【進撃の巨人】105話のネタバレでサシャが死亡!?ジークが裏切っていたことが判明!?


スポンサーリンク

進撃の巨人最新話105話のネタバレでは、ついに今回のレベリオ強襲作戦最大の謎が解明されました。

さらに、進撃の巨人103話のネタバレでジークは本当は死んでいないのでは?と予想していましたが、105話のネタバレでまさかのジーク復活劇の展開となりました。

衝撃の展開はまだまだ続いて、なんとあのキャラが最期を迎えてしまうんです。

それでは進撃の巨人105話のネタバレを見ていきましょう。

スポンサーリンク

進撃の巨人105話のネタバレとあらすじの見所

 

撤退

レベリオ街区上空を進む飛行船のゴンドラ株には丸太が据え付けられています。

これは調査兵たちが立体機動装置のアンカーを打ち込み、乗り込めるようにするためのもの。

その飛行船にミカサと共に乗り込んだエレンですが、リヴァイから「糞溜めに落ちたらしいな エレン」と突然ケリを喰らいつつ、拘束されてしまいます。

「すべては手紙に記した通りです」「ご理解いただけたはずでは?」とハンスエレンに対して「その面…地下街で腐るほど見てきたクソ野郎のそれだ」「…まさか…お前が」と告げるリヴァイは何やら思うところがあるようですね。

一方、続々と飛行船に乗船してきた調査兵団員たちは、新生エルディア帝国の勝利と歓喜の雄叫びを上げています。

 

ガビの思い

地上では飛行船を打ち落とそうとライフルを抱えてガビが走っています。

敵は飛んでいるのだから無駄だというファルコに、「こんな収容区でも私の大切な人達がいる」「それを踏みにじられることは許せないの…」と思いを話すガビを見つめるファルコも悲しげな表情を浮かべます。

ガビの話を聞きながらファルコは、エレンに聞かされたことを思い出し、「敵も…マーレの戦士から攻撃されて 大勢殺されたから…その報復だろう…」と話しますがガビからは「あんたは…それを…見たの?」と反論され言葉が返せなくなってしまいます。

「そもそも敵は…世界の平和を脅かす 島の悪魔でしょ?」「私たちとは違う」というガビの言葉に、「海の外も 壁の中も 同じなんだ」というエレンを思い出し、ハッとするファルコを置いて再びガビは走り出します。

 

凶弾

飛行船に乗船しようとしていたロボフ師団長の狙撃に成功したガビは、飛行船と繋がっているままの立体機動装置を使ってガビにしがみついたままのファルコとともに飛行船への乗船に成功、恨みが募るガビはいきなりライフルを発砲します。

その弾丸を胸にくらい吹き飛んだのはなんとサシャではありませんか。

ガビとファルコはすぐさま取り押さえられてしまいますが、サシャは最後に「……肉」と言って息絶えてしまいます。

捕まえたガビとファルコを「外に投げる」という調査兵に「子供を空から投げ捨てれば…」「この…殺し合いが終わるのかよ…」というジャンのセリフが、漆黒の夜空を飛んでいく飛行船と共に消えて行きます。

 

ジーク

場面は、お腹から水蒸気を出しながら横たわり介抱されているピークに移ります。

やってきたマガト隊長に「私とガリアードを穴に落としたマーレ兵を思い出した」とピークが話し出します。

 

そこで場面は再び飛行船へ。

「ジーク戦士長が残した意志は同胞が引き継ぐ!!」「お前を呪い殺すのは真のエルディア人だ!!」「私を殺した後 首謀者に伝えろ!!」というガビに「…今から会せてやるよ」「そいつに同じこと言ってやれよ…」とジャンに連れられて別室に入ったガビとファルコの目がテン「…!?」に。

 

再びピークとマガト隊長の会話の場面に移ります。

「なぜそのマーレ兵だとわかった?」と尋ねるマガト隊長に、ピークの口から「彼女はジークの信奉者でしたから…」と衝撃の言葉がとびだすと同時に場面は再び飛行船内に。

 

そこには蒸気を放ちながらジークが座っているではありませんか。

ガビとファルコは目がテン、口はあんぐりです。

さらに「それで?すべては計画通りってわけですか ジーク・イェーガー」というハンジの言葉に再び「…え?」なガビとファルコ。

 

誤算

ハンジの言葉に大筋は良かったが、誤算は多々あったと答えるジークにさらにビックリのガビとファルコ、さらに目がテンになっています。

そんな二人を尻目にジークの信奉者であるマーレ人兵士イェレナを「顎と車力はお前が拘束するんじゃなかったのかよ!?」とジャンが詰問すると、「脱出されてしまった」「私の失態だ」と答えるイェレナ。

「その余波で獣が多めに石つぶてを俺達にくれてやったわけか…」と話すリヴァイに「そう睨むなよリヴァイ…」とジークも応酬しています。

 

