【東京喰種:re】169話のネタバレでウタが赫者化!「Hysy」のタトゥーの真の意味も判明!


スポンサーリンク

東京喰種:re169話ネタバレはウタvs四方の激しい戦いからスタートです。

それにしても冒頭の言葉「私はあなたと共に生きてはいけない」の“あなた”と“私”はいったい誰なのか?どういう意味なんでしょう?

実は、東京喰種:re169話ネタバレのラストでその衝撃の秘密が明かされることになるんです。

それでは東京喰種:re169話ネタバレの見所と謎を追っていきましょう。

スポンサーリンク

東京喰種:re169話のネタバレの見所

 

四方vsウタ

東京喰種:re168話ラストで「ぁあ」と仮面を外したウタ、四方との激しい戦いに突入していました。

口元も隻眼化した目に笑みを浮かべるウタに対し、四方の表情はちょっと必死気味ですね。

「懐かしいね」「蓮示くん」と声をかけるウタには余裕が感じられます。

 

亜門vsドナート

一方、亜門とドナートの戦いは静かに始まりました。

が、次の瞬間ドナートの分身赫子が激しく亜門剛太郎を襲います。

ドナートの攻撃が止んだ一瞬のスキを突いた亜門は、みずからの赫子を合体させたクインケをドナートに渾身の力で投げつけます。

 

さすがのドナートもこの合体技に「ぬうう」と。

なんとドナートの胸を貫いてしまったではありませんか!

ついに亜門がドナートを倒したのでしょうか。

 

年季が違う

しかし、さすがにドナートの強さはそんなもんじゃなかったですね。

あっというまに再生し、「ハイセにも引けをとらんぞ 剛太郎」と亜門の攻撃を褒めるほど余裕です。

と、その瞬間分身したドナートが「ガッ」と亜門を背後から羽交い絞めにします。

「こちらは年季が違う」、そういいながらドナートはお得意の十字架赫子で「ゾー」と亜門を攻撃です。

 

ヒクわ~!

地下深くへシーンは変わります。

卵管の巨大な地下茎を見上げながら「糞嘉納・・・」と旧多がつぶやきます。

そこへ現れたカネキに絶句!

「まだ生きてんの!?」と、なんて失礼な言いぐさなんでしょうね。

カネキも旧多を見て目でビックリ、毒マスクをしていなければ口もあんぐり空いていそうです。

 

食べたかった

再び戦いの場にシーンは戻ります。

ウタは世界が愛しているのは喰種ではなく「ヒト」だと語りながら四方を攻撃しています。

どうやらニヤつきながら四方を投げ飛ばすウタの方が優勢のようです

 

そして、ピエロは絶望に飽いた“喰種”たちが狂わないように踊り続けているのだと。

そう言いながら四方を貫き、貫いた自分の手が四方の血でまみれている事を楽しいというウタ。

「俺は楽しくない」「お前は…友だ」「殺すのも殺されるのも御免だ…!!」という四方の言葉にウタは「ああああ あああ!!!!」と大きな口で絶笑いしながら「君が友達で良かった」「蓮示くん!!」と語りかけるウタは、赫者の姿を現します。

 

そして衝撃の一言を発します。

「僕 ずっと君を食べたかった」

スポンサーリンク

東京喰種:reネタバレ169話の考察

 

旧多は困ってるのか

巨大な地下茎を見上げる旧多は息を切らせながら

「はぁ・・・糞嘉納・・・」とつぶやいているんですが、「糞嘉納がこんなんにしやがって」という目をしているように見えませんか?

しかも、旧多自身も毒マスクをしているということは、彼自身が耐性を持てないほど強力な「毒」をここまで大量に嘉納が作り出すとは思っていなかったのかもしれません。

 

おそらく、Vの半人間を喰種化したのは旧多の計画に乗った嘉納の仕業なのでしょうし、卵管から落とし児達を生み出すということも旧多の計略による嘉納の手によるものなんでしょうね。

しかし、ここまでくると旧多も制御しきれなくなっている、そんな思いが「糞嘉納・・・」には込められているように思えてならないんですよね。

 

まだ生きてんの!?

そこに現れたカネキに向かって「まだ生きてんの!?」という旧多の目は心底驚いているようです。

カネキが竜化、その後の経緯から本気で死んだと信じていたような感じですが、カネキの竜化を企てて、リゼをもその手中に収めている旧多にしては、カネキがもしかしたら生存しているかも?くらいは考えていそうな気がするんですよね。

「もしかするとまだ生きてるかも」とは思っていたけど、ここに来るとは思わなかった、そういった意味での「ヒクわ~!」のような気がします。

 

さて、このあとの二人がどうなるのか?

169話のネタバレ展開からすると、それがわかるのはちょっと先の話になりそうですね。

 

“梟”の正体がかなり見えてきた

亜門が放ったクインケ+赫子の攻撃がドナートを貫いた時、“梟”の力が弱まったことから、“梟”はドナートの分身赫子がコントロールしている可能性が高くなりましたね。

やはり本体の頭の部分がドナートの赫子である十字架になっているところがポイントのようです。

あの巨大な“梟”を倒すにはドナートを倒さなければならないとしたら、この勝負は亜門次第ということになります。

しかし、貫かれた場所をあっという間に再生、分身赫子で亜門剛太郎を羽交い絞めにする強さを持つドナートを倒す糸口はあるのでしょうか?

最後の一コマでは亜門が十字架赫子に総攻撃されているように見えて気になるところです。

 

四方とウタ

東京喰種:re169話ネタバレのメインは、因縁のこの二人で決まりでしょう。

169話冒頭の言葉「私はあなたと共に生きてはいけない」、この言葉は巻末の言葉「私はあなたなしでは生きていけない」に繋がる言葉だったんですね。

ウタの首のタトゥーの言葉も同じ意味のようですが、これってつまりは初めから四方蓮示を示していたってことなんでしょうか?

 

共に生きてはいけない理由は、食べちゃいたいから。

「僕 ずっと君を食べたかった」の下に来る言葉が「私はあなたなしでは生きていけない」。

そして、ウタの最後のセリフ「生きてるって感じさせてよ 蓮示くん」

こうつながってくるのかって感じです。

ウタの言葉に衝撃を受けている四方の表情ですが、まさかこのままウタに倒され食べられてしまうなんてことにはならないですよね。

 

まとめ

地下で遭遇した旧多とカネキも気になりますが、東京喰種:re169話ネタバレで一番の興味の対象は四方とウタになった方も多いのではないでしょうか。

ウタの不気味な赫者姿はかなり強そうに見えます。

全身の入れ墨の模様にも意味がありそうですよね。

意外な表情の四方と口元がニヤ突いているウタの対比が印象的なラストの一コマですが、次回東京喰種:re170話のネタバレが楽しみです。

 

有馬の過去がついに判明!?

004.480x480-75-4

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です