【進撃の巨人】112話のネタバレでアッカーマン一族の真実が判明

進撃の巨人112話のネタバレでは、ついにアッカーマン一族の秘密が明かされました。

さらに、ミカサの頭痛の秘密までもが判明してしまうようです。

進むべき道がどんどん離れていく幼馴染三人は、ついに完全決別となり、ついにジークがその本性を表しました。

衝撃の事実がてんこもりとなった進撃の巨人112話のネタバレあらすじと考察まとめを見て行きましょう。

進撃の巨人112話のネタバレの見所

 

巨人化ワイン

「どういうことだ・・・」「ワインにジークの骨髄液が入っているって・・・?」とニコロの胸ぐらを掴み、問い詰めるジャンに、「確証はない・・・、ただ、短期の調査には明らかに不要な大量のワインが第一回の調査船から積まれていた」とニコロは答えます。

そして、ニコロが料理人としての立場が安定した時に、マーレのワインを兵団組織の高官たちに出すようにとイェレナから言われたと言うのです。

しかし、そのことはオニャンコポンは本当に知らなかった様子ですから、ジークが判断したごくごく限られたメンバーだけにしか伝えられていないのでしょう。

 

しかし、自分の故郷ラガコ村が巨人化させられたコニーは、「ジークの骨髄液を飲んだ時点で身体が硬直するはずだ」と反論します。

それに対してハンジは、誰もその場面を見ていないからジークがウソを言っていたとしてもわからないこと、そして、嘘をつく理由として、硬直という前兆があると信じていれば、逆に何もなければ兵団の高官たちは全く疑うことなくワインを飲んでしまうと推測します。

イェレナの矛盾に気がついていたのもハンジですが、物事を客観的に洞察するところはさすがですね。

しかし、ハンジが気がついたときにはもう遅いというパターンが多いとも言えそうですが。

 

ジャンはワインにジークの骨髄液が入っていることに衝撃を隠しきれない様子で、「お前がそう思っただけなんだろう」とニコロを問い詰めますが、問い詰めるというより自分を納得させたいだけに見えますね。

そんなジャンにニコロは、ジークの骨髄液がどんな使われ方をしてきたのかを話し出しました。

 

10年ほど前、マーレは敵国の首都を一晩で落とすために一晩に何百もの巨人化を出現させたというのです。

あらかじめジークの骨髄液を服用した何百というエルディア人を忍ばせておけば、ジークが一声叫んだだけで町は壊滅してしまうと。

それと同じことをやろうとしているのでもなければ、「何であの怪しいワインを兵団のお偉方に飲ませなきゃいけないのか・・・俺にはわかんねえけどな」と言うニコロに、ジャンはうつむき加減に「俺からワインを取り上げたのは・・・俺達を・・・守るためか!?」と尋ねます。

ニコロはそんなジャンの問いに直接答えず、「悪魔の島を調査して世界を救うはずがこんなことバラしたら長生きなんかできねぇだろう」とちょっと自虐気味に独り言ちます。

 

おそらくニコロはこの店でジークのワインが大量に消費されているところを見ていますから、ジークの一声でどれだけの兵団高官が巨人化してしまうのかを想像して恐ろしくなってしまったのかもしれません。

その思いはジャンも同じでしょう。

「とにかく ニコロの話を前提に動きます」とハンジは、皆に上着を脱いで手を水で洗いながすことや、手で顔や口に触れないこと、同じことをミカサたちに伝えてくれとオニャンコポンに頼みます。

「了解です」と部屋を出たオニャンコポンの前に現れた人影。

 

殺さないよ

場面は別室のミカサとアルミン、そして、少し落ち着きを取り戻して来た様子のガビの三人。

ガビはアルミンとミカサに、「大切な仲間を殺した私を殺したくて仕方ないんでしょ?」と執拗に尋ねますが、「殺す殺すって 君はそればかりだね」と何かを思いながら答えるアルミン。

「誰かとそっくりだ・・・」と言うアルミンの言葉に、まるで合わせたかのように部屋に入ってきたのはエレン。

おそらく自分でわざとやったのでしょう、右掌の傷から血が垂れていつでも巨人化は可能だと言わんばかりですね。

 

