【東京喰種:re】謎の集団ピエロのメンバーや目的まとめ


スポンサーリンク

”無印”東京喰種の最終盤に登場、東京喰種:reではたびたびメンバーが登場するも今一つ目的が見えなかった「ピエロ」という組織。

しかし、東京喰種:reでは「ピエロ」という組織のボス・創始者・目的などが、次々と明らかとなりました。

ここでは創始者によって明らかにされた「ピエロ」の目的と、これまで登場したメンバーを一覧にまとめてみました。

スポンサーリンク

ピエロとは

「無印」の頃は「ピエロ」という組織で活動する場面はありません。

ピエロのマスクをする喰種組織で、かねてよりCCG(喰種対策局)と敵対。

有馬貴将が参加した掃討作戦でも、結果を残しきれなかったと言われるほど強力な組織力を誇っています。

 

「無印」の最終回でウタやイトリ、帆糸ロマが「ピエロ」の構成員だったことが明らかとなり「東京喰種:re」より活動が活発化しました。

当初はロマの意向もあり、佐々木琲世に金木研の記憶を取り戻させるために行動していましたが、その一方で旧多二福とともに和修一族を襲撃する、CCGの新局長となった彼に協力するなど、キナ臭い活動も見せています。

第168話以降でも、旧多の下で黒山羊やCCGと敵対する形となっていますね。

スポンサーリンク

謎の組織ピエロの目的

「享楽主義」、つまりは今を楽しく生きることを目的とする集団といってよいでしょう。

創始者であるロマは「人間たちの社会を、てのひらの上で転がして愉しむ」ためにピエロと作ったと独白していましたね。

 

彼女は「地下の王」についても言及しています。

かつて猛威をふるった「地下の王」を復活させるのか、もしくは同等のものを作り出して社会を混乱に陥れるという望みもあったようです。

現在、「ピエロ」が旧多に協力しているのもこのあたりに関係があるのでしょうか。

 

その一方、第169話でウタは「絶望に飽きた喰種が狂わないよう、踊り続ける」とも言っています。

「ピエロ」はあくまで「喰種」のための組織、ということなのでしょうね。

スポンサーリンク

ピエロのメンバー一覧

 

ウタ

  • 呼称:「ノーフェイス」(CCG)
  • 赫子:鱗赫
  • レート:不明(おそらくSSレートに相当)

マスク職人を営む男性。

四方蓮示とはライバルであり、友達以上の存在でもある様子。

敵にゆかりのある人物に擬態して、戦況をかき乱す戦術を得意としています。

その驚異的な再生能力から鱗赫ではないかという予想はされていましたが、第169話からの四方との戦いで「赫者」であることも発覚しました。

 

イトリ

  • 呼称:イトリ
  • 赫子:不明
  • レート:不明

バーを営む若い女性。

四方やウタとは古いつきありであり、カネキにも協力的な人物。

情報屋としての位置づけで戦闘の描写はなく、赫子などはまったく明らかになっていません。

第148話で久々に登場してきました。

竜化したカネキ対策のため、集まった黒山羊メンバーを不安で煽るような発言をします。

しかし、これによって月山習を皮切りに、メンバーが次々とカネキへの想いを告白。

意図的なものかはわかりませんが、黒山羊の結束はより固いものとなりました。

 

ニコ

  • 呼称:ロマからは「ニコ姉さん」と呼ばれる
  • 赫子:おそらく鱗赫
  • レート:不明

元アオギリの樹のメンバーで、母性の強いオカマさんです。

「:re」から本格的に「ピエロ」として活動。

ロマとともにハイセを消して、カネキを復活させようとしていました。

回復能力に特化した赫子であることから、おそらく鱗赫ではないかと思われます。

 

