【進撃の巨人】死んだユミルの正体を改めてまとめてみた!



進撃の巨人93話でユミルが死んでいたことが明らかになりました。

ライナー達とマーレに向かったユミル、その後の行方はどうなったのかが謎に包まれていましたよね。

そこでここでは死んだユミルの正体とその経緯をまとめてみました。

ライナー、ベルトルトと共に消えたユミル

進撃の巨人ユミル死亡ライナー
引用:manga-mura.net

エレンと共にさらわれたユミルは、二人を奪還に来た調査兵団そしてクリスタとともに戻ることはせずライナーとベルトルトと共に「マーレ」へ戻ることを選択しました。

その時ライナーから「故郷に戻ればお前は助からない」と言われていますが、やはりライナーの言った通りその後の消息はぱったりと分からなくなっていました。

そして93話で、その後のユミルの消息が明らかになったのです!

ユミルの正体は?

 

ユミル=フリッツとは別人

進撃の巨人ユミル死亡
引用:manga-mura.net

悪魔と契約し巨人の力を手に入れたと言われるユミル・フリッツと同じユミルの名前を持っていますが、どうやらユミル自身はユミル=フリッツとは全く無関係なことが89話のユミルの手紙から明らかになっています。

ユミルは物心ついたときには物乞いの1人でしたが、ある男に「ユミル」と名前を付けられ祭り上げられました。

しかしその後、その事を知った兵士団たちはユミルたちをパラディ島送りにし、巨人に変えられてしまい、60年間もの間さまよい続けることとなったのです。

 

マルセルを捕食し人間の姿に

進撃の巨人ユミルマルセル
引用:manga-mura.net

無垢の巨人となって「終わらない悪夢」を見ている状態だったユミルですが、たまたま九つの巨人の力を継承していたマルセルを捕食したために、その力を継承し人間の姿に戻ることが出来たという経緯があります。

人間の姿に戻ったユミルはエレンたちと同じ104期生の訓練兵となり、卒業後クリスタと同じ調査兵団に入団、ライナー達によるエレン争奪作戦で最終的にはライナー達とともに「故郷」に戻る、つまりマーレに戻ると言う道を選んでいます。

 

その時、

このまま故郷に行けばお前はまず助からないんだぞ…?

逃げるなら…今だ

とライナーに言われているのですが、ユミルの言葉でラストとなっています。

女神様もそんなに悪い気分じゃないね

 

その後、ユミルの話が出て来るのは89話の手紙のみ。

その時には、ユミルは手紙の文言通りにすでに死亡したのではないか?とささやかれていました。

ユミルは死亡していたことが93話で判明

ライナー達とマーレに戻る道を選んだユミルに関しては、その後作中に登場していませんでしたが、93話でガリアードとライナーが話しているシーンからユミルが死亡していたことが判明しました!

 

ガリアードがユミルを捕食していた

進撃の巨人ガリアードユミル記憶
引用:manga-mura.net

ガリアードとライナーの会話の中で

お前がアニキを置いて逃げる様はまだ見ていない

だが…前身のユミルって女のことは少しわかった…

大層な名前をつかられた哀れな女だ

アニキの「顎」を返してくれたのもあの女の意志だろ

 

このことから、ユミルはマルセルの弟、ガリアードに捕食され、マルセルとユミルのおぼろげな記憶とともに「九つの巨人」の一つである「顎の巨人」が継承されたようです。

 

ユミルはなぜ自ら捕食されたのか?

進撃の巨人ユミル正体ガリアード
引用:manga-mura.net

ガリアードに捕食されたユミル、そして「顎」を返したこと、それはユミル自身の意志だったということですが、なぜユミルは自分が助からないことを知っていたのにライナー達とともに「故郷」に戻ったのでしょうか?

ユミルがライナー達とともに「故郷」へ戻ると話しているシーン

お前らがこの壁を壊しに来なければ

私はずっと覚めない悪夢を見てたんだ

私はただ…その時借りたものを返してるだけだよ

お前達の境遇を知ってるのは私だけだしな…

私も同じだよ…自分じゃどうにもならなかった

 

無垢の巨人として60年間も悪夢の中をさまよい続けるなか、たまたまマルセルを捕食したことで人間の姿に戻ったことを語っているのだと思われますが、自分の生い立ちや置かれた立場から、ライナー達の境遇を自分と重ね合わせているかのようですね。

進撃の巨人ユミル正体
引用:manga-mura.net

物乞いをしていた少女に勝手にユミルと名前を付けて祭り上げた男は、始祖ユミル=フリッツとの関係をうそぶいて人々を騙していたのだと思われますが、

女神様もそんなに悪い気分じゃないね

と言う最後のユミルの言葉は、往時を思い出していたのかもしれませんね。

 

ユミルとガリアードの姿の違いはなぜ?

ユミルを捕食しガリアードが返してもらったのは「顎の巨人」。

ということは、ユミルがマルセルを捕食して継承したのも九つの巨人の一つである「顎の巨人」のはず。

ところが、ユミルが巨人化した時とガリアードが巨人化した時では、同じ顎の巨人のはずなのに姿がまるっきり違っているんですよね!

 

こちらがユミルが巨人化した時の姿。

木の間を猿のように自由に飛び回る小柄で素早い巨人となっていますが、これも「顎の巨人」のハズですよね。

進撃の巨人ユミル巨人正体
引用:manga-mura.net

 

ユミルを捕食したガリアードの顎の巨人はこちら。

進撃の巨人顎の巨人ガリアード
引用:manga-mura.net

姿かたちも大きさも、まるっきり違っていますよね。

巨人の力を継承した人間の資質によって、巨人の姿かたちが変わると言うことなんでしょうか?

ガリアードは戦士候補生ですから、より体格も大きく強くなったのかもしれませんね。

まとめ

独特のキャラクターだったユミル、その生い立ちはかなり悲惨なものがあります。

そんなユミルの最後の言葉、

「女神様もそんなに悪い気分じゃないね」

と言っている時のユミルの表情は、こころなしか笑みがこぼれていて幸せそうにも見えます。

命がけでも守りたいと思うクリスタとの出会い、どちらに付くべきか?悩める人間関係が得られたことへの充実感なのかもしれませんね。

 

進撃の巨人には、ユミルのように死亡してしまうキャラが多くいます。

進撃の巨人の作中ですでに死亡していまっているキャラは「【進撃の巨人】作中で死亡したキャラ一覧」にまとめているので、そちらもご覧になってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です