメリオダスに見いだされ、「七つの大罪」メンバーになりました。

かつて自分を庇って命を落としたエレインの蘇生に関してメリオダスと衝突、喧嘩別れとなってしまいましたが、現在は七つの大罪に戻っています。

メリオダスとの腕相撲勝負では圧勝しているのですが闘級はメンバー内でもダントツのビリである3000代しかありませんが、死なないという強さを持っています。

ちなみに、豚の帽子亭ではコックをやっています。

バンの神器「聖棍クレシューズ」は投獄の際に没収されてしまいましたが、現在もその所在は不明のままです。

 

キング

  • 闘級:4190:神器解放時11000
  • 神器:霊槍シャスティフォル
  • 獣:熊
  • 種族:妖精族の王
  • 大罪:怠惰の罪

少年と中年のデブおやじの二つの姿を持っていますが、少年の姿が本来の姿で、デブおやじのは正装時に使う仮の姿で、かなり肩が凝るようです。

また、普段は見えないのですが、黒妖犬「オスロー」を常に伴っています。

妖精王にふさわしい強力な魔力を持ち、神器「霊槍シャスティフォル」の扱いにも長けています。

七つの大罪メンバーの中でも、神器の扱いはトップクラスで切り札的存在となるシーンも多いですね。

ただし魔力を使わない状態では非力です。

キングの神器霊槍シャスティフォルは普段はクッションの形になっていてキングはそれに乗って浮いていることが多いですね。

さらに霊槍シャスティフォルは「神器解放」することで闘級は11000にまで跳ね上がり、巨獣アルビオンを一撃で倒せるほど強力な攻撃力をもつ神器となります。

 

ディアンヌ

  • 闘級:3250
  • 神器:戦鎚ギデオン
  • 獣:蛇
  • 種族:巨人族
  • 大罪:嫉妬の罪

巨人族だけあって少女でありながら、身長は915㎝をほこります。

七つの大罪の中でも1,2位を争うほどの怪力を持っているのですが、すぐにすねたり照れ屋さんだったりと、少女っぽい一面も見せてくれます。

戦いを誉とする巨人族の中にあって、戦いを好まない心優しさがありますが、その優しさゆえに本来の強さを押しとどめてしまっているようです。

ディアンヌの神器「戦鎚ギデオン」は2200ポンドという巨大な木鎚で、かつて10年前に七つの大罪が離散した後に王国に回収され、七つの大罪メンバーをおびき寄せるためにバイゼル喧嘩祭の商品となっていました。

 

ゴウセル

  • 闘級:3100(魔力解放時35400)
  • 神器:双弓ハーリット
  • 獣:羊
  • 種族:人形
  • 大罪:色欲の罪:十戒時は無欲のゴウセル

見た目は性別不詳の中性的外観の美青年です。

身体つきは細くきゃしゃに見えるのですが、じつは強靭な身体能力を持っています。

いつも無表情でその語りからは感情が感じられませんが、本人の口からも「どんなに弄ばれてもある程度耐えられる身体に造られている」というような人間ではないと受け取れる言葉を口に出すときがあります。

それもそのはず、ゴーセルの正体は十戒の一角であるゴウセルが、獄中から外の世界との接点を持つために作り上げた人形なんです。

想像主であり本体である十戒の魔神ゴウセルの死のさいに魔法の心臓を授かり、自らの意志を持つ存在として行動していました。

その後、恋仲であったリオネス王女ナージャとの死別により記憶を封じてしまいました。

ゴウセルの神器「双弓ハーリット」はゴウセルの身体に埋め込まれている光の弓矢で、光ではありますが実態を持っているので、相手の神器の攻撃を受け止めることもできるようです。

 

マーリン

  • 闘級:4710
  • 神器: 明星アルダン
  • 獣:豚
  • 種族:不明(魔術師)
  • 大罪:暴食の罪

「ブリタニア一の魔術師」と呼ばれているマーリンはまだまだナゾだらけのキャラクターですね。

10年前にはリオネス王国を救うためにメリオダスの暴走を止めるべく、その力を奪ったことがわかっています。

また、マーリンの出自とおもわれる「ベリアルインの娘」と聞いた十戒メンバーが「お前があの生き残りか」と絶句、驚きを隠せなかった様子が描かれているなど、計り知れない強さを感じさせます。

マーリンの神器「明星アルダン」は何千ものルーン文字が刻まれた球状をしていて、いわゆる武器とは違うようです。

その能力の一つは「精神」を明星アルダン内部に転送するというもの。

真実のガランとの戦いでガランから戒禁を受け石化されてしまうのですが、その寸前にマーリンは自らの精神を明星アルダンに移すことで活動を続けていました。

 

エスカノール

  • 闘級:15~50060以上?
  • 神器: 神斧リッタ
  • 獣:獅子
  • 種族:人間
  • 大罪:倣慢の罪

七つのメンバーで闘級だけで見ればメリオダスよりも強いのがエスカノールですね。

メリオダス自身も「オレより強い」と認めるほどなんですよね。

ちなみに、通常の闘級はなんと「15!」ととんでもなく弱い!

ところが太陽が昇ると共にエスカノールの闘級は上昇し、十戒メンバーでも闘級40000を誇るガランを瞬殺しています。

それほどのパワーを持っているのに種族は人間というから驚きです。

エスカノールの神器「神斧リッタ」は巨大な片手斧ですが、メリオダスですら運ぶのに苦労し、十戒のガランは持ち上げることができませんでした。

その威力はすさまじく、太陽を源とするエスカノールの膨大なパワーを全て神斧リッタ内に吸収、好きなタイミングで放出することができます。

 

メリオダス

  • 闘級:142000(殲滅状態時)
  • 神器: 魔剣ロストヴェイン
  • 獣:龍
  • 種族:魔神族
  • 大罪:憤怒の罪

七つの大罪リーダーで移動酒場「豚の帽子亭」の店主です。

実はメリオダスは魔神王の次男で、最強魔神族エリートの組織である十戒のリーダーでした。

かれこれ3000年前に魔神族と女神族や妖精族の連合である「光の聖痕」との戦いの中、女神族の女王エリザベスを愛してしまい、女神族側に寝返り魔神族を敗北に追いやっているのです。

その時にかけられた魔神王の呪い「永遠の生」により、死んでも蘇させられてしまうのですが、死から蘇るたびに感情を食われ最凶の魔神と呼ばれた時代のメリオダスに戻って行ってしまうのです。

その呪いを解くことこそが、メリオダスの旅の目的なんですね。

メリオダスにかけられた呪いに関しては「【七つの大罪】エリザベスの正体が明らかに!メリオダスとエリザベスにかけられた呪いの内容とは!?」にまとめています。

メリオダスの神器「魔剣ロストヴェイン」はドラゴンの紋様が刻まれている片刃の剣で、ロストヴェインを使うものの半分の闘級を持つ分身像を作り出すことが可能です。

なんと、メリオダスは豚の帽子亭開業資金のためにこの魔剣を質入れしてしまっていました。

のちにマーリンによって買い戻されメリオダスの手に戻っています。

スポンサーリンク

まとめ

七つの大罪メンバーの強さと闘級、そして神器を見てきましたが、七つの大罪メンバーたちが神器の本領を発揮しきれているか?というとそうでもなさそうです。

それに、キングやゴウセルは闘級もまだまだ上がりそうなんですよね。

ふたたび魔神族と女神族・妖精族の大戦になりそうな流れですが、その中で七つの大罪メンバーがどんな強さを見せてくれるのか?

気になるところです。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です