【七つの大罪】黒幕っぽい女神族四大天使のメンバーを紹介


スポンサーリンク

週刊少年ジャンプにて掲載されている大人気ヒロイック・ファンタジー漫画、七つの大罪。

今回は、七つの大罪に登場し、圧倒的な力を見せはじめた四大天使について紹介していきます。

「天使」というイメージとは違い、聖戦の黒幕っぽいと噂されている四大天使ですが、はたしてその真相はどうなのでしょうか。

じっくり確認していきましょう。

スポンサーリンク

女神族とは

四大天使が属している女神族は、天界に住み天使のような羽を持っている種族です。

持っている羽の枚数により地位や力が決まっていて、七つの大罪に登場する種族の中でも最も強力な種族の一つといわれています。

まさに神々しい姿をしているのですが、四大天使には聖者とは言えない言動も多く、下手すると十戒より「悪」っぽい、天使なのに腹黒い印象がありますよね。

 

そんな、女神族は3000年前の聖戦を描いた25巻で登場しています。

現在では剣などの道具に宿り実態は失っていて、25巻までは登場回数も他の種族に比べて圧倒的に少なかったんですよね。

作中に登場している女神族のキャラは「【七つの大罪】作中に登場した女神族を一覧にしてみた」にまとめています。

スポンサーリンク

四大天使とは

では、七つの大罪の四大天使とはどんな存在なのか確認していきましょう。

四大天使は女神族のクラスの1つです。

現在作中に登場しているクラスは強い順に以下の3種類があります。

  1. 最高神
  2. 四大天使
  3. 神兵長

 

四大天使やエリザベスで4枚以上の羽。

魔神王に匹敵するといわれている最高神は、なんと10枚の羽を有しています。

神兵長以下が通常の神兵(兵士)と考えられるので、四大天使は軍隊で言う大将クラスの実力者たちになり、魔神族の十戒と同格、もしくはそれ以上の存在といえそうです。

スポンサーリンク

四大天使のメンバー一覧

それではいよいよ黒幕説のうわさが絶えない四大天使のメンバーを紹介していきましょう。

 

リュドシエル

  • 恩寵:閃光

おとなしい好青年のようなイメージですが女神族以外の存在をまったく認めない、冷ややかで情や温かさがぜんぜん感じられない四大天使ですね。

戦闘力もトップクラスで、十戒のデリエリ、モンスピート、ガラン、フラウドリンの4人を同時に相手にし、圧倒するほどの力を持っています。

3000年前の聖戦では魔神族の人質を皆殺しにしてエリザベスの思いをぶち壊したり、魔神族の根絶を掲げるかなり過激な四大天使です。

 

タルミエル

  • 恩寵:大海

左側の首には老人、右側には若者、中央は口の裂けた男性の3つの頭部を持つ四大天使です。

両サイドの顔は普段会話をしませんが呪文詠唱などは可能です。

十戒との戦いでは身体を両断されても再生できるほどの高い再生能力を発揮しました。

3000年前の聖戦最終では、インデュラ化した十戒を救おうとするエリザベスに協力しリュドシエルの命令を無視して行動した四大天使の1人です。

今回も四大天使として行動していますが、今は女神族ではなく七つの大罪として存在しているエリザベスとの関係が注目されます。

 

サリエル

  • 恩寵:竜巻

少年のような姿をしている四大天使です。

十戒の攻撃に対してもバリアのような防御で攻撃をはじき返し、自分は一切無傷で相手にダメージを返すこともできるようです。

3000年前の聖戦最終では、タルミエルと同じく、リュドシエルの命令を無視して行動した四大天使の1人です。

タルミエル同様、今回もその行動が注目されるところですね。

 

マエル

  • 恩寵:太陽

現在まで名前しかでていない最後の四大天使です。

リュドシエルの実の弟ですが、リュドシエルを超える強さを持つといわれています。

なんとかつて十戒に殺されたということです。

しかし253話で、マエルと同じ力を持つエスカノールの正体がマエル自身だったという驚きの展開になってきています。

四大天使マエルとして、その姿を現すのかが注目されるところです。

スポンサーリンク

黒幕は誰だ??

七つの大罪でふたたび登場してきた四大天使、やっぱり気になるのは再び聖戦を仕掛けようとしている黒幕ですよね。

3000年前の聖戦でとった行動からしても、現時点で一番黒幕ぽいのは四大天使リュドシエルといえそうです。

前回でも相手のもっとも嫌がることをしかけ、仲間さえも騙す徹底した作戦を実行する、頭脳と狡猾さ、さらには十戒を圧倒するほどの力を持っています。

30巻ではマーガレットの身体を借りて復活も果たしていますよね。

 

魔神族の根絶やしという目標が変わっていなければ、今回の聖戦の状況を一変させ自分の掌の上で踊らせようとするのではないでしょうか。

そして、リュドシエルが「あの方」と呼ぶ存在も今後のカギになりそうです。

スポンサーリンク

まとめ

七つの大罪の女神族の中にいる黒幕っぽい四大天使の内容をまとめてみました。

こうしてみると、やっぱりリュドシエルが黒幕ぽいですよね。

リュドシエル以外の四大天使の動きからも目が離せませんが、すでに蘇っていることからも確実にリュドシエルは何かを引き起こしてくれるんじゃないでしょうか。

七つの大罪の四大天使の動向から目が離せません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です