【進撃の巨人】リヴァイ班のメンバーを一覧形式で紹介

進撃の巨人

「進撃の巨人」リヴァイ戦士長は、変わり者だらけの調査兵団の中でもさらに異色の存在ですよね。

そのリヴァイ兵士長が、調査兵団兵士の中から最精鋭の兵士を自ら指名して編成されたのがリヴァイ班というわけです。

 

そこでここでは、進撃の巨人には欠かせない存在である新旧二つのリヴァイ班の使命と、メンバーを紹介します。

旧リヴァイ班はなぜ無くなったのか?そして、新リヴァイ班の未来も一緒に考えて行きましょう。

スポンサーリンク

リヴァイ班ってなに?

進撃の巨人5巻20話リブァイ班エレンmanga-mura.net
引用:manga-mura.net

調査兵団特別作戦班の別名で、メンバーは全員リヴァイ戦士長が自ら指名した精鋭ぞろいです。

また、リヴァイ戦士長に対する信頼は絶対的で、リヴァイ戦士長が「前だけ見て走れ!」と言えば、たとえ直後に巨人が迫って来ても、振り返る事もせずまっすぐに走り抜けて行きます。

 

新旧二つのリヴァイ班

「リヴァイ班」といえば調査兵団の中でも超精鋭ぞろいで、またその戦いも強烈な旧リヴァイ班のことしかイメージできないかもしれませんね。

でも、旧リヴァイ班がなくなった後に、新リヴァイ班が結成されています。

新リヴァイ班はまだまだ成長過程ですが、このまま成長していけば旧リヴァイ班を勝るとも劣らない対巨人能力を発揮できそうです。

 

旧リヴァイ班の使命はエレンの防衛

進撃の巨人リヴァイ班使命
引用:manga-mura.net

最初のリヴァイ班が出来たのは、巨人化したエレンの審問会の直後です。

そのころから調査兵団団長エルヴィンは、王政を始めさまざまな勢力が、さまざまな思惑からエレンを殺す、あるいは奪おうとすることを察知、リヴァイの大芝居によりエレンを調査兵団預かりとします。

旧リヴァイ班の表向きの目的は、巨人化能力を持つエレンの監視であり、万が一巨人化したエレンが暴走した時には、ためらいなく殺すことが任務です。

 

しかし、リヴァイ班の本当の目的はハンジ・ゾエとともにエレンの巨人化能力の研究と、エレンを守ることだったんです!

そのことは、54回壁外調査時の女型巨人との戦いであきらかになりました。

 

旧リヴァイ班全滅

進撃の巨人リヴァイ班
引用:manga-mura.net

第54回壁外調査を計画した調査兵団でしたが、その真の目的はエレンを囮に使い、内部に潜む敵をおびき出し捕獲することでした。

エルヴィン団長の戦略と、リヴァイ班の逃げ、後方部隊の死闘により、大樹の森で女型巨人の生け捕りに成功したかにみえた調査兵団でしたが、女型巨人の起死回生の一声で無垢の巨人たちが来襲!

女型巨人は自分を無垢の巨人たちに喰わせることで拘束から逃れてしまいます。

 

いったん、女型巨人から人間にもどったアニにグンタは殺されてしまいます。

さらに再び巨人化した女型巨人からエレンを救うべく、リヴァイ班は壮絶な戦いを繰り広げ、最後にはリヴァイとエレンを残して全滅してしまうのです。

 

旧リヴァイ班のメンバー

 

リヴァイ・アッカーマン

進撃の巨人リヴァイ
引用:manga-mura.net

調査兵団兵士長であり、リヴァイ班班長です。

自他ともに認める「人類最強の兵士」であり、リヴァイ一人で一個旅団並みの対巨人戦力といわれるほど!

なんせ、15m級巨人を2体瞬殺、女型巨人との戦い、その後の獣型巨人との戦いなどでも人間離れした戦闘能力を発揮しています。

 

リヴァイの戦闘能力の高さは、名前にもあるアッカーマン一族であることが大きな要因なんですね。

アッカーマン一族は、ある瞬間に、筋力、反射能力など身体能力のリミッターを自分で解除することが出来るんですね。

バカみてぇな力が体中から湧いてきて…何をどうすればいいか判るんだ…

と、リヴァイ自身が語るようにリミッター解除された肉体は全神経が研ぎ澄まされ、全肉体が瞬時に反応することが出来るので情人がどれほど練習努力しても比べ物にならないレベルの戦闘力を持っているんです。

同じアッカーマン姓をもつミカサも、過去エレンが窮地を救った時にリミッター解除を経験、訓練生時代から一目置かれていましたよね。

 

エレン・イェーガー

進撃の巨人リヴァイ班エレン
引用:manga-mura.net

精鋭ぞろいのリヴァイ班ですが、新兵のエレンがなぜ入れたのでしょう?

