【進撃の巨人】作中で死亡したキャラ一覧


スポンサーリンク

進撃の巨人の死亡キャラって、かなり多いですよね。

エレンに深く関わっていたり、作中で多大な活躍をした人物でも進撃の巨人ではあっさりと死んでしまったりすることも。

ここでは進撃の巨人の死亡キャラを一覧にしてみました。

死亡した状況についても説明していますので、思い出してみてくださいね。

スポンサーリンク

進撃の巨人の死亡キャラ一覧

 

調査兵団

 

エルヴィン・スミス

調査兵団の団長。

ゴロツキだったリヴァイを調査兵団に引き入れた人物です。

歴史の真実に迫った父の仮説を実証するのがエルヴィンの夢でした。

グリシャの地下室を見つけて夢を叶えるという強い意志でウォール・マリア奪還戦に臨みますが、獣の巨人に特攻した末に岩塊の直撃を受けて死亡。

「夢をあきらめて死んでくれ」というリヴァイの言葉が印象的でしたね。

 

ミケ・ザカリアス

リヴァイに次ぐ調査兵団の実力者。

初対面の人間の匂いをかいで、鼻で笑うという癖があります。

獣の巨人に立体起動装置を奪われたあげく、他の巨人たちに囲まれ捕食されてしまいました。

 

モブリット・バーナー

ハンジの部下です。

巨人に対して奇行を取るハンジに「生き急ぎすぎです」とツッこむのは、もはやお約束。

しかし、ウォール・マリア奪還戦でハンジをかばって死亡してしまいました。

 

旧リヴァイ班

  • エルド・ジン
  • オルオ・ボザド
  • ペトラ・ラル
  • グンタ・シュルツ

第57回壁外調査でエレンを監視・護衛するために集められた精鋭たちです。

女型の巨人の襲撃にあい、エレンの囮を買って出るも全滅しました。

リヴァイ班のメンバーは「【進撃の巨人】リヴァイ班のメンバーを一覧形式で紹介」の記事にまとめています。

 

ユミル

エレンの訓練兵団の同期です。

かつては壁外をさまよう無垢の巨人で、マルセルを捕食することで人間に戻ったという経緯がありました。

エレンとともにライナーやベルトルトに拉致されますが、ユミルはライナーたちとともにマーレへ渡ることを決意。

ポルコに顎の巨人を継承して死亡しました。

死んだユミルについては「【進撃の巨人】死んだユミルの正体を改めてまとめてみた!」の記事にまとめています。

 

マルロ・フロイデンベルク

憲兵団の新兵で、後に調査兵団に転属。

不正がはびこる憲兵団を変えようとする正義にあふれた熱血漢です。

ウォール・マリア奪還戦ではエルヴィンとともに獣の巨人に特攻しますが、岩塊の直撃を受けて死亡してしまいました。

 

サシャ・ブラウス

エレンの訓練兵団の同期で、新リヴァイ班メンバー。

進撃の巨人で食べ物のエピソードといえばこの人でしたよね。

マーレでの戦いの直後、調査兵団の飛行船に乗り込んできたカビに射殺されてしまいます。

その後の回想におけるマーレの捕虜の料理人ニコロとの触れ合いが、今後の希望になりそうな感じだっただけに残念でなりません。

サシャが死亡したときの話は「【進撃の巨人】105話のネタバレでサシャが死亡!?ジークが裏切っていたことが判明!?」にまとめています。

 

その他の調査兵団

  • ティーダ・ネス
  • ナナバ
  • ゲルガー
  • リーネ
  • ヘニング

ティーダは第57回壁外調査時、アルミンの所属していた伝達班の班長です。

女型の巨人の攻撃により死亡しました。

ナナバたちはウドガルド城で孤立した104期生たちを助けに現われた調査兵団の兵士。

しかし、獣の巨人の襲撃にあって全滅してしまいます。

 

訓練兵団第104期生

エレンとともに訓練を積んだ同期たち。

しかし、卒業直後にトロスト区防衛戦に配属され、多くの者が戦死しています。

7位の成績で卒業したマルコ・ポットはライナーやベルトルトが巨人であることを知ってしまったために、口封じで殺されたことが判明しました。

 

駐屯兵団

 

ハンネス

シガンシナ区の巨人襲撃の時、エレンとミカサを助けた人物です。

エレンたちをかばってカルライーターに立ちはだかりますが、力およばずカルライーターに捕食されて死亡しました。

 

イアン・ディートリッヒ

駐屯兵団の精鋭部隊隊長。

トロスト区防衛戦では巨人化したエレンが壁の穴をふさぐ作戦を完遂するため、エレンを最後まで守り通します。

しかし、その過程で他の兵士をかばい、巨人に捕食されて死亡しました。

 

中央第一憲兵団

 

ケニー・アッカーマン

対人立体起動部隊の隊長。

リヴァイに地下で生きる術を叩き込んだ育ての親でもあります。

レイス家の巨人を奪おうとしますが失敗、ロッドの巨人化による洞窟の崩落に巻き込まれて死亡しています。

リヴァイとの親子対決・師弟対決がもっと見たかったですよね。

 

トラウテ・カーフェン

ケニーの副官です。

トラウテもまた、ロッド巨人化による洞窟の崩落に巻き込まれて死亡しました。

 

レイス家

 

ロッド・レイス

ヒストリアの父。

エレンとヒストリアを誘拐し、ヒストリアにエレンを捕食させて始祖の巨人を奪おうと画策します。

しかし、ヒストリアによって計画は失敗、最後は自ら巨人化しますが、ヒストリアの手で殺害されました。

 