巨人が揃った

二人のやり取りに割って入ったエレンが「これで時間は稼げたはずです」と話しますが、ハンジは「世界がパラディ島に総攻撃を仕掛けてくるまでの時間かい?」とハンジが問いかけます。

さらに、ハンジはエレンに「君は我々を信頼し…我々は君への信頼を失った」と話しますが、そこでジークが口を開きます。

「だがこうして始祖の巨人と王家の血を引く巨人が揃った」「すべての尊い犠牲がエルディアに自由をもたらし必ず報われる」、この言葉にハンジ、ジャン、リヴァイも静まり返ります。

 

失ったもの

そこへ「サシャが死んだ」とコニーが報告してきます。

横たわるサシャと泣き叫ぶアルミンとミカサ、ポカンと固まってしまうジャンとうつむくエレンですが、サシャが撃たれたことを知らないハンジは「…え?」とビックリ顔です。

訓練兵時代に食料をくすねてきたサシャを思い出して歯を食いしばるエレン、そのエレンを無表情に見つめるジーク。

それぞれの思いを乗せて飛行船が闇夜を進んでいきます。

スポンサーリンク

進撃の巨人105話のネタバレの考察

 

サシャ死亡が確定なのか?

そのおとぼけキャラから人気が高かったサシャがついに最後を迎えてしまいました。

かねてからジャン、コニー、サシャの3人のフラグ説はありましたし、9巻のサシャのエピソードでは当初の構想では死んでしまったような描かれ方だったことが判明しています。

いるかは来るんだろうなと思っていたことですが、やはり実際にサシャのこのシーンが来るとキツイものがありますね。

特に、エレンが思い出した訓練生時代のサシャには思わず涙がこぼれた方も多いのではないでしょうか。

 

クソ野郎のそれ?

リヴァイはもともと地下街のごろつきだったところを拾われここまで来ていますから、地下街のクソ野郎のことは熟知しています。

そのリヴァイがエレンの事を「その面…地下街で腐るほど見てきたクソ野郎のそれだ」「…まさか」「…お前が」と悲しげなあきらめ顔で告げているのが105話の冒頭で印象的なシーンではないでしょうか。

 

過去話や今回のハンジの言葉から、今回のレベリオ強襲に至るまでの過程はエレンの独断行動が始まりであったことがわかります。

結果的には始祖の巨人と王家の血を引く巨人を手に入れたとは言え、エレンの独断専行により8名の調査兵が死亡したばかりでなく、敵とは言え多くの老若男女が大量に犠牲となったことは事実です。

 

一般市民や仲間の調査兵の犠牲をいとわず独断専行したエレンをリヴァイは許せないのではないでしょうか。

対するエレンは手紙に全て記したことで理解してもらっていたと考えていたようです。

 

手紙にエレンは何を書いていたのか?

リヴァイのエレンに対する真意は?

次回以降で語られることになるのかが気になります。

 

やっぱりジークは生きていた

103話でリヴァイに倒された獣の巨人、その本体はジークですから本当にトドメを刺すつもりなら巨人継承者であるジークを倒すしかありません。

ところが、103話では倒れた獣の巨人の背後に手榴弾を投げ込んだだけで、本体であるジークはどこにも出てきていませんでした。

 

そこで、ここでもジークは生きているのではないかと予想していましたが当にその通りの展開になりましたね。

しかも再登場したジークが今回のレベリオ強襲作戦の首謀者だったようなんです。

 

首謀者

リベリア強襲作戦が始まった当初から、何を目的としている作戦なのかが考察されてきましたが、今回の105話でレベリオ強襲作戦の目的という一番大きな謎が判明しましたね。

ジークの言葉から新生エルディア帝国がエルディアに自由をもたらすために「始祖の巨人」「王家の血を引く巨人」を揃えた。

そのための今回の一連の作戦だったことがわかります。

 

また、かねてから繋がりが予想されていたジークとエレンですが、リヴァイやハンジもジークと繋がっていたこと、さらには「それで?すべては計画通りってわけですか ジーク・イェーガー」というハンジの言葉からこの作戦の首謀者がジークだったこともわかります。

エレンの独断専行からジークが計画立案していったという流れがありそうですが、ジークといえばレジスタンスリーダーであった父親をマーレ側に密告するなどガチガチのマーレ主義者として描かれてきましたが、いったいどこでエルディア主義者へと転向したのでしょうね。

スポンサーリンク

まとめ

103話のネタバレでジークが105話で復活するのではと予想していましたが、まさか今回の作戦の首謀者として復活してくるとは思いませんでした。

そして105話のネタバレではジークとエレンが繋がっていただけでなく、ハンジとリヴァイもジークと繋がっていたことが判明しました。

さらに驚きなのがジャンとマーレ軍兵士であるイェレナまでもが繋がっていたということです。

ジークが復活したみたいにサシャも復活…なんてことはないんでしょうね…。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です