ファルコの身体を洗い流しているハンジたちの部屋には銃を構えた反乱兵たちが突然の侵入。

その兵士たちを見て、「フロック!?」と驚くハンジに、「ハンジ団長」と同じく驚いた表情のフロックですが、直ぐに落ち着いた風で、「ジークの居場所まで道案内をしてもらいます」とハンジに告げるのです。

 

「君達と争うつもりは無い 兵団からの申し出は届いていないのかい?」と尋ねるハンジに、エレンの判断から兵団とは交渉しないとフロック。

と言うのも、ピクシス司令は表では争わないと言いつつも、エレンから始祖を奪う算段を立てているはずだからです。

エレンやフロックたち、若手反乱軍にしてみれば、ピクシス司令はじめとする高官たちは既存の価値観やモノの見方に縛られた老害にしか見えていないようです。

そんなフロックに、「妄想が過ぎるよ」と言うハンジですが、フロックは聞く耳をまったくもたず、「あなたの部下ではないと示すべきでしょうか?」と拳銃に弾丸を装填します。

 

知ってたの・・・!?

「何で俺達がいることが?」とジャンの考えが伝わったのか、ニコロは反乱軍と共にいる同僚のグリーズに気がつき、「お前がこいつらを呼んだのか!?」と問いただします。

そんなニコロに、「お前はエルディア人に入れ込み過ぎだ」「彼らとの連絡手段を教えなくて正解だった」と答えるグリーズ。

サシャがニコロの料理に歓喜してから急接近した調査兵団とニコロとの関係にグリーズは警戒していたようですね。

 

ハンジは「仲間同士で争い合っている場合じゃない!!」とジークの骨髄液入りのワインが兵団内で振る舞われたこと、ジークの計画に踊らされていることを熱く伝えるのですが、「それこそニコロの妄想に過ぎない話です」「何の証拠もない」とグリーズは言い放ちます。

諦めきれない様子のニコロやハンジたちに、「一発撃たないと従う気になりませんか?」と反乱兵たちはその銃口を仲間であるハンジやジャンに向けるのです。

 

「これは本当に敵の策略と考えて可能性の高い話なんだ」と言うジャンに、「だとしても馬鹿な憲兵共がより木偶の坊になるだけだろ?」と返すフロック。

その言葉に「は・・・!?」と気がついたハンジ。

そう、だれも憲兵団が飲まされたとは言っていない、つまりフロックたちはワインのことを知っていたということになります。

「知ってたの」と言うハンジに、「店内ではお静かに願いいたします」と言いながら取りつかれたような表情のフロックは歩いて行くのです。

 

オレは自由だ

エレンと共にテーブルを囲むミカサ、アルミン、ガビ。

エレンの手から流れる血がテーブルを染めていく様子を震えながら見つめるガビは、目の前のエレンがレベリオ区を壊滅させた巨人であることを気がつき、恐れているのかもしれません。

 

うつろな目をしたエレンが、「お前らと話がしたくてな」と言うと、アルミンも「エレンの考えていることを知りたかった」と話し出します。

「どうして単独でマーレ襲撃に至る選択をしたのか」「本当に・・・ジークやイェレナに懐柔されてしまったのか・・・」と尋ねるアルミンにエレンは、「オレは自由だ」と語り始めます。

 

「オレが何をしようと何を選ぼうと おれはオレの自由意思が選択したものだ」とまるで哲学のようなことを言うのですが、実はこの言葉がアルミンとミカサに対する決別の言葉となっていくのです。

エレンはレベリオに潜伏している間にジークから色んなことを学んだこと、ジークはマーレが知る以上の知識を手にしていることなどひとしきり話すと、「お前はアニのことろに通っているだろ?」と突然アルミンにアニの話を振ります。

焦りの表情のアルミンに、「それはお前の意識か?それともベルトルトの意識か?」「お前の脳はベルトルトにやられちまった 敵に操られているのはお前だろうが」と虚ろな中にも冷たくキツイ目をしたエレンが言い放ちます。