それは、リヴァイ班がエレンの監視役だから、兵士として入ったというより、保護される対象なんですね。

巨人化能力をもつエレンを監視、万がいち巨人化したエレンが暴走した時にはトドメを刺すのがリヴァイ班の役目なので、必然的にエレンはリヴァイ班と共に行動するというわけです。

 

ナルオ・ボザド

進撃の巨人リヴァイ班オルオ
引用:manga-mura.net

  • 討伐数:39
  • 討伐補佐数:9

調査兵団のなかでも精鋭中の精鋭のリヴァイ班、その中でも討伐数はトップクラスを誇ります。

心酔するリヴァイ兵士長の真似をしているのですが、おなじリヴァイ班の女性兵士ぺトラ・ラルからは、

  • リヴァイ兵士長はそんなしゃべり方しない
  • 気持ち悪いから本当にやめて

と散々な言われようです。

巨人討伐数はダントツの能力ですが、乗馬中にしゃべりながら舌を噛みきり出血しているシーンがよく描かれています。

 

ぺトラ・ラル

進撃の巨人リヴァイ班ぺドラ
引用:manga-mura.net

  • 討伐数:10
  • 討伐補佐数:48

討伐数もさることながら、討伐補佐数が半端ないですね!

いわゆる、内助の功的な役割が上手なのかもしれません。

その点をリヴァイ兵士長は高く買って、リヴァイ班に指名したのかもしれません。

父親に当てた手紙で、リヴァイ班に指名されたことを伝えていますが、「すべてを捧げる」の文言には特別な思いも込められていたのでは?とも言われています。

 

エルド・ジン

進撃の巨人リヴァイ班エルド
引用:manga-mura.net

  • 討伐数:14
  • 討伐補佐数:32

5年前のウォールマリア陥落以前から調査兵団でリヴァイと組んでいた仲間なので、女型巨人生け捕り作戦を始めから知らされていたうちの1人です。

リヴァイ兵士長がリヴァイ班から離れた時には、その指揮をまかされているので副班長にあたるメンバーですね。

オルオとぺトラの先輩でもあり、二人が最初の壁外調査で漏らしたことを暴露しています。

 

グンタ・シュルツ

進撃の巨人リヴァイ班グンタ
引用:manga-mura.net

  • 討伐数:7
  • 討伐補佐数:40

長身で丸刈りが特徴のリヴァイ班のベテランです。

オルオとぺトラのお漏らし話で盛り上がっているリヴァイ班メンバーに対し、気を引き締める注意をするなど真面目な面が伺えます。

また、リヴァイ、エルヴィンへの信頼が厚く、彼ら二人からの命令に対しては、その真意がつかめなくても従うべきと語っています。

 

 

新リヴァイ班とは?その使命は?

進撃の巨人13巻新リブァイ班
引用:manga-mura.net

エレンを敵から守るために結成された旧リヴァイ班、女型巨人との戦いでリヴァイとエレンを残して全員壮絶な死を遂げてしまいました。

その後、新王制を立てるために、真の王家の血統であるヒストリアと、人類の自由の為に巨人化能力を使おうとするエレンを守るために新リヴァイ班が結成されました。

二人を守ることが必要なので、その拠点は人里離れた辺境の地となっています。

 

新リヴァイ班は旧リヴァイ班と違い、実戦経験はまだまだ浅いエレンと同期の104期生で構成されているのです。

調査兵団自体がベテラン精鋭税のほとんどが女型巨人捕獲作戦で戦死してしまっているので、リヴァイ兵士長としても苦肉の人選だったのかもしれませんね。

 

ただ、現時点での実戦経験と言う点では、生き残った調査兵団員はもとより、他の兵団に比べれば圧倒的なものがあります。

なんせ、地獄からの生還を果たした新兵たちですからね!

