【東京喰種:re】163話のネタバレで旧多に再び怪しい動きが・・


スポンサーリンク

東京喰種:re最新話163話のネタバレと考察をまとめてみました。

ついにヒデが生きていること、そしてカネキを救うためにとんでもないことを成し遂げたことが明らかになりました。

しかしカネキが目覚めて一段落と思いきや予想外の事態の予感です。

スポンサーリンク

東京喰種:re163話のネタバレの見所

まずは東京喰種:re最新163話のあらすじです。

 

目覚めと再会

目覚めたシーンを思い出しつつ廃墟と化した街を歩くカネキ。

何が起こっているのか?といった表情で目覚めたカネキに最初に抱きついたのは才子でした。

才子ちゃん?

ヒナミちゃん

月山さん

西尾先輩

アキラさん

亜門さん

 

そしてトーカと抱擁しますが、トーカはあまりの喜びにただ抱きつくだけで精いっぱい、声も出ない様子ですね。

 

会いたい

カネキが何よりも不思議に思ったのがトーカ達と貴美、才子たちが一緒にいること。

そこで明かされたのが協力体制です。

東京とカネキを取り戻すためにCCGと喰種が協力体制にあることが西尾先輩から説明されます。

 

さらに明かされた事実にカネキは驚愕します。

それは、CCGと喰種を結び付けたのが他ならぬヒデであること。

ヒデにものすごく会いたいというカネキですが、「でも・・・僕は・・・」と口をつぐみます。

 

やはり、あの時のことを思い出すと罪悪感にかられてしまうのかもしれませんね。

でも西尾先輩は「永近もいずれここに戻ってくる」と言っていますからヒデの方もカネキに会いたいのでしょう。

 

死体を喰らう!?

街を見たいというカネキに、カネキが目を覚ましたら常時監視をする命令だという瓜江は、研究班の西野に喰種化誘発の恐れはないことを確認して同行することになります。

なつかしい道と店の場所を確認しながら廃墟と化した街を歩くカネキと瓜江、才子の3人はとんでもない事態に遭遇します。

なんと、CCGで働いていた女性局員が死体を喰らっていたのです。

 

しかし彼女は人間だったハズ・・・

その瞬間、消えていた街の大画面に4区で怪物がヒトを喰らっているとLIVE映像が流れます。

そしてそこには怪物にインタビューを試みると旧多が映し出されているではありませんか!

スポンサーリンク

東京喰種:reネタバレ163話の考察

またまた旧多がなにかやらかしそうな場面で終わった東京喰種:re163話から今後の展開を考察してみましょう。

 

カネキは本当に戻ったのか?

まず気になるのがカネキは本当に戻れているのかということです。

というのもカネキの目の下の模様はまだ鮮やかに残り、そして研究班の西野が診断しているシーンではまだ変形したままの自分の手を見つめるカネキが描かれていました。

カネキの中には複数の臓器が診断不能なつながりを持って存在していることがわかっています。

竜化しないまでも、なにかのきっかけでカネキがとんでもない変身をする、あるいは能力を開花させる可能性があるのではないでしょうか?

 

旧多の策略

旧多がインタビューを試みると言っている怪物は、まだ残っていた竜から出てきたものである可能性がありますが、怪物は1体ではなく何体もいてヒトを喰らっているようです。

旧多がインタビューを試みると言っているということは、旧多はその正体を知っている可能性がありますが、もしかして竜に喰われ取り込まれていたオッガイたちを何らかの形で分離したのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

カネキが目覚めてトーカと再会、ヒデも生きていてCCGと喰種の協力体制を作ったと、明るい展開になるのかと思いきや、やはりヒトの喰種化はどんどん進んでしまうのでしょうか?

突然現れて来た怪物の正体はいったいなんなのか、そして旧多は何を企んでいるのか、あらたなイベントが急展開しそうな次回164話が楽しみです。

 

スポンサーリンク

有馬の過去が読める「東京喰種JACK」が超面白い

有馬貴将が主役の「東京喰種JACK」という作品を知ってますか??

電子書籍限定で販売されている作品なのですが、あの有馬の過去を読める作品なので、東京喰種ファンは必見です。

以下の記事で、東京喰種JACKを実質無料で読む方法を説明してるので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です