【東京喰種:re】旧多が「竜」と名づけたラスボスはナーガで確定!?

東京食種和修吉竜

スポンサーリンク

128話で旧多が用意すると言っていた最強の敵「」。

その正体はいまだに不明のままですが、131話で地下の子供たちの口から出た「ナアガラジ」と関係するのでしょうか?

和修のルーツからラスボス「竜」の正体を追ってみましょう!

スポンサーリンク

最強の敵「竜」とは?

128話で、旧多が不毛な小競り合いに終止符を打つために用意すると言っている最強の敵「竜」

空中戦で平和ボケした連中が失禁死する程の・・・

「無慈悲」つまりラスボス

 

旧多が「無慈悲」とまで言い切るくらいですから、戦闘能力の高さだけでなく微塵の哀れみもなく殺戮しまくるラスボスということになりそうです。

さらに旧多はこうも続けます。

芳村エトも有馬貴将もワンパンでぶっ殺せちゃう「最強の敵」を・・・

 

失禁死、無慈悲、そして最強とまで旧多にいわしめるラスボス!

どんだけ強いんだ!?って感じですよね。

その正体はいまだ謎のままですが、その秘密のベールがすこしずつ見えてきているようです。

 

「竜」は不知(シラズ)説

東京食種ラスボス竜
引用:manga-mura.net

128話で旧多が「竜」の存在を明かした時に、その正体として一番話題に上がっていたのがシラズでした。

そのシーンでクィンクスの生き残りである才子、瓜江、六月の3人が描かれていたのですが、せいぜいSレート、ラスボスにしちゃ弱すぎです。

そこで登場するのがシラズです!

 

シラズもSレートですからラスボスの強さは持っていないと言えます。

しかし、ノロ戦で命を落としたさいにその遺体は嘉納が回収しているのですね!

 

ということは、嘉納の手によって強化されて復活する可能性があるのではないか?と言われています。

ネット上でも「竜」=不知と言う声は今でも多いですね!

 

和修のルーツとは?

竜の正体を見て行くときに欠かせないポイントがあります。

それが旧多のこの一言です!

わが「和修」のルーツにちなんで「竜」とでもよびましょうか

 

和修家のルーツに関しては明らかにされていませんが、江戸時代には喰種対策の一族として名を馳せていたことは判っています。

そして、100年前、人類を危機に陥れた超強力な喰種「隻眼の喰種」への対策として創立されたとされる「V」ですが、「V=和修」であること、さらに「和修=喰種」は判明しています。

 

でも、「和修のルーツ=竜」というのは今までになかったキーワードです。

旧多のこの言葉にはどんな意味があるのでしょうか?

じつは、その後の131話にそのヒントがありそうなんです!

スポンサーリンク

キーワードはナアガラジ?

東京喰種竜
引用:onepiece-naruto.com

131話で、24区最深部の子供たちが街を破壊したのは「ナアガラジ」だと言っています。

「ナアガラジ」ってなんなんでしょう?

ここで描かれている巨大な物体がナアガラジなのでしょうか?

 

和修=竜では?

わが「和修」のルーツにちなんで「竜」とでもよびましょうか

旧多のこの言葉の意味をあらためて追って行くと、インド神話の中に「ナアガラジ」と「和修家」の秘密が隠されているのではないか?と思われるのです。

和修家では名前に必ず「吉」が入ります。

 

つまり「和修吉」となるわけですが、この「和修吉」をひも解いていくとインド仏教の八大龍王の一つ「ヴァースキ」に行きつくんです。

というのも「ヴァースキ」は漢字で書くと「和修吉」となるのです!

 

つまり、和修家のルーツはインド仏教の八大龍王の一つ「ヴァースキ」ではないか?と思われるのです。

もしかすると、和修家が人類最初の「喰種」なのかもしれません。

そして人間になるために、あるいは近づくために他の喰種を討伐をしながらVや他の様々な機関を作り研究をしていたと言う見方もできるのではないでしょうか?

・・・どうにかして

人間になりたかったんじゃないか

第83話 有馬貴将

 

ラスボス「竜」=ナーガ

和修吉がインド仏教における八大竜王ヴァースキを意味するとなると、子どもたちの言う「ナアガラジ」との関係も見えて来そうです。

というのも、子どもたちの言葉は地下訛りがはげしく聞き取りにくいようですが「ナアガラジ」は「ナーガラージャ」のことではないか?というのが最新の予想です。

 

「ナーガラージャ」とは八大竜王すべての総称で「ヴァースキ」はその中の一つの竜王。

そして、「ナーガラージャ」は「ナーガ」とも呼ばれ春には天に上り冬には大地の地下深くに潜むとされています。

まさに、今描かれている24区最深部の世界と合致してくるのではないでしょうか?

 

まとめ

旧多の言う「竜」は24区最深部のナーガとみてほぼ間違いないところと思われますが、次なる疑問が出て来ますよね!

それはナーガ=隻眼の喰種なのか?

もしそうだとすると、カネキたちも旧多もおなじ相手を追っていると言うことになります。

 

旧多の言葉からは「竜」はこれから用意すると受け取れますが、「其れは僕の味方」だとも言っていますから、彼しか知らない和修のルーツ、そして竜の秘密がありそうですね!

だとすると、カネキたちはかなり不利になりそうです。

 

それらの秘密はいつ明かされるのか?

カネキたちはラスボスに対抗できるのか?

次の展開が待ち遠しいですね!

 

有馬の過去がついに判明!?

004.480x480-75-4

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です