【東京喰種:re】竜の正体がカネキだと判明



ここへ来て急展開の【東京喰種:re】ですが、かつて旧多が口にしていた最強のラスボス「竜」の正体は、なんとカネキだったと判明しました。

そこで「竜」という存在が初登場した時の予想と、カネキが正体と判明するまでの流れをまとめてみましょう。

旧多のラスボス「竜」

クィンクスラスボス竜
引用:manga-mura.net

「竜」という存在を明らかにした言葉が初めて登場したのは128話、旧多が「最強の敵を用意する」と言ったのが最初でした。

しかし、その時点では竜の正体は明かされず、なぜかクィンクス生き残りの3人が描かれていたので、竜の正体はノロ戦で死んだはずのシラズを加えたクインクス4人ではないか?という予想が立てられていました。

というのも、この4人の赫子はそれぞれ

  • 尾赫
  • 甲赫
  • 鱗赫
  • 羽赫

なので、全部揃うと「竜の尾っぽ・鱗・羽・甲羅」すべてが揃うからです。

 

また、「【東京喰種:re】旧多が「竜」と名づけたラスボスはナーガで確定!?」にも書きましたが、「ナァガラジ」という24区を作ったとされる隻眼の喰種も竜の候補として予想されていました。

 

しかし、143話、144話の衝撃の展開で竜の正体はまったく別の人物であることが判明しました。

カネキが竜化で正体判明!


引用:manga-mura.net

143話は衝撃の展開でしたよね!

「什造+半兵衛VSカネキ」の死闘は一切の戦闘シーンがなく、手足を切断されて達磨状態で半死のカネキの姿がそこにありました。

まさに手も足も出ない状態になっているカネキは、この戦いを振り返り自問自答していきます。

 

じゃあどうすれば良かったんだ?と水掛け論のまま結論が出ない自問自答でしたが、カネキの中で一致した答えは、


引用:manga-mura.net

もうトーカにあえないのか…

トーカへの思いから再び手足のない達磨状態から戦いを決意します。

退かない

前に進む

百足みたいに

 

そしてハジメに食らいついたカネキは赫子を発現!

オッガイたちを次々と喰らい始めて行きます。

黒山羊リーダーとして喰種食いをしていないため、寿命が尽きかけていたカネキでしたが、ここで一気にRc細胞を補給することになったわけです。


引用:manga-mura.net

 

その結果、これがあのカネキとは思えないほどの異様な姿に変貌、赫子はさらに巨大化して竜化、地上へも突き抜けるほどですが、この巨大赫子どこかで見た記憶がありませんか?

131話、24区最深部の子供たちが町を破壊したと話していた「ナアガラジ」そっくりなんですよね!

東京喰種竜
引用:manga-mura.net

 

やはりナアガラジ=竜。

そして、今回判明した竜の正体=カネキということになりそうです。

旧多は竜の正体=カネキを知っていた!

カネキが達磨状態からオッガイを食い尽くしRc細胞膨張しまくり赫子も巨大化、旧多を襲う流れの中で一番気になるのが旧多のこの言葉ではないでしょうか?

たんとお食べ!!!!

赤ちゃん!!!


引用:manga-mura.net

 

その後、

僕の勝ちだ

かわいいかわいい僕の竜

と満足げにカネキに喰われていったように見えますが、なにせ何が起こるか判らない東京喰種:reですから、実際のところは生死不明としておいた方が良いのかもしれません。

もしかすると旧多を喰らうことで、竜化に拍車がかかったということになるのかもしれません。

 

気になるのは、旧多は達磨状態のカネキが赫子を発現してオッガイたちを食い尽くした結果、Rc細胞巨大化により竜化することを予想していたように思えることです。

となると、旧多はカネキが竜であること、あるいは竜化しうる存在であることを知っていたことになります。

 

128話で旧多が「竜」を初めて口にしたときにも、すでにカネキ=竜の正体に気が付いていたのでしょうか?

生死不明となった旧多ですが、この秘密は明かされる時が来るのか?気になりますね。

竜化したカネキに絡むのはやっぱりヒデ


引用:manga-mura.net

旧多を喰らいカネキとは思えない姿となり竜化してしまったカネキですが、トーカに会いたいと言う気持ちがカネキを暴走させ竜化したとも言えます。

もはやこうなるとトーカに会ってもカネキとしての感情があるのかすら判りませんね。

そこでキーとなるのが、スケアクロウの正体であったヒデの登場ではないでしょうか。

スケアクロウの正体に関しての詳細は「【東京喰種:re】スケアクロウの正体がヒデだと判明」をご覧ください。

 

現在、丸手や和修政たちと組んでいるヒデの最終目的は旧多が用意した究極の敵「竜」を倒すことです。

しかし、その竜の正体はカネキなんですよね。

もしかしたらヒデもこうなることは予想して、なかなか姿を現さなかったのかもしれません。

まとめ

戦闘シーン無いままカネキの敗北、そして竜化にばかり目が行きますが、追い詰められたトーカたちはどうなるのか?も気になるところです。

そして、竜化してしまったカネキは元の姿に戻れるのでしょうか?

やはり、そのカギを握るのはヒデの登場となるのでしょうか。

もしかしたら竜化したカネキに一番必要なのは、嘉納の研究結果となるようにも思えます。

 

次回も急展開となりそうな東京喰種:reから目が離せませんね。

有馬の過去が読める「東京喰種JACK」が超面白い

有馬貴将が主役の「東京喰種JACK」という作品を知ってますか??

電子書籍限定で販売されている作品なのですが、あの有馬の過去を読める作品なので、東京喰種ファンは必見です。

以下の記事で、東京喰種JACKを実質無料で読む方法を説明してるので、ぜひご覧ください。


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です