【東京喰種:re】死堪の正体が東京喰種JAIL主人公のリオであることがわかる

東京喰種死堪正体リオ

スポンサーリンク

死堪(シコラエ)とリオ、その正体は実は同一人物なのでは?と前々から言われていました。

そしてついに!東京喰種:re 134話「いざしらず」で、死堪の正体はリオであることが確実となりました!

そのいきさつを詳しく見てみましょう!

スポンサーリンク

東京喰種:re134話で判明!死堪の正体はリオだった!

多くの人が前々から予想していたとはいえ、旧多のたった一言から「死堪=リオ」がこれほどあっさりと確定してしまうなんて、そっちの方が予想外だったのではないでしょうか?

 

旧多

「僕は局長だ

“面倒ごと”を持ち込んで 僕に 迷惑かけたら駄目でしょうが

ロマ、リオ

2人とも殺せ」

東京喰種:re 134話「いざしらず」

 

その場にいたのはピエロのロマと死堪でした!

ということは、旧多が「リオ」と呼んでいるのは死堪であることは明白ですよね!

 

死堪(シコラエ)ってどんなキャラ?

東京喰種死堪正体リオ
引用:マンガ好き.com

「アオギリの樹」に所属していた喰種でレートはA+とされています。

ほとんど顔が隠れていない格子状のマスクと、全身縞模様のスタイルがトレードマークですね。

コクリアに収監されていましたが脱出、その後、月山家によって雇われクィンクスを襲撃、その時米林才子と対峙しますが、ローブの大男(亜門鋼太朗)にはばまれ立ち去っています。

 

その独特の言動はかなり異様と言えます。

なにせ、仲間からも敬遠されたり、引かれたりしていますからね。

おそらく、カナエと同様にエトに洗脳されたことによる影響ではないかと思われます。

 

初登場時にはたいして強くなかった死堪ですが、これほどまでに重要な役回りになるとは誰も思っていなかったのではないでしょうか?

いまでは、尾赫に羽赫の2つ二つの赫子をあやつり、鉢川を倒し、トオル、穂木を追い込むなど、実力派の3人を相手に追い込むほどの戦闘力の高さを見せています。

 

ところでリオ(凜央)って何者!?

東京喰種死堪正体リオ
引用:twitter.com

リオは「東京喰種」PS VITAのゲーム版「東京喰種JAIL」の主人公です。

ゲーム上での赫子は4種類となっていますが、プレイヤーの選択によって決まるようになっています。

ゲームのストーリーでは、捜査官を大量に殺害した「ジェイル」の容疑がかけられコクリアに収監されています。

 

アオギリの樹による襲撃で脱走をはかりますがキジマに遭遇して危機一髪!のところを四方に助けられます。

その後「あんていく」の新人として働きながら、コクリアに収監されている兄を助け、また凶悪な喰種「ジェイル」を追跡するというストーリーになっています。

スポンサーリンク

死堪=リオ説の根拠は4つある!

死堪の正体はリオではないか?という話は以前からたびたび言われていたことでした。

というのも、そのことを示唆するような伏線がちらほら見えていたからなのです。

過去、死堪=リオではないか?と思わせる伏線は4つあります。

 

東京喰種JAILシナリオブックカバー

東京喰種JAILのシナリオブック、そのカバーを外すと裏表紙に描かれているのがこれ!

これを見て、「彼」をイメージしないやつはいないのではないでしょうか?

そして、同じく東京喰種JAILシナリオブックの中にあと二つ、死堪の正体はリオではないか?と思わせる伏線があるんです。

 

「死」「堪」の文字が意味深なワンシーン

じつは、東京喰種JAILで、リオがコクリアから脱出を図るシーンの中で、「死」の文字と「堪」の文字が不自然と言うか意味深に現れているのですね。

これを見て、ファンたちは「死堪との関係を表しているのではないか?」と推察していたわけです。

 

シナリオブックラストはエト?

さらに、東京喰種JAILのシナリオラストでは、エトと思われる姿が・・・

元々はアオギリの樹メンバーだった死堪です。

リオはエトに連れられて死堪に変えられてしまったのでしょうか?

 

眼の下の痣

東京喰種死堪正体リオ
引用:www.manga-no-sekai.com

死堪は、赫子を出すときに目の下に特徴的な痣の模様が出るのですが、リオとの共通点として前々から言われているところですね!

 

死堪=リオの実力は!?

東京喰種死堪え正体リオ
引用:www.saikyo-jump.com

死堪=リオとなると、その実力は未知数と言えるのではないでしょうか?

リオのプロフィールではRc typeは「羽赫、甲赫、鱗赫、尾赫」と、なんと4種類となっているのです!

もし、4種類の赫子を同時に出せるとしたら?

 

これからヤバいくらいに手強い存在として立ちふさがってくることは間違いないのではないでしょうか?

なんせ、4種類の赫子を使えば、他のすべての喰種を相手に弱点が憑けるという事になるからです!

 

そして、意味深なシーンが134話のラストに。

ロマとリオを倒したと思われたラストシーン、尾赫?と思われる赫子に串刺しにされる瓜江の姿が!

東京喰種瓜江旧多
引用:twitter.com

 

まとめ

死堪の正体がリオかも?って、さんざん伏線貼っておいてネタバラシはあっさりと、旧多の口から明かされましたが、東京喰種reって、ホント伏線だらけで一コマも疎かに出来ない感じですよね!

しかも、シナリオブックの裏表紙にまで伏線貼るなんて、石田スイ先生にはやられっぱなしです!

 

瓜江を貫いた尾赫は、ピエロのロマ?それともリオ?

もしくは、別の何かなのか?

気になるラスト!次の展開が待ち遠しいですね!

 

有馬の過去がついに判明!?

004.480x480-75-4

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です