【進撃の巨人】103話のネタバレで超大型巨人アルミンが登場!まさかの獣の巨人(ジーク)がやられる展開に・・


スポンサーリンク

進撃の巨人・最新話第103話のネタバレと考察をまとめです。

いよいよ戦いも佳境を迎えて来たパラディ島VSマーレ国ですが戦況はめまぐるしく変わって、どちらが優勢なのか判断がムズカシイ局面が続いていますね。

しかし、103話では一気に形勢が傾きそうな事態となってきています。

スポンサーリンク

進撃の巨人103話のネタバレの見所

進撃の巨人103話のネタバレの見所をまとめています。

 

ファルコとライナー

瓦礫の山の中から現れた巨大な手、その中から現れたファルコの目の前に巨人vs調査兵団の戦いが繰り広げられ、見上げると、そこには戦鎚の巨人の正体をつかんだまま固まっている巨人・エレンの姿があります。

傍らにはライナーが倒れていますが意識はなく、生きる意志がない身体は修復もされないままのようです。

そんなライナーにファルコは語り掛けます。

「オレもガビも・・・」「みんなあなたの味方ですから」

 

エレンの切り札

一方、調査兵団と獣の巨人の戦いでは、隙を狙って調査兵団が獣の巨人の背後に回りこみますが車力の巨人ピークの援護により撃退、そのピークの背後をさらに調査兵が狙います。

「見えて来たぞ」「奴らの動きが」と、ガリアード・顎の巨人がピークを狙う調査兵を払い落としますが、そのためにリヴァイ・アッカーマンを見失ってしまいました。

「追って来たアッカーマンを見失った!!」と叫ぶガリアードから目をうつしたピークが見たのは、戦鎚の本体を結晶体のまま捕食しようとするエレンでした。

 

さすがのエレンも結晶化した戦鎚の正体はかみ砕くことはできず、歯が折れ血みどろとなっています。

結晶体の中からエレンをにらみつける戦鎚の正体の女性、その結晶体を見つめるエレンは「もう おまえの手札は残っていない」と巨人のうなじから飛び出します。

これには結晶体の中にいる戦鎚の正体である女性も驚きの表情、そしてエレンは飛び降りざまに再び巨人化するのでした。

 

その姿を見て焦っているガリアードに「私たちが焦る必要は無い」とピーク。

なぜなら、敵は立体機動で乗り込んできている以上、武器も燃料も手持ちは少ない袋のネズミも同然。

そもそも、パラディ島勢力自体がマーレ相手にまともに戦争できる体力はないと。

「とにかく私たちはアッカーマンから戦士長を守ればいいの」と、ピークの言葉を聞いた獣の巨人ジークは、「さすがピークちゃん その通りだよ」「エレン・イエーガーは俺の敵じゃない」「まずはお前からだ 出てこいよ リヴァイ」

 

超大型巨人ついに登場

場面はマーレ軍艦へ。

すぐ近くに漁船を発見した兵士たちは「そこの漁船 危ないぞ!!」と声を張り上げます

しかし、漁船に乗っていた人物が見えると驚きを隠せない様子です。

なぜなら、羽織っていたマントの下には立体機動装置が、つまり敵側ということになりますからね。

 

次の瞬間、閃光と共に軍艦は吹き飛んでしまいました。

これこそが超大型巨人の爆発、その熱風はレベリオ収容区の奥深くまで襲ってきます。

 

その熱風に耐えながらガリアードは「始祖さえ失えば すべてご破算だろうが!!」とエレンへと一気に突進して行きます。

その前に立ちはだかったのがミカサです。

 

「・・・もう一人の アッカーマン!!」

顎の巨人・ガリアードがミカサを襲います。

迎撃態勢に入るミカサ。

 

まさか獣の巨人が?

いいところで場面は車力の巨人ピークの背中の銃座を無力化しようとするジャン調査団となります。

「敵の総攻撃が来ます!!」、そう告げたピークの目がとらえたのは、獣の巨人のうなじから吹き出す血しぶきとリヴァイの姿です。

倒れ込む獣の巨人、それを見つめるマガト隊長、ファルコ、ガビは言葉を失っています。

 

さらに切り裂いたうなじにトドメの手りゅう弾を投げ込むリヴァイ、獣の巨人のうなじは爆発しますが、これで本当にトドメになったのかは疑問が残るところですね。

しかし、リヴァイ兵長いったいどこに潜んでいたのでしょう?

ピークの目を盗んでジークのうなじにたどり着くのはかなり難しかったのではないかと思います。

 

ジークがやられたことが信じられないといった表情のピークですが、パンツァー隊の「敵が来ます!!」の言葉に我に返ります。

銃座の兵士を狙撃したサシャに突進するピークにジャンの雷槍が命中、調査兵たちの雷槍が次々と被弾したピークも血を吐きながら建物から落下して行きます。

トドメを刺しに飛び降りて来たジャンの前に立ちはだかるファルコの運命はいかに?

スポンサーリンク

進撃の巨人103話のネタバレの考察

それでは進撃の巨人103話のネタバレから考察してみましょう。

 

マーレとパラディが集結

パラディ側の視点から始まった進撃の巨人はマーレ側の視点に移りっていきましたが、ついにここへ来てパラディ側、マーレ側のメインキャストが集合してきましたね。

今は、双方の視点が交錯しているような流れなので、戦いの行方も二転三転しどっちが有利なのか難しいところですが、全ての準備を整えてきていると思われるパラディ側が若干有利にみえます。

 

ジーク復活の予感

獣の巨人がいきなり、戦闘シーンすらないままにあっさりとやられてしまうとは、いったい誰が予想していたでしょう。

相手がリヴァイ兵長ですから、たしかにアリといえばアリなんですが、いきなりすぎでしょう。

 

でも、最後の手りゅう弾のトドメ、ちょっとわざとらしいんですよね。

本当にトドメを刺すならうなじを切り裂いた後に中の本体の息の根を止めるべきなのに、手りゅう弾でボンは明らかに手抜きでしょう。

かねてから噂のあるエレンとジークは本当は繋がっていて、ジークは死んだことにする作戦なんてのもあるのでしょうか。

 

またまたジャンの甘さ発揮か

ラストで車力の巨人のトドメを刺そうと飛び降りるジャンの前に「やめてくれ!!」と立ちはだかるファルコ、ジャンの表情はファルコを犠牲にしても車力のトドメを刺すと覚悟した表情には見えません。

ためらいを感じさせるんですよね。

ジャンは、その甘さからかつてライナーを取り逃がしていますが今回はどう動くのかが気になります。

スポンサーリンク

まとめ

進撃の巨人103話のネタバレから見所と考察をまとめてみました。

103話の中でも気になるシーンはいっぱいですが、最大のナゾはジークは本当にやられたのか?という点ですよね。

仮にジークが復活しても、単なる復活ではなくとんでもない展開になりそうです。

さらに次回104話はアルミンの超大型巨人の活躍も楽しみですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です