【東京喰種:re】173話のネタバレでカネキが覚醒し天使モードに!?


スポンサーリンク

前回172話ネタバレのラストは、ヤバイ強さを漂わせる旧多に対してカネキの指パキで終了したから、173話ではカネキの総攻撃ではじまるかと思いきや、予想外のフルボッコなカネキで始まった東京喰種:re173話ネタバレです。

旧多の圧倒的な強さに完全に翻弄されているカネキですが、ついに新覚醒となるのでしょうか?

東京喰種:re173話“去なさん”ネタバレあらすじと考察まとめです。

スポンサーリンク

 

東京喰種:re173話のネタバレの見所

 

分家旧多の末子

場面はかつての白日庭、和修吉時と有馬貴将の会話からはじまります。

大人相手に剣術練習をしている旧多に目を止めた貴将が「筋が良いな」と話すと、「あれでなかなか素養のある子だ」と、吉時も答えています。

さらに、庶子の中では常吉一番のお気に入りであり、愛される素養もあるなど、旧多の白日庭時代がすこし明らかにされましたね。

 

「とは言え和修の末席 行く先の高は知れている。」

そんな立場が影響して、現在の旧多を形作っていったということになるのでしょうか。

 

本気のチャンバラ

貴将からも一目置かれる筋の良さを持ち、和修家庶子として幼いころから本格的な剣術指南を受けてきた旧多にとって、素手のカネキなどまったく相手にならない様子です。

旧多の放った“ニムニムスラッシュ”をまさに首の皮一枚つながった状態で間一髪交わしたカネキでしたが、返す刀で胴体をばっくり斬られてしまいます。

敵わないと見たカネキが出した赫子を剣術で見事に払いのけ、「一度 本気でヤッてみたかったんですよねえ チャンバラ」という旧多にカネキも自らの赫子を変形させた「剣」で応戦します。

カネキが放った渾身の一撃が旧多の左目を切り付け、さすがの旧多も「痛ッてえ・・・」と言いますが、それは本気の勝負ができることへの喜びの言葉でもあったようです。

 

おままごとしましょ

「ヒッヒ やっぱりこうじゃなくちゃ・・・」「命を差し出し合わないと“遊び”は面白くならない・・・」とついに旧多も本当の本気モードに突入です。

そして、「“おままごと”しましょ」と言いながら旧多が発現させた赫子は、かつて見せた赫子とは全く異質でいくつも目が付いている不気味な姿です。

あっさりとカネキを捕縛し、フルボッコにしているところから、かなり強力な赫子であることは明白です。

 

負け続けた

赫子で投げつけた反動を利用しながらカネキの眉間に旧多の“突き”がせまります。

カネキは全身捕縛されているので防御できない。

「決まった!」と思った旧多でしたが、なんとカネキは口で真剣白羽取りで間一髪逃れていたのです。

「本当に強いんですね・・・ あなたは・・・」「・・・今までずっと あなたに 負け続けた」と、カネキは旧多に話し始めます。

そして、「・・・あなたに勝ちたい」と言い放ち、全く未知の姿へと覚醒したカネキの姿に旧多の目もテンになっています。

スポンサーリンク

東京喰種:re173話のネタバレの考察

 

旧多の本気

旧多が本当はどのくらい強いのか?

「相当やるんだろうな」とは思われていましたが、相当な手練れであることが判明しました。

白日庭の回想シーンから見て有馬貴将と同等レベルと見ても良さそうです。

幼いころから剣術指南を受けてきた旧多に対して、カネキの方は半喰種にされてからの実戦経験のみ。

そんなカネキが旧多に一太刀浴びせられたのは、カネキの資質も旧多に劣らないということが表現されているのではないでしょうか。

 

ところで、旧多の赫子が久々に登場しましたが、いぜん見せたものとは違ってかなり不気味な赫子ですね。

カネキを一瞬で捕縛、その後もカネキを翻弄し続けていますから旧多は赫子の扱いもトップクラスと言えそうです。

 

ただ、旧多は赫子そのものでカネキを倒すのではなく、あくまでも刀で突き刺すことに固執しているように見えるんですよね。

もしかして、「まだ赫子で本気を出すまでもない」ということなんでしょうか?

まだまだ旧多の本気の底が見えていないのが不気味です。

 

カネキ覚醒

竜化以降のカネキは明らかに以前とは違う表情や眼力になっていると感じませんか?

旧多の突きを歯で真剣白羽取りしたときのカネキって、さらに眼力に強さが増しているというか鬼的になってきているように見えます。

カネキの覚醒は暴走ムカデタイプと制御可能な白髪タイプに大別されますが、竜化以降は常に白髪タイプの常時覚醒状態なんですよね。

竜化時に捕食したオッガイはじめとする喰種の大量のRc細胞によってカネキが喰種としてなんらかの進化をしているのでしょうか。

 

そして、ついに今回173話で未知のカネキが登場しました。

羽赫のような赫子が複数背中から現れているようですし、十字架状の分離赫子がカネキを取り囲んでいます。

この十字架、飛び道具にもなりそうですが、カネキのパワーを増幅させるような役割がメインかもしれません。

はたしてカネキはこのまま旧多に勝つことができるのでしょうか?

旧多が赫者化する可能性もありますから、この戦いはまだまだ続きそうです。

 

ナゾの赫子の正体

旧多が赫子を出したことで一つ謎が残ったままだと思いませんか?

そう、172話で旧多の背後の暗やみから突如現れカネキを襲った巨大赫子の正体です。

あの一瞬以降、旧多に加勢することもなく姿を見せていません。

新バージョンの覚醒したカネキに旧多がやられそうになった時に、旧多が呼び寄せるということも考えられます。

 

まとめ

今までにない赫子を出してきた旧多、新バージョンの覚醒となったカネキ、いよいよこの二人の戦いにも決着が付けられる日が近づいてるようです。

新覚醒のカネキに対して旧多がスンナリやられるとは思えません。

おそらく、この戦いの中で和修家襲撃の真相など白日庭時代からの旧多の思いが吐露されていくのではないでしょうか?

そして、旧多の思いが明らかにされた後にカネキに倒される、そんな展開を予想しながら174話のネタバレを予想してみるのも楽しいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です