【進撃の巨人】104話のネタバレでエレンが戦鎚の巨人を捕食


スポンサーリンク

エレンの顎を血みどろにした「戦鎚の巨人」が隠れる水晶体に、ついに傷が入った!?

進撃の巨人104話ではエレンの奥の手にだれもが驚愕したことでしょう。

そしてタイトル「勝者」とはいったい誰を指しているのでしょうか?

進撃の巨人ネタバレ最新104話をまとめてみましょう。

スポンサーリンク

進撃の巨人104話のネタバレの見所

進撃の巨人104話では103話で気になっていた点がいくつか明らかになりました。

やっぱりそうなったかと思う点も、そうなったかと意外な展開も、最新ネタバレで見ていきましょう。

 

ベルトルトの見た景色

瓦礫に埋もれ身動きが取れずにいる少年の上を、超大型巨人の足が通り過ぎて行きます。

苦しみに大きく見開かれた目、痛みに耐えようと食いしばった口、その身体に気が付かず踏みつぶしてしまうのかと思いきや、超大型巨人から姿を現したアルミンがつぶやきます。

「・・・これが」「君の見た・・・景色なんだね」「ベルトルト」。

その超大型巨人の上にはなにやら巨大な影が浮いているように見えます。

いったいこれは何なのでしょう?

 

やっぱり外したジャン

一転してピークにトドメを刺そうとするジャンと、その前に立ちはだかるファルコ。

103話ラストでは一瞬迷いの表情を浮かべたジャンですが立ちはだかるファルコにめがけて雷槍を放ちました。

覚悟を決めたという目ではなく、逡巡を感じさせる眼に見えたのは私だけでしょうか?

 

おそらく多くの人が予想していた通り、ジャンはトドメを外してしまいます。

「蒸気で軌道が逸れた・・・!?」「それとも俺が外した・・・のか!?」

 

車力の巨人から飛び出したピーク本体を追う調査団。

しかし、マガト隊長はじめとするマーレ軍の銃撃に追跡を阻まれます。

その様子を見ていた「顎の巨人」ポルコは、倒された仲間たちの姿を思い浮かべ、「クッソオ!!」とエレンに襲い掛かります。

 

「・・・なるほど」

「顎の巨人」ポルコの攻撃をカウンターパンチで避けた「始祖の巨人」エレンでしたが、その腕を強力な顎で粉砕されてしまいます。

さらに、顎の巨人の強力な「爪」による猛攻がつづきます。

その攻撃を避けようと思わず戦鎚の巨人の水晶体で防御したエレン、その表情は顎の巨人の攻撃に驚いているというより、なにか別の事に気が付いたという目をしています。

 

なんと、あれほど硬くて手に負えなかった戦鎚の巨人の水晶体が顎の巨人の爪によってえぐられているではありませんか!

「これが顎の巨人の力か・・・」「・・・なるほど」。

顎の巨人見つめるエレンの瞳には、何かを決意したかのような輝きが見えています。

 

飛行船登場

ピークの身体を守りなんとか逃げ延びたマガト隊長一行、ファルコとガビですが、ピークの修復力の遅さに驚きを隠せません。

「車力の巨人はそこまで頑丈じゃない」「鎧の巨人と違って・・・」、そこでガビはファルコにライナーの居場所を問いただします。

もうライナーの助けなくしてはこの状況を打破できないと考えているようです。

 

しかし、ファルコの口から出たことばはライナーをそっとしておこうというもの。

「・・・何・・・言ってるの?」、ガビは大勢の人がエレン・イェーガー殺されたといいながら窓の外に目をやります。

 

次の瞬間、その目は驚きに見開かれました。

マガト隊長、そして顎の巨人ポルコも「な・・・!?何だと!?」

驚きを隠せません。

 

かたやパラディ島軍団は「時間通りだ」と。

激しい市街戦が繰り広げられているレベリオ収容区上空に現れたのは、巨大な飛行船ではありませんか。

中にはハンジとアルミン、操縦士のオニャンコポンの姿が見えています。

 

どうやらこの飛行船でエレンはじめ、パラディ島の皆を回収するつもりのようです。

さらに、アルミンの口からはこんな意味深なセリフが・・・。

「皆と・・・エレンを回収できなければ僕らに未来はありません」

 

ついに水晶体破壊

飛行船を見た「顎の巨人」ポルコ、逃走用であることは予想します。

そして当然のことながら「・・・!!させるかよ!!」となるわけです。

飛行船に突進するポルコの足元からアッカーマン・ミカサの一撃。

両脚を切断されたポルコをエレンが襲います。

 

そこで顎の巨人の力に「なるほど」と言っていたエレンの一手が判明します。

顎の巨人の口に戦鎚の巨人本体であるヴィリーダイバーの妹が潜む水晶体をくわえさせ、力まかせに締め付けます。

顎の巨人の強力な歯で水晶体を砕こうとしているようです。

 

エレンの目論見は見事成功。

水晶体は戦鎚の巨人本体であるヴィリーダイバーの妹もろとも砕けつぶされ、そこから絞り出される生き血をエレンが飲み込みます。

巨人は、その保持者の骨髄を捕食することで継承できるとありますから、つぶされ絞り出された血液には、当然骨髄液が含まれているはずです。

これでエレンは戦鎚の巨人も捕食しましたから、始祖の巨人、進撃の巨人と3体の巨人を宿すとんでもない存在になってしまいました。

 

ライナー

戦鎚の巨人を捕食したエレンは、とうぜんのことながら顎の巨人も捕食しようと狙うわけです。

その様子を見ていたガビはついに大声でライナーを呼び始めます。

「ガリアードさんが食べられる!!」「助けてえええええ」。

ついにファルコもガビと共にライナーを呼び始めます。

 