フリーダ・レイス

ロッドの娘であり、ヒストリアの腹違いの姉。

始祖の巨人を継承しましたが、グリシャの襲撃によって倒され始祖の巨人を奪われてしまいます。

 

ウーリ・レイス

ロッドの弟であり、フリーダの叔父にあたる人物。

始祖の巨人の継承者で、巨人の力でケニーの襲撃を返り討ちにしたこともあります。

その後、ケニーとは友人関係となり、アッカーマン家への迫害を終わらせたという人物でもありました。

始祖の巨人をフリーダに継承して死亡しています。

 

その他パラディ島関係者

 

グリシャ・イェーガー

エレンの父で、進撃の巨人の継承者。

かつてはマーレでエルディア復権派として活動していました。

クルーガーの命令でパラディ島へ渡り、レイス家を襲撃して始祖の巨人を奪取します。

その後、エレンに自分を捕食させ、進撃の巨人と始祖の巨人がエレンに宿ることになったのでした。

 

カルラ・イェーガー

エレンの母で、グリシャの後妻。

シガンシナ区の巨人襲撃の時、カルライーターに捕食され死亡しました。

 

ダイナ・フリッツ

ジークの母、グリシャの前妻でカルライーターの正体でもあります。

壁外のフリッツ王家の血を引く最後の末裔として、グリシャたちに引き合わされました。

グリシャと結婚してジークをもうけますが、ジークに裏切られて逮捕。

無垢の巨人にされてさまよっていましたが、最後はエレンの座標の力で操られた巨人たちによって捕食されて死亡しています。

 

ニック司祭

ウォール教の司祭。

壁の秘密を知る人物でしたが、中央憲兵に捕まり拷問された末に殺害されます。

 

ディモ・リーブス

リーブス商会の会長です。

中央第一憲兵団からの依頼でエレンとヒストリアを拉致しようとしますが失敗。

リヴァイとの交渉で調査兵団に寝返りましたが、ケニーによって寝返りを見抜かれて殺害されてしまいました。

 

クシェル・アッカーマン

リヴァイの母親で、ケニーの妹。

地下で娼婦をしており、リヴァイは客との間にできた子供でした。

すでに病気に感染していたため、リヴァイを生んだ直後に病死してしまいました。

 

マーレの戦士・戦士候補生

 

ベルトルト・フーバー

エレンの訓練兵団の同期ですが、実はマーレの戦士で超大型巨人の継承者でした。

巨人化能力を得たエレンを拉致しようとしますが失敗。

ウォール・マリア奪還戦ではアルミンの捨て身の作戦によって敗北します。

最後は巨人薬を投与されたアルミンに捕食され死亡、超大型巨人も奪われることになりました。

 

マルセル・ガリアード

マーレの戦士で顎の巨人の継承者。

ライナーたちとともにパラディ島へやってきましたが、ライナーをかばって無垢の巨人だったユミルに捕食されてしまいます。

 

ウドとゾフィア

ファルコやガビと同じマーレの戦士候補生。

マーレでエレンが巨人化した時にがれきに潰されたり、群衆に踏みつけられて死亡しました。

 

その他マーレ関係者

 

エレン・クルーガー

マーレ治安当局の職員。

しかし、その正体はマーレに潜入するエルディア復権派「フクロウ」でした。

進撃の巨人の継承者でしたが、余命はすでに残っておらず、グリシャに始祖の巨人奪還の望みを託して捕食されています。

 

フェイ・イェーガー

グリシャの妹。

幼い頃にグリシャと収容区を抜け出して飛行船を見に行った時にクルーガーとグロスによって捕まってしまいます。

グリシャは無事でしたが、フェイはグロスの飼い犬によって襲われ殺害されていました。

この事件はグリシャにマーレへの強い憎しみを生むきっかけとなっています。

 

グロス

マーレ治安当局の職員で、クルーガーと行動を共にしていた人物。

エルディア人が巨人や犬に襲われて死んでいくのを見て楽しむ歪んだ性癖を持っています。

しかし、クルーガーに裏切られ、最後は自分が巨人に食われることになりました。

 

カルヴィ元帥

マーレ軍の元帥。

エルディア人であるジークに軍会議での発言を認めるなど、ジークに対して非常に強い信頼を寄せていました。

エレンがマーレで巨人化した時にエレンに潰されて死亡しています。

 

ヴィリー・タイバー

かつてエルディア帝国を裏切ったタイバー家の当主。

世界の真実を暴く演説の最中、巨人化したエレンに捕食されて死亡しています。

 

ヴィリー・タイバーの妹

ヴィリー・タイバーの妹で戦槌の巨人の継承者。

硬質化能力で武器を作ったり地形を変えたりしてエレンを苦しめますが、最後は硬質化の結晶ごと顎の巨人の牙に砕かれて敗北します。

その結果、エレンに戦槌の巨人を奪われることになりました。

スポンサーリンク

まとめ

進撃の巨人の死亡キャラを一覧にして紹介してきました。

エルヴィンやベルトルトのように劇的に死んでいった人物もいました。

しかし、これからの活躍が期待されながら、あっけなく死んでいった人物もいますよね。

最近ではサシャの突然の死に「なぜ!」と思った方も多いでしょう。

戦いの部隊が世界へと広がった現在、まだまだ多くの死者が出るのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です