死堪

  • 呼称:シコラエ
  • 赫子:羽赫・甲赫・尾赫(3種類)
  • レート:A~

アオギリの樹によるコクリア(CCGの喰種収容所)襲撃時に脱走した喰種の一人。

「ピエロ」所属でありながら、アオギリの樹のメンバーとして活動していました。

ゲーム版「JAIL」では彼の過去が描かれており、鱗赫も含めた4種類すべての赫子を使いこなしていました。

CCG新局長となった旧多を追及するため襲撃した瓜江久生によって、ロマとともに敗北しています。

 

ガンボ

  • 呼称:ガンボ
  • 赫子:不明
  • レート:不明

「人間オークション」でウタ・ロマとともに登場した「ピエロ」。

黒磐武臣を捕らえて捕食しようとしますが、逆に彼に首の骨を折られて死亡しています。

 

旧多二福

  • 呼称:「宗太」(ピエロメンバー)
  • 赫子:鱗赫
  • レート:不明かなり強い?

時には「ピエロ」、時には「アオギリの樹」、「V」の一員でもあり、CCG捜査官でもあります。

まさに千の顔を持つ男よろしく、あちこちで暗躍を繰り返していました。

正体は和修の一族であり、本名は「和修旧多 宗太(わしゅうふるた そうた)」。

和修一族を殺害して「和修の王」を名乗り、CCG新局長に就任。

その後はカネキを竜化させたり、彼の抜け殻とも言える竜の身体から新たなリゼを迎えたりと、さらなる謎行動を繰り返しています。

 

ドナート・ポルポラ

  • 呼称:「クラウン」(ピエロメンバー)・「神父」(CCG)
  • 赫子:甲赫
  • レート:SS

現在の「ピエロ」のボス的存在であるロシア系の喰種。

瓜江の父によってコクリアに収監されていましたが、「コクリア襲撃編」で脱走。

旧多による和修一族殺害を皮切りに、「ピエロ」としての活動を本格化させています。

かつては孤児院を経営し、預かった子供たちを捕食していました。

その中には幼少時の亜門鋼太郎もいましたが、彼だけは捕食せず育てていた様子。

第169話から、ドナートと亜門・因縁の戦いが開始されています。

 

帆糸ロマ

  • 呼称:「うろんの母」(正体として)
  • 赫子:尾赫
  • レート:SSS

喫茶「あんていく」のドジっ娘従業員は仮の姿。

アオギリの樹のコクリア襲撃時に脱走したSSレート喰種「ピエロ」その人でした。

「:re」ではハイセを消してカネキを復活させるべく活動。

その一方で、旧多の計画にも協力していました。

旧多を追及すべく現れた瓜江に対し、真の姿であるSSSレート喰種「うろんの母」に顕現しました。

そのときに彼女こそ「ピエロ」の創始者であり、人間社会を混乱させて愉しむという目的を独白しました。

死堪とともに瓜江に敗北しています。

スポンサーリンク

まとめ

「ピエロ」の目的と、メンバー一覧をまとめてみました。

最近は「ピエロ」もその活動を活発化させ、これまで隠されてきたメンバーの秘密や戦闘能力も次々と明らかにされています。

現在は旧多の目的に従う形となっている「ピエロ」。

 

しかし、「ピエロ」のボス・ドナートをウタがコクリアから解放した時、ドナートは「往こうか、王を迎えに」と発言しています。

この王が何を指すのか、旧多の目的の先にあるものなのか?

そして、ロマや死堪は本当に死亡してしまったのか?

 

「ピエロ」という組織に関しては、まだまだ多くの謎が隠されていそうですね。

東京喰種:re、まだまだ目が離せません。

スポンサーリンク

有馬の過去が読める「東京喰種JACK」が超面白い

有馬貴将が主役の「東京喰種JACK」という作品を知ってますか??

電子書籍限定で販売されている作品なのですが、あの有馬の過去を読める作品なので、東京喰種ファンは必見です。

以下の記事で、東京喰種JACKを実質無料で読む方法を説明してるので、ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です