エレンがガリアードを捕食しようとしたまさにその瞬間、ライナーが目覚めてきます。

「・・・どうしてお前らは」「俺を・・・死なせてくれないんだ・・・」。

しかし、巨人化したその姿は「鎧の巨人」とは似ても似つかぬ姿で、ライナーそのものが巨人化しただけでエレンの一撃にあっけなく吹き飛ばされてしまいます。

 

しかし、その手にはしっかりと顎の巨人を抱えだし、救出しています。

さすがのエレンもライナーを殺すほどの力はもう残っていないとミカサに告げます。

 

「ライナーは・・・今は 殺せやしないだろう」。

この時エレンが直視するライナーの目線、思い切り強そうなんですよね。

さっきまでのライナーとは別人の目です。

エレンはこの目を見て「殺せない」と判断したのではないでしょうか。

 

ここでまた意味深な一言がミカサの口から発せられます。

「じゃあ 帰ろう 私たちの家に」、これって、どういう意味なんでしょうね?

 

逃がさない!!

巨人から抜け出したエレンはミカサと共に飛行船へと向かいます。

その様子を見ていたガビがライフルを抱えて走り出します。

「エレン・イェーガーに!!おじさんの鉛玉ぶちこんでやる!!」

 

そんなガビが向かっている飛行船では、ジャンが指揮を執り他の調査兵団団員たちも飛行船へと集結中です。

「討ちとるか・・・逃げ切るか!?」。

はたしてエレンと飛行船の運命はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

進撃の巨人104話のネタバレの考察

やっぱりジャンは外したなあ~と、これは誰もが予想した通りだったのではないでしょうか?

それでは進撃の巨人104話ネタバレの感想と考察をまとめてみましょう。

 

始祖の巨人エレンはどこまでいくのか?

104話の目玉はやはりエレンが水晶体を破壊した手段ではないでしょうか?

自分の顎で噛み砕こうとして血みどろになりながらも、文字通り全く歯が立たなかったシーンが、ここに繋がってくるとは思いませんでした。

 

顎の巨人のひっかき攻撃からの伏線はわかりやすかったとはいえ、顎の巨人を使うとは。

やられてみれば「なるほど、その手があったか!」なんですけどね。

 

しかし、これでエレンは3体の巨人を持つ身となったわけです。

  • 始祖の巨人
  • 進撃の巨人
  • 戦鎚の巨人

もう少しで顎の巨人も捕食するところでしたね。

 

いったいエレンはどこまで巨人をその身に入れていくのでしょう?

巨人vs巨人のラスト対決は、エレンvsライナーなんでしょうか?

でも、ジークの生死も103話では明確になっていないんですよね。

104話で復活した時のライナーのあの目を見ると、ライナーが本格的に復活し強力な相手となりそうな予感がします。

 

「皆と・・・エレンを回収できなければ僕らに未来はありません」

飛行船の中でアルミンがいったこの言葉、たしかにマーレ陣地奥深く強襲していますから長引けば不利になります。

兵站の確保は戦争の大基本ですからね。

でも、なにか引っかかるこの言葉。

この言葉からすると、現時点で今回の強襲の目的は達成されたということになりそうですよね。

 

もうひとつ気になる言葉がこれ。

  • ミカサの「じゃあ帰ろう私たちの家に」
  • エレンの「ライナー」「またな」

ミカサのいう「私たちの家」ってパラディ島のことなのか?

それとももっと狭い意味での「家」なのか?

気になるんですよね。

 

さらに、エレンがライナーにかけた言葉の真意は?

顎の巨人をもらいに来るよなのか、それともお前を奪いに来るよなのか?

もしかしたら、マーレ陣営とパラディ島陣営の間で何かが起ころうとしているのでしょうか?

 

パラディ島軍急襲の目的は?

アルミンの言葉から今回の急襲は目的達成と見て良さそうですが、そもそも何が目的だったのでしょうか?

今の段階で得られた結果としては次の4つがありそうです。

  1. 戦鎚の巨人の獲得
  2. タイバー家壊滅
  3. マーレ側の心理的ダメージ:ジーク、ピーク、ポルコが倒された
  4. 同じく軍港、軍艦の大量破壊による戦略的影響

 

パラディ島勢力とマーレ側が今後どのような関係を築きたいのか?

世界の中でのマーレとパラディはどうありたいのか?

その辺が明確になっていないので、4つのうちどれを持って勝利とするかが見えてこないんですよね。

 

実はここまでは描かれていないとんでもない目的があり、強襲による市街戦やエレンと巨人たちとの攻防は本来の目的ではないなんてのもありそうです。

というのも、飛行船による撤退シーンが残っていますから、そこで本当の意味・目的が明かされる可能性もありますね。

 

104話タイトル「勝者」とは?

今回の作戦の本当の目的が見えずじまいのままでは、タイトルにある「勝者」が特定できないですよね。

「ついに戦鎚の巨人を捕食したエレンが勝者」、「マーレ側巨人3体を倒したパラディ島勢力が勝者。」、さらには、こんな見方もありますね。

「死にたいと願っていたライナーが復活したことが勝者。」。

あなたは104話のタイトル「勝者」は誰だと思いますか?

スポンサーリンク

まとめ

進撃の巨人104話ではパラディ島勢力によるマーレ陣強襲も最終局面である撤退を迎えました。

今回の強襲は、パラディ目線で見るか、マーレ目線で見るかで、感じる内容がまったく反対になりそうです。

さらに、103話でリヴァイに倒されたけど生死が定かではないジークの行方が105話当たりで出てきそうな気がしませんか。

105話までさらに妄想を膨らませて進撃の巨人を楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です