そんなエレンにミカサが、「あなたは何がしたいの?」と尋ねると、「無知ほど自由からかけ離れたもんはねぇって話さ」とアッカーマン一族の話を始めます。

 

アッカーマン一族とミカサ

エレンの話すところによると、つまりはジークからの知識ということになりますが、マーレの学者も巨人のことはほとんどわかっていないようです。

しかし、エルディア帝国がその歴史の中で、「ユミルの民」を弄り回した結果、偶然できたのがアッカーマン一族であること。

そして、人の姿のまま一部巨人の力を引き出せることがエレンの口から明らかにされました。

アッカーマン一族は、まさに「巨人科学の副産物」ということだったのですね。

 

そして、アッカーマン一族はエルディアの王を守る意図で設計されているから、今でもその名残で誰かを宿主と認識すると血に組み込まれた修正、つまりは「宿主=王」を守る仕組みが発動するということのようです。

幼い頃の人さらいとの戦いの中で、アッカーマン一族の本能として極限状態まで身体能力が高められただけでなく、「道」を通じて積み重ねてきたアッカーマン一族の戦闘経験までも得ることができた、そして、その時エレンを守るべき宿主だと錯覚したことが、ミカサがエレンに以上に執着する理由だというのです。

 

さらに、ミカサの頭痛の秘密も明らかにしれていきます。

それは力に目覚めたアッカーマンによくあることで、本来の自分が宿主の護衛を強いられることに抵抗を憶えることで生じるというのです。

もしこれが本当なら、ミカサの頭痛はループ説の根拠とされている話が一気に覆ることになりそうです。

 

さらにエレンは、「本来の自分を失い ただ命令に従うために作られた一族 つまりは奴隷だ」とミカサに冷ややかな目線で言うのです。

「オレがこの世で一番嫌いなものがわかるか?」「不自由な奴だよ」「もしくは家畜だ」と、衝撃のあまり言葉も出ないミカサにエレンの地獄の言葉はさらに続きます。

 

「オレは・・・ガキの頃からずっと」「お前がずっと嫌いだった」、さすがにこれにはアルミンもブチ切れ、エレンに殴りかかるのですが、そのアルミンを反射的にねじ伏せてしまったミカサ。

その光景に「お前はただそうやってアッカーマンの血が反応するままに生きてきた お前はただそれだけだ」と異様なまでに冷たく言い放つエレンに、再びアルミンが「ゴトオサアン」とワンパンお見舞いします。

 

しかし、アルミンがエレンに敵うはずもなく、すぐに「ゴオドオド」と反撃され、倒されてしまいました。

しかし、倒されながらもアルミンは「結局何が言いたかったんだよ?」「ミカサを傷つけることが君が求めた自由か?」「どっちだよ クソ野郎に屈した奴隷は・・・」と本質を突いた言葉をエレンに投げつけます。

 

アルミンの言葉はエレン少なからず刺さったようですね。

「ギリッ」と歯を食いしばりながら、「誰が・・・奴隷だ」とエレンは厳しい表情で言い返すのみでした。

そして「行くぞ」「始まりの地 シガンシナ区へ」と向かうのです。

 

冗談じゃねえ

巨木の上で「ザックレーが殺された?」という調査兵の部下の報告を受けたリヴァイは、冷静に受け止めます。

はるか下の地面では、のんびりと湯気の立つカップを片手に座っているジークの姿。

「今 壁内は実質的にイェーガー派によって支配されています」という報告に、「それで?」と先を促すリヴァイに「イェーガー派の要求通りにエレンをジークのところまで案内する手はずとなっております」と報告していますが、すでにエレンたちは兵団の申し出を断り、ハンジたちに道案内させる計画が進んでいます。

 

ピクシブ司令の計画を聞いたリヴァイ兵長は、「エレンを他の奴に食わせるつもりなんだろ?俺達の手で」と暗い表情です。

そして、これまで何度もエレンの命を救い、何人も仲間が死んだこと。

それが人類が生き残る希望だと信じてきたことを思い浮かべます。

 

