【約束のネバーランド】鬼の弱点まとめ


スポンサーリンク

かつて人間は鬼と戦っていたことがわかっていますが、身体能力では圧倒的に強い鬼を相手にどうやって戦っていたのでしょう?

鬼に囲まれていしまったエマとレイ、絶体絶命のピンチですが逃げ出すには鬼を倒すしか道はありません。

そんな中でついに鬼の弱点を発見、逃げ出すことが出来ました。

そこで今回は鬼の弱点発見の瞬間と鬼の弱点をみてみましょう。

スポンサーリンク

約束のネバーランドの鬼とは?

農園で人間を飼育して食料としている種族が鬼とよばれています。

「鬼」とはその外観からエマたちが付けた名前で、クローネは「連中」と呼んでいますしオジサンは「人食い」と呼んでいますが正式名称はわかっていません。

1000年以上前には人間と鬼は同世界に住み、互いにその生存をかけて戦っていたことがわかっていますが現在では人間と鬼の世界は断絶されています。

鬼には3種類いることがわかっています。

 

知性鬼

知性鬼の最大の特徴は言葉を話すことです。

基本的には人間と同じ言葉を話していますが、時おり人間には解せない言葉や文字?を使っているシーンがありますね。

また、知性鬼は仮面をかぶっているのもその特徴に上げられます。

仮面を被っているのにはある理由があるようなのですが・・・。

 

作中ではほとんどの人間は食料として農園の中で飼育されていますが、その農園を管理しているのも知性鬼たちです。

そこでは階級社会が成り立っていることがわかっていますが、知性鬼の中にはさらに社会的に上の地位となる貴族鬼となる存在がいるようです。

作中では人間との命がけの狩りを懐かしんでいるレウウィス公や秘密農園の持ち主であるバイヨン卿が貴族鬼になるようです。

 

野良の下等種

農園の外にいる鬼で、鬼の社会には属していません。

外観上の特徴は、知性鬼の目が規則的な配置なのに対して野良鬼の目は並びがバラバラで顔全体に点在しているように見えることです。

主に森の奥に生息していて農園にいる鬼たちとは異なり言葉は話さず、知能も低いようですが仲間を呼ぶことができるし、再生能力が非常に高いので殺すのはかなり大変です。

エマとレイを取り囲んだのも野良鬼たちです。

 

異端の鬼・放浪鬼

農園の外には野良鬼意外に知性のある放浪鬼も存在しています。

作中ではソンジュやムジカが放浪鬼に当たります。

放浪鬼の特徴はその宗教的思想で、農園で飼育された人間は食べないんですね。

逆に農園の外で育った野生の人間は食べたいと考えていて、そのためにエマに協力しているようです。

スポンサーリンク

鬼の弱点判明の瞬間

身体能力では人間を圧倒している鬼ですが、1000年前の人間はどうやって戦っていたのでしょう?

絶体絶命状態のエマとレイもそこに思いをはせた時に鬼たちを倒す方法にいきついたようです。

その瞬間が約束のネバーランド第62話に描かれているんですね。

あらためて、エマとレイが鬼の弱点を見つけ出す62話を振り返ってみましょう。

 

絶体絶命のエマとレイ

オジサンの策略で野良鬼たちに囲まれて絶体絶命のエマとレイ。

「フツー死ぬと思うんだけどがんばって」

野良鬼を倒す力を持っているのに二人を助けるつもりはまったくなさそうなオジサン。

 

鬼たちから自力で逃延びるしかないエマとレイは、樹を打ち落として鬼の動きを止めネットで捕獲しつつ逃げる作戦をとりはじめます。

しかし、それは時間稼ぎにしかなりません。

なんと、鬼たちは仲間の身体を食べることでネットの捕縛から逃げ、その驚異的な再生力で再び二人を追撃し始めたのです。

 

野良鬼は知性は無いはずなのですが、これには二人もビックリです。

一方、終われる二人を見物しているオジサンにも鬼は迫るのですが瞬殺しています。

 

レイの閃き

レイはこのままでは弾のムダ使いにしかならないと鬼を倒す方法を必死に考えます。

「鬼は殺せる 1000年前の人間にも1000年前の技術でも」「オレ達にだって倒す方法はあるんだ!」

そこでレイはかつてソンジュが鬼にトドメを刺した時のことを思い出します。

知性鬼たちが全員仮面をかぶっていることにも気が付いた瞬間、レイは鬼の弱点に気が付くのです!

 

鬼の弱点は目

レイが気が付いた鬼の弱点、それは「」です。

しかし野良鬼には「目」はいっぱいあるように見えますが、いったいどの目を狙えばよいのでしょう。

そこでレイはエマに中心の目を狙うように指示します。

「エマ!目だ!」「顔の中心付近の目!」

 

レイの読みはズバリ的中、エマの矢によって目を射抜かれた鬼たちは倒れたまま再生することはありませんでした。

こうして二人は無事に野良鬼の包囲網を突破、オジサンと合流することができました。

 

まとめ

鬼の弱点は「目」であることが判明したことで、エマやレイ、農園で飼育されている人間たちに鬼への反撃ができるのでしょうか?

野良鬼ならともかく、知性鬼は仮面をかぶっています。

1000年前まで人類と死闘を繰り広げていた結果、知性鬼が仮面をかぶっているのだとすれば弱点である顔中心の目は仮面で隠し視力の確保だけしている可能性もあります。

銃を使えば仮面を貫通して目を攻撃できるかもしれませんが、小さい目を狙撃するには相当の腕前も必要となりそうです。

鬼の弱点は「目」と判明しても、まだまだ人間が容易に勝てる状況ではなさそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です