スポンサーリンク

新リヴァイ班のメンバー

 

リヴァイ・アッカーマン

進撃の巨人リヴァイ
引用:manga-mura.net

調査兵団特別作戦班リヴァイ班兵士長の肩書は変わらず健在です。

女型巨人との死闘の際、ミカサを庇うために足に大けがを負いしばらく治療していたが、今回の作戦で復帰。

ケガからの完治はしていないようですが、その戦闘能力は衰えていないようです。

リヴァイ兵士長以外の新リヴァイ班メンバーはなんと、全員104期生となっています。

 

エレン・イェーガー

進撃の巨人エレン
引用:manga-mura.net

言わずと知れた、進撃の巨人主人公ですね。

女型の巨人との死闘の後、鎧の巨人:ライナーと超大型巨人ベルトルトに攫われるが、調査兵団の死闘により奪還されました。

その時に、始祖の巨人の能力である「座標」の発動を経験します。

進撃の巨人と始祖の巨人の能力を継承しており、ヒストリア王政になった後に硬化できるようになっています。

 

ミカサ・アッカーマン

進撃の巨人ミカサ
引用:manga-mura.net

進撃の巨人では、もしかすると人気No1のヒロインかもしれませんね。

エレン奪還の際にはリヴァイと共に大けがを負うが、さすがアッカーマン一族です、1週間ほどで薪割が出来るほどに回復しています。

リヴァイと共にダントツの戦闘能力をもち、すでに調査兵団全体のエースとなっています。

 

アルミン・アルレルト

進撃の巨人アルミン
引用:manga-mura.net

1話からエレンとミカサとともに登場している同郷の幼馴染ですね。

体力的能力は劣るのですが、その知能は高く戦略、判断力に優れエレン奪還成功はアルミンの戦略によるところも大きいです。

エレン、ミカサも言うように、緊急時でも最善手を求める能力に長けているので現場での判断はピカイチ。

ヒストリア王政を築く際に、その身代わりとなったときの経験は、のちのちもトラウマになっているようです。

 

ジャン・キルシュタイン

進撃の巨人ジャン
引用:manga-mura.net

訓練生時代から、戦闘能力は高く本来は憲兵団入りを目指していたのですが、後に調査兵団入りを決意しています。

エレンも、ジャンが調査兵団に来た時には驚いていましたね。

ヒストリア王政のためのクーデター時には中央憲兵団との戦いに躊躇したため、アルミンに救われていますが、その後は持ち前の戦闘能力の高さを発揮しています。

実際の視野も素行的視野も広いため壮絶な戦いの中でも現状を分析する能力があり、そのためかかなりヤバイ状態になってもなぜか大けがをしていないんですよね。

 

サシャ・ブラウス


引用:manga-mura.net

もとが狩猟民族のせいか、訓練生時代からその食い意地の悪さは有名ですね。

死ぬ寸前まで走らされることより、晩飯抜きを嘆く性格です。

巨人戦もなかなかの能力を見せますが、中央憲兵団との対人戦では、狩猟民族としてお得意の弓矢を使っています。

かなり天然が入ったキャラはファンも多いですね。

 

コニー・スプリンガー

進撃の巨人コニー
引用:manga-mura.net

出身地の村の全員が巨人に変えられてしまった経験を持っています。

手足の発達が未熟で動けなかった巨人が自分の母親である事を知り、相当なショックを受けてしまいました。

もともと明るいキャラのムードメーカーなのですが、故郷の村の事件から、すこし影を帯びるようになった感じですね。

 

ヒストリア・レイス(クリスタ・レンズ)

進撃の巨人クリスタ
引用:manga-mura.net

旧リヴァイ班の時代にはクリスタ・レンズと名乗っていましたが、新リヴァイ班になったさいに自分の過去を告白。

ヒストリア・レイスと本名を名乗るようになります。

中央憲兵団の証言から、現王政ではなくヒストリアの血統であるレイス家が正統王家であることが判明し、エルヴィンはクーデターを決意します。

その際にエレンとヒストリアの正体を知ったロッド・レイスに捕らわれてしまい、始祖の巨人継承のためエレンを捕食させられそうになるのですが、自由の為に調査兵団・リヴァイ班と共に戦うことを決意、勝利の後に正式に王位に即位しています。

 

新リヴァイ班の未来は?

旧リヴァイ班は、主要メンバー二人であるリヴァイとエレンの二人だけを残して全滅してしまいました。

新リヴァイ班の未来はいったいどうなるんでしょう?

巨人化能力を継承し復活したアルミン、エレンが死ぬことは無さそうですが、まさか、二人以外は全滅!?なんて事にはならないことを祈りましょう。

 

まとめ

「進撃の巨人」は自由を求める巨人、そして調査兵団も壁の外の自由を求めて戦っています。

その中でもリヴァイ班のメンバーは、特別な自由を求めているように感じます。

獣の巨人との死闘を超えて生き残った新リヴァイ班のメンバーたちは海の向こうの敵、マーレとの戦いにどう挑むのでしょうか?

リヴァイ班の次の登場が楽しみでなりません!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です