「そう信じた結果がこのザマだ」「まるでひでぇ冗談だな」「俺達が見てた希望ってのは 一体なんだった?」と思いが脳裏を駆け巡ります。

そして「冗談じゃねぇ」「巨人に食わせるべきクソ野郎は他にいる」「あそこにいるクソ野郎だ」と遥か下の地面にいるジークに目を向けます。

 

「どういうことです?」と尋ねる部下に、イェーガー派とかいうのを一人でも捕まえて巨人にしジークを食わせると言うのです。

さらに、「ヒストリアが覚悟した通りなら、そいつを食ってもらう」と言うリヴァイに部下たちは、ヒストリア出産までの数カ月に敵の総攻撃を受けたら終わりであること、出産が無事にできるとも限らないというのですが、「無理は承知だがここが勝負どころだ」「これ以上 奴の思い通りにはさせねぇ」とリヴァイの肚は決まったようです。

 

そして、エレンが本当にジークに操られているかどうかはわからないが、「ジークさえ失っちまえば連中はおしまいだ」とピクシスに伝えるように部下たちに「行け」と命じ、「奴の四肢でももいでおけば じいさんも腹括るだろ」とジークのもとに降りて行くのです。

その様子をはるか下方の地面からうかがっていたジークは、何かを察したような表情ですね。

もとよりしたたかな戦略家であるばかりでなく、人の心理や行動にも長けていますし、エレンとは打ち合せをしていたと思われますから、何が起こっているのかを感じているのではないでしょうか。

 

うおおおおおお

「読書は楽しいか?」と声をかけたリヴァイに、「面白いよ 7回も読んだ割には」と答えるジーク。

そんなジークに、「俺達の会話が気になって集中でいなかっただろ?」とリヴァイがさらに言うと、「7回も読んだ本に熱中しろってか?」と半ばあきれ顔で答えながら、「もうワインは残っていないのか?」と尋ねるのです。

 

「一月もここにいるんだぞ 一滴ものこってねぇよ」とリヴァイは答えますが、隔絶されたパラディ島の中しか知らない面々にはマーレのワインはそぞかしおいしかったのでしょう。

「まったく・・・ひでせ拷問を考えるもんだ・・・」とため息交じりのジークですが、それってワインが飲めないことでしょうか?

それとも何か他の意味が含まれているのでしょうか?

 

そんなジークを冷ややかに見下ろしながら、「ピクシスの返答がどうであろうと奴を切る」と決意した表情のリヴァイ兵長。

完全武装の兵士が30人、森の上から囲んでいるから獣の巨人になろうとジークは逃げられないとリヴァイは考えているようです。

イェーガー派の報告から、「やはり髭面野郎は敵だった」「それが判明した時点で人質に手足をつけとく理由はねぇよな」と背後のジークをうかがいながら、エルヴィンとの誓いに思いを馳せるのです。

 

すると、突然ジークが「タッタッタッ」と森の中へ走り始め、「うおおおおおおお」と空気がビビるほどの大声で叫びました。

するとなんということか!

森の上で待機していた調査兵たちが瞬く間に巨人化、リヴァイの周りに降り注いできたではありませんか。

はたしてリヴァイの命運はいかに?

進撃の巨人112話のネタバレの考察

 

エレンの矛盾

エレンは進撃の主人公で、これまでもヤンチャなところは多々ありましたが、112話のエレンには衝撃を受けましたね。

まずはエレンの犠牲者になったアルミン。

アルミンがアニを気にするのは敵国の人間に恋してしまったベルトルトの記憶のなせる業で、すでにアルミンの脳はベルトルトの意識に操られているのだと決めつけていました。

そして、ミカサに対してもエルディア王を守るために設計された仕組みに操られているだけの奴隷だと言い放った上に、ただ命令に従うだけの奴隷であるミカサがガキの頃からずっと嫌いだったとまで言い切りました。

 

これにはさすがにアルミンだけでなく、ブチ切れた読者も多いのではないでしょうか?

