【東京喰種:re】ナシロの強さなどの詳細情報まとめ

東京喰種:reに登場するクロナの双子の妹ナシロ。

アニメ第4期ではクロナの腹に変わり果てた姿で登場していました。

ナシロはカネキと同じリゼの赫包を持ち、カネキを「おにいちゃん」と呼んでいましたよね。

いつもクロナとともに戦い、双子ならではのコンビネーションを見せつけていたナシロはどのような人物だったのでしょうか。

そこで今回は、ナシロの強さなどについておさらいしていきましょう。

東京喰種:reのナシロとは

安久奈白・通称ナシロは、カネキと同じリゼベースの喰種です。

 

お嬢様から喰種へ

ナシロとクロナは貿易会社「スフィンクス社」の社長令嬢として生まれました。

しかし、父親は事業に失敗して多額の借金を抱え、

  • 外国からRc含有液を輸入し、CCGに提供する
  • 自宅の地下にある実験施設を、CCGによる半喰種化手術の隠れみのにする

という形で、CCGの闇の部分に加担することとなります。

 

しかし、あまりに非人道的な行いを父親は見過ごすことができず、告発しようとした矢先に喰種に襲われて死亡。

当時のナシロたちはもちろん、父親がCCGに殺されたことを知りませんでした。

 

優秀な捜査官候補生だった

父親を殺されたナシロとクロナはCCGに保護され、アカデミーに入りました。

アカデミーへ講演に来ていた亜門に、女性でも立派な捜査官になれるのか質問しています。

この頃のナシロたちは、まっすぐCCG捜査官への道を歩んでいたのですね。

また、鈴屋什造とも顔なじみ。

生命を軽視する発言をする什造に怒り、病死した仲間の死を悲しむ人間らしい少女だったのです。

 

嘉納教授をパパと呼ぶ

安久家の屋敷の地下にあった半喰種化手術の実験施設。

嘉納教授は接触したナシロとクロナに、この実験施設を見せました。

父親がCCGに殺されたことを理解したナシロたちはCCGと決別し、嘉納の半喰種化手術を受けることを決めます。

 

リゼの赫包を移植され、「人間をやめた」ナシロたち。

その後は嘉納をパパと慕い、嘉納に従っています。

しかし、嘉納にとってナシロたちは「失敗作」であり、嘉納はナシロたちを道具としか見ていませんでした。

ナシロの作中における活躍

 

アカデミーでは剣道の達人

アカデミーでは剣道が得意だったナシロたち。

ジュニアの大会では常連であるらしく、ジュニアでは敵なしでした。

作中で描かれた剣道の大会でもナシロとクロナの決勝戦が行われています。

この剣道の腕前は、喰種となってからも活かされているようですね。

ナシロたちは赫子を剣さばきのように操るクインケ繰術を得意としていました。

 

ナシロとクロナ

ナシロと双子の姉であるクロナ。

お互いに「大事なもの」であり、2人で1人といっても過言ではないほどの存在です。

アカデミー時代も2人はいつも一緒で、登場シーンはいつも2人でしたね。

半喰種化手術の時も「怖いけど、一緒だから大丈夫」と手を握り合っています。

喰種になってからの戦いも2人のコンビネーションは非常に強力。

ナシロとクロナはいつも一緒なのです。

ナシロの強さ

 

カネキを足止め

ナシロたちは、マダムAの護衛として初登場しました。

マダムAを誘拐し、嘉納教授の情報を吐かせようとするカネキの前に立ちはだかります。

カネキの赫子を正面から受け止めたナシロたち。

2人の赫子は、カネキの赫子とまったく同じものだったのです。

 

最初からマダムAを逃がすための時間稼ぎだったようで、2人はすぐに戦線から離脱しました。

カネキが来ることは嘉納から聞いていたらしく、またカネキを「お兄ちゃん」と呼んでいたことからカネキの正体も知っていたのでしょう。

 

コンビネーションで月山を翻弄

嘉納教授の地下施設でカネキと再会したナシロたち。

しかし、カネキは月山に戦いを任せたため、ナシロたちは月山と戦うことになりました。

最初は月山の優勢で戦いは進んでいきます。

しかし、2人は月山の強さを認め、コンビネーションで月山を攻撃。

これには月山も防戦一方で次第に月山を追い詰めます。

そこへアオギリの樹からエトやナキが乱入し、戦いはいったん中断となりました。

 

什造との戦いで致命傷

地下施設の奥でナシロたちは単独行動を取った什造と対峙しました。

同窓会みたいと殺害を楽しむ什造に対し、イカれていると怒りをあらわにするナシロたち。

什造のクインケを弾いて、赫子で什造の腹を切り裂きます。

 

しかし、痛覚が鈍化している什造はまったく動じることなく、とどめを差しに近づいたクロナの左目をクインケで貫きました。

クロナを助けようと什造に飛びかかったナシロ。

しかし、逆に腹を切り裂かれ、ナシロは致命傷を負ってしまいます。

 

ナシロを助けるため什造から逃亡したクロナでしたが、嘉納教授から回復は不可能と見捨てられてしまったのでした。

その後、ナシロはクロナによって捕食され、死亡したことが明らかになります。

まとめ

ナシロの強さについてまとめてきました。

父親を殺害され、嘉納教授によって利用されてきたナシロ。

彼女は嘉納教授だけでなく、CCGの闇である和修の犠牲者であるとも言えるでしょう。

そして、嘉納からは見捨てられ絶望したクロナに捕食されてしまいます。

最後はクロナと一つになった、というにはあまりにも悲しすぎる結末ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です