しかし、エレンの言葉には自分自身に対する矛盾も目いっぱい含まれていますよね。

なんせエレンが継承している巨人は

  • 進撃の巨人
  • 始祖の巨人
  • 戦槌の巨人

を継承していますし、それぞれが強烈な個性の持ち主でした。

 

アルミンに対してエレンがいったことをそのままエレンに当てはめてみれば、一番意識が影響されているのはエレンということになります。

エレンはかつてジークに「父親に洗脳されている」と言われていましたが、エレンがアルミンにいったことと同様なことをジークに言われたのではないでしょうか?

そして、一流の扇動家であるジークに「エレン、だがお前は違う」などと言われて、「オレは違う」「だからおれはやる」なんて流れになっているように思えてなりません。

でも、そもそもの話、瀕死のアルミンを救うためにリヴァイに逆らってまで巨人化させたのはエレンなんですよね。

 

エレンの真意

散々な物言いのエレンですが、逆にあまりにも言い過ぎているような気もします。

わざわざミカサとアルミンに「お前ら嫌いだ」と言うだけのためにニコロの店まで来たのでしょうか?

瀕死のアルミンを救いたいがために、あのリヴァイ兵士長に逆らってまでアルミンに巨人化薬を注射させたのはほかならぬエレンです。

 

逆にジークは、計画遂行のためなら実の両親ですら犠牲にしてきた人間です。

三つの巨人を有するエレンを意のままに動かしたいジークにとって、ミカサとアルミンはまさに目の上のたんこぶ。

ジークの計画通りだと、ミカサとアルミンは確実に犠牲になる、そこで自分がヒールになって二人を助けようとする計画なのでしょうか?

そう思いたいところですが、おそらくジークはエレンの考え方や行動などお見通しでしょうし、地下室の真実以上の衝撃をジークから突きつけられたエレンは、ジークにそれこそ洗脳されてしまったのかもしれません。

 

はたしてエレンの真意はどちらなのか?

また、エレンが言うところの「始まりの地 シガンシナ区へ」に何があるのかも気になるところです。

 

リヴァイピンチ!

ジークの四肢をもぎ取ることを決意したリヴァイでしたが、おそらくジークはただならぬ気配を察したのでしょう。

また、リヴァイの部下の報告がエレンたちの動きを報告したであろうことも察したと思います。

リヴァイ兵長は表情を変えませんが、報告した部下たちの焦りと不安げな表情から、エレンたちが事を起し、兵団側に不利な状況となっていることなどジークならすぐに察してしまいそうです。

 

しかし、あのワインがまさかの調査兵団にまで渡っていたとは驚きです。

ワインを出すように指示していたのはイェレナ、ということはジークの計画ですから、ジークは初めから調査兵団を壊滅させる意図があったということです。

ということは、リヴァイのことも生かしておくつもりはないということになりますが、はたして巨人に囲まれたリヴァイの運命はどうなるのでしょう?

 

リヴァイなら無垢の巨人30体程度なら倒せそうですけどね。

元部下といえども巨人化してしまった以上は戻らないことはわかっていますから、逆に成仏しろよという感じに瞬殺しまくるのではないでしょうか。

しかし、そこでジークが獣の巨人化したらさすがのリヴァイも厳しそうです。

 

ループ説に暗雲?

進撃の巨人といえば“ループ説”ですね。

ループ説について詳しくは「【進撃の巨人】ループ説は確定か??改めて考察!」にまとめています。

 

その根拠の一つにミカサの頭痛が上げられています。

しかし今回、ミカサの頭痛はアッカーマン一族が力に目覚めた後にはよくあることとエレンによって明らかになってしまいました。

つまり、ループ説とは無関係ということになります。

自分の想い通りにしたいという意識と、アッカーマンとして宿主を守らねばならないという意識のせめぎ合いからくる頭痛だっとは意外な正体でしたが、はたして本当にされだけなのでしょうか?

まとめ

進撃の巨人112話は余りにも衝撃的な展開となりました。

アッカーマン一族の正体はともかく、エレンがミカサに告げた一言は進撃の巨人全編を通しても最悪の一言と言えそうです。

はたして幼馴染三人はどうなってしまうのか。

巨人に囲まれた上に獣の巨人とも戦わざる得なくなりそうなリヴァイ兵長の運命は?

次回が待